ブログパーツ

ソウルイーターノット! 第1話「死武専、入学!」 感想

1話からパンモロとはたまげたな。

あらすじ
緊張の面持ちでアメリカネバダ州の空港に降り立ったのは、恋に恋する14歳・春鳥つぐみ。
デス・シティーにある死神武器職人専門学校(略して死武専)に『武器』として入学するため、
はるばる日本からやってきたのだった。期待と不安を胸に入学式に出席したつぐみは、
2人の『職人』、多々音めめとアーニャ・ヘプバーンに出会う。個性豊かな先輩たちに囲まれる
環境に戸惑いつつも、“殺伐だけどウキウキライフ”が、ここにいまスタートする!

脚本 : 橋本 昌和 絵コンテ : 橋本 昌和 演出 : 中村 里美 作画監督 : 小森 秀人 松田 剛吏



ソウルイーターの外伝。
シド先生がまだ生きててメデューサがいるから原作前か。
OPを「つぐみはいずれツインテになるのかー」と特に深く考えずに見てたけどマカの真似だったのか。こういうのは良いね。
ガガントス。これは流行る。

どこから来てどこへ行くのか。
難しい問いかけだ。めめ、自分の名前も忘れるとは深刻な。
彼女にとんでもない過去があってそれを忘れてたという回がありそう。

「庶民サイズのおっぱい、しょっぱい」
このお嬢様はどっかズレてるな。タクシーをハイエース扱いしたり。
でも返し手で武器にもビンタするのはただ者じゃねえ。

絡んできた男の武器の状態はシャーマンキングの葉の初期のオーバーソウルっぽい。
シド先生の「イメージしろ」で視聴者はFateのアーチャーの「イメージするのは常に最強の自分だ」やヴァンガードの櫂君の「今の俺達二人は地球に良く似た惑星クレイに現れた霊体だ」をイメージした事だろう。

春鳥だからハルバード?
ハルバードは武器の中でかなり好きなんだけど、創作ではあんまり見る機会がなかったからすげー嬉しい。

まさかこれが今期の百合枠だったとは。たはは。
職人二人に武器一人は初めてのパターン?受け渡ししながらの戦闘とかコンテがしっかりしてれば面白そう。
次回もほのぼのとした話っぽいが、こういう「ソウルイーター」も悪くないな。
ついでだからB壱もアニメ化しよう。

本編のキャラもちょこちょこ登場。
マカが良い先輩してるな。頼れる先輩は目が綺麗~♪
ソウルが喋らなかったのはギャラの都合?内山君ってまだ若手だからそんなにギャラは高くなさそうだが。

ブラック☆スターはあれほどムキムキだったかな?
そしてキッドはあれ、何をやってたんだ?
キリクやオックス君を見られたのも嬉しいぜ。



スタッフ
原作 - 大久保篤(掲載 月刊「少年ガンガン」スクウェア・エニックス刊)
監督・シリーズ構成 - 橋本昌和
キャラクターデザイン・総作画監督 - 小池智史
美術監督 - 加藤美紀
美術設定 - 川井憲
色彩設計 - 菊地和子
テクニカルディレクター - 宮原洋平
撮影監督 - 福士亨
編集 - 高橋歩
音響監督 - 若林和弘
音響効果 - 倉橋静男
音楽 - 林ゆうき、橘麻美
音楽制作 - KADOKAWA(メディアファクトリー)
音楽プロデューサー - 若林豪
プロデューサー - 吉沼忍、松浦克義、紅谷佳和、木野下有市、天野直樹、清水美佳、石塚正俊
アニメーション制作 - ボンズ
製作 - ソウルイーターノット!製作委員会(KADOKAWA、スクウェア・エニックス、テレビ東京、電通、ボンズ、AT-X、ソニー・ミュージック・コミュニケーションズ)

主題歌
オープニングテーマ「monochrome」
作詞 - meg rock / 作曲・編曲 - kz(livetune) / 歌 - Dancing Dolls

エンディングテーマ「夕暮れハッピーゴー」
作詞 - 大森祥子 / 作曲・編曲 - 宮崎誠 / 歌 - 春鳥つぐみ(千菅春香)、多々音めめ(悠木碧)、アーニャ・ヘプバーン(早見沙織)

春鳥つぐみ:千菅春香
多々音めめ:悠木碧
アーニャ・ヘプバーン:早見沙織
茜:櫻井孝宏
クレイ:山下誠一郎
エターナルフェザー:小松未可子
カナ・アルタイル:小岩井ことり
シド・バレット:木村雅史
マカ=アルバーン:小見川千明
ソウル=イーター:内山昂輝

テーマ : ソウルイーター
ジャンル : アニメ・コミック

ソウルイーターノット! 第2話「女子寮あらかると!」 感想

あらすじ
アーニャは、実はとある王国のプリンセス。その身分を隠したまま、つぐみやめめと憧れの学校生活を送り始める。 三人同室で暮らす女子寮は、アーニャにとって自由で楽しくて仕方がないよう。
そんなある日、アーニャら三人は死武専から支給された一週間分のお小遣いを使い果たしてしまう。
困り果てた末、初めての経験・アルバイトをすることに!「せっかくなら可愛い制服が着たい」と、三人が選んだバイト先とは…?

脚本 : 橋本 昌和 絵コンテ : 坂田 純一 演出 : 中川 聡 作画監督 : 堀川 耕一 青木 あさ子


ロイヤル経済学ってなんじゃらほい。
寝顔が可愛いね。

アーニャは高貴な出だけにズレてる部分があるな。
一般人は家の紋章付きのブローチなんて持ち歩かないわな。

エンドレスワルツエターナルフェザー先輩に案内されて寮に。
相手は死ぬ。

学校から小遣い支給って最高だな。

3人は全員14歳。
同じじゃない部分もあるがな!

「女子寮の魔女に気を付けて」
HAHAHA
死武専に魔女がいる訳ないじゃないか!

寮の広間でタロット占いをしているカナ・アルタイル。にゃんぱすー。
つぐみを占った結果は塔のカード。ジョジョでも次回はタワー・オブ・グレイかな?
豚のカードを出された辺りのアーニャははやみんが楽しそうに演技してたな。

本を読みながら寝てしまったアーニャの布団掛け直すめめからお母さん力を感じた。

ふと目が覚めると縛られてるつぐみ。
下手人は寮長のミザリー。
名前の時点で嫌な予感はしてたけど実態はサイコ。
めめの睡拳で一度は窮地を脱するもピンチは変わらず。だがそこをキムに助けられる。
寮長がサイコでも平常心で暮らさないといけない死武専は元一般人にはきついな。

アイキャッチのSDが可愛い。

アーニャはブローチ売却してまで狸のジョセフィーンを購入。
つぐみはキムにカツアゲ。
めめは紛失。
赤貧の三人組。一杯のかけそばを皆で分け合う。

やむなくバイトをする事に。
……実際は要経験なのに初心者歓迎と広告を出すのはやめてほしい。

バイトの理由を忘れためめはうん……
ぽよぽよは眼福だったけど。

「えっち……」
ポニーテールでこの台詞は破壊力高い。きゅんとくるぜ。

アーニャの護衛の茜とクレイも一緒にバイト。
何だか執事喫茶とメイド喫茶の様相を呈してきたな。

三人の中でお姫様が一番しっかりしてるという現実。
つぐみが不器用だったのが意外。

名前で呼んでほしいと言った時のつぐみとめめのイチャつきっぷり。ありがとうございます!

つ愚民
アーニャに早く打ち解けてほしいような今の状態をもっと見たいような。

テーマ : ソウルイーター
ジャンル : アニメ・コミック

ソウルイーターノット! 第3話「女子寮の魔女!」 感想

“女子寮の魔女”と呼ばれるキム・ディールは、あまりに素行が悪く皆から怖れられていた。キムに振り回されつつも、なんだかキムのことが気になるつぐみ。そんなある日、イチャイチャするつぐみとめめを見て不機嫌になってしまったアーニャは、ふてくされ一人帰り道を歩いていた。すると突然、アーニャの前に一人の不気味な男が現れる。妖しい瞳と、手には爪状の武器。果たしてこの男の目的とは…!?

脚本 : 橋本 昌和 絵コンテ : 石平 信司 演出 : 大西 景介 作画監督 : 水畑 健二 山﨑 秀樹




世界各国の出身者がいるのでメニューも様々なものが揃っている学食。
めめ:おにぎり、ドーナッチ、フライドポテト、コーヒーorココア
アーニャ:寿司、スイカ、タコス、タコ焼き、牛乳、温泉卵?
どっちも偏ってるな。

キム先輩の悪行。
えんやこら先輩の芸名を勝手に決めたのも彼女らしい。
更に命名料もせびるキム先輩マジ魔女。

苺タルトが二つしかないので諦める三人の友情。いいぞこれー。

死武専にはNOTとEATの二つのクラス。
Normally
Overcome
Target

Especially
Advantaged
Talent
9割の生徒がいる非戦闘員向けと戦闘員向け。

オックス君がキム先輩に貢いでんじゃね?疑惑の時の目を輝かせるアーシャが可愛い。
「しー」関連も。

死武専生を見るんじゃなくてマスターのコーヒーを飲みに来てると言うつぐみ。
惚れてまうやろー!

カレーだけどジャガイモじゃなくてカボチャを買ってしまうめめ。
カボチャカレーも美味いよね。

「はーい、二人組作ってー!」
本当はつぐみと組めた筈なのにもたもたしててふいにするアーニャ。
つぐみとめめはナチュラルにいちゃつくな。

帰宅途中にトレイターに襲われるアーニャ。
お城で叩きこまれたロイヤル空手で応戦。カラテだ。カラテあるのみ。
アーニャがやられ、助けに来ためめやつぐみも上手く戦えずピンチ。
だが茜とクレイに助けられる。
敵はあっさり引いたけど何が目的なんだろう。

キム先輩にカツアゲされた金を代わりに返すオックス君が良い人すぎる。
つぐみも擁護。自分も鼻歌歌いながらごはん作る事にしよう。

アーニャの傷口がヤバい色に。
保険のメンドーサメデューサ先生に診てもらってたらどうなってただろう。

あっさり治すドム先輩すげえ。マジ魔女。
しかしそれを怪しむジャクリーン。後のペアだけどね。

キム先輩も微妙にデレたしいずれ一緒にご飯が食べられそう。

テーマ : ソウルイーター
ジャンル : アニメ・コミック

ソウルイーターノット! 第4話「迷って、走って!」 感想

つぐみは、「自分はどうやって死武専で生きていくべきだろう」と思い悩んでいた。めめやアーニャに「どうして死武専に来たのか」と質問をするも納得のいく答えを得られず、さらに不安になってしまうつぐみ。クラスメイトの男子、茜に相談するがその意味深な言葉にドキドキ。先輩たちも巻き込んで右往左往、つぐみの不安は増すばかり…。不器用にも奮闘するつぐみだが、果たして答えを見つけ出すことはできるのか?

脚本 : 橋本 昌和 森江 美咲 絵コンテ : 後藤 圭二 演出 : えんどうてつや 作画監督 : 山本 善哉 川島 尚


アーニャやめめが殺される悪夢を見たつぐみは自分の進退に悩む。

めめ、お前眼鏡してねえじゃねーか。この寝ぼすけさんめ。と思ってたら顔洗いに行くめめとさりげなく手を絡めるつぐみが、なに……この、なに!?
艶めかしいな!ありがとうございます!

二人に何故死武専に来たのか聞くつぐみ。
めめは忘れアーニャは話すのを拒否。
そんなんだからまだ距離があるんだよ。

授業免除の茜と喫茶店で会話。
死武専は世界の警察で各国が加盟してるのでキャリア目的で入学する生徒も多いらしい。お小遣いの用途もチェックされてて資質を測られてる。なるほど。
でも世界を守るヒーローになりたい人が多い。学園物で資格目当てばっかりなのも殺伐としてて嫌だしね。

茜の実家は古武術を教える道場。って星族の本家かよ。

将来に悩むつぐみに、
「僕のものに、なりませんか?」
ガガントス!
こういう冗談を言っても許されるのがイケメン。

自分達の事を聞いてくるつぐみを誤魔化そうとするクレイだが、
クレイ⇔アーニャ
生き別れの兄妹
禁断の愛

クレイ⇔茜
元彼

クレイ→つぐみ
好き

茜⇔つぐみ
崖っぷち

茜⇔めめ
密かに命を狙ってる

アーニャ⇔つぐみ
青酸カリ

アーニャ⇔めめ
愛人

つぐみ⇔めめ


テンパりすぎだろ。
でも頬を染めてたしつぐみを好きなのは本当だったりするのかな。
それとも嘘でも恥ずかしかっただけ?

アイキャッチのめめは明らかに鶏を食おうとしてる。

恋愛の話題になると饒舌なエターナルフォースブリザード先輩。
男子から見ると異性って感じがしないから付き合いやすいエターナルフェイタライザー先輩。……そのうち良い事あるって。

「大丈夫。世の中金だって」
そう言いつつキム先輩にはオックス君がいるからなぁ。
勝ち組の余裕ですね。

つぐみは廊下でマカとソウルに遭遇。
つぐみは悩みを相談しようとするが、
「ドンマイ」
胸の事だと勘違いしたかな?直前に同志扱いしてたしな。

カナにタロットで占ってもらうが出たカードはペチャパイ。
櫻井の良い声で「THE FLAT」と言われると笑ってしまう。

寮長の顔のサンドバッグにロイヤル空手を叩きこむアーニャ。
映ってない所でまた問題起こしたのかな。

つぐみが朝目覚めたら隣に全裸のめめが。
全裸で汚れてて体力を使った。あっ……(察し)

臀部が見えてるブルマ。YESだね。

「多々音めめ、一投目行きます」
「三投目よ」
これが不意打ちで腹筋に大ダメージ。
ちょっと後のこれも。
「体力測定始まりすよ~」
「終わりましたって」

走り高跳びや砲丸投げで記録を出すアーニャやめめ。
逆に記録が出ないつぐみはパートナーに誘ってもらう価値がない。目的が見つかっても何も出来ないと落ち込むが、自力である程度持ち直す。
良かった。正直こういう作品で暗い展開を長々とやられるのは好きじゃないから。

周りがどう思おうと自分の気持ちを大事にしようと言う茜は良い奴だな。
つぐみもまだ若いんだから自分の限界を決めるのは早い早い。

テーマ : ソウルイーター
ジャンル : アニメ・コミック

ソウルイーターノット! 第5話「お誘いふぁいてぃんぐ!」 感想

キム・ディールに、お堅い態度を取りつつも何かと気にかけているジャクリーン。一方のキムはジャクリーンが疎ましく、いつもつっけんどんな態度。そんな2人と、プール掃除のアルバイトをすることになったつぐみ、めめ、アーニャ。ウキウキアルバイトの最中、つぐみはふと、ジャクリーンのある真意に気づく。なんとかジャクリーンの願いを叶えようと、色々な作戦を考え奮闘するつぐみ達だが…?

脚本 : 橋本 昌和 森江 美咲 絵コンテ : 寺東 克己 演出 : 筑紫 大介 作画監督 : 松田 剛吏 田中 誠輝 青野 厚司


ノットTrick
二人は幸せなキスをして終了。
淫夢を見るジャクリーンがガチすぎる。

つぐみとめめもスキンシップが激しい。
アーニャもまだ素直になれないな。庶民欲とか初めて聞いた。

キムに便利さアピールするジャクリーンからはホストに散々貢いだ挙げ句に捨てられる駄目女臭を感じる。

水がかけてもらえず膨れるアーニャが可愛い。
濡れてもいい格好で来ていれば……アーニャ的にはあれが濡れてもいい格好だったのかもしれないけど。

アイスクリームのお誘いを拒否られるジャクリーン。
「あ……」とか泣いてる所は可哀想だった。

ジャクリーンの想いに気付いたつぐみ達は応援する事に。
まずカナに合性占いをしてもらう。

アーニャが先にやってもらった結果はTHE DOTEとTHE PUMPKIN(どてかぼちゃ)
悪くない結果だと思うが、外国人のアーニャは分からなかったか。

いざジャクリーンが占ってもらった結果はTHE LOVERS。キマシタワー。

エターナルフェニックス先輩が聞き出したキムを落とす必勝法。それは卵焼き。
それを把握してる寮長はサイコだぜ。

地味な料理は得意なつぐみ。ポイント高いな。
そして未だにコンビを決められない事をジト目で非難するアーニャとめめが可愛い。

卵焼き作戦はメシマズのアーニャのせいで失敗。
次は湯船で裸のお付き合い。それより先に卵焼きの誤解を解いておくべきだったな。

通販番組みたくリンスとコンディショナーとトリートメントの効能について説明するがショートのキムには逆効果。
私生活が謎だからしょうがないけど空回りしてるな。
それはそうと風呂上がりに眼鏡をかけるエタニティフェア先輩がウルトラセブンみたいだった。

怪我した子犬を治療するキムだが、そこをジャクリーンに見られる。一番ヤバい奴に弱みを握られたな。これを盾にエロ同人みたいな事が……
思いがけずキムが心情を暴露した事でジャクリーンとの距離が縮まる。
で、口止め料としてアイスを奢る事に。つぐみには中抜きがバレてたのか。そして微ブサな犬だったなぁ。

OPでは存在感を出していたシャウラ・ゴーゴン(CV小清水亜美)が本格登場。
名前からしてゴーゴン三姉妹っぽいな。メデューサ(蛇)、アラクネ(蜘蛛)に続いて蠍か。

濃厚な百合回だったぜ。
キムの堅物連呼でストパンのシャーゲルを連想した、と書いて何人が共感してくれるかな。 





テーマ : ソウルイーター
ジャンル : アニメ・コミック

ソウルイーターノット! 第6話「ここはリアルファイト!」感想

美人姉妹のリズとパティは、デスバックスカフェで働くウェイトレス。実は彼女たちは、筋金入りの不良少女。そんな2人に喧嘩を売られ、“本物”の不良に震え上がるつぐみたち。カフェは大事な憩いの場所だったが、しばらく行けないと距離を置くアーニャとめめ。しかしリズたちにビビりながらも、毎日ひとりカフェに通うつぐみ。自分と同じ“武器”であるリズたちへの思いとは…?

脚本 : 橋本 昌和 森江 美咲 絵コンテ : 宮尾 佳和 演出 : 上原 秀明 作画監督 : 堀川 耕一 藤巻 裕一 秋山 英一




スケバン刑事の影響で不良になってるアーニャとめめ。科捜研の女要素も入ってそう。

帰宅途中に本物の不良であるトンプソン姉妹に絡まれる。
保護観察中だから問題起こすと面倒だと言ってるが十分アウトな気がする。
リアルファイトならめめが参戦しても良かったね。

シド先生による解説。
魔女の変身能力を持つ魂で人間と武器を繋げたら武器化する遺伝子が生まれたらしい。

悪魔と踊(ダンス)っちまったのさ。

相変わらずキッドはシンメトリー狂。
ガーゼの位置変えたら駄目だろ。直後に元に戻してたけど。

正直今回は不満点が多い。
トンプソン姉妹はこれまで舐められないようにしてたから愛想良く出来ないと言うが、それはただの言い訳にしか聞こえないんだよな。
無愛想ながらもちゃんと注文を取ってればそうは思わなかったんだが。
つぐみもなんで憧れたのやら。

マスターの株も下がった。
水をかけたのは問題だけど、あの客はそんなに悪くないよな。マスター、動くのが遅いよ。
前々から接客態度には問題あったのに指導してなかったみたいだし。録画を見た時に保護観察中だから許せでイラっとした。

ちょっと良い話っぽくしてるけど、ラストで客が来たのってそいつらがドMだったのとつぐみの人脈のお陰だし。
ありのままの魂を見てくれるってのも薄ら寒い。

どうも微妙だと思った部分はアニオリっぽいな。何で余計な事をするかな。


武器のせいかお陰って話はまあ、せいじゃないの。
そもそも武器じゃなかったら捨てられなかったんだし。




テーマ : ソウルイーター
ジャンル : アニメ・コミック

ソウルイーターノット! 第7話「デスバザー日和!」 感想

トレーター事件について調査を進めるシド、茜、クレイ。事件の裏に見え隠れする魔女の気配に気を引き締める3人。一方つぐみたちは、キムとジャクリーンも誘ってウキウキ勉強会。
そんなある日、デスバザーへと出掛けるつぐみ、めめ、アーニャ。始めてのフリーマーケットに興味津々のアーニャ。マカやエターナルフェザーも出店していたり、バザーを満喫するつぐみたち。しかし次の瞬間、会場に悲鳴が響き渡る…。


シャウラの目って太極図になってるな。
対象を不眠にしてマインドコントロールしやすくするのが彼女の手口らしい。

情報分析は優秀だけど頭の回転は鈍いクレイ。
1+1の計算にも手間取るって日常生活にも難儀しそう。
それに誤魔化すのが下手だな。危うくホモ発言する所だった。以前のつぐみに対する発言も特に気があった訳じゃないのかな。

つぐみを巡ってアーニャとめめの百合修羅場。

パティが作ってるキッチンタオルの怪獣が大作すぎる。

マスターの過去はどこまで本当なのか。

「え、試験なんてあるんですか?」
めめはつぐみ達と会ってなかったら危なかったな。

DQNの雑魚顔が酷い。
客を睨むマスターのエピは、これを前回やれば良かったのに。

店が込んできたのでつぐみ達が手伝う事に。
細いではなく薄いつぐみ。そのうち良い事あるさ……

制服姿を見るのが好きなマスターは良い趣味してるぜ。

つぐみ「いつも通りがほっとするよね」
あからさまにフラグなのだ。

つぐみは見た。
なんだかんだ言いつつ制服を着てみたいキム先輩可愛い。

「ほら、見た事ですか」
アーニャの構ってちゃんっぷりも可愛いね。

エイトフォー先輩「服屋に着ていく服がない」
ちくりと人を惑わすミステリアスな女には程遠いな。

マカとソウルのコンビ登場。
BRAVEの本は今後の鍵になりそう。

ここで装備していくかい?
シャウラの指輪で操られるエターナルフェザー先輩。
おさげが蠍の尻尾っぽくなってるな。
マカに秘剣流れ星を放つがソウルに防がれる。

めめが先輩の名前を言えてるだと!?

戦闘は速すぎて逆にゆっくりに見えるんだな(棒)

自害を命じられた先輩だけど抵抗してたから生きてる……よね?
次回予告にシュタイン博士が映ってたし。

流血沙汰になったりマカを守るソウルを見て自分がアーニャを守らないといけなかったとつぐみが自責の念に駆られたり、シリアスな話しになってきたな。
ソウルイーターらしいといえばらしいけど、ソウルイーターとは別物だと認識した頃にこれで戸惑ってる。
そして次回予告の内容がいつものノリで更に困惑。来週はどんな話なんだ?




テーマ : ソウルイーター
ジャンル : アニメ・コミック

ソウルイーターノット! 第8話「つぐみスパイラル!」 感想

デスバザーでの事件解決のためマッドサイエンティスト、シュタイン博士の力を借りるシド。シュタインに翻弄されるつぐみ、めめ、アーニャだったが、時間とともに楽しい日常を取り戻していく。季節は夏。一人トレーニングに打ち込むつぐみだったが、相変わらず刃のない、半人前のハルバード。そんなつぐみに、アーニャはハロウィンの日に行われる死武専の文化祭『死武祭』までに自分かめめか、パートナーを決めるよう迫るのだった。

脚本 : 橋本 昌和 森江 美咲 絵コンテ : 平川 哲夫 演出 : 安藤 健 作画監督 : 北原 章雄 山本 真嗣


前回のラストで気絶したつぐみはシュタイン博士の家で目覚める。
あったかふわふわ。

「シド先生が心配するなって言ってました」
こんな時はちゃんと覚えてるめめちゃん可愛い。

茜とソウルは仲良いな。

エターナルフェザー先輩の頭にネジが。
確かに寝返りは打てないな。

三つ編みも復活。しかし自律行動。
人類は衰退しましたの私ちゃんを思い出すぜ。

ヘススナバス:サッカースペイン代表。

遊星からの物体X。
放り出された頭、忘れた頃に重要な局面で活躍しそう。

理由如何によっては死武専に戻るには時間がかかるらしいけど、戻れるだけでも幸いか。

夏仕様のカナ先輩、可愛い。

エターナルフェザー先輩退院。
背中にネジ付いてるー!?(ガビーン)

キム先輩と破局したジャクリーン先輩。
マジ凹みする先輩はガチすぎんよ~。
ああ、炎が熱いから距離を置こうとしたのか。

外国人に風鈴の良さを分かってもらうのは難しいかな。
海外の反応ブログに出てくる日本通の外国人には好きな人が多いけど。

百合三角関係。
めめはハルバードを鈍器として扱ってて、刃がないならそれが普通なんだけど、葉っぱを切れるアーニャの技量はおかしい。

強い二人のパートナーになるのが恥ずかしい。せめて二人を守れるくらい強くなってからと訴えるつぐみを二人は諭す。
一人で強くなって守ろうというのは思い上がり。本当に守りたいならパートナーを決めて一緒に強くなるのが近道。いつか強くなれたらなんて言い訳して覚悟がないから刃がない。
正論だとは思うが、少し前まで普通の中学生だったつぐみにそこまでの覚悟を求めるのは酷だとも思う。

アーニャの「抜け駆けですよ!」でウッソの「待ち伏せですよ!」を連想した。

内田夕夜、たまに子安武人の声と似てる時があるな。
まあ、ソウルイーターのZAZELはエクスカリバーだから勘違いはしなかったけど。



テーマ : ソウルイーター
ジャンル : アニメ・コミック

ソウルイーターノット! 第9話「カボチャ、グローウィン!」 感想

ハロウィンに向けて、ランタン用のカボチャを植えるつぐみたち。カボチャの成長とともに過ぎてゆくウキウキライフ。めめの睡拳VSアーニャのロイヤルカラテ、つぐみVSアーニャの野球 対決、めめの記憶をたどる旅…。やがて街ではハロウィンの、死武専では『死武祭』の準備が始まる。しかしつぐみは迫る約束の日を前に、未だパートナーを決められないでいるのだった。

脚本 : 橋本昌和 森江美咲 絵コンテ : 三條なみみ 演出 : 小森秀人 作画監督 : 田中誠輝 世良コータ 今田茜



ハロウィンのカボチャを植える約束をしていたがおねむのめめ。
ぽよぽよ。

植物に歌を聞かせるとよく育つのでキャラソン宣伝。

暑くて寝苦しい夜。
寝ぼけて抜き出すめめ。
止めようとしたつぐみはベッドに押し倒される。ギシギシアンアン。
アーニャ嫉妬。

睡拳VSロイヤル空手
こむら返りを起こして踵落としを防ぐとかトリッキーすぎる。

キム先輩が隣の部屋だったのか。
前に部屋に来たのも納得。

つぐみのひんやりしたハルバードの刃にくっついて仲良く3P。



ぼうきゃく!
気が付いたらコスプレして大金を持っていためめ。

そして眉毛が片方ない。大山倍達かな。
更にエタフェ先輩から淫夢くんナマケモノを突き返される。

事情を確認する為に市街を散策していると次第に記憶が戻る。

お土産屋さんカー!?
カジノで大当たりしたのは無欲の勝利だ。

胸を当てられるショタが羨ましい。
デブのお姉ちゃんも照れ隠しだろう。

そりゃお土産を付けたままじゃ体重は増えるさ。

めめが忘れたくない皆との思い出も忘れるのかと深刻な顔してたけど、そのまま放り投げるとは思わなかった。今後触れられるのかな。
次回で何かありそうだけど。



3人野球!
野球に乗り気の勇ましいアーニャ。

「バットとグローブは相容れぬ存在ですぞ、アーニャ殿」とか野球が崩壊とかつぐみもノリノリだった。

アーニャに野球を馬鹿にされ一球勝負をする事に。
ゴムボールの性質を利用して変化球を投げるつぐみだがロイヤル槍術で突き返される。
野球漫画でありそうな打法だ。

「お兄ちゃん、ごめん。野球の厳しすぁ、教えられねがった」
野球が絡むとおかしくなるな。

オチ。キム先輩に1時間7ドルのレンタル料を請求される。



デスシティより愛をこめて…
めめは案の定実家を忘れてたか。
伝書バットは割と上手いと思ってしまった。

そして急にシリアス。
死武専内で機密レベルの高い情報が狙われているらしい。
職人と武器のリストを奪われたっぽい。

仮装してお菓子を貰うとか魔女の衣装をして魔女探しを真に受けるクレイは純真というかなんというか。

そしていよいよ死武祭本番。



テーマ : ソウルイーター
ジャンル : アニメ・コミック

ソウルイーターノット! 第10話「悪夢のはじまり!」 感想

ハロウィンを前に浮かれていたつぐみの元に実家から手紙が届く。その内容にショックを受けたつぐみは、自分の気持ちを抑えきれずめめと喧嘩をしてしまう。気まずい空気のまま寝床 につく三人。すると、夜中に眠ったままフラフラと部屋を出て行くめめ。こっそりあとを追うつぐみとアーニャが見たものとは…?一方、魔女への大きな手掛かりを掴んだシド、茜、クレイは魔女を捕まえるため罠を張るのだが…。

脚本 : 橋本昌和 森江美咲 絵コンテ : 松尾 衡 演出 : 鳥羽 聡 作画監督 : 堀川 耕一 松田 剛吏 藤巻 裕一



カボチャのランタン完成。
つぐみのアーニャの真似が上手い。

アーニャのランタンは不気味だ。
リボンを付けたら更にきもくなりそう。

つぐみの元にお母さんからポチが事故に遭ったという手紙が。
ペットロスは辛いな。

めめは元気付けようとしてあえておとぼけ行動をしたと思ったら素で忘れてたのか……
そして怒られた事は覚えてるのがまた怒りを誘いそう。

めめが寝惚けて大冒険。死武専の調査室に侵入。
シャウラに操られてめめが情報を盗み出してたっぽい。
ギャグやキャラ付けだと思ってた物忘れにこんな事情があったとは…・…
伝書バットも伏線だったのか。

そんな中、めめから二人に会いたいという手紙が。
鍵を壊してめめに会うつぐみとアーニャだが即腹パン。小清水風の演技が上手いぜ。

シャウラの確保よりめめの安全を優先させる男性陣はイケメンだな。

シャウラを追うシド先生だが……
眉間に女神事件ってかなりシリアスな内容だったんだな。

No one shall sleep
今夜は寝かさないぜ(意訳)

アーニャに帰国するよう促す茜とクレイ。
他にも理由があると思ったらアーニャの護衛の為だけにNOTクラスにいたのか。そりゃ今はお守をしてる場合じゃない。

重苦しい展開になってきたな。
次回は本編のメンバーが登場するようだから少しは気分が上向きになりそう。


テーマ : ソウルイーター
ジャンル : アニメ・コミック

ソウルイーターノット! 第11話「それぞれの覚悟!」 感想

ついに開幕した『死武祭』。そのEATクラスのバトル大会に乱入してくる謎の集団。マカ、ブラック☆スターたちも応戦するが…。一方、魔女をとらえるための罠に巻き込まれバラバラになってしまったつぐみ、めめ、アーニャ。強制的に帰国させられることになったアーニャはつぐみたちの元に戻るため、茜と対峙する。魔女の策略により混乱するデスシティーの中で翻弄される3人の運命は?
ササメとの会話でもう全部分かったからアージェントに乗る気はないと言ってたがあの時点で分かった事というと……



脚本:橋本昌和、森江美咲 絵コンテ:三條なみみ
演出:上原秀明 作画監督:水畑健二、山﨑秀樹、秋山英一



死武祭が始まるがつぐみは外出禁止でアーニャも帰国。
執事にありがとうと言って意外な顔をされてたけど、以前のアーニャは感謝しなかったのか、無理矢理連れ帰るのに感謝されるとは思わなかったのか。

めめ「会いたいな~斬りたいな~」

毒の爪で増え続けるシャウラの手下。
オックス君は強いな。自称雷王だけど他称でもいいと思う。

寮を飛び出すつぐみ。
つぐみの、アーニャが自分達を残して帰る訳がないという信頼が良いね。

レズ特有の規則を破っても大切な人を守りたい気持ち。

大切な人を見捨てて帰れる訳がないアーニャはあくまで任務に徹する茜と対峙。
すぐに拘束されるアーニャだが、そこにつぐみが到着。
アーニャもつぐみが自分が戻るのを待ってると信頼してて良い。

魂の共鳴でつぐみが空飛ぶハルバードに。
魔女の宅急便的な。

マスターがリズにバイクをくれぐれも大事にしてくれと言った時に(これぶっ壊されるな)と思ったけど大丈夫だった。まだ油断出来ないけど。

解毒剤を取りに行くがシュタイン博士は難色を示す。
毒は分解出来ても精神支配への効果は未知数。更にナイグス先生がサンプルを取りに来る。

だが敵は同じでも守りたいものが違うと啖呵を切ったつぐみに解毒剤を渡すシュタイン。
こいつってこんなに話が分かる奴だっけ?と思ったらからかってたか。

伝書バットでシャウラの居場所を察知してめめの元に辿り着く
友達を取り返す為にいざ決戦。って、最終回は再来週かよ。


テーマ : ソウルイーター
ジャンル : アニメ・コミック

ソウルイーターノット! 第12話「魂の共鳴!」 感想

シャウラを発見できず防戦一方の死武専。茜、クレイ、マカ、ブラック☆スター、オックスたちにも徐々に疲労の色が広がる。一方、再会を果たしたつぐみ、めめ、アーニャ。3人の前に立ちはだかる最大の試練。シャウラの魔法が発動し混迷するデスシティで、つぐみの「守りたい!」という気持ちは奇跡を起こせるのか?そして傷ついたつぐみが出した、三角関係への答えは…?

脚本 : 橋本昌和 絵コンテ : タムラコータロー 橋本昌和 演出 : 橋本昌和 中村里美 
作画監督 : 小池智史 小森秀人 松田剛吏 堀川耕一



お前も仲間に入れてやるって言ってんだよ!

ゾンビ大量発生。
殺せない死武専側は苦戦。

屋根から落ちるつぐみだが解毒剤は死守。
めめを助けたい必死さを感じる。

ロイヤル裾破りしたアーニャだがミストルティン先生で大暴れするめめ相手には苦戦。

イージスやアルケーもそうだけど足を武器にするのは格好良いぜ。

解毒剤を口に含んだつぐみ。
二人は幸せはキスをして終了。
以前のキャラソンをここで持ってきたか。

また誰か大切な人を襲うかもしれないのが怖いと言うめめを見てつぐみはパートナーを決める。

二人が私の翼だ!
職人一人に武器二人のパターンでも魂の共鳴が出来るから逆パターンでもいけるいける。

女子寮の攻防戦はリズとパティの援軍で終結。
またあいつはパンツが破けたな。

シャウラと対峙する三人。
「覚えているか?二人でシドを殺した時の事を」
「もちろん……覚えてます。辛い事も楽しい事も、私はもう、大切な事を忘れたりしない」
めめのシャウラへの決別宣言は良いね。

なんか戦闘がもっさりしてるんだよな。
武器を受け渡しての戦いはもっとスピーディーだったら格好良かったんじゃないかと思うんだが。

スプリングバードアタックでシャウラを撃破。
所詮奴はゴーゴン三姉妹の中で一番の小物……

「先生だけは絶対やらないからね」
絶対なんて言葉なんかないんだ絶対。

ソウルイーターのファンだから見始めたノットだったけど面白かった。
本編のキャラはでしゃばらず、でも存在感はあった点も良い。


テーマ : ソウルイーター
ジャンル : アニメ・コミック

プロフィール
リンクフリーなのでお気軽にどうぞ。

とうゆき

Author:とうゆき

 
最新記事
カテゴリ
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる