ブログパーツ

神々の悪戯 第1話「禁じられた箱庭(がくえん)」 感想

暇を持て余した神々の悪戯


あらすじ
高校3年の春を目前にした主人公・草薙結衣は、ある日、自宅である神社の蔵の中から
彼女を呼ぶ声を聞く。導かれるまま蔵に足を踏み入れ、光を放つ剣を見つけた結衣。
剣にふれた瞬間、強い衝撃と共に結衣は意識を失い――目覚めた先は、
神々により創られた「箱庭」だった!



野郎の変身シーンや花が咲いた所で声を出して笑ってしまった。
俺の腹筋は大丈夫じゃねーよ!

アポロンとハデス、乙女ゲーの攻略キャラに伯父と甥がいるって珍しい。
つーかこの二柱、神話じゃ異性関係がヤバいんだよな。
アポロンは求愛を拒否ったカッサンドラに呪いをかけて彼女が凌辱される遠因になったし、ハデスはペルセポネを拉致監禁したし。

ウサギを追いかけるのは不思議の国のアリスっぽいなと思ったが、先にいたのは日本神話のツクヨミ。
あれって因幡の白兎だったのかな。あの白兎と関係が深いのは大国主だけど。
つーか神話上のツクヨミって空気すぎて性別すら曖昧なんだよな。東方projectの二次創作だと色んな意味で大人気だが。

スサノオ×ツクヨミの近親ホモとは新しい。
天叢雲剣ってスサノオのじゃん。
これも今後トラブルの元になったりするのかな。まあ、数話でデレるのが目に見えてるが

夜トの正体はバルドルだったのか……
露骨なドジっ子アピールはちょっと笑うわ。

そして相方のロキ。こいつ神話でもトップクラスの異常性癖なんだよな。
百合や獣姦にも対応出来るロキさんマジっぱねえっす!奴こそ真のハジケリスト。
あとバルドルとロキがいると絶対ミストルティン関係のイベントがあるだろ。
一部で、悪いのはトランスフォームしたヤドリギじゃね?という擁護もあるが。

異世界トリップの原因は生粋のレイパーゼウス。
やべえ……やべえよ……もはや結衣の貞操は風前の灯火だ……
途中で出てきたペガサスってポセイドンのか?

人間との繋がりに問題を持つ……(ラインナップを見て)ああ(納得)
まあ、既婚者多数だが。

EDに黄金の林檎……
(トロイア)戦争が始める。
……あれ?結衣がパリスだとすると最初の方に出てきた兄貴二人はヘクトルとかヘレノスとかデイポボス辺りのポジション?

追記
むしろヘレネーポジションが近いか?
兄二人はカストールとポルックスのディオスクロイで。


北欧神話では管理していたイズンがロキの手引きで攫われてるな。



スタッフ
原作 - ブロッコリー
キャラクター原案 - カズキヨネ
監督 - 河村智之
シリーズ構成 - 金春智子
キャラクターデザイン - 芝美奈子
音響監督 - 菊田浩巳
音楽 - Elements Garden
アニメーション制作 - ブレインズ・ベース

主題歌
オープニングテーマ「TILL THE END」
作詞 - 香月亜哉音 / 作曲 - 上松範康(Elements Garden) / 編曲 - 藤田淳平(Elements Garden)/ 歌 - アポロン(入野自由)、ハデス(小野大輔)、月人(上村祐翔)、尊(豊永利行)、バルドル(神谷浩史)、ロキ(細谷佳正)
エンディングテーマ「REASON FOR…」
作詞 - 香月亜哉音 / 作曲・編曲 - 藤間仁(Elements Garden) / 歌 - アポロン(入野自由)、ハデス(小野大輔)、月人(上村祐翔)、尊(豊永利行)、バルドル(神谷浩史)、ロキ(細谷佳正)

草薙結衣:早見沙織
アポロン・アガナ・ベレア:入野自由
ハデス・アイドネウス:小野大輔
戸塚月人:上村祐翔
戸塚尊:豊永利行
バルドル・フリングホルニ:神谷浩史
ロキ・レーヴァテイン:細谷佳正
ヌビス・マアト:梶裕貴
トト・カドゥケウス:森川智之
ゼウス・ケラウノス:大塚芳忠/阪口大助

声がはやみんで名前に結があってあの外見だとセキレイを思い出すな。幾久しく。

テーマ : 神々の悪戯(かみがみのあそび)
ジャンル : アニメ・コミック

神々の悪戯 第2話「美しき呪縛(かせ)」 感想

あらすじ
箱庭に召喚された結衣は、アポロンと名乗る青年に導かれた先で「箱庭」が閉ざされた場所だと知る。驚き、呆然とする結衣。そんな中、箱庭の創造主であるゼウスが現れる。
ゼウスは、アポロンを始め各神話の神々に人の心を教えるため、彼らと共に学園生活を送るよう
結衣に命じた――!




いきなりキスしてもイケメンなら許されるんだよな。
あのペガサスってお前のかよ。

「妖精さん」
やべえ。腹が痛い。

新キャラ
ディオニュソス・テュルソス(CV野島裕史)
トール・メギンギヨルズ(CV杉山紀彰)
トールはゼウスと同格の筈なんだけど拉致られてしまったのか。
花が咲かないという事はサブキャラだな。

ゼウスのやらせたい事ってようはTSTみたいなもんか。
テュポーン「ゼウス、あんまり調子乗ってるといてこますぞ」

卒業したらクロノスが元の時間に戻してくれるらしい。
よくゼウスの親父と混同される時の神のクロノスさん。

マスコットのメリッサ(CV関智一)
ゼウスに泥から作られたらしい。
多くの神話で人間の起源が描かれてるけど、日本神話じゃ人間はいつの間にかいた扱いなんだよな。
どういう成立経緯だったのか想像出来て面白い。

メリッサはギリシャ語でミツバチ。
遠い日の記憶を切り裂きたくなるな。

結衣の制服姿が似合ってるな。
天叢雲を持ってて名字が草薙って、ヤマトタケルポジションだったりするのかな。物語で女装したりしてるけど。

バルドルがアポロンに嫉妬。
神話のロキなら「へいへい、バルドルさんwあんた万物に愛されてた筈なんじゃないっすか?w」と煽りそうなんもんだが、こっちのロキはバルドルラブっぽいしなぁ。

アポロンがディオニュソスの事を同じギリシャの神と紹介してたけど、同じ神話どころか異母兄弟だよな。
あとニーチェが対照させてたか。

入学式の準備を自分達で。
これも人間の事を学ぶ一環としてゼウスが仕掛けたのかな。

新入生の宣誓はアポロン。地味に親父に毒吐いてた?
ピネウス「もっと言ってやれ」


テーマ : 神々の悪戯(かみがみのあそび)
ジャンル : アニメ・コミック

神々の悪戯 第3話「海風の葛藤(いさかい)」 感想

ゼウスの命令により始まった学園生活。
命令に従わず、教室に姿を見せない神々の登校を促すため、結衣は臨海学校を提案する。
臨海学校当日、アポロンや月人、バルドルの協力の下、ハデス、尊、ロキも集まった。
海に着き、盛り上がる一同。いざ泳ごうと神々が水着に着替えると――!?




授業で人間の体について学んでるが、神と人ってそんなに違うかな。
北欧神話や日本神話じゃユミルやイザナミの体から色々生まれてるし、ゼウスだってディオニュソスを腿に入れて育ててたし。

ディオニュソス「まさかの怪物襲来!?」
ギガントマキアーでも始まるのかな?

壁ドンが好きだな、トト様。

季節を変更出来るゼウス。
デメテルにでも頼んだか?

行事の発音が行司になってなかった?
そしてまたバルドルが嫉妬してたな。
面倒くせえな。

真夏の火遊び
アポロンの息子もパエトーンも火遊びしてたな。

ただでもらえる購買とか羨ましいぜ。
真剣もあるなんて品揃えがすげえや。

「好きだよ」
アポロン、いきなりの告白。
この手のアニメだと最初の方で告白する奴は後半空気になるよなぁ。

徒歩で海に。
遠足だって道中はバスだろうに。徒歩は不満出るわな。

ダブルピース。
花が咲くのはやっぱり笑えるな。

季節を秋にして不和を招くゼウスは絶対愛とか学ばせる気はなくて楽しんでるだけだろ。

臨海学校成功の為に予言を行うアポロン。
カッサンドラ「予言が出来るなんて凄いですね(白目)」

必要なのは花か。
ヒヤシンスやキンセンカでも探すか。

神は言っている。アポロンの言う事を聞く必要はないと。
ロキがこの手の問題に協力する訳ねえ。懸念もあながち間違いではないしな。

爆弾は知ってて花火を知らないハデスの知識はちょっとアンバランスだな。

結衣がちょっといなくなっただけで慌てるアポロンが情緒不安定すぎる。
サイクロプス「アポロンのヒステリーには参るわー」

バーベキューで牛肉や鶏肉が食べたいバルドル。
アウズンブラやフギンとムニンでも連れてくるか。

テーマ : 神々の悪戯(かみがみのあそび)
ジャンル : アニメ・コミック

神々の悪戯 第4話「冥王の不幸(のろい)」 感想

人間の心を理解するため、神々は部活動を行うことに。
皆が様々な部活を選ぶ中、冥府の神・ハデスだけが参加しない。
人との交わりを避けるハデスに結衣は悩む。
ある夜、ハデスと一緒に天体観測に行くことになったが、突然の雨に降られてしまう。
自分のせいで不幸になると離れるハデスを、結衣は追いかけるが――!?




ハデスってヘスティアやヘパイストス(ストーカーぶっかけはちょっと引くが)と並んでオリュンポスの神々の中ではまともな方なんだけど、悪者なイメージが強いよな。
日本では主にディズニーや聖闘士星矢のせいかな。

それぞれが選んだ部活。
バルドル:軟式テニス
アポロン:硬式テニス
ディオニュソス:園芸部
ロキ、トール:帰宅部

軟式という言葉が優しい感じがするってバルドルは感性が日本人だな。
結衣とダブルスやりたかったんだろうな、きっと。

人の集まりに参加する気はないけど説明会には来るハデス。

トト様の壁ドンはもはや恒例だな。

宵の明星を見てるハデス。
そういえば聖書の人らは呼ばれてないのな。あの神や天使にも人の心を教えた方が良いんじゃないかって思うが。あ、グリゴリの皆さんは結構です。

「不幸になるぞ」の顔アップに笑ってしまう。
神話でも結構不幸だよな、ハデス。
生まれてすぐ親父のクロノスに飲み込まれたりくじ引きで冥界担当になったり実弟がゼウスだったり浮気相手のメンテーをミントにされたり拉致しようとしたレウケーが途中で死んだり。
メリノエやザグレウスの件もなぁ。

一緒に天体観測をしようとしたハデスと結衣だが突然の雨。
そういえばゼウスって天候を司る神だよな。いや、別に深い意味はないけど。

朝練をする気はあるロキ。結衣は普通の部活を紹介してやるべき。

ハデスと一緒にいたせいかテニスボールがぶつかる結衣。
お詫びに自分にぶつけていいとアポロンのドM発言。
アキレウス「え、アポロンにボール打っていいの?」
マルシュアス「マジかよ」
オリオン「やった」
バルドルが言い出した方が面白かった気がするけどね。神話で似たような事をされてるし。

ハデスは苺大福が好き。ザクロじゃないんだ。
苺大福を前にした時の演技は小野D楽しそう。

冥府に落ちた死者の怨念を受けて不幸になってるハデス。
アスクレピオス「……」
シーシュポス「ワロスw」

ダウナーなハデスを励ます一同。
まさか水着が再利用されるとは。

不幸に飲み込まれては駄目。自分を気遣ってくれた結衣に感謝するハデス。
堕ちたな(確信)

お前の結衣通り

ずっと天空にいたら星を好きにはならなかったから地底送りにされたのもありかなと前向きになったハデス。


まあ、星座ってかなり碌でもない由来があったりするけど。
ゼウスがエウロパをレイプしようとしたりレーダーをレイプしようとしたりガニメデを拉致しようとして変身した動物がモチーフなのが牡牛座、はくちょう座、わし座だっけ。


テーマ : 神々の悪戯(かみがみのあそび)
ジャンル : アニメ・コミック

神々の悪戯 第5話「許されざる激情(こころ)」 感想

神々は皆、部活動を始めたが、日本神話の海の神・尊だけが頑なに部活を拒んでいた。
結衣は心配し、説得しようとするが上手くいかない。そんな中、結衣は剣の稽古をする
尊を見かける。居合を長く続けている結衣との共通点から、
尊は「剣の勝負で結衣が勝ったら部活に入る」と言い出して――!?



今週の壁ドン。
どうも偶然じゃなくてスタッフが意図的にやってるっぽいな。

天然:バルドル
阿呆:アポロン
根暗:ハデス
愚鈍:月人
酔いどれ:ディオニュソス
落ちこぼれのガキ:ロキ
のっぽ:トール

凄い迫力……?
作画のせいかあんまり凄くは見えなかった。
結衣もウィードだったのか。

自分が卒業したいから部活に入るように言ってるんじゃねえの?と疑う尊。
まあ、実際トト様に壁ドンされなかったらあそこまでしたか疑問。
ってか帰宅部扱いじゃ駄目なのか。

結衣の回想の父親は何で眼鏡が光ってるんだろう。

スサノオVSヤマトタケル。
声的にはフリットとユリンだけど。

「逃げなかったなお前。勝負は延期だ」
唐突なデレ。
構ってちゃんだったのか?

尊と結衣の練習ダイジェストでちらりとアヌビスが映ってたな。

崖から落ちた結衣を救うべく尊は枷ぶっ壊して神の力を行使したので退学の危機。
ゼウス、安定のクズ。結衣を助けようとしたのなんてまさに愛だろうに。
無茶苦茶言っても「まあ、ゼウスだしな」ってなるのはすごい。

退学者は石像になり永遠の時をすごす。
ムドーみたいな事を。頭上から毒蛇の毒を垂らされるのとどっちがきついかな。
しかし、神の石造ってそのうち孫悟空的なのが生まれそう。

月人による過去バナ。
尊が子供の頃、自分の世話をしてた女神が崖から落ちて死亡。
しかし周囲の神は尊が落としたと誤解。これにより尊は人間、もとい神不信に。
高天原の連中はひでえな。ってか尊が信用なさすぎ。事故が起きる前はどんだけ粗暴だったんだよ。アマテラス引きこもり待ったなし。
そういえば日本神話でもスサノオが誤解されるエピソードがあったけど、その時はアマテラスとセックスして誤解を解いたんだっけ。

ゼウスの元に殴り込み。
結衣に一番人間の事を分かってないのはお前だ!と指摘されるゼウス。
ゼウス「よし。ちょっくら人間の女の体の事を勉強してくる」

ある意味一番ちょろいのは尊だったかもな。

テーマ : 神々の悪戯(かみがみのあそび)
ジャンル : アニメ・コミック

神々の悪戯 第6話「月光の指輪(きもち)」 感想

秋のある日、お月見を計画した神々と結衣。準備を引き受けた日本神話の月の神・月人は、
お月見の当日、無理がたたって倒れてしまう。心配する尊の言葉も聞かず起き上がろうとする
月人に、トトは「今のままでは卒業できない」と告げる。自分に何が足りないのかと困惑する月人。
そこにロキが現れ、足りないのは『愛』だと言うと――!?


トト様の命令で風紀を取り締まってる月人。
苺大福はアウトか

月人「神が嘘を吐いても良いのですか?」
ゲレグ「良いんじゃね?」
ヘルメス「そうそう」
八十神「騙される方が悪い」
ウェウェコヨトル「だよなー」

風紀委員なら女性のスカートを引っ張れるのか……なるほど……

連日の準備に加え朝の5時から立っていたせいで寝不足で倒れる月人。
一人で無理しすぎだわな。

「ラヴァーズリング~(ドラえもん風)」
指輪を取り出すロキ。
アンドヴァリの持ってたアンドヴァラナウトかな?
装着者が片時も離れず、二人が以心伝心通じ合わないと外せないらしい。
ヘルマプロディートス「自分よりはマシだな。死にさらせオリュンポスの神共」

電撃食らってる時の皆の微デフォルメが可愛い。天丼も笑った。

恋人が理解出来ない月人。
六柱の神の中で唯一妻がいないんだよな。そもそも性別すら定かじゃないが。

ロキに唆されてキスをしようとする月人。
レイプ目で顔を近付かれると怖い。

止めようとするアポロン、バルドル、尊。
好感度的にはこの三人がトップ3なのかな。

壁ドンがマンネリ化してきた頃に机ドンと絡めてくるとは、流石はトト様だ。

「君は俺の背中を見ていてください」
指が繋がったままじゃ難しいな。

北欧神話ではユミルの汗から男女の巨人が生まれたというが、日本神話でも汗から神が生まれそう。

尊は二人が近い事の、どっちを気にしてるんだろな。

腹を減らした結衣に団子をあげて良い雰囲気だと思ったら自分で台無しにしやがった。
余計な事を言わなければときめいたかもしれないのに。
だがススキ畑で自主的に手を繋いだのは高評価だぞ。

「食事とは美味しいのですか?」
保食神「あ"?味が分からないなら文句言わずに食えや!」

楽しいかは関係なく使命だからやってた月人。
使命が存在価値で月を眺めること以外には興味が持てない。
神話での影の薄さをこう解釈したか。
トト様が卒業出来ないって言ったのはこの辺りが理由かな。

そんな月人に対して結衣は準備が楽しかったと言い、月人も楽しいというのは分からないが今見ている月はこれまでで一番美しいと返答。
これまで使命だけだった男が自分の欲望を抱く話は面白そうだな。アニメだとあっさり解決しちゃいそうだが。

侘び寂び略してワサビ。その発想はなかった。
ミダス「ほらよディオニュソス、ワインをやるよ……おっと、黄金になっちまったぜ!HAHAHAHA!」



テーマ : 神々の悪戯(かみがみのあそび)
ジャンル : アニメ・コミック

神々の悪戯 第7話「雪原の約束(ちかい)」 感想

季節は突然、秋から冬へ。クリスマスマーケットをして神話の国ごとに屋台を出そうと決まり、
イベントに盛り上がる神々だが、北欧神話の光の神・バルドルは結衣と違う屋台になってしまい
沈んでいた。離れてしまった代わりに、毎日夕食を一緒に食べることを結衣に約束させたバルドル。
しかし幼馴染であるロキはそれを快く思わず――!


冒頭、ずっ友宣言。

「冬だけによく降る」
……
学園がコキュートスになるぞ。

バルドルの二人称はあなたか。乙女ゲー原作だとよくある事。

フリッグ母さんの過保護で護身完成してるバルドル。
ヤドリギ「チラッ」

更に自動発動のチャーム持ち。
パンドラ「大変ねー」
アンキセス「どんまい」

ミスラ「クリスマスって楽しそう」

カロスは古代ギリシア語で「美」って意味らしい。

文化祭でクリスマスマーケットをする事に。神話の国ごとに出店。
テスカトリポカ「じゃあうちはこの謎肉を……」

離れ離れになる提案をしたので不機嫌になるバルドル。面倒臭い奴。
結衣が何回微笑んだのか、話しかけたのか記憶してるバルドル。
ユピテル「超ストーカーだよっ!!!」
ホテルス「きもいわ」

バルドルと結衣の毎日夕飯を食べる約束にロキは不機嫌。ここも面倒な。
折衷案として皆で焼き肉。焼いてるのはトールのタングリスニとタングニョーストかな?

今まで結衣が人間だと知らなかったロキ。今更すぎる。
なんか人間嫌いらしい。

恒例のトト様の壁ドン、今回はあっさり流されてしまったな。

嘘を吐いて結衣を独占してるバルドルが邪険にするロキを非難しても「つ鏡」って気分。

チャームのせいで孤独だったバルドルと悪戯して孤立したロキは惹かれあったらしいが、ロキは自業自得だよね。
あるいは巨人なのも関係してるのか?

何気ない時間が楽しい。素敵な思い出を作って最高の卒業が出来たらいい。
裏路地に連れ込まれてもロキが思い出作りに積極的になったと喜ぶ結衣が可愛すぎる。天然の勝利だ。

愛が重すぎて理解を拒み憎しみに変わっていくバルドル。更に
「俺だけを見ろよバルドル!お前は……お前は俺のものだ!」
何この三角関係。ロキが止めに入った時は「Aパートは問題児だったロキが一転して常識人になるとは笑えるな」と思ってたのに斜め上の展開だった。
例の話は「気に入った。ヘルヘイムに行って娘をファックしていいぞ」って感じだったのかな。

トールの苦労が偲ばれる。
嫁のシヴを禿げにされても友達やってるトールはぐう聖。

今回がフィンブルの冬なら次回はラグナロクだな。


テーマ : 神々の悪戯(かみがみのあそび)
ジャンル : アニメ・コミック

神々の悪戯 第8話「光たる羨望(こどく)」 感想

クリスマスマーケットの最中、結衣を前に対峙したバルドルとロキ。
困惑し、心配する結衣に、ロキは、バルドルにこれ以上近づかないように告げる。
このままだと、ふたりとも傷ついてしまうと。驚いた結衣がロキに尋ねようとした矢先、
ロキが自分の邪魔をしていると憤ったバルドルが神の力を使ってしまい――!?




ロキはホモだけど割と良識があるな。
今後結衣に惚れたら更に軟化する可能性もあるが、バルドルは結衣に惚れてあれだから困る。
グリームヒルドの薬で記憶を消した方がいいんじゃね?

日本神話組はお汁粉販売。
汁粉をありったけ買っていくトト様、甘党か。汗水流して屋台で働くなんてあざとい。

バルドルの取り巻きのNPCの目元が隠れてるせいでこいつらもヤンデレってるように見える。

ギリシャ組は花売り。
頬を染めるハデスおじさんもあざといぜ……

アポロンが販売してる1/1サンタクロース(ろうそく)はグロイ。

ミイラの人形を押し売りしているトト様。額に汗(客が)
屋台の横にアヌビスがいたな。

北欧神話組は菓子販売?
結衣を呼ぶ空気の読めるトール。

ロキはバルドルに近付くなと警告するが、向こうから近付いてくるんですよ。

「どういう事なんですか?よければ聞かせてもらえませんか?」
ロキの俺のもの発言の詳細を聞きたがる結衣。腐女子かな?

結衣を連れ去るバルドル。もうやだ、このヤンデレ。
でもAMNESIAのトーマは人気だったらしいし需要はあるんだろうな。

チャーム持ちで孤独だった時に普通に接してくれた結衣に惹かれるバルドル。
乙女ゲーの御曹司キャラと似たパターンだな。

ロキも本音で接してくれたらしいが、トールがハブられてるな。

暴走を鎮めるロキが完全にヒロインポジション。

バルドルは他人が傷付くのを悲しむからロキは結衣とバルドルを引き離そうとした。苦労人っすなぁ。

バルドルにはロキとトールしかいないし、ロキにもバルドルとトールしかいない。
トールには一杯友達がいる。

×スイカグラタン
○スカイランタン
アポロンのアホっぷりには癒される。

絶望していた時にバルドルに救われたロキ。
前回ちょっと書いたけど本当にヨトゥンの血を引いてたから迫害されてたのか。タケタケの時といいモブ神にはクズが多いぜ。
実際の北欧神話じゃ巨人と結婚してる神もちらほらいるんだけどな。バルドルやトールなんかの祖母は巨人のベストラだし。

それはそうと、ロキを庇うバルドルを見てナウシカを思い出したのは俺だけだろう。

行く行く(棒)

「私は幸せ者だな。特別な人が、二人もいるんだもの」
トールェ……
目の前でハブるバルドルは良い性格してるぜ。

「バルドルは……俺がこの手で殺す」
一件落着かと思ったら不穏な空気は消えず。



テーマ : 神々の悪戯(かみがみのあそび)
ジャンル : アニメ・コミック

神々の悪戯 第9話「昏き花散る迷宮(おり)」 感想

学園が始まって半年が過ぎた。トトは中間テストの実施を宣言し、ショックを受ける結衣。
しかし一緒に勉強会をして頑張ろうと、半年の間に絆を深めた神々は前向きだ。
そんな中、アポロンは居眠りをしたり沈み込んだり、いつもと様子が違っていた。
心配する神々と結衣。その心配が当たったように、結衣は不思議な夢をみて――。



カサンドラ(CV内山夕実)に永遠に変わる事のない愛を誓うアポロン。
その証明として予知の力を与える箱を渡す。パンドラの要素も入ってる?

トト様の2回目?の机ドン!

一大イベント中間テスト。
範囲全部とか恐ろしすぎる。

授業の記録は完璧だが中身は理解出来てないツキツキ。
まあ、黒板の内容をまんま写したなら、それはそれで役に立ちそう。

勉強会を企画し、購買にお菓子を頼んでいた結衣。
苺大福があると聞いた時のハデスおじさんの「そうか」がたまらんね。

許される事のない罪を背負っているから決して幸せになってはいけないと呟くアポロン。
ニオベ「せやな」

箱を開けて未来予知をするカサンドラだが……

「ずっとそばにいて!僕を一人にしないで!」
アポロン、久し振りのヒステリー。

そして「どっかで見張ってたんじゃねえの?」と言いたくなるくらい速攻で駆けつける結衣親衛隊(タケタケ、バルドル、ロキ)
バルドルの地雷解除がもう少し遅いとラグナロクが起きる所だったな。間一髪。

勉強会、お菓子の中にポッキーがあったが、ツキツキが余計な知識を仕入れていたらハルマゲドンが勃発する所だったぜ。

タケタケは古典とか得意そう。八雲立つ出雲的に。
和室で和装の兄弟もなかなか乙なものだ。

川で死んでるカサンドラ。
小アイアス「ふひひひwさーせんw」

神話でカサンドラが死んだのはある意味、アイキャッチでドヤ顔してるゼウスのせいだよね。

ハデスおじさん曰く、死んだけど冥府に行かず現世を彷徨ってるカサンドラ。

アポロンの半裸いただきましたー!
ゼウス曰く、カサンドラの事で自分を責めていてこのままじゃ心が闇に閉ざされて朽ちてしまうらしい。

トト様のダイナミック柱ドン。
シリアスな場面なのに笑わせにくるなや!
不可能だと言われても挑戦するのが人間なんだ。聖書の人間とか四文字からどんだけ無茶振りされてると思ってるんだよ。

カサンドラの幽霊と遭遇する結衣。
本当はアポロンを助けたいと思ってるが、自分の声は届かず逆に苦しめてしまう。
けれど同じ人間の結衣がいれば言葉を伝えられるらしいので憑依合体。

髪を下ろした結衣も可愛いね。

アポロンが永遠に生きるのに自分が一人で死ぬ未来に耐えきれず自殺したカサンドラ。
けれど人間同士でも別れが来るのは一緒。それを知りながら限りある時間を大切にして生きている。
人間と神も同じ。それに気付けなかった自分が愚かだった。

流石に神話通りアポロンが他の女といちゃこらして捨てられる未来が見えたからという理由じゃ乙女ゲーには出せないわな。
つーかカサンドラの兄弟のトロイロスはアポロンの息子だって説もあるよなー。

自分はアポロンとすごした思い出があるから幸せ。アポロンも幸せになってくれ。
イイハナシダナー(神話から目を背けながら)

アポロンの悲恋なら他に適役が……と思ったが……
エロスのとばっちり食らったダフネとかアフロディーテのとばっちり食らったレウコトエーとかヘルメスやアルテミスとの関係が面倒臭いキオネーとか┌(┌ ^o^)┐ホモォ……なヒュアキントスとか碌な恋愛してねえな。コローニスも説によっては……

ハティ「月って興味を引かれるよね」
月に住んでるお姫様……ゲイの妻の嫦娥かな?


テーマ : 神々の悪戯(かみがみのあそび)
ジャンル : アニメ・コミック

神々の悪戯 第10話「愛すべき日常(うたかた)」 感想

中間テストでの健闘が認められ、ゼウスから褒美が与えられた。それは『演劇』。
明日全校生徒の前で演劇を披露するよう命じるトトに皆驚くが、アポロンは
皆でやれば出来ると明るい。題目はシンデレラに決まり、結衣は神々の推薦でシンデレラ役に。
シンデレラと結ばれるのは、一体だれに――!?



死んでるー!?(ガビーン)
どうしてこんな事に……
関係ないけどグリム童話だと姉が足を削ってガラスの靴に入れようとしたんだっけ。

褒美で演劇をさせられる。
星座にされるよりはマシか。

芸能の神だけにノリノリなアポロン。

死んでれら
え、何だって?

シンデレラとはまた核地雷を……
兄弟の間にも亀裂が。黙示録の日が来る所だった。
攻略キャラの中でロキだけ結ばれる発言に反応しなかったな。

生まれながらの(トリック)スターのロキ。

立候補するけどスルーされるハデスおじさん……
いつの間にか隠れ兜でも被った?

結衣が演目変更を提案するが速攻で却下される。
狼コスの結衣は可愛かったな。脇!脇!
デフォルメされた子山羊八匹もなかなか。

くじ引きで役決め。
王子:アポロン
シンデレラ:結衣
魔法使い:バルドル
シンデレラの姉:戸塚兄弟
シンデレラの父親:ディオニュソス
王子の父親:ハデス
召使:ロキ
色々:トール

くじ引きと聞いた時は滅茶苦茶な配役でお茶を濁すかと思ったら王子とシンデレラがアポロンと結衣か。
後述の件もあるしルート決定?

三連壁ドン。
ナレーションを頼まれて壁ドンしたけど存外やる気のトト様。

テーブルの上にお父様の遺影があって駄目だった。

ネズミ役のトールで腹筋が痛い。
清村くんと杉小路くんの配役シャッフル回での工藤もあんな感じだったな。

台本にコーヒーをぶちまけるアヌビス。
トト様のアドリブ開始。

女装した天然の光の神の降臨。
ご都合の力で無駄に華美な服と実用性のない割れ物の靴を入手。

アイキャッチの真顔のトールも腹筋に来るな。
馬といったらロキだろうに。スヴァジルファリ的な意味で。

ディオニュソスのジュース()を盗むアヌビス。

親馬鹿に走った根暗。
ハデスおじさんは微棒だけど基本上手いな。

クーデターを起こすロキ。
ガラスの靴を履かせたらシンデレラと結ばれるというバルドルの超解釈で舞踏会から武道会に。
相変わらずスルーされるハデスおじさん。

アヌビスの乱入で倒れたアポロンとバルドル。
結衣はアポロンの方に駆け寄ったか。

アヌビスの方がよっぽどトリックスターをやってるな。
カバラ?(空耳)
しゅらばらばらばら?(空耳)

結衣がワインで滑り割れるガラスの靴。
争いの元凶がなくなる事で平和が戻る……まさかこれが今後の暗示じゃないだろうな?

空気の読める精霊達。

演劇は上手くいったがツキツキの卒業したら皆バラバラ発言に皆は落ち込む。オリュンポスやアースガルズや高天原は行き来出来ないんだろうか?
限りある時間を限りあるからこそ楽しもうと励ます結衣。前回のエピソードに通じるものがあるな。
皆は元気を取り戻すがぶっ倒れるバルドル。またお前か。
上で書いたようにロキだけ結衣と結ばれる事に反応しなかったけど次回で落ちるか?

あのメンバーの中では問題児のロキとタケタケですら一歩引いてしまうハデスおじさんの自虐っぷり。
嬉しそうなおじさんは可愛いと思ったけどさ。



テーマ : 神々の悪戯(かみがみのあそび)
ジャンル : アニメ・コミック

神々の悪戯 第11話「宿命の牢獄(くさり)」 感想

演劇祭が終わり、突然倒れてしまったバルドル。心配したアポロンと結衣はお見舞いに行こうと
するが、その途中、バルドルと同じ北欧神話の神であるロキとトールの会話を聞いてしまう。
「バルドルは——俺がこの手で殺す」決意をこめたロキの言葉に動揺するアポロンと結衣。
ついにロキはバルドルに秘められた事実を明かす——!



普通に通路で話してるロキとトールに笑ってしまう。
アポロン「え?なんだって?」

心が不安定になると暴走するというのは嘘。
光が輝けば闇も濃くなる。バルドルは光の神であると同時に破壊の神。
破壊の力があふれると破壊以外の目的を持たない兵器になり全てが消えてなくなる。そしてこのままでは時間の問題。

ゼウス的には人間の心を理解出来れば破壊の神を抑えられる心算だったらしい。
グレイプニルで縛りつけてタフムーラスを呼べばワンチャンあるか?

バルドルを止める為にロキが取り出したヤドリギの剣……ヤドリギ要素が見えねえ。

バルドルは大切な友達だから望まない事をさせる訳にはいかない。
バルドルを救う為にバルドルを殺す。
こういう背景があったと想像すると実際の北欧神話でロキがバルドルの蘇生を妨害した上で神々に自分が殺したと暴露したのも納得出来るな。他の神の恥部も暴露したのは八つ当たりで。

久し振りに出てきたな、メリッサ。

トト様のシリアスな壁ドン。
流石に今回はネタにする気にならん。

ロキが作った林檎の兎すげえ。

見舞いに来る一同。
卒業までに出来るイベント企画とか事情を知ってる側としちゃ辛いな。

トト様の授業ってスコップの説明?

自分がもっと頑張っていればと責める結衣にアポロンは世界を滅ぼさせないしロキに友人を殺させないと宣言。
人間と神は信じ信じられる事で関わり合ってきた。結衣の信じる気持ちが力になる。
仲間を見捨てないアホロンはムードメーカーだな。
が、その矢先にバルドルとロキが消える。

二人は登山中。
「皆で来よう」とか胸が締め付けられる。

サスペンスでお馴染みの断崖絶壁。
実はバルドルは事情を把握していた。
ずっと助けられてばかり。今度も自分を守る為だと分かってる。
こんな事を言われたら殺せねえよ……

以前ならバルドルを守る為に殺せたロキだが、学園に来てから他の方法があるんじゃないかと期待してしまう。
そんな中、枷が消滅。それを見届けたバルドルは崖から身を投げ出す。自殺でなら自分を殺せるって事かな?



次回予告。
神原?


テーマ : 神々の悪戯(かみがみのあそび)
ジャンル : アニメ・コミック

神々の悪戯 第12話「永遠の終止符(わかれ)」 感想

世界のため海に身を投げたバルドル。沈んでいくバルドルをロキは追うが、
その瞬間、まばゆい光の柱が立ち上った。辺りは不気味な暗さに覆われる。
――ついに破壊の神と化してしまったバルドル。しかし、まだ僅かに自我は
残っていた。バルドルを助ける気持ちから、本来の力を取り戻していく神々。
そして結衣は、草薙の剣を手に駈け出した――!!


バルドルのラナルータ。
光(レーザービーム)

ロキの変身シーンでケツを映した所で腹筋に大ダメージ。
アポロンの服のボタンが弾け飛んでいく所もヤバいわ。

精霊を見捨てようとするゼウスに兄貴と息子はげきおこ。
いやでも、ゼウスはゼウスで何だか箱庭を守る仕事してたっぽいし……と擁護しようと思ったら簡単に転送出来たのかよ。

瓦礫から生徒を庇うハデスおじさんは格好良いな。

ディオニュソスの呼び方は「草薙さん」だったのか。

ふたりはオリュンポス。
あっさり枷が外れる二人。尺の犠牲になったのだ……
非攻略キャラっぽいディオニュソスはまだしもハデスおじさんは割食ったな。

バルドルを助けられず絶望するロキに活を入れる日本神話兄弟。
裏切られた過去を持つタケタケが俺達もバルドルを助けたいから俺達を信じろ、俺はお前を信じると言ったり、使命が第一だったツキツキがバルドルやロキに何かあると悲しいと言えるようになるなんて感慨深いな

ディオニュソスのワインで攻撃するのがシュール。
まあ、イカリオスさんはワインで酷い目に遭ったけどね。

トト様の壁ドンをあんな形でやるとは……

土壇場でロキデレ。なんかこいつが主人公に見えてくるな。
バルドルを助けるのに必死な皆の気持ち、学園で学んできた人間の心を届ける事で元に戻る。
これにて一件落着だがトト様やアヌビスの変身も見てみたかった。

崩壊を始める箱庭。皆は協力して元の世界に戻す。
元の世界に戻った結衣は急いで実家の倉庫には向かうがそこには草薙剣はなし。
「帰れない」んだよな。結衣にとっては箱庭の方が大事になってしまったのか。まあ、直前まで箱庭にいたからこういう表現になるのも仕方ないけど。

と、神社に不審者集団が。
ファッションセンスが怪しい奴がちらほらいたな。
ともかくハッピーエンドで良かった。


ゼウス(いやぁ、別に箱庭が壊れても特に問題ないんだけど何だか言い出せない空気だったね)

アスタルテ(バルドルがやられたようね)
シヴァ(ふふふ、奴は我等の中で一番の小物)
テスカトリポカ(人間に絆されるとは破壊神の面汚しよ)

ウートガルザ・ロキ「俺の役目はいつだって見守る事だ……だってよw山をスクリューミルと見間違えたのはどこの誰だったかなぁw」

テーマ : 神々の悪戯(かみがみのあそび)
ジャンル : アニメ・コミック

プロフィール
リンクフリーなのでお気軽にどうぞ。

とうゆき

Author:とうゆき

 
最新記事
カテゴリ
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる