ブログパーツ

キャプテン・アース 第1話「アースエンジン火蓋を切る」 感想

「本当の希望は決断によってしか生まれない」


満天の星に埋め尽くされた夏の夜空、宇宙ロケットの発射台がひと際大きくそびえ立つ種子島。その空に浮かぶ「丸い虹」を見たことをきっかけに、ザワつく胸騒ぎに突き動かされて、17歳の少年・真夏ダイチは、この南の島を訪れた。
そこで彼を待っていたのは、驚くべき出会い。“アースエンジン”と呼ばれる白く輝く巨大ロボット、そして“アースエンジン”を通して、顔をあわせる仲間たち――地下深くで眠り続けていた小麦色の肌の少女・夢塔ハナ。“魔法少女”を自称する天才ハッカー・夜祭アカリ。そして、静かな物腰のなかにどこか狂気を秘めた17歳のデザイナーズチャイルド・嵐テッペイ……。
遠宇宙から地球への侵攻を企む謎の知的生命体・キルトガングに立ち向かうため、チームを結成することになる4人。そしてダイチは、彼らとの絆を通して、自らの“キャプテン”としての才能を開花させていく。ときに寄り添い、またときにはぶつかりあいながら綴られる、少年少女たちの“ひと夏の想い”。決して忘れられないその想いが、美しい夜空に今、軌跡を描く。



自分にとって興味のある事を調べるのは勉強ではなく遊び。耳が痛い。
まあ、勉強には違いないと思うんだけどね。今の社会では通用しないってだけで。
友達に誘われて行った部屋が、実況で乱交とかヤリ部屋とか言われててひでえと思った。

子供の頃のダイチってエウレカのレントンに似てる。
謎の少年テッペイの交流。
驚かせたらあげる、驚かせたら返す。
何かこういうやりとりって良い。
あと褐色ヒロインとは胸が熱くなる。

種子島に現れた不思議な虹……
300人委員会の陰謀だ!(ロボノ並の発想)

「違いますよ。あたし達そういう関係じゃありませんから」
すずむらとまーや夫婦の共演。この台詞は絶対狙っただろ、スタッフ。

STAR DRIVER 輝きのタクトのスタッフだと聞いて楽しみにしてたけど、思った以上にスタドラだった。でもエンタングルとかあったしひょっとしたらゼーガペインかもしれない。

何が遊星歯車装置だ。馬鹿馬鹿しい。
もうこいつらがいつ「綺羅星!」しても驚かないよ。

急に歌い出すのはサカナちゃんを思い出しちゃうよな。
声的にはギルティクラウンのいのりさんだけど。

リビドーっておいおい。電気柩じゃねえか!
アプリボワゼアブリアクションスタンバイ」
つーか敵だったのか。作業員の人達が普通の人に見えたから勘違いしてた。
なんかサイバディみたいなのが出てきたけど、台詞的にこっちが本体っぽい?

ダイチがロボに乗るまでの過程は「?」だったけど、やりたい事とやるべき事が一致したから世界の声が聞こえたんだと解釈しとこう。
とりあえずキャプテン=銀河美少年だと思っておけば間違いないだろう。
リコーダーロリの早期の再登場を願う。

合体シーンはテンション上がるな。録画を何度も再生してしまった。
地上じゃ重くて打ち上げられないから宇宙で造ってたのかな。

専門用語はよく分からないけど迎撃派と方舟派については何となく分かる。
マブラヴ オルタネイティヴのAL4とAL5みたいもんだろう、きっと。



スタッフ
•原作 - BONES
•監督 - 五十嵐卓哉
•シリーズ構成 - 榎戸洋司
•キャラクター原案 - 三巷文
•キャラクターデザイン・総作画監督 - 石野聡
•エンジンシリーズデザイン・メインデザインワークス - コヤマシゲト
•マシングッドフェローデザイン・メカニックデザイン - 柳瀬敬之
•メカニックデザイン - 荒牧伸志、高倉武史
•キルトガングデザイン - 浅井真紀、吉岡毅
•コンセプトデザイン - okama
•グラフィックデザイン - 草野剛
•デザインワークス - 齋藤将嗣
•特技監督 - 村木靖
•監督補佐 - 浅井義之
•美術監督 - 矢中勝、衛藤功二
•美術デザイン - 高橋武之
•色彩設計 - 中山しほ子
•撮影監督 - 神林剛
•CGI監督 - 太田光希
•編集 - 西山茂
•音響監督 - 若林和弘
•音響効果 - 倉橋静男
•音楽 - MONACA、神前暁
•音楽制作 - avex pictures、MONACA
•チーフプロデューサー - 南雅彦、大山良、後藤能孝、丸山博雄
•プロデューサー - 大薮芳広、岩瀬智彦、二見鷹介、橋本龍、古川慎、黒田康太、中川岳、酒井大、田中聡
•アニメーション制作 - ボンズ
•製作 - キャプテン・アース製作委員会(エイベックス・ピクチャーズ、バンダイナムコゲームス、ボンズ、松竹、電通、A-Sketch、ローソンHMVエンタテイメント、グッドスマイルカンパニー)、MBS

オープニングテーマ「ビリーバーズ・ハイ」
作詞 - 山村隆太 / 作曲 - 阪井一生 / 編曲 - 百田留衣 / 歌 - flumpool

エンディングテーマ「アメジスト」
歌 - HANA star. 茅野愛衣

劇中歌
「夢幻の華」
作詞 - こだまさおり / 作曲 - 神前暁 / 編曲 - 神前暁、高田龍一 / 歌 - 夢塔ハナ(茅野愛衣)


真夏ダイチ:入野自由
嵐テッペイ:神谷浩史
夢塔ハナ:茅野愛衣
夜祭アカリ:日高里奈
西久保ツトム:小山力也
アマラ:鈴村健一
モコ:坂本真綾

テーマ : キャプテン・アース
ジャンル : アニメ・コミック

キャプテン・アース 第2話「銃の名はライブラスター」 感想

あらすじ
アースエンジン・インパクターへの合体変形を成功させたダイチ。彼は「魔法少女」を名乗る謎の少女とともに、キルトガング・モールキンを撃退する。地上に戻ってきたダイチは、かつて父が所属していたグローブが、異星人の侵攻から地球を守るための組織だということを知る。さらに彼はそこで、幼少の頃に出会った嵐テッペイ、夢塔ハナと再会を果たすのだった。

脚本:榎戸 洋司
絵コンテ:五十嵐卓哉・村木靖
演 出:佐藤 育郎
作画監督:小平 佳幸
メカ作監:大塚 健
美術監督:矢中 勝・衛藤 功ニ



ダイチをサポートする自称魔法少女の夜祭アカリ。
OPを見るにテッペイ側のヒロイン?

ライブラスターの力は生命力らしい。
=オルゴンエネルギー?
ヴィルヘルム・ライヒ(ドヤァ)
イニシャルショットを撃って命があっただけ感謝しろとか言われてたし今後の展開がちょっと怖い。

アースエンジンがかなりデカいのに敵が更にデカくて驚いた。
いずれもう一段階の合体とかあったりするのかな?

アースエンジンのパイロットはアースドライバー。
やっぱスタドラと関係あるだろ、絶対。

モールキンを倒したのはパイルバンカーか零距離射撃(誤用)
どっちだろ?

ライブラスターは銃の形をした異次元生命体。
アースエンジンを動かす為にダイチを利用したのではと推測するグローブの面々。
だが後半の展開を見るにダイチに好意的だよね。ダイチも力を貸してくれたって言ってたし。

遊星歯車装置の面々はエゴブロックの状態なら超空間移動が出来るが地球圏に近い位置で実体化するとリビドーバーストが起きる。
なのでキルトガングの通常空間移動で接近するしかないらしい。

パックは下世話なAIだな。
足を組み替えてて「この女、誘ってやがる……!」と思ったらヒトミさんは本当に誘ってた。

久部マサキはマクベス革命というものを起こそうとしてるらしいが、名前がなぁ……
一度は上手くいくけど最終的には駄目になりそう。
デザイナーズチャイルドが女の股から生まれたかどうかが気になる所。

マシングッドフェローはロビン・グッドフェローと関係あったりするのかな?
他にリア王なりハムレットなりシェイクスピア関連の単語が出てくれば確信が持てるが。

聴取の時にちゃっかりハナの名前を教えてくれる西村さんは良い人。
ダイチも広末レイトから必要な情報を聞き出してるんだよな。

「この世界には君が知らなくていい事がたくさんあるんだ」
「へえ、なんかわくわくするな」
何だろうな。この大物感。

僕のブーメランを見せてあげる(意味深)

真夏タイヨウがアースエンジンの命名者。
息子の名前を付けたのか逆なのか、どっちだろ。

「だってブーメラン見たいんだもん」
リードギアが出てきた時はしばらく辛い展開が続くのかと思ったけど1話のうちに吹っ飛ばしてくれた。
きついで済ませるダイチはマジキャプテン。やれそうな気がする時はやれるんだな。
「君のライブラスターなんて存在しない」からの召喚も爽快感がある。

キャプテンは鬱フラグクラッシャーになれるよ。
OPが完全にコブラのサイコガンだし(原作のコブラはむしろ死亡フラグだけどそこはご愛敬)

一方の広末は気持ち悪かったな。ハナの肩を撫でたり。
褐色少女に執着する草尾毅って少女革命ウテナの西園寺莢一みたい。
どっちも榎戸洋司や五十嵐卓哉がいるし、一種のセルフパロ?

テーマ : キャプテン・アース
ジャンル : アニメ・コミック

キャプテン・アース 第3話「アルビオンの虹」 感想

グローブの司令官・西久保のひとり娘、夜祭アカリが新たにチームに加わり、存分に夏の種子島を満喫するダイチたち。そんな4人の前に、新たな敵・アマロックが現れる。西久保の制止を振り切り、まだ修理が終わっていないアースエンジンを発進させるダイチ。ピンチに陥った彼を救ったのは、新たなキルトガング・アルビオンだった。その掌の上に輝く円い虹を目にしたダイチは、アルビオンを動かしているのがテッペイであることを知る。


脚本:榎戸 洋司
絵コンテ:京極 尚彦
演 出:京極 尚彦
作画監督:斉藤 英子
メカ作監:長野 伸明
美術監督:矢中 勝・衛藤 功ニ



一人称おいらで綺羅星するアカリちゃん可愛い。
これまでの過ちを正すとしてダイチの手錠を外してリードギアの使用を禁じる西久保のおじさんは格好良いと思ったんだ。が……
娘の誕生日すっぽかして女とデート……
失望しました。司令のファンやめます。
言葉足らずで傷つけたってレベルじゃねーぞ。
ブレンパワードのジョナサン・グレーンみたいにならなくてよかったな。

西久保家に向かう道中で安納芋を買ってもらって食べるハナ。自分は食った事ないけど美味そうだ。
親同士が友人なのにダイチとアカリが互いに面識ないのがちょっと違和感。

節度ロボ アースエンジン
無防備なハナちゃんエロ可愛い。

ハイテク糸電話が不意打ちすぎた。
管制室から出る時も紙コップを持ってて(そんなにコーヒー好きなのかな?)と思ったらあれだよ。
地上への被害を気にしたり根っからの悪人ではないのか?
いや、アースエンジンの整備が終わってないのを知っててダイチを送り出した時点で論外だけど。

今度はアマラが出撃。
滑走路的なのが八つあったからキルトガングは八体いるのかな。
宇宙で足場作りつつ移動するのが格好良い。

父親の復讐じゃなくて死を無駄にしないようアマラを止めるつもりのダイチ。
精神的にはもう完成されてるな。
それはそうと、パイロットスーツが∀ガンダムのロランのに似てる。

ピンチのアースエンジンを救うアルビオン。
テッペイが遊星歯車装置側だというの予想してたけど正体判明は中盤だと思ってた。
来週にはペンダントは再びテッペイの所かな。

アルビオンってのはブリテン島の古名。
シェイクスピア関連のネーミングが多い本作品だが、これも関連付けるのはこじつけかな。

アマラが言ってたブルーメの姫様ってのがハナ?
天界の使者が置き去りにした巨大な岩に封印された天女ってのもハナっぽい。
魔法少女と天女のどっちがヒロイン度数高いか。難しい問題だ。
しかし、ウルトラマンレオのトラウマ、シルバーブルーメを連想してしまうな。

テーマ : キャプテン・アース
ジャンル : アニメ・コミック

キャプテン・アース 第4話「遊星歯車装置の強襲」 感想

キルトガング・アルビオンの正体はテッペイだった……。隔離されたテッペイの身を案じ、彼のもとを訪れるダイチ。不安を隠せないテッペイに、ダイチは「テッペイはテッペイだろ」と伝えるのだった。一方、アルビオンの出現は遊星歯車装置の2人にも衝撃を与えていた。グローブの基地を急襲したアマラたちは、テッペイの身柄を奪おうと試みる。その前に立ちはだかったのはダイチ、そして彼の手のなかで光り輝くライブラスターだった。

脚本:榎戸 洋司
絵コンテ:福田 通生
演 出:大西 景介
作画監督:村田 峻治
メカ作監:ねこまたや
美術監督:矢中 勝・衛藤 功ニ




元気のないダイチに元気になってもらう為にアカリはへそフォルテ。
意味はよく分からないけど可愛い。
青ざめるダイチはホモ。

ハナはホモサピエンスにはない未知のオルガネラを持ってるらしい。
海底の船体というのも気になるぜ。

テッペイは今もアルファセクターに漂っているアルビオンが本体でアバター名はアラヤ。
本人も目が覚めている時の方が夢のようと言ってたしな。

クレープ売ってるアマラとモコの二人。
正体知らずに交流するのがスタドラっぽい。

警備をあっさり突破してダイチとテッペイがいた部屋を襲う。

Q:お前達はそもそも何者なんだ?
A:クレープ屋さん

アカリが対人要撃システムを復活させた事で二人は撤退するが、もしテッペイが何か問題を起こしてたら彼に向けられる事もあったのかな。

遊星歯車装置は人間のリビドーを奪うのが目的らしいが、それをこの世界の人間も望んでるというのが気になる。
方舟派とはまた別の勢力なのかな。久部社長?

アマラはマシングッドフェローの天狼星で大暴れ。
シリウスか。このネーミングにも意味がありそう。
ってか警備の人らは先に車を押さえとけよ。

「どこ行くんだよ、色男。一人で格好つけすぎでしょ。君の居場所は、皆がいるここだろ」
被害を出さないようアマラ達の元に行こうとするテッペイだがダイチが引き留める。
そしてライブラスターを召喚して天狼星を撃ち抜く。
あの距離で天狼星が通り過ぎると死ぬんじゃね?というツッコミはなしの方向で。

ダイチの事をネオテニーと呼ぶアマラ。
ウィキペディアによると
>ネオテニー(neoteny)は、動物において、性的に完全に成熟した個体でありながら非生殖器官に未成熟な、つまり幼生や幼体の性質が残る現象のこと。幼形成熟、幼態成熟ともいう。
リビドーなどと併せると意味が分かるような分からないような。

ライブラスター種子島というネーミングが面白すぎる。

キルトガングになると快楽があるらしい。
アクエリオン的な?

ダイチ達に何かを感じたい司令。
しがらみに縛られたり自分の限界を悟ってしまった大人は若者の可能性に期待してしまうもの。

テーマ : キャプテン・アース
ジャンル : アニメ・コミック

キャプテン・アース 第5話「星空の絵本」 感想

キルトガングに対し、徹底抗戦を唱える“迎撃派”と選ばれた人類による脱出を目指す“方舟派”。テッペイがキルトガングとして覚醒したことをきっかけに、両派の対立は深まりを見せる。そんななか“迎撃派”の西久保司令はテッペイに、天海道でコールドスリープ中である嵐エイジの身柄を確保するよう命令を下すのだった。アカリとともに天海道へ向かうテッペイは“方舟派”工作員の妨害をくぐり抜け“遺伝子上の父”と対面を果たす。

脚本:榎戸 洋司
絵コンテ:五十嵐卓哉
演出:前園 文夫
作画監督:牛島 勇二
美術監督:矢中 勝・衛藤 功ニ



攻撃魔法「ワンピースの臍フォルテ」強いぜ。

マシングッドフェローがオルゴンエネルギーで動く事を知ってるピッツは何なんだろう。
ドラクエⅧのトーポ並の超展開が来ても驚かないぜ。

今回のメインは親子の話。
キルトガングになった事で不安定になっていた所に顔も知らなかった相手が父親だと言われて戸惑い反発してたテッペイ。

記憶の有無って重要だろうな。
エイジの方は少しでも空白を埋めたいのかやたら父親風を吹かせてたけど、テッペイからすると他人みたいなものだしな。
庇われた時も何でそこまで出来るんだよと思ってたんじゃないかな。

しかし胸に抱かれたり、アカリからエイジが優しい表情で見てたと言われた事もあって心境に変化が。
この親子には穏やかな平穏の中で交流してほしいなと強く思った。

嵐エイジは石田彰っぽいと思ったら本当に石田だった。
スタドラのスタッフで石田彰声の父親。「ああ、こりゃ黒いな」と先入観を抱いていたけどテッペイを庇った所で「もしかして綺麗な石田なのか?でも暴行と殺人未遂の犯罪者だしなぁ」と疑ってたらそれもテッペイを守る為だと判明して「本当に綺麗な石田だったのか……」と驚いてしまった。
ヘッドが残した爪痕は大きい。これで宮野真守声のクズが出てきたら腹筋が耐えられない。

「何が死亡フラグだ。馬鹿馬鹿しい」
ちゃっかり最後に逃げ出してて笑った。まさにバニシングエージ。
違う意味で身を案じる必要がなかったな。二人を守ってやれないって自分一人ならどうにでもなるって事だったのか。

そういえば、テッペイ位の年から愛し合ってたらしい母親もいずれ出てくるのかな。テッペイとの関係がよく分からないけど。

で、もう一方の親子。
アカリに会えてどれほど嬉しかったか分からないだろうと言った夜祭知事はちょっと嫌味っぽかったけど、再会を口実に使われた訳で気持ちは分かる。
キヴォトス計画にアカリが選ばれるように手を回したり娘を思う気持ちは本物だしね。
アカリが母親に会いたかったのも多分本心だろうけどさ。

選ばれた人間による地球脱出計画、キヴォトス計画。
Kivotosの意味はギリシャ語でノアの方舟。まんまだね。

時計型麻酔銃は卑怯だった。


テーマ : キャプテン・アース
ジャンル : アニメ・コミック

キャプテン・アース 第6話「キヴォトス計画」 感想

天海道でのどさくさにまぎれ行方をくらませた、テッペイの“父”エイジ。状況が刻一刻と変化するなか、キルトガングの襲来に備え、選ばれた人類だけを地球外へと脱出させる「キヴォトス計画」を推し進める“方舟派”は、計画の要となるハナの身柄を奪おうと企てる。種子島基地に監察官として派遣されていた広末レイトがハナを連れ去ろうとしたとき、現場に駆けつけたのはダイチ。得意のブーメランを使って、彼はハナを助け出すのだった。

脚本:榎戸 洋司
絵コンテ:酒井 和男
演出:佐藤 育郎
作画監督:村井 孝司
美術監督:矢中 勝・衛藤 功ニ



モコは前々回ダイチが言っていた風が気持ちいいという発言について思う所があるみたいだし、和解の可能性もあるのかな。

キルトガングは一種のスペースヴァンパイア。地球規模のオルゴンエネルギーを吸収して太陽系を立ち去る。
久部社長はそれを利用して自分の野望を実現しようとしていたが……
パックの部屋のロックは自分の生体データを識別しないと開かないとかフラグすぎる。案の定突破される。
というか既にパックは寝返っていた。マクベスなんて名前を付けるから遊星歯車装置にやられるんだよ。

久部社長の特別な存在や良い子発言に反応するヒトミちゃんは大人げなくて可愛い。


リタさんを食事に誘って断られた司令の駄目大人っぷりが止まらない。
アカリが反発するのも分かる。いずれ家族三人の絆の復活も描かれるんだろうか。


遊星歯車装置の本体は魂を情報化して結晶化したエゴブロック。
それ故に不老不死だが永遠に牢獄に囚われているともいえる。
人間として生きてきた記憶があるテッペイにとって不死は幸せなのかね。

遊星歯車装置にライブラスターを撃つ為に作られたハナだが、エゴブロックの体を持たないので遊星歯車装置は仲間だと思ってない。
ハナを呼んだ声がダイチだとすると……つまりどういう事だってばよ!?


ダイチを心配して種子島にやってくる叔父さん良い人。
ダイチは閉塞感があって自分の居場所が間違ってる気がしたと述懐してたが、1話のダイチって本当に元気がないんだよな。2話以降の性格に困惑した視聴者も多かった。

人を殺す覚悟がない奴には誰も救えないと嘲笑う広末にブーメランをぶつけて殺さずにハナを救ってみせるダイチは本当に痛快。

「あいつの言葉に、今まで僕に見せた事のない強さを感じました」
あの部屋でちゃんと叔父さんと向き合って説得してほしいなと思いもしたけど、ああいう状況じゃないと叔父さんも本当の意味で事態を理解出来なかっただろうしなぁ。

そういえばダイチの母親の名前が出てたけど、どういう人なんだろう。タイヨウとウミって露骨に意味ありげ。
回想にも出てこないから父親より先に死んでそうだけど。

迎撃派と方舟派の対立。
迎撃派だって保険の必要性は理解してるだろうし、方舟派だって倒せればそれに越した事はないだろうけど、予算や人員は有限だしどっちも万全を期したいだろうから対立はやむをえない、と推測してたが、それだけではないみたい。

月の裏側はリビドーを奪われてヤバい事に。
近付かれただけで危険らしく、これで方舟派が戦うのを諦めて逃げるのに必死なってるのかな。

友人がしっかり守ってみせた地球の守護を受け継いだ司令の重圧は甚大だろうな。
想像しただけで胃が痛くなる。

ミッドサマーズナイツ
=真夏の夜?後は夢だな。





テーマ : キャプテン・アース
ジャンル : アニメ・コミック

キャプテン・アース 第7話「誕生ミッドサマーズナイツ」 感想

ハナの予知通り、第1防衛圏内に出現したアマロックたち。挟み撃ちに逢い、苦戦を強いられるダイチの前に現れたのは、テッペイと彼のキルトガング・アルビオンだった。すべての迷いを振り切り、自ら自分のエゴブロックを破壊するテッペイ。彼の協力により、一同はアマラとモコの撃退に成功する。さらに今回の戦果を受けて、西久保は独立遊撃部隊「ミッドサマーズナイツ」の結成を宣言、そのキャプテンにダイチを指名するのだった。

脚本:榎戸 洋司
絵コンテ:古田 丈司
演出:成田 歳法
作画監督:出雲 誉明
メカ作監:大塚 健
美術監督:矢中 勝・衛藤 功ニ





キヴォトス計画のメンバーはパックが選定していたらしい。

Globeに同情すると言った直後にモコに同情すると言われた久部社長の道化っぷりが止まらない。
ここまでされると、実はアマラとモコの方が掌の上だったんじゃ……?という気もしてくるけど、気のせいかもしれない。

遊星歯車装置はキルトガングになる為のエネルギーが枯渇して動けない。だからマシングッドフェローでオルゴンエネルギーを集めているらしい。
ロボ戦が少ない理由付けはしてあるけど、個人的には頻繁にロボ戦をやってほしいと思う。

ヒロインに憧れてるアカリ。
両親の事とか現状に不満があって、そこから抜け出したいと思ってるのかな。

メロンと聞いて目を輝かせ、明日と言われてがっかりするアカリとハナが可愛い。

希望は決断によってしか生まれない。
死にかけて怖いけど敵を倒さないと希望がないと分かってるから戦う覚悟のダイチ。本当立派。

ハナ曰く、ピッツは嘘を吐かないらしいが、パックも嘘を吐かないと自称してたな。これはただの偶然なのかそれとも……

モールキンに苦戦するダイチの前に更にアマロックも現れる。
ハナはテッペイに一緒に来るよう頼むが、今度アルビオンになったら元の自分に戻れるか分からないテッペイは躊躇う。
そんなテッペイにアカリは気合フォルテ。メロンを食べる約束を思い出したテッペイは決意を固める。

「僕は……嵐テッペイだ!」
エゴブロックを破壊したのは遊星歯車装置との決別の証だろう。

一方のアースエンジン、アマロックを倒す為にミサイル?を推進力にするとは豪快な。
辛勝だけじゃなくて圧倒する場面も見てみたいけど難しいかな?
今後出るだろう他のキルトガングが弱いのも不自然だし、アースエンジンは修理に時間がかかったり設定をある程度リアルにしてるから急激なパワーアップはしなさそうだしなぁ。

前回は壁ドンしてた司令だが、今回は光が見えたようでなにより。なんかそのうち夜祭知事とよりを戻しそう。

Globe種子島基地独立遊撃部隊ミッドサマーズナイツが結成。
正直、パイロットスーツはださいと思う。





テーマ : キャプテン・アース
ジャンル : アニメ・コミック

キャプテン・アース 第8話「その作印に気付く夜」 感想

テッペイのほかに存在する5人のデザイナーズチャイルド。そのひとり、ジンの覚醒を阻止するため、ダイチたちはお台場へと向かう。
彼はそこのカジノでディーラーとして働いていた。「結局、この手には、いつもなにも掴めない」。
友人から孤立し、これまでの人生を後悔するジン。その前に現れたのは、ほかでもないアマラとモコだった。
モコから口づけを受けたジンは、遊星歯車装置としての自分の真の力に目覚め、不敵な笑みを浮かべる。

脚本:榎戸 洋司
絵コンテ:五十嵐卓哉
演出:浅井 義之
作画監督:菅野 宏紀/伊藤秀樹
メカ作監:吉岡 毅
美術監督:矢中 勝・衛藤 功ニ



Rio回。

「私は恐れたりなどしない」
と言いつつ震えてる久部社長。
ここいらで弱さを見せると中盤~終盤で化けそうな気もする。

前回壊れたマシングッドフェローの修理に2週間かかるのでアマラ達はプランBに移行。あ?ねぇよそんなもん。

残りのデザイナーズチャイルドは男が二人に女が三人。
オルゴンエネルギーに触れるか記憶があるアバターがある種の接触をするとキルトガングとしての記憶が蘇る。
ある種の接触(意味深)

トリアスが言ってた別動隊ってなんだろうな。今後出てくる事があるのかな。

カジノORLANDの喫茶店でスイーツ食ってるハナが可愛すぎるぜ。

倉庫街でアマラと交戦するダイチ。
父親の仇が相手でも自分を抑えられるダイチはマジキャプテン。

「結局俺はこの手に何も掴めない」

「今の俺に掴めないものは何もない」

フォトカノ。
自分が撮った写真を友人に譲った過去を持つジン。
学校をやめるくらいだから相当後悔したんだろうな。

「確かに世界は面白い」
ヤクザに勧誘された時といい、覚醒前は他人の意見に流されがちだったが、ジンバルトになった後は一転。
仲間の指示を無視してダイチと交戦。この変化が実に対照的。中二妄想みたいな事が現実に起こったら誰でもノリノリになりそう。
ジンもダイチみたいな友達がいたらまた違ったのかな。

アカリが言ってたブルートフォースアタッカーちゃん。ブルートフォースアタックってのは総当たりの事。

チームの中で自分だけ力になれてないと落ち込むテッペイだけど、悪堕ちして一時的にキルトガング側に行く展開もあるんだろうか。
うーん、でもキャプテンが阻止してくれそうな気もする。



テーマ : キャプテン・アース
ジャンル : アニメ・コミック

キャプテン・アース 第9話「魔法少女アカリちゃん」 感想

5人目の遊星歯車装置は、現役アイドルのアイ。マシングッドフェロー・蛇花火に乗り込む彼女に、ダイチたちは苦戦を強いられる。
一方、アカリを拉致したアマラは、彼女のハッキング技術を使い、低軌道にあるすべてのインパクターの動作を止めるよう脅す。追い込まれたアカリがとった“最後の手段”とは、各国の核兵器により人類を滅亡させること。“食糧”が失われることを恐れたアマラは、アカリを解放せざるをえなかったのだった。


脚本:榎戸 洋司
絵コンテ:福田 通生
演出:矢野 孝典
作画監督:斉藤 英子
メカ作監:長野 伸明
美術監督:矢中 勝・衛藤 功ニ




「元気トキメキ胸騒ぎ」
必死に口ずさんで練習するアイちゃん可愛い。

アカリがハッキングした結果、マシングッドフェローが起動してから3分59秒以内に首を落とせばキルトガングは動かない事が判明。
シビアな時間制限だぜ。ストーリー展開がかなり制限されそうだけど大丈夫かな。

一方のしてやられたアマラとモコがアカリを狙う。

スイーツをいつも食べてるとツッコミが入ったか。

「おいらは平気だよ。自分の身は自分で守れる」
と言ってたアカリだがパソコンを買いに行った帰りにジンとアマラに拉致される。
ここら辺の警戒心のなさは年相応だな。Globeは密かに護衛を付けとけよと思うが。

アカリと連絡が取れない時に遊んでると考えるリタさんも呑気というか。
蛇花火が現れた時も射出するか迷ってたけど、あの状況じゃ射出する以外の選択肢はなくね?

キス魔モコ。
「元気いただき吸血鬼」
なんという事でしょう。皆に嫌われたくなくて歌うのを怖がっていた弱気なアイちゃんが観客のいないステージが寂しく感じる自信満々なアイアタルになったではありませんか。

アイは今後もアイドルを続けるのかな。
でマネージャーやファンから「最近変わったねー」と言われるとか。

元気砲撃完全無敵な蛇花火をライブラスターで撃ち抜くダイチ。
もうキャプテンだけで良いんじゃないかな。

放送中、自分はアカリが何かすると思ってたんだ。低軌道インパクターを操って狙撃とか。
この想像は外れて実際はもっとヤバい事をしやがった。

各地の核ミサイルをハッキング。
どうせ死ぬなら数十億年待たせてやるよ!と死なば諸共。

「おい、一言言っとくぞ。たかが宇宙人如きが、魔法少女を舐めてんじゃねえ」
思い切りの良さが尋常じゃねえ。





テーマ : キャプテン・アース
ジャンル : アニメ・コミック

キャプテン・アース 第10話「風の星で」 感想

風を感じたい。
バイクに乗って駆け抜ける新たなデザイナーズチャイルド、リン(CV潘めぐみ)登場。
こいつら基本的に学校に行ってないっぽいね。ジンは途中までは通ってたからアバターとしての性格的な問題なんだろうか。

種子島でライブラスターの能力検査を行うテッペイだが、チームの力になれていない事を悩む。
なんか強迫観念じみたものさえ感じるな。ダイチ達との友情も理由の一つだろうけど、かつての仲間が地球を狙ってる事への罪悪感などもあったりするんだろうか。

臨海大学で夢についての研究をしている毬村マオ(CV小林沙苗)と伴コウイチ(CV岡本信彦)
伴コウイチはムスカ大佐に見える。
プロジェクトを支援してるロビンってパックだよな、多分。ロビン・グッドフェロー的な意味で。

ラブコメしてるダイチとハナ。
甘いなぁ。

「我ら遊星歯車装置」
「世界の夢を現す者」
正直飽きてきた覚醒シーン。

死なない人間だけが本当の人間だと思ってる遊星歯車装置のリンは確実に死ぬ儚い生き物である事をどう思っているのかダイチに問う。
それに対してダイチは父親の事に触れる。笑って死ぬ事の意味が今後のテーマになるのかも。

襲ってきたリンから逃れ、更に背後を取るダイチ。
陸上部ってすげー。シンフォギアの未来さんも元陸上部だったっけ。

リンはマシングッドフェローにアブリアクション。
風を感じたいと思ってるのに水中戦ってどうよ。
ダイチと決着を付けたいと言いつつアースエンジンが苦手な場所を選んだのも小物臭い。

リンを倒すが時間切れ。キルトガングになってしまう。

西村博士「こんな事もあろうかと」

テッペイがネビュラエンジンで待機。
星雲って意味だっけ、ネビュラ。アースエンジンと対になる名前だな。

ダイチに判断を委ねる司令だが、前回も思ったけど出撃を躊躇う理由ないよな。
勝算が低くても戦わなければ人類滅亡だし。

ともかくネビュラエンジン・インパクターに合体してリーバンを迎え撃つ。
エヴァ初号機やウラタロスみたいなデザインだ。

ワープ出来るっぽいリーバンの動きを心眼で察知。
NT(ネオテニー)とでもいうか!

リンの気持ちの良い風みたいという発言にモコが反応してたけど、ダイチも種子島について同様の発言をしてたよな。

テーマ : キャプテン・アース
ジャンル : アニメ・コミック

キャプテン・アース 第11話「セツナの窓辺」 感想

歌う事でオルゴンエネルギーをチャージ出来たっぽいセツナ。
アニマスピリチア!

ピッツの同種っぽいリスの名前はラッパ。
テッペイやアマラ、モコからはセイレーン様と呼ばれているセツナ。高濃度リビドーを生み出せるから遊星歯車装置の中でも地位が高いんだろうか。

偽名で情報収集をしているリタさんは元刑事のバーテンダーに神田事件について聞き込み。
当時の社長だった神田タカシは何者かに嵌められ自殺。匿名の内部告発者というのがめっちゃパックっぽい……

久部社長も勘付いてるっぽいが、それさえも掌の上の可能性がありそうで怖いけど。

プールに男の視線を集めに来てるアカリとハナ。
褐色には白が似合うな(ゲス顔)

セツナは一日1200メートル泳ぐのがノルマ。
25メートルプールを24往復か。

リスはヒロインの証。

昔は自由に外に出られなかったからいつでも自由に外に出られる世界としての窓辺が好き。

毬村の研究施設の前でアマラ、モコと遭遇するダイチとテッペイ。
相変わらずダイチの身体能力がおかしい。テッペイもその体は常人と大差はない筈だよな?
ライブブラスターはバリアも張れるのか。ちょっとした応用だな。

状況的に可能性が高かったけどアマラを目覚めさせたのって久部社長だったか。
テッペイがアマラ達にも人間だった頃の記憶がある筈だと言ってたけど、ずっと閉じ込められてたならそりゃ人間の事は顧みないな。

デザイナーズチャイルドを機動兵器のパイロットではなく人間の意識をインストールするための器として扱う毬村。
自分の意識を若い体にインストールして不老不死になる気だった。
ロリの体だけが目当てとは……

そんな毬村を射殺してインストール装置を奪う伴君。
てっきりただのモブかと思ったら裏があったのか。

セツナは単独行動。
今後の交流次第ではテッペイみたいに人類側につく可能性もあるのかな。
公式サイトのセリフも深く付き合う前振りに見えなくもない。
ハイビスカスの花言葉は「私はあなたを信じます」らしいが資料によってあったりなかったりするのでうーん……


テーマ : キャプテン・アース
ジャンル : アニメ・コミック

キャプテン・アース 第12話「闘う少年たち」感想

ジョージ「選べ!」
父親の麻野田カズヤ(CV中田譲治)に人身売買をしている場所に連れられてこられる麻野田クミコ(CV瀬戸麻沙美)
人身売買してた婆さんが美輪明宏さんに見えてしまった。

そこでクミコはバク(CV豊永利行)を選ぶ。
バクはどういう経緯であの施設に捕まってたんだろう。
神田事件の際に逃げ出したのか、警察に保護された後に何かあったのか。

ダイチにおやすみのチューをするハナ。心が見えなくて良かった。
ダイチ的にはこれがファーストキスっぽい。ニヤニヤ。

グラップラー刃牙番外編。
地下闘技場のチャンピオンになっていたバク。
クミコに良い匂いだって言われたりラブコメの波動を感じるが……アバターなんだよなぁ。
あのマスコット、渡された時から嫌な予感しかしない。

悪夢がバク周辺のエピソードの鍵になりそうだが、バクって中国の獏が名前の由来かな。

再び社会見学するミッドサマーズナイツ。
魔法(現ナマ)
無敗のチャンピオンの倍率が1.2倍って高いな。

試合に乱入するアマラ。ナイフを投げてゴングを鳴らすのが格好良かった。
ステージの上でホモキスでお嬢さんNTRになるんじゃないかと戦々恐々だったけど流石にそれはなかったか。

今の自分を壊されたくないからアマラ達を避けるバク。
ジン、アイ、リンはキス、覚醒、豹変のワンパターンだったけどセツナとバクは外してきてて面白くなってきた。

不死身の狩屋ハルヒコ。
多分マグス号事件というのが関係してるんだろうけど、遊星歯車装置との三つ巴とか共闘もあり得るのかな?

バクの声優は最初細谷佳正かと思ったら豊永利行か。
ガンダムパイロットがどんどん集まってくるな。
デザイナーズチャイルド内ではアマラ、モコ、ジン、バク、テッペイは搭乗経験あり。主人公も3?……人。

テーマ : キャプテン・アース
ジャンル : アニメ・コミック

キャプテン・アース 第13話「バクの街」 感想

バクの戦闘力はアマラと同等かそれ以上。
そう言われるとあんまり大した事なさそうに聞こえるから困る。

ハルヒコはクミコの許婚だったのかよ。
心なしかバクにきつく当たってると思ったらそういう事か。

テッペイのライブラスターの名前はDC(ドリームキャッチャー)
ダイチは通常の銃は外しまくりだけどライブラスターだと必中。ライブラスターは心で撃つものだからな。
曰くライブラスターは体の一部のようなもの。
テッペイが嫌な夢を見なくなったのと関係あるのかな?

クミコを攫う遊星歯車装置。
濃厚なNTR展開……と内心茶化しながら見ていたが……

麻野田組の船が爆破されたが犠牲者は0だったマグス号事件。
実家の仕事に嫌気が差して絶望していたクミコが爆弾を持ち込んでいた。
それをバクのシンギュラリティで疑似的に生き返させていた。

バクはただクミコを守ろうとしただけなのにな。
ハートのエースだけを元に戻す事は出来なかったんだ……
クミコとしては出来たけどやらなかったよりは出来なかった方が諦めはついたのかな?
どちらにしろ辛い話だけど。

アースエンジンVS爆裂獣
アマラ、そのゴングどっから持ってきた。
パイルバンカー的な武装は格好良いね。

覚醒前は「戦う事は怖くない。俺が怖いのは、大事なものを守れなくなる事だ」と言っていたバク。
守るべきものを失ったバクにはかつての強さはない。

街に残る選択肢もあったけど選ばなかったバク。死にたがってたらしいがこれからどうするのか。
クミコは本当の光が見える生き方をしてほしいと言ってたのになぁ。
まあ、そういうものの定義は個々によって違うけど。

ダイチがバクは何か違う気がすると言っていたのが仲間フラグかな?という気もするが、これクミコがまだいた時の話だしなぁ。

それにしても前回、新勢力登場による三つ巴か?とか書いたけど全然違った。

テーマ : キャプテン・アース
ジャンル : アニメ・コミック

キャプテン・アース 第14話「夜をつらぬく少女の涙」 感想

キャプテン・アースは地球のキャプテンである。

今回は水着回と休暇回。
リタさんを言い包めて休暇を勝ち取る事に成功した時にアカリが酷い顔してたな。

OP変更。
3機目のインパクターか。アース、ネビュラと来たらなんだろう。

ホテルでダイチとハナは一緒の部屋。
コネクティングルーム(意味深)ナイスカップリング。

タイトルが出てきた時の入浴シーン、蛇口で背中を強打しそうで気が気じゃなかった。

節度を守ってるダイチだがハナの方から夜這い。
ダイチが甲斐性見せないから……

テッペイ曰く、ハナはよく寝顔にキスしてるらしい。一回だけじゃなかっただと……!?
で、どうも寝てる時にしかキスしなかったのはテレパシーキスで思考を読まれないように。
前に冗談半分で書いてた事が当たってたな。

ピッツの後頭部が一瞬フリーザ様に見えた。

夜に泣くハナ。
殺そうと思ったのは誰なんだろう。ダイチ?

キャプテン>>チョコミント≧バニラ


マクベス社でマシングッドフェロー修理完了。
しかしセツナが充填したオルゴンエネルギーのカプセルがもうない。

久部社長は完全に支配出来る部下はパックだけと言ってるが、あの緊急停止装置、既に無効化されてそう。

アマラとモコを掣肘しようとする久部社長だが、そろそろ切り捨てられそう。
レンストランのシーンでのヒトミちゃんは楽しそうだったな。

モコにハッキングされ、キヴォトス計画に必要なのでシートンカンパニーに造られていた資源のストック衛星LEGCYが種子島に
ガキ扱いされて怒ったアマラだけど、正直ガキだよな。

迎撃は不可能かと思われたがブルーメの王の柱で消滅。
ブルーメってどういう存在なんだろう。テッペイがアルビオンになる時にエネルギーを使ったらしいけど。

自分はダイチが思ってるような女の子じゃないというハナだが、ダイチのキャプテンっぷりを甘く見ないでもらおうか。

オープニング
「TOKYO Dreamer」
作詞・作曲 - 光村龍哉 / 編曲 - NICO Touches the Walls & Takashi Asano / 歌 - NICO Touches the Walls

エンディング
「The Glory Days」
作詞・作曲・編曲 - ryo(supercell) / 歌 - Tia

テーマ : キャプテン・アース
ジャンル : アニメ・コミック

キャプテン・アース 第15話「本当の自分」 感想

前回の一件は隕石として処理される。
ネットにネガティブな書き込みが多いとか大規模な太陽フレアというのは伏線だろうか?

遊星歯車装置側はエネルギー不足の問題を抱えたままな上に統制が取れず。

遊星歯車装置の王族はオルゴンエネルギーを操る特殊な能力を持つ。
ライブラスターを撃てるように王族の因子を使って生み出されたのがハナ。
セイレーン様が王族なのかな?

ダイチ達の前から去ったハナは絵で生計を立てていたセツナと出会う。思った以上に逞しい。
他人と深く関わるのが怖いセツナとダイチは信用出来ると理解しているハナ。
出会った人の違いだわな。あそこまで酷いのもなかなかいないだろうけど。

アマラとモコに追われるハナとセツナ。
ピッツに噛まれたアマラがブルーメと吐き捨ててたけど、ピッツはブルーメの端末か何かかな?

ようやくキルトガングとマシングッドフェローの関係に気付く久部社長。
パックを問い詰めるが毬村が研究してた機械で人格を乗っ取られる。
やはりロビンはお前だったか。

パック「緊急停止スイッチwww」
久部社長は特に見せ場なく退場してしまったな。あと10話あるけど再登場の希望は……

トリプルキス。
ダイチがハナを引き留めなかったのが意外だったけど、ちゃんと決めてくれたな。
テッペイと友達やってるからな。ハナの正体なんて気にしないよ。

海岸でアース、ネビュラが天狼星と交戦しようとするが、人質に取られるハナ。
二人の危機にFooさんのリコーダー音が。

三つ目というか一つ目のライブラスターブロッサム。
ホーミングビームは強力だな。
エクディシスモードって脱皮(ecdysis)かな?

「これはピッツの分だ!」
お、漢らしい。

ミッドサマーズナイツの面々を見てたセツナの心境や如何に。
覚醒前に風を感じるのが気持ちいいと言った彼女を信じたいが。似たような事を言ってたリンは今頃どうしてるんだろう。

次回。
久し振りに見るな、アイちゃん。


テーマ : キャプテン・アース
ジャンル : アニメ・コミック

キャプテン・アース 第16話「フレアの閃光」 感想

久部社長の体を乗っ取るも、アマラとモコにも真実を伝えないパック。
暗躍して第3勢力化するのかな。

この後に及んでもパックは嘘を吐かないと言ってるが、久部社長を意識誘導したのも嘘ではない……のか?いや、嘘だよな。まあ、意識誘導した事自体は事実。現在の変貌の原因ではないけど。

久部社長を軽んじて女に現を抜かしていると疑わないアマラ。
自信がある奴は扱いやすいと言ってるパックだが、パックも自信満々でいずれ足下を掬われそう。
しかし、夏の夜の夢ではパックのミスが結果的にハッピーエンドに繋がるんだよな。

にしてもヒトミちゃんは完全に女の顔をしてたな。ちょっと可哀想。


アイちゃんはライブ。
食べちゃいたいくらい好き(直球)

マネージャーは全く気付いてないけど、外見は同じだし仕方ないのかな。


特撮定番の首都圏外郭放水路っぽい場所で歌うセイレーン様。
破滅願望が強い奴の方がオルゴンエネルギーを集めやすいみたいだが、レガシー落下時にネガティブな書き込みが多いというのは一種の伏線だったのかな。

集められるカプセルの本数が毎回違うというのは物語的にはやりやすいな。


ピッツの命には別状なし。
オルゴンエネルギーの動きは予知出来なくなったが、ハナがライブラスターを撃てた事やブルーメを動かした事が重要で、あらゆる勢力がハナを狙って来る。
これがラストの偽装降下に繋がるのかな。

縁日に興味を示すハナが可愛い。
最終回で縁日かな。

天王星の衛星軌道上の太陽系戦略拠点、要塞空母オーベロンを破壊するのがオペレーションサマー。
ちなみに、現実だと天王星の第4衛星の名前がオベロンなんだよな。第15衛星がパックで。


アルビオンの裏切りはバクとセイレーン様の心に波紋を生む。
この二人はある程度テッペイに理解を示しそうだよね。
楽しい事もあっただろうし、セイレーン様は他人に利用されたのは許せないが、地球人のリビドーを吸収している自分達も同じだと自覚してるし。

消えたラッパが今後の鍵になりそう。


アイアタルの襲来に対してハナがフレアエンジンで出撃。

この業界は次々に新人が出てくるから生き残るのが本当に大変とアイアタル。
ちょいメタな台詞だな。

予知もハナのシンギュラリティ。これを利用して攻撃を回避していく。
しかしビームのエネルギーを吸収出来るアイアタルに苦戦。
追い詰められるが、太陽フレアによるCMEストームで不備が発生。
ライブラスターのエネルギーを吸収したアイアタルの位置を特定して撃破に成功。

アイアタルが駄目でやっと戦略を考えるアマラ。
まあ、こいつら不死身だからその辺は呑気なんだろうな。いや、セイレーン様が見付かる前はもうちょっと思慮深くても良かったと思うが。


ダイダロス基地を全滅させた9年前を超える発光現象を起こすオーベロン。
これによりようやく方舟派が立ち上がる。いやもう、存在を忘れてたよ。


テーマ : キャプテン・アース
ジャンル : アニメ・コミック

キャプテン・アース 第17話「真夏の騎士たち」 感想

ソルティエドッグからアナルが弱そうな安藤ニオ(CV松谷彼哉)が監察官として種子島に。

お前のプランはお前のせいで役立たずになったな。あとミッドサマーズナイツに不信と憂慮を抱いているから。
ハナの身柄を確保する為に来たんだろうけど彼女は現在不在だよ。ざまあ。
というジャブの応酬。

やっぱり糸電話には笑う。


天海道のミアとレナに人気のテッペイ。
年上のお姉様方にはああいうのが好みか。

ダイチにハナがいなくて寂しいという本音を聞き出すアカリのフェイントには参るね。
たまたま読んでた終わクロ3巻下の佐山とバイオレットの遣り取りと被った。

「それは誰に向かってやってるの?」
「なんか今日、おいらだけ露出が少なくて、更にヒロインの座が危うくなりつつある危機感故かな?」
メタいぜ。


ヒトミちゃん以外にも手を出してるパック。
あわわわ。女の戦いじゃ……
遊星歯車装置やミッドサマーズナイツとは関係ない所で刺されて脱落しそう。


チームワークを馬鹿にするジンは覚醒前の事が関係あるかもしれない。ないかもしれない。

アマラ曰く、限りある命が知的生命体に進化すると心の奥深くに破滅願望が芽生えるらしい。
印象的には逆だけどな。


アースとネビュラの合体バンクはダレるな。
画面を分割するとか、いっそカットするとかした方が良いんじゃ。

キヴォトス計画の護衛用の無人インパクターケルベロスを出撃させる監察官。
超電導磁力フィールドで干渉してカオティックに動いているらしい。
優秀な無人兵器だとしたり顔で語った直後に「ケルベロスロスト!」となった時は素で「ファッ!?」ってなった。
Fate/Zeroのケイネス先生を思い出した。

方舟派には他にもサラマーとガルムというのがあるらしいが、この調子だと期待出来ないな。

ケルベロスはモコに奪われる。
機械は騙しやすいと言ったが、パックの事にも気付いている……訳ないか。

「その負けん気、好きだな」
ダイチとテッペイがケルベロスを撃墜し、アカリはモコがケルベロスをハッキングした時のバックドアを利用して制御に干渉。
ダイチとテッペイは動きが止まった所をエゴブロックを攻撃するが本人の意思でしか壊せないらしい。

やっと総攻撃を決意するアマラ。
おせえよ。ただまあ、ぶっちゃけ7人全員で来られると対処出来ないしな。

ミッドサマーズナイツを潰す……!
(なんで?)

ミッドサマーズナイツの絆は見れたけど話は進まなかったな。


テーマ : キャプテン・アース
ジャンル : アニメ・コミック

キャプテン・アース 第18話「荒野の猛襲」 感想

ダイチがライブラスターを撃った時に発生するエネルギーは1.7ギガジュール。
新兵器のブーステッドプラズマグナムを使うには2.0ギガジュールが必要なので足りない。
戦闘時にはそれを満たしているらしいが。

アカリが友達だと言ったハナに興味を持つ夜祭知事。
母親としては正直役目を果たしてるとは言い辛いしな。

家族はいないけど家族もいいものだと思うハナ。
アカリの話をする時に優しそうな顔をするという下りで、第5話でエイジがテッペイを優しい表情で見てたとアカリが言ってたのを思い出した。
多分これスタッフは意図してやってるよね。ダイチやテッペイもこれから何か言うんだろうか。

キヴォトスはもう一つの宇宙船とドッキングして初めて本来の役目を果たす。

フリューゲルで降下しようとするが着陸ポイントがズレてオーストラリアに着陸。
磁気嵐の影響で種子島との連絡も途絶。

ヒトミちゃんに振られたパック。
振られたと言われて驚いてる様子だったけど所詮はAIか。

モコに盛りの付いた猿だと言われるパック。
性欲は初体験の事象だしね。仕方ないね。
なんかどんどん道化になっていくな。

テッペイに手作り弁当を作る天海道の二人は肉食系だな。
男いなさそうな職場だしな。

病気で死んだというダイチの母親は今後の絡んできたりするんだろうか。

テッペイは襲ってきた敵機を躊躇なく撃墜したと思ったら無人機か。
でも仮に人が乗っていてもチームの為なら撃つ。

戦車に包囲されて足を破壊されるネビュラ。
戦車砲はまあ、単一目標に対する破壊力じゃ核以上だしね。

テッペイを見捨てて逃げるかどうかの選択を迫られるダイチ。

天海道で会ったプロフェッサー・カニスはダイチの手を運命に選ばれた英雄の手と言いつつ、内心では偶然ライブラスターを手にしただけのただの子供と小馬鹿にしていた。
テッペイは自分の意思で全てを選び掴む事が出来る手だと言った。

「僕に掴めるかな。いや、掴んでみせるさ!」
ローリングバスターライフルで殲滅。その時のエネルギーは5.8GJ。

うーん。目的の為に仲間を見捨てるかどうかの問題って、ぶっちゃけこの辺の葛藤は初期で済ませてると思ってた。
テッペイが言ってた、人を撃たないといけない選択もいずれ迫られるのかな。

テーマ : キャプテン・アース
ジャンル : アニメ・コミック

キャプテン・アース 第19話「今は微笑む君だから」 感想

エアーズロック前を通過してオーストラリアの中央司令部に向かうダイチ達だが、アカリからの指示でカーペンタリアに向かう。
迎撃を避ける為に中央司令部のコンピューターをハッキングしてダウンさせ、その隙にエクラノプランなんちゃらを奪取。
海賊キャプテンアース。

そこにソルティドッグ第二の犬的兵器サラマーエンジン襲来。

ファンネル的な武装サーラメーヤで攻撃。
ライブラスターの攻撃に耐えるサラマーは地味に凄い気がする。
僅かとはいえブルーメのビームと拮抗してたし。

ハナのフレアは海中に没するが、ダイチとテッペイの危機にブルーメが浮上。

ダイチに何かあればハナをブルーメから連れ出す事は出来ないが、
「だって、キャプテンがいなくなったら、もう船から出る意味がないもん」
はいはい、ゾッコンってやつね。
テッペイやアカリがちょっと可哀想。


夜の誘いをヒトミちゃんに断られるパック。
結構冷静に受け止めてるけどこれからどう動くか。

共有してたんじゃなくて別人格になってたのか。

ウエストビレッジ博士が世界最高の機械知性を持つ久部社長にメール。
永遠の命を持つとメンタリティがどう変わるか。

永遠の命を手に入れたのは次に必要なのは無限のエネルギー。
ライブラスターこそが銀河の派遣を狙うパックの真の敵かもしれない。


アマラはアバターの体に興味なし。
最終的に興味を持つフラグな気もする。


年配者だけが仕切っている組織は知識が経験が豊富で慎重だが保守的で思い切った行動が取れない。逆に若者だけだと勢いがあるが見境なく動いて自滅しがち。
しかし種子島は両立している。

メンタリティは10代の女の子(意味深)
エロ同人みたいな事をするのかな。

テーマ : キャプテン・アース
ジャンル : アニメ・コミック

キャプテン・アース 第20話「サテライトジャック」 感想

ガン見した後にブルーメからハナを連れ出すダイチ。

「迎えに来たよ」
「なぁんだ。お目覚めのキスはなし?」
壁ドン。
でも何その背景。

迎撃派のスリートップのジャック司令とクイーン司令が天海道に。
キングは誰なんだろう。

天王星にあるオーベロン中枢のコクーンを破壊する反攻作戦オペレーションサマー。
3機のインパクターを搭載したキヴォトスをブルーメにドッキングさせ天王星に突撃。
つまりは鋼鉄の7人作戦か。

ライブラスターのオルゴンエネルギーのインテリジェンス情報を削除して純粋なエネルギーに交換する破壊兵器ブーステッドプラズマグナムを装備。
これならエゴブロックを破壊出来る。
ブーステッドプラズマグナムに必要な数値に再現性があるのか疑問に思うジャック司令。
子供だし「多分」と言われると不安に思うのも仕方ない。

あと、オペサマはキヴォトスの人工冬眠ブロックを切り離して行うので方舟派にバレると拙いらしい。

「アイ(アバターでは)宇宙は初めてだから」
アカリが天海道にやってくるが、更にアイちゃんが一日知事に。
あー、そういえば面識はなかったか。
どうも広報部に遊星歯車装置の息がかかってるっぽい?

アイドルと魔法少女は同等。
つまりまこぴーは最強だな。

久部社長とパックが同一人物?同士で争いだしそうな気配があるけどどうなんだろう。

西久保司令と夜祭知事の遣り取りは結構良かったけど、どんどん消えていくモニターが不穏すぎる。
しかし、ダイチはもう大人だと頼り切ってる司令はどうかなと思う。

ハナと同じようにテレパシーキスがあるから
深いキスをすると何千年や何万年分の記憶が流れ込んでヤバい事になる事が不安。

あれ?これ胡蝶の夢じゃね?と思ったりここにいる理由と意味に悩んでるテッペイ。
ここにいるのはおいらと一緒にいる為に神様が導いたのさとキス。男前だな。魔法少女だけど。
お母さんが見てる。

コールドスリープのブロックを前に地球防衛の決意を新たにするダイチ。しかし水を差すように広末レイトが天海道をジャック。
こんな時でも人間同士の争いかよ。

いかなる組織にも所属していない宣言、本音と建前というか、誰が見ても虚言でも明確な証拠がないと反論出来ないな。

テーマ : キャプテン・アース
ジャンル : アニメ・コミック

キャプテン・アース 第21話「キャプテンの条件」 感想

数千人の少年が眠ってる冬眠ブロックを切り離して敵陣に乗り込むなんて馬鹿じゃねーの?と広末に対してハナは自分達だけで冷たい鉄の箱の中でずっと眠り続けるなんて命じゃねえよと反論。
テッペイが背後からライブラスターを向けるが、生体シグナルを検知する爆弾を仕掛けていた。
更に覚悟がないダイチでは地球を救えないと痛烈に批判。

アイはジンのシンギュラリティで破壊工作。
シンギュラリティってテレパシーキスで共有出来たのか。

750秒でメテオロイドが天海道に直撃。
ネビュラで迎撃するが更に複数のデブリが向かってくる。
そういえばミッドサマーズナイツ側はジンのシンギュラリティを把握してなかったんだっけ。

ネビュラの防衛線を抜けてデブリが天海道に。
なんかネビュラも弱くなったな。

デブリの数が500を超える。
デブリの数が多すぎて、宇宙が黒く見えない!デブリが七分で、黒が三分。いいか、デブリが七分に、黒が三分だ。

この状況にアカリはブーステッドプラズマグナムの使用を決意。
メガライダーっぽいな。

射撃しようとするダイチだが、射線上にネビュラが。
前に言ってた選択の時か。
拘束を解いてハナをブルーメに行かせようとした広末は一応本気で世界の事を考えていたんだな。
マグナムをぶっ放すダイチだがテッペイは空間湾曲的なので無事。シンギュラリティか?

広末はダイチに問う。
テッペイが助かる事を分かっていたのか、それとも見殺しにしたのか。
どちらでもなく自分の手で殺す覚悟を決めていた。あの状況で躊躇う事は許さない。

それを聞いた広末は考えを改める。
ミッドサマーズナイツは大嫌いだけど遊星歯車装置を倒して地球を救えるかもしれない。
地球にいる父親や弟を助けてほしいとダイチに想いを託す。
そりゃ多数を切り捨てて少数を生かす計画より全員救える計画の方が良いわな。問題はその計画の勝算だった訳だけど、ダイチの覚悟は見せたしね。

アイって広末がいなけりゃすぐに発見されてたんじゃね?
杜撰な計画だった気がする。
ってか方舟派をまだ引っ張るのかよ。
遊星歯車装置の掘り下げが足りなすぎる……

モコがPVの頑張ってる感じが好きと言ってたが、遊星歯車装置が人間として生きるラストもあるかな。でも掘り下げがry
店にいなかったリンとバクは何をしてるんだろう。


テーマ : キャプテン・アース
ジャンル : アニメ・コミック

キャプテン・アース 第22話「発動オペレーションサマー」 感想

キヴォトスをブルーメにドッキング。

脳電磁共鳴波や生体情報を外部から転送してブルーメを操れるプランターユニットというのから不穏な気配がプンプンするな。

永遠の命を手に入れた場合の仮定。
世界の広さや自分の知らない事の多さにイライラする。
パックはどうなるんだろうな。

地球の最後に思う所があるモコ。
風が気持ち良さを感じたか。
でもアマラは違う。すれ違ってるな、この二人。
ここもどうなるか。バクなんかは地球で暮らしても違和感ないけど。

フラグ乱立。
墓参りの方は実現しそうだけど、縁日のりんご飴はなぁ……
Her lie.というのが気になるし、アカリがダイチに何かあったらハナがブルーメから出てこられないと言った時に表情を歪めたテッペイもなぁ……

オペレーション・サマー発動。
しかしその前にキルトガング捕獲用の巨大インパクターガルムエンジンが立ちはだかる。
ガンダムのラビアンローズみたいだ。

互いに人類や地球を救う計画を邪魔するなと言ってるのがなんとも。

アキトはどこに行きたいの?
エンタングル・リンクに移行したブルーメに辛うじて追いつくアースエンジンだがそこにガルムの砲撃が。
そして夢オチ。
エンタングル・リンクの影響だろうけど、あれかな。
よくある、対立してた奴等の仲が良い平和な世界的な。


テーマ : キャプテン・アース
ジャンル : アニメ・コミック

キャプテン・アース 第23話「真夏の夜の夢」 感想

途中まで1話と同じだがちょこちょこ変化が。
知人が遊星歯車装置の面々に置き換わってるな。

アースとアマロックの対戦で連射王を思い出した。
高村がやってた格ゲーが閉鎖都市巴里の庇護女帝と赤獅子戦だったやつ。

アバターの体に興味があります。

ダイチが気付きかけるとテレビを消していたが、本物が介入してるっぽい?
ジンの世界が面白くなる発言とかダイチは知らないし、そもそもアイやリンが遊星歯車装置だって知らないし。

バクが夢について語ってると何とも。死んでしまえば全て終わり、とかも。
他人にキャプテンになると決められるのが嫌だったらしいけど、今後の展開に影響するんだろうか?

自分が憎んだ生き方をしてるから心が重いセイレーン様。
ダイチと同じ方向には多分「まだ」行かない。まだ、ね。

何が起こるか分からない方がわくわくするダイチ。
知らない事の多さにイライラするパックとは正反対
科学部長はなんなんだろう。司令やリタさんも。

アカリも夢を見てたっぽいけど、どんな内容なのか気になる。

テーマ : キャプテン・アース
ジャンル : アニメ・コミック

キャプテン・アース 第24話「オーベロン」 感想

ミッドサマーズナイツの面々は第7衛星ハイペリオンの正面、土星の軌道上に出る。
冥王星ではなく土星に来てしまったのはエンタングル・リンクに精神が慣れていないダイチとアカリがいた事と、遊星歯車装置の干渉のせい。やはり前回の夢はそういう事か。

そこにバグベア襲来。
流石にここに至っても単騎でしか襲ってこないのはなんだかなー。

力のない者には何も守れないというのは自虐だったけど、人生に価値がないというのも自分に向けてる面がありそう。

ダイチがキャプテンになるのが嫌だったというのは最終回で回答が出るんだろうか。

バク:思いがあっても圧倒的な力の前では無意味。思いは無力。
ダイチ:思いが先にあって、その思いの強さが力になる。
力だけでも思いだけでも駄目だってピンク髪の歌姫が言ってた。

ライブラスターの使い方次第でネオテニーはエンタングル・リンクが可能らしい。以前助かったのもそれ。
誰が研究してるんだろう。科学部長?

テッペイはアカリのお陰で信じたい神様と出会えた。
元遊星歯車装置のテッペイが地球の概念である神を信じたってのは象徴的だな。

コクーンを破壊されるとエゴブロックが残っていても太陽系から出られないらしい。

再度のエンタングル・リンクで冥王星に到達。

アカリ「あれで行こう」
ええ、良くってよ。

海賊の時間だ!
ビームラムとブーステッドプラズマグナムでオーベロン内部に突入。
ゲッター艦隊?

セイレーン様の力でバグベアが復活してキルトガング勢揃い。
ライブラスターを捨てるならエゴブロックを与えて仲間にしてやると提案するアマラ。
取引の対象がダイチ達だけな辺り、アマラはまだ人間の事を分かってないよな。

セイレーン様を庇ってやられるリン。
キルトガングに己のエゴをインストール出来るシステムを用意していたパック。
ジンもやられたけど、明らかに尺の使い方を間違ったよね。

満を持してロビン・グッドフェロー登場か。
どんなヘマをやらかすのか。


テーマ : キャプテン・アース
ジャンル : アニメ・コミック

キャプテン・アース 第25話「キャプテン・アース」 感想

パック「新世界の神になる!」

生命がなくても欲望があればエゴブロックは存在出来る上にエルダー・サイン遊星サインも使える。

自分達の都合で他者を利用してたのは遊星歯車装置や地球人も同じだと煽り、もうブルーメから出られないと暴露。
前のあれはやっぱりそういう事だったか。

ブルーメに人格をインストールしてロビン・グッドフェローに。対魔忍みてえだ。
ライブラスターが撃てず。そんなこったろうとは思った。

ロビンや遊星歯車装置はエゴが肥大した化物。
富野作品に出てきそうなフレーズ。

モコを庇ってやられるアマラ。
アバターの暮らしは特に何とも思わなかったけどモコの事は大事だったのかな。

エゴブロックの爆発でもロビンは倒し切れず、更に地球に飛ばれる。

「守ってみせるさ!僕はキャプテン・アースだからな!」
ハイメガキャノンで迎撃して内部に突入。Vガン戦法で中枢に到達。

僕にはまだ見えている!

ハナはテレパシーキスで元に戻る。
空気の読めるパイロットスーツ。

俺のエゴブロックを破壊するとロビン・グッドフェローが地球に激突するよ?と脅迫。
自分に従えば地球もハナも救うと言うが、ハナはパックは嘘を吐くと否定。
エゴブロックのまま地球圏に到達するとリビドーバーストが起きるというのは初期に言ってたな。

キャプテンはどこに落ちたい?

「綺麗な銀河だなぁ。やっぱり僕は、この星から見上げる宇宙が一番好きだ」
「私も」

1クールならまだしも2クールでこの不完全燃焼感はなぁ……
リンは明らかに持て余してたし、ジンやアイも別にいなくても問題なかったよな。つーか自主的にエゴブロックを自爆させそうにないからパックにやらせたろ。

嵐エイジが再登場しないとは思わなかった。
ラッパの正体もよく分からなかったな。キングも。

テーマ : キャプテン・アース
ジャンル : アニメ・コミック

プロフィール
リンクフリーなのでお気軽にどうぞ。

とうゆき

Author:とうゆき

 
最新記事
カテゴリ
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる