ブログパーツ

未確認で進行形 第1話「何事も最初が肝心です」 感想

穴ならそこにあるだろ?(ゲス顔)


あらすじ
勝手に許婚を決められた巨乳安産型の主人公が、幼女な小姑と変態な姉に囲まれて、挟まれて、その他にもなんだか色んな人やら、人じゃない人!?やら、もうなんやかんやあったりするんですけど、うまく言えないのでしておきます。

ごく普通の生活を送る高校生・夜ノ森小紅の16歳の誕生日。許嫁なのに影が薄い三峰白夜と、小姑でどう見ても幼女の三峰真白が現れた。ブリーフィング無しでいきなり始まった奇妙な同居生活。
シスコンで変態な姉・夜ノ森紅緒まで加わり、事態は相当ややこしいことに。小紅の生活は普通じゃなくなった。

家事万能、巨乳安産型、その他はごく普通の高校生・夜ノ森小紅。そんな小紅の16歳の誕生日。 突然訪ねてきたのは許婚・三峰白夜(影薄い)と、その妹の小姑・三峰真白(どう見ても幼女)。なぜか始まる同居生活。実姉・夜ノ森紅緒は今日も元気にシスコンで変態だ。果たして小紅の生活は一変するのか、しないのか。
うまく言えないので確認してみてください。



朝から誕生日ケーキとは斬新な。胃もたれしそう。

夜ノ森紅緒。
ゆるゆりの赤座あかねといいこの手の作品の姉はクレイジーサイコシスコンである事が多いな。
そして外面は完璧なんだよなぁ。

幼女先輩「幼女、良いわよね」
アブネス「幼年幼女良い……」
すばるん「小学生は最高だぜ!」

普通だったり敬語だったり男っぽかったり、口調が安定しないな。
どうも相手によって使い分けてるらしいが。

いきなり女性の頭を撫でてフラグを立てられるのは※ただしイケメンに限る。
小紅は小紅だ発言とかも、イケメンじゃなかったら「会ったばかり知った風な口を聞くな」と切り捨てられてたね。
影が薄くて無口だけど、実はこれで声優が同じ神咒神威神楽の摩多羅夜行みたいな内心だったら面白いかもね。
「拙者、気の強い女子から蔑まれたい訳でして。この前など、小紅たんから汚物を見るような視線に晒されましてね。拙者、お恥ずかしながら、愚息もろとも計都・天墜!しかけた次第でして、でゅふふふふふwwwwwwwwww」

何故か力入ってる料理作画。
何気なく検索したらオーロラソースって実在したのか。
>オーロラソース(仏: sauce aurore)は、ベシャメルソースに裏漉ししたトマト(もしくはトマトピューレ)とバターを加えたソースである。 フランス料理で卵料理や子牛肉、蒸した肉料理などに使われる。
>フランス語で「オーロラ」aurore は曙、明け方の意。トマトのもたらすオレンジがかったピンク色の曙色にちなみオーロラソースと呼ばれる。
へえーへえーへえー。

幼女な小姑が同じクラスに転校してきた!
ソロリティって女性の社交界とかそんな感じの意味だっけ。黄雷のガクトゥーンにもあったけど。



原作 - 荒井チェリー(まんが4コマぱれっと一迅社刊)
監督 - 藤原佳幸
シリーズ構成 - 志茂文彦
キャラクターデザイン - 菊池愛
総作画監督 - 菊池愛、天崎まなむ、尾尻進矢
美術監督 - 川口正明
色彩設計 - 石黒けい
撮影監督 - 桒野貴文
編集 - 平木大輔
音響監督 - ハマノカズゾウ
音楽 - 市川淳
音楽制作 - 東宝
チーフプロデューサー - 藤田雅規、井熊勝博
プロデューサー - 吉澤隆、古屋敦史、清水美佳、鎌田肇、吉川敦史、松村俊輔、大室正勝
アニメーション制作 - 動画工房
製作 - 未確認で進行形製作委員会

オープニング「とまどい→レシピ」
作詞・作曲・編曲 - Junky / 歌 - みかくにんぐッ!(照井春佳、松井恵理子、吉田有里)


夜ノ森小紅:照井春佳
夜ノ森紅緒:松井恵理子
三峰真白:吉田有里
三峰白夜:羽多野渉
桃内まゆら:愛美
鹿島撫子:佐倉綾音
末続このは:藤田 咲
大野仁子:角元明日香
夜ノ森茜:渡部優衣
三峰白雪:駒形友梨


テーマ : 未確認で進行形
ジャンル : アニメ・コミック

未確認で進行形 第2話「ロリ小姑ってのも悪くないわ」 感想

俺が肛門にネギを挿してやろうか?

あらすじ
突然許婚と小姑が現れて困惑する小紅。許婚・白夜はさておき小姑・真白はどうみても幼女。なのにまさかの同級生。展開についていけない小紅をよそに、姉・紅緒は語る。「あるのもないのもすばらしい」。見た目も幼女、中身も幼女な幼女高校生・真白だが、小紅と白夜に起こった昔のことを知っているような、いないような。
よくわからないので確認してください。



学校では完璧、家では汚物な紅緒。
彼女の出すものには睡眠薬とか媚薬とか入ってそう。

真白たん、メタ発言いくない。

食べ物による小姑の懐柔。
カレーとハンバーグが好きな幼女萌えー。
鉄板がある家庭ってなんだかすごい。

何やら小紅は過去に事故に遭って、その時に白夜が怪我したらしい。
つーか、白夜は負い目で結婚するのに反対なだけで結婚自体には特に抵抗ないのな。

1952年9月2日ウェストヴァージニア州のブラクストン郡フラットウッズで確認された謎の宇宙人。
フラットウッズモンスター「ホウセイ……マイ……フレンド……」
ウルトラマンAにはパンダを攫っていく宇宙人がいたな。スチール星人。

曖昧ながら過去を思い出す小紅。
もしやこれも狐枠のアニメだったのか?
いや、三峰が三峯神社関連だとすると狼?

イケメンは寝てても絵になるから得だな。

紅緒の学校でのあまりのカリスマっぷりに毒電波を疑う真白。
毒電波か……
カミーユ「フフフ…セックス、セックス、みんな、セックスし続けろ!」

同居がバレても気にされない小紅はちょっと可哀想。

ED。
むしろ真白の方が分身したな。




テーマ : 未確認で進行形
ジャンル : アニメ・コミック

未確認で進行形 第3話「ラブコメの波動を感じる」 感想

甘いものは苦手だけど小紅が作ったスコーンは食べる白夜。あざといな。


あらすじ
体育の授業。小紅は跳び箱が苦手。同級生のまゆら曰く「ハンデがあるからね♪」。そんなこんなで日曜日。家事にいそしむ小紅。手伝いを申し出る紅緒。平和な休日が過ぎてゆくかに思われたそのとき、突如響き渡る紅緒の絶叫。溢れ出る真白の絶望。禁断のBPが今明かされる。
BPについては本編で確認してください。


開幕妄想。白馬に乗った王子様な紅緒。
お姉ちゃん絶好調だな。

その日は洋食朝ごはん。
とろけるチーズが食いたくなるぜ。

内弁慶で我が儘。自分の思い通りにならない相手と一緒にいるのが苦手な真白たん。
フォローになってないフォロー。

何でもいいって作る方は地味に困るよね。

大きな胸部装甲があるので跳び箱が苦手な小紅。

小紅狙いの男子は紅緒さんが揉み消している(意味深)

これといって取り柄のない。劣等感と歩いていく自信だってない。白夜。

特に天才設定とかなかったと思うけど、真白たん、授業に付いていけるんだろうか。

小紅で大量破壊兵器ならネイトママンは銀河破壊兵器だな。

クラスまで出向いて招待状を渡す演出は嫌いじゃない真白たん。
が、招待状を読んで速攻でビリビリ破く。「お前を殺す」

親みたいに過保護な白夜。

おまたせ!ミルクティーしかないけどいいかな!
生徒会室でお菓子を振る舞う紅緒。真白が頬張る姿を脳内HDDにREC。
在室時間8分半でも満足らしい。

末続このは、別の作品でも見た記憶あるんだけど何だろうな?

一緒にスーパーで買い物をする小紅と白夜。
大猪の群に突っ込んで品物をゲットする白夜はやはり狼……

同居系ラブコメの定番、食器買いイベント。

小紅よりお母さんと仲良くする白夜。
義母との関係は重要だな。

紅緒が布団に潜り込んでも慣れてる小紅。日常茶飯事なんだろうな。

「妹自慢ですが何か?」
本当良いキャラしてるな。

真白たんダンスとキングゲイナーを合わせたMADが作られそう。

洗濯物を干すのを手伝おうとする紅緒だが、小紅ににべもなく断られる。
「二度手間になるんだ」
酷い。

落ち込む紅緒だがとんでもないものを発見する。
「バックプリントに猫だと!?」
あらすじのBPってこれか。

妹に潮を噴きかける高度なプレイ。
紅緒が語る小紅の過去。
小紅が崖から落ちて怪我をした所を、白夜が自分も怪我をしているのに大人を呼んで助けたらしい。
最低じゃなイカ……当事者が黙ってるのにお姉ちゃんが言って良かったんだろうか。

テーマ : 未確認で進行形
ジャンル : アニメ・コミック

未確認で進行形 第4話「あれはただのへんたいです」 感想

山を飛び谷を越え僕等へ町にやってきた

あらすじ
紅緒によって明かされた過去のこと。突然の話に小紅はショート寸前でビックリ緊急ダウン。代わりに台所に立つ紅緒。生み出される悪夢の数々。小紅のありがたみを知る真白。一方白夜は小紅に嫌われたと思い込み、逃走。というより暴走。今回の白夜はよくしゃべるとかしゃべらないとか。
実際のところは確認してください。



白夜にどう接すればいいか悩む小紅だが、悩みすぎたせいか知恵熱発症。
具合が悪くないなら添寝する気満々の紅緒。
「あは☆」

事故当時、本来は紅緒が行く筈だったが友達と遊びたかった彼女は代わりに小紅を連れて行くよう祖父に言い、結果事故が起きた。
これは言い出せないわな。でもぶってほしいのは贖罪じゃなくてただの趣味だろ。

ダークマターを生成する紅緒。
謀略のズヴィズダーのプラーミャ様もメシマズ女子高生だったな。

いなくなって初めて分かる小紅の有り難味。
何だか落ち込んでる白夜。
(夕飯どうしよう……)

副会長は面倒見が良すぎる。

看病の為に休むと言う白夜だが、紅緒も真白も反対。
「私だって、紅緒がいるのに、小紅も白夜もなしで一人で学校になんて、危なくて行けませんよ」
もっともすぎる発言だ。

DASEってDARSが元ネタかな。

小紅が一人で弱気になってる頃、真白が帰宅。体を拭いてもらう。
髪をかき上げる仕草がエロい。

小紅に嫌がられたと思って逃走する白夜。
YAMA育ちってすげーな。
ベンチでぽつんと座ってる白夜の元に小紅がやってきた辺りで半端ねえラブコメの波動を感じた。

「ちょちょいとやって自習」
何やった。先生は無事なの?

「白夜君の好きなものってなに?」
「小紅」
俺もあまりのラブコメ臭に背中やケツが痒くなった。
白夜は孤独死を免れそうで何よりだ(ケッ!

白夜や真白の実家から誰かが様子を見に来るらしい。
次回予告とタイトルで分かるけど。アニメで経産婦って初めて聞いたな。


にしてもこの兄妹はやっぱり犬、ないし狼なのかな。名字がみつみねだし。
小紅が腹を掻っ捌いたら仁・義・礼・智・忠・信・孝・悌の八つの玉が出てるんだろうか。



テーマ : 未確認で進行形
ジャンル : アニメ・コミック

未確認で進行形 第5話「これが経産婦だと」 感想

母娘の遣り取りを脳内保存する紅緒は本当に最強すぎる。

あらすじ
和装の美女がやってきた。どう見ても若すぎるが、真白の母・白雪らしい。緊張する小紅。身構える真白。白雪の若さを前に苦悩する紅緒だが、結論的には「かなりアリ」。そんな中、白雪の口から驚くべき話がとび出す。混乱する小紅。果たして語られた内容は真実なのかどうなのか。言葉だけでは伝わらなそうなので、その目で確認してください。




猫耳や尻尾付きのパジャマを着せられる真白。
紅緒は良い趣味してるな。

真白の年齢を聞かれて九……高一と誤魔化す白夜。
真白はパジャマがキッズ用な事を指摘され今年十歳になると白状するが、
「嘘だろ?もっと小さいんだろ?本当の事を教えてくれ」
地味に酷い。

明日はテストで年齢を誤魔化してる真白ピンチ。
姉が有名だから小紅も大変らしい。生徒会役員共のコトミも同じ悩みを抱えてたな。

三峰の家から誰かが様子を見にやってくる事に。
チェックされるのは料理、掃除、洗濯、その他もろもろ、小紅の嫁としての資質だが、「成績問題なし」「家事全般O.K」「巨乳安産型」の小紅は特に問題ないので、矛先はねばねばを食べられるようになったと手紙に嘘を書いた真白に。

真白の下着も購入していた紅緒。
気に入られたみたいで良かったな。

テストで撃沈したっぽい真白。
学食に誘われた時の
● ●
な目が可愛い。

来客に気を遣う小紅は主婦力高いな。

(面白くねえ……面白くねえ超面白くねえ)
特にツッコミ所がない白夜が面白くない紅緒。

「普通に成長しているだけでしょ?」
「そうとうも言う」
紅緒と撫子のやりとり良いな。
姉と出来るのは恋の話ではなく変の話

学食のうどんより小紅が作った方が美味しいと言う餌付け済みの白夜。

姉や母と比べられて失望されるのではと不安に思う小紅の頭を撫でる白夜。
(姉もいますよ、小紅たん)
落涙ッ!?

納豆に慣れる為にドライ納豆や蜂蜜を買ってくるよう白夜に頼む真白。
その組み合わせは余計アウトな気がする。

大神さん「体が勝手に……」
誘惑に弱い経産婦(意味深)
和服の黒髪で天然気味で方向音痴だとハヤテのごとく!の鷺ノ宮伊澄を連想するな。
声優は新人の駒形友梨か。ウィキペディアで調べてみたらフィリピン人とのハーフという異色の経歴だった。

迷ってる白雪の道案内を買って出る小紅。
(わぁ、着物。どっかのお嬢様なのかな?)
と思うじゃん?
「ママって呼んでもいいのよ。なんちゃって」
状態異常:石化

お母さんと呼ぶ真白たんに萌える紅緒。

一気!一気!一気!一気!
分かってて納豆を食べるよう迫るお母さんは良い性格してるな。

「自分の中で、ありかなしか考え中でしたが、かなりあり!」
鋼の心臓だな。

おっぱいソムリエ白雪。
立派なお嬢さん(意味深)

開発で住む所がなくなる(意味深)

「私達が人間じゃないって話も?」
うん、知ってた。
真白たんは幼生。

小紅「うっ……頭が……」
姑がロリババアのせいで倒れる小紅。

自称ピュアな女の子、紅緒。
まあ、欲望一直線な所はピュアと言えなくもないかもしれない。

小紅が死にかけてたから白夜が力の半分を分け、そのせいで具合が悪くなる時があるらしい。
月姫の志貴と秋葉もそんな感じの設定だったな。
事故前の小紅は目の色が紅緒と同じ薄い赤っぽい色だったのに今は白夜と同じく紫っぽい色なんだよな。

白夜が小紅の頭を撫でるのは自分がされて嬉しかったから喜ぶと思って。
あざといな。

シャナ「焼きたてメロンパン!?」


おしら様、ロキ「狼と結婚とかないわ。獣姦とか引くわー」
エウロペ、パシパエ、レダ、ゼラセ、伏姫「お前等ちょっと待てよ」

テーマ : 未確認で進行形
ジャンル : アニメ・コミック

未確認で進行形 第6話「そうだ、小姑でうめよう」 感想

「ママは知ってたの?」
「何を?」
「だから、二人のお母さんの正体よ。あんな……」

「あんな若くて可愛いお母さんだなんて、私聞いてない!」
言うと思ったよ!



あらすじ
チョコレートを前に小紅が悩む。白夜が悩む。真白も悩む。まゆらは笑う、「バレンタインっていろんな人間ドラマがあって面白いよね」。そう、2月といえばバレンタインデー。ネッシー。モンゴリアン・デスワーム。雪男。ネッシー。ネッシー。ネッシー。さて問題です、この話でいったい何回「ネッシー」と言うでしょう。
よく聞いて確認してください。


納豆を食べられない事やおねしょしてた年齢が近所に知れ渡ってしまった真白。
「何歳?(真顔)」
紅汚……

お母さんも料理が出来ないので朝食は肉まんとあんまん。
とりあえず野菜食え、野菜。

水道水飲むなら牛乳かオレンジジュース。
どうしてもというならカルキ抜きをしないとな。

「獣耳フラグキター!」
喜ぶ紅緒だが、中途半端な状態はないらしい。
レイプ目になる紅緒。ソースきぼんぬ。

変身を「見たいな~(チラッ」と小紅だが、「外だし」と断られる。

今まで妹萌えだと思ってたけど、お母さんでも行ける事が判明した紅緒。
こんな話を聞かされて撫子も大変だな。

テスト返却
白夜96点
小紅80点
まゆら78点
真白44点

真白は飛び級した訳ではなく紛れ込んでるだけらしい。
いない者の相手はよせ!
小紅も言ってるけど、小学生で高一のテスト44点は凄い。

体育のマット運動の所で作画班の拘りを感じる。

真白が変化すると必要以上に触ったり写真撮ったり録画したりPV風の編集したりする紅緒。

バレンタイン?知らない行事ですね。
ロッテの監督?HELLSINGの兄弟?ヴィンセント?ヴァン・アレン帯?

狼っぽいけどチョコレート大丈夫なんだろうか。

犬系男子白夜。
居眠りして白夜の頭をつい撫でてしまう小紅。
酷いラブコメ臭ね……

小紅を白夜に取られたので真白に構う紅緒。
「幼児用スモックでも着てみない?」
ブレないな。

家で下着ファッションショーをやろうとした紅緒。スール的な意味で姉妹みたいだ。
下着を選ぶという変態的行動の標的が真白にシフト。

まゆらの実家はデカい製菓メーカーらしい。

玩具入りチョコを大人買いする真白。
ネッシー
モンゴリアンデスワーム
雪男
ネッシー
ネッシー
ネッシー
ネッシー
ネッシー
ネッシー
封入率を偏らせて更に買わせるつもりだな!汚い!桃内製菓汚い!

チョコを作りつつこのまま結婚するのか迷う小紅。
小紅が普通と言うと血涙を流す喪女が一杯いそう。

小紅が嫁に行くのは嫌だがウエディングドレス姿は見たいジレンマ。
子供の頃の小紅は擬音付きで後を付いて来たらしい。

真白のプレゼントを持ってくる紅緒だが、チョコたまごのUMAシリーズと間違えてチョコ王子のUMAシリーズを買ってきてしまう。

カップルまみれの屋上。
ミサイルでも降ってこないかな。

ことごとくタイミングを逃がしただけなのだが、チョコを貰えず嫌われてると勘違いする白夜。

スーパーやコンビニを回って再び大人買い。しかしまたネッシー。
まゆらが在庫処分品を持ってくるがこの期に及んでもネッシー。

紅緒のデカいチョコケーキ食いたいな。

小紅からチョコを貰って花背景を出す白夜。
犬だなぁ。尻尾があったらぶんぶん振ってそう。

次回!モケーレムベンベ!モケのしみに!

テーマ : 未確認で進行形
ジャンル : アニメ・コミック

未確認で進行形 第7話「それはそれ、これはこれ」 感想

レズキャラに定評がある藤田咲


あらすじ
生徒会書記、末続このは。強烈な紅緒信者である。その友人、大野仁子。空気の読めない新聞部員である。真白に嫉妬心を燃やすこのはに調査協力を申し出る仁子。「こっそり」とか、そんな寝言は寝て言おう。そしてなんだかこのはの言葉づか(略)真白とこのはの戦いが今始まる!俺たちの明日はどっちだ!?
略されたところは確認してください。


チョコ玩具のコレクションを展示する真白。

変身出来る真白達もUMAなんじゃね?と小紅。
未確認なUMAとは違うと反論する真白。

生徒会書記、末続このは登場。

「すっごいむかつくんですけど!」
レズ特有の嫉妬を真白に向ける。

街に越してきたばかりの頃、紅緒に一目惚れし、制服から学校を割り出して入学したこのは。ストーカー気質だな。

バルクホルン「お前も妹にしてやろうか!」

真白に宇宙人、心霊現象、お化け、化物、悪魔扱いされたこのは。
新聞部の仁子に探りを入れようかと持ちかけられ、最初は躊躇するものの真白の言葉に怒って調査を頼む。

紅緒の妹と期待させてがっかりさせちゃう事がこれまでに何回もあったっぽい小紅。
姉の擬態が完璧なのも考えものだな。本性が知られてるとそれはそれで風評被害がありそうだけど。

やりすぎると書記をクビにされると危惧するこのはだが、聞く耳を持たない仁子。

トイレの花子さんや赤紙青紙を信じてる白夜は純粋だなぁ。
そして「待て」が効くのは完全に犬。

真白が子供だと気付く仁子。
このはが子供だと言ってた影響なのかな。

デジカメの消し方が分からない白夜。
推定数千歳の神様や千年前の陰陽師は最新の機器を使いこなしているというのに。
でも謎の力で画像を消す。

白夜、25点で追試。
暗記系は得意だが応用系は苦手らしい。
小紅が勉強を見る事に。

口裂け女はポマードが苦手だってのは自分もどっかで聞いた事あるな。

妹成分が不足してて憂いの顔の紅緒。
駄目だこいつry

仁子をお化けと勘違いする真白。
更に逆光の中のこのはも勘違い。

「馬鹿こくでねえ!人のこと化物呼ばわりってなんだぁ!おらみてえなめんこい子さ捕まえて化物はねえっぺ!」
方言娘、ありだな。

危険が危ない。

紅緒曰くこのはは長女。
まず気にするのがそこなんだ。
妹じゃないのが不満みたいだが、経産婦も行けるっぽいし、外見の問題かな。

赤点にならないラインでズルした真白。
同じ事が出来るのにやらない白夜に小紅好感度アップ。

「やーん、廊下で叫ぶとかマジ下品」
「もう同じ空気も吸いたくないわ」
「しかも化物なんて、始末に負えなーい」
被害妄想乙。

「妹と触れ合って、チャージしてくるわ!ハイオク満タンお願いします!」
ブレないねぇ。

紅緒を監禁したい欲張りさんな真白たん可愛い。

真白との口喧嘩で負けるこのは。
実は同族らしいが正体は何だろうな。
一応須衛都久神社ってのがあるけど、あれは島根県の松江だし、シンボル的な動物はいなかった気が……
まあ、来週以降分かるか。

テーマ : 未確認で進行形
ジャンル : アニメ・コミック

未確認で進行形 第8話「妹の悲しみをいやすのは、妹」 感想

あらすじ
「一言でいうと、よくあることだ。ムー的な視点で言えば。」尻が大きいのは悪いことじゃない。乳が大きいのも悪いことじゃない。むしろいい。それはともかく、真白とこのはの戦いはまだ続く。ついに迎える屋上決戦。まったく関係ない紅緒様。いつも通りと思いきや、突然の急展開があるとかないとか。
やっぱりあるので確認してください。



このははずっと山育ちでモブ以下の地味だったが高校デビューを果たす。

このはが同族だと判明するが馬鹿って言われたし紅緒のファンとは仲良くなれそうにない真白。
鬼太郎アンテナを立たせてやってくる紅緒だが、小紅が自分に隠し事をした事にショックを受ける。orz
だが自分を巡って真白とこのはが争ったと聞き陶酔する。

体育の時間。色々考えつつ驚異的な身体能力を披露するこのは。流石YAMA育ち。
仁子の取材をやめようとするが紅緒の写真で買収される。

そこにやってくる小紅。
「一人で叫んだり、真白に文句を言ってた事は黙っててあげる。ありがたく思う事ね。おーほーほっほっほっほっ」
弱みを握られたと勘違いするが、実際に秘密にしてるのは同族の事。

「小紅の秘密って、なんぞー!」
「小紅に聞きなさいよ」
「だ、だって……あんまりしつこくして、嫌がられたりしたら悲しいし」
「もう嫌がられてるから大丈夫でしょ」
「そんな事はなーい」
この二人の掛け合いは良いな。

小紅は妹じゃなくて弟。
ふたなりか……ありじゃないかな。

二つの胸の膨らみは何でも出来る証拠なの。

紅緒が白夜と手を繋いだだけでもショックな紅緒。
小紅に何もかも言えば引かれる自覚はあるらしい。

たい焼き食ってるまゆらがそにアニのフウリちゃんに見えた。
こういうの放送されるとたい焼き食いたくなるな。

小倉を買う小紅だがカロリーを気にして白夜と半分こ。


いつの間にか混じってる仁子。

ズボンのサイズが合わない小紅。
ウエストがゴムのはおばちゃん御用達だよな。

「小紅のお尻が大きいのは、悪い事じゃない」
真顔で何言ってんだこいつ。

目を開いて忠告するまゆらが怖い。
鋭い所もあるし。

「これは巨乳ですか?」
「はい、巨乳です」
「何の話!?」
「悪い事じゃない」
本当に何を言ってるんだ……

「小紅は天使なの……」
中二病の十九川菜摘も似た事を言ってたな。

ふくよかな小紅とスレンダーなこのは。
悪い事じゃない。

このはは真白達が紅緒目当てだと勘違い。
「そ、その手があったか!」

小紅に話しかけられて写真をばら撒くこのは。
屋上へ行こうぜ。久し振りに引いちまったよ。
様子を見ても気付かれない自信がある白夜。

屋上に行くまで張り合う二人。
争いは同レベルの者同士でしか発生しない!

屋上は北風が強くて何を言ってるか聞き取れないので体育館裏に移動。

ダンジョンで全滅したパーティーを回収しに来る紅緒だが誰もいない。
「どして?どちて?」
ここの言い方が可愛かった。更に縮地で小紅の元にやってくるが、
「姉様にはまったく関係のない事ですよ」
セブンセンシズに目覚めた紅緒だがこの報告はショックだった、
ロリコン繋がりでシジフォスと仲良くされそうだな

紅緒目当てだと思われレイプ目、そしてガチ泣きの真白。
白夜も紅緒目当てと言われて眩暈。
一方、このはは紅緒の素晴らしさが分からないのは気の毒と憐れむが、紅緒の素顔を知ってると憐れまれてもむしろこのはの事が可哀想になるだけだな。

このはは母親から同族の男はレアだからあったら唾付けとくように言われていた。
「君、私と結婚して」
恋の鞘当て……いや、当て馬だな。


テーマ : 未確認で進行形
ジャンル : アニメ・コミック

未確認で進行形 第9話「くつじょくです、はずかしめをうけました」 感想

あらすじ
思いがけず新展開。忠実な白夜。小紅は否定されたらちょっとショックな自分に気づく。目にゴミが入っただけだという弁解。それに対する紅緒の愛。白夜も愛。小紅のスクープを狙う仁子。紅緒の変顔を狙う真白。そんななか、ついにデレ期到来か。
誰のデレ期がきたのかは確認してください。




「君、私と結婚して」
衝撃発言を聞いた後、運動おんちなので動揺して転倒する小紅。
更にびっくりするほど嘘が下手。

逃げる小紅を追う白夜。
待つ理由を百字以内って結構簡単なような。

白夜が小紅が許婚だと知り、小紅や紅緒が同族だと勘違いするこのは。
紅緒とこのはは変態仲間。

「そっちの事情は知りません。プークスクス」
可愛い。

口下手で誤解されるがすぐ誤解を解く白夜は出来る奴。

自分から許婚の事を黙っておくように言って否定されたらショックを受ける小紅。ラブコメの波動を感じる。

辱めを受けた真白たん(意味深)
末続
×
真白たん!?

紅緒の写真(精神安定剤)
このはは親同士が勝手に決めた婚約者と勘違い。初期なら間違ってない。

このはとナニしてたのか聞く紅緒。
「紅緒のせいで、どえらい屈辱を受けたんですよ!どうしてくれるんですか!」
「よく分からないけど責任とるわ。結婚しましょ」
紅緒さん流石です!

周囲がやきもちを妬くからあまり真白に構わない方がいいと言う小紅だが、
「無理ね!」

「真白は姉様を避けてますから」
「そう……ってあれ?」「私が真白たんと仲良くしてるからやきもちか。って、もしかして小紅も妬いてる?」
「え?………………………………………………………あ、はい、そうですね」
(え、あれ小紅ー……)
これまでは妹に愛されてると思ってたポジティブっぷりはすごい。

許婚だってバレて、友達に噂とかされると恥ずかしいし。

口止めの為にこのはに賄賂、もとい紅緒の変顔で幻滅させようとする真白。><

真白の気配をニュータイプ的に察知する紅緒教教祖。

紅緒の友達だから真白に嫌われてると思ってる撫子。
酷い認識だ。まあ、あれだと仕方ない。

このはを呼び出す小紅。アッハイ。
嫌々婚約してると勘違いされて泣く小紅はちょっと面倒臭い。

紅緒の写真を撮りまくる真白たんはツンデレキャラだったんだな。
そんな真白に紅緒はサイン入り写真をプレゼント。
転売しよう。

シフォンケーキ食ってほのぼのしてる白夜は可愛いな。

祝!!デレ期

「あら、ごめんなさい。大きくて……見えなかったわ」
嫉妬の心は

次回はホワイトデー?

パンツのネコが二匹。
……覗いたのか?


テーマ : 未確認で進行形
ジャンル : アニメ・コミック

未確認で進行形 第10話「デレ期という単語を調べたら」 感想

あらすじ
ホワイトデーをめぐって、白夜が悩む。真白は叱咤する。紅緒は悶絶する。小紅は俺の嫁。デレたらデレたなりに物語は進む。小紅はいい子。このはもいい子。仁子もいい子だけど、今日も元気に暴走中。念願の記事掲載は叶うのか。そしてなんだか今回は、意外な人がツッコミ役に。その切れ味を確認してください。





ケチャラーな紅緒

ホワイト……白……白濁液……精子

ぷぷぷー。真白たんのドヤ顔可愛い。

小紅と白夜の仲の良さに嫉妬する紅緒。
「改めて考えたら、やっぱりちょーう面白くないのよ。許婚?知らんがな!小紅は私の妹です~誰にもあげーまーせーんー!」

チッ(舌打ち)

「許婚が嫌でもない」すら嫌な紅緒。
小紅を取られた悲しみを真白を妹扱いして埋める。

「白夜と何かあった訳でもない」でショックを受けるのはちょっと面倒。小紅も面倒な所あるからお似合いかもしれないが。

三人で手を繋ぐ所は宇宙人というより家族だな。
発想が同じこのはとは仲良くなれそう。

小紅は目立ちたくないだけで許婚の事は嫌じゃないとこのはに告げる。
始まる前に終わったこのは。
割と本気だったのかな?

波紋の呼吸をしてる紅緒。あるいはワムウの風の流法渾楔颯か。

改めて許婚の存在にむかつく≠「己の内面を……見つめているんだわ」
物は言い様だな。
ってか撫子が学園内の紅緒幻想を助長してるのかもしれない。

包装を開いただけで小紅が作ったケーキだと察知する小紅センサーはすごい。
これがセブンセンシズか……そのうちエイトセンシズにも目覚めるかも。

ついうっかり小紅のケーキをつまらないものと言ってしまうこのは。
日本人的にはあるあるだな。

良い事があって直立不動の白夜。
ナイスカップリング!


デレ期(またはdr期)とは

「デレ期」とは、ある対象を好きになっている、萌えている状態の期間のことを言う。
例えば特定のアイドルグループや俳優が好きになり、デレデ状態になった時「dr期到来!」などと書き込んだりする。
デレ期が到来すると、その相手の言動がすべて好意的な感情を呼び起こしてしまい、例え周囲から見て普通ならおかしなシチュエーションでも、デレ期の場合あますます好きになってしまう原因となる。だんだん周りが見えなくなり、他人が自分のことを


尻を振る小紅がエロい。

後は若いお二人でby9歳

一緒に帰る小紅と白夜。
あ、そうだ(唐突)
(*´ω`*)
小紅に送られたメールを察知する紅緒。

真白が一人だと危険が危ない(紅緒に狙われる的な意味で)
二階から飛び降りる紅緒。ユパ様っぽい登場してギアセカンド。
二階とはいえコンクリートは上手く着地しないと痛そう。

デバガメしてた紅緒と真白にお怒りの小紅。

あのね商法をするこのは。

校内新聞の小紅の記事をカッターナイフで切り取ろうとする紅緒。
松井恵理子のあだ名がカッターなんだよな。

「そうよね。記事になった小紅の可愛さが世間に知れ渡って、変なゴミ虫共の目にとまったら、大変だものね。まあ、その際は私が黙ってませんが」
この姉怖い。

大根の桂剥きが出来る小紅。

白夜から半分力を貰ったので念能力に目覚めた小紅。

小紅とペアルックした事を勝ち誇る紅緒。対抗心を燃やした白夜はペアの物をプレゼントする事に。

紅緒は編物が出来ないらしいが、それくらい妹命の紅緒はすぐさま習得しそう。

898(=はくや)
Yahoo知恵袋で質問する白夜。
ループ現象を解決する方法は教えてくれないんだよな。

アクセサリーを買おうとする白夜だが、高くて断念。

小紅との仲を形として感じられるものが欲しい白夜。
それって子供?

白夜に色違いのハンカチを送る小紅。
ラブコメの波動を感じる。

チョコ玉子UMAシリーズ第2弾発売。
クッシーとはまたマイナーな。

ストレスで吐血する紅緒。

実は紅緒と真白用のハンカチも買っていた。
「「「え?」」」
一応同じ柄で色違いは白夜だけか?


池田湖のイッシー
芦ノ湖のアッシー
洞爺湖のトッシー
変態姉のベッニー

テーマ : 未確認で進行形
ジャンル : アニメ・コミック

未確認で進行形 第11話「ハンカチを楽しんでるのよ」 感想

最終回前特有のシリアスな引き。

あらすじ
ハンカチは楽しむものらしい。先週に引き続き、白夜は悩む。仁子はなんとUMAを目撃。夕暮れ時でも油断は禁物です。一方、小紅と白夜の仲に進展が。なんとデートに出かけることに。コブつきで。不良の第一歩。春休みに入ったり、新事実が発覚したり、色んな要素はあるけれど、とりあえず初デートはどこへ行ったのか。
確認するのはそこからだ。



顔に乗せたハンカチを息で飛ばして楽しむ紅緒。
綺麗な顔してるだろ?汚物なんだぜ……

紅緒は小紅が書かれた新聞記事に言及。
「でも……駄目ね、これ!褒め足りない!」
進行形で変な奴に狙われてる小紅は大変だな。

紅緒は新聞部に圧力をかける。権力ってやつか。
しかし仁子は挫けない。

自分のハンカチが小紅とお揃いで、紅緒や真白のものはただのプレゼントだと気付く白夜。
喜ぶが、同時にプレゼントのプレッシャーがかかる。

乙女的な悩みに陥る白夜。
まゆらのアドバイス、無理しない範囲で高価なもの以外に更に混乱。

小紅は白夜の髪を切ろうかと提案するが白夜は遠慮
散髪と言えばフルメタの宗介とかなめはニヤニヤ出来たな。直後にあれだけど。

UMAシリーズを大量購入した真白は近道に屋根伝いに移動。
そこを仁子に見られ、彼女はフライングヒューマノイドと勘違い。

それを知った小紅は真白に注意。
子供が夕方に一人で出歩くのは
紅緒  ハイエース
変な人とか犯罪に巻き込まれるから危険。

「めっ」する白夜はおかんみたい。

叱られてハートブレイクの真白。
「付け入るなら今かしら!?」
平常運転の紅緒。

秘密を知られたら殺すか愛さないといけないんだっけ?

成績表配布。
小学生なのに厳しい結果で済む真白ってすごいな。

「俺は小紅が一番だと思う」
小紅に迷惑がかからないのは良い反面、もういいと言われるのは複雑だな。

小姑同伴のデート。
「あはっ☆」
一人で留守番するのは嫌だけど自分がコブと自覚して落ち込む真白たん可愛い。

紅緒が付いてくるかと思ったらバザーか。
撫子さんGJ。

俺の息子が宇宙人にさらわれて困惑している
バットで殴るサインで音楽が弱点の宇宙人ってマーズアタック?

夜ノ森紅緒、言われて嬉しい言葉
・お姉ちゃん
・姉様
・おねーたま
・おねーたん
・姉上
深刻なウルトラマンの風評被害(四月馬鹿?知らんなぁ)
幼稚園に連れて行ったら駄目な人だ。

三人のデートは完全に親子連れだな。
って、ここでもウドか。なんなんだ、ウドって!

レストラン以上のオムライスが作れる小紅は良いお嫁さんになれるよ。今更な話だけど。

白夜の髪で隠れた部分には名前を言ってはいけないあの人に付けられた傷が。
ドジっ子の白夜。
忍たま乱太郎の戸部新左ヱ門もこけて傷が出来たんだっけ。

紅緒が変態なのもプラズマの仕業……?

真白には気にしないでと言われたが無理だよな。
更に真白が実家に事のなりゆきを知らせると矢文が。そしていなくなる二人。
まあ、どうせ大した事じゃなそうだけど。山菜採りに来いとか。

テーマ : 未確認で進行形
ジャンル : アニメ・コミック

未確認で進行形 第12話「わかってる?・・・わかってる」 感想


あらすじ
白夜と真白が姿を消した。なくなった荷物。途絶えた連絡。静かな我が家。不安と心配に苛まされる小紅だが、まゆらに背中を押されて三峰家へ。山に分け入り、懸命に白夜と真白を探す小紅。そこで彼女が見たものは…?これからどうなるかはわからないけれど、冬は終わり、春が来る。最後までどうぞ確認してください。


紅緒が大丈夫と言った時にはてっきり真白に発信機とか盗聴機でも仕掛けてるのかと……

洗濯物を落とす小紅は大分参ってるな。

心配なら家に行ってみれば?とまゆら。
躊躇う小紅に更にわがままになれよ!とまゆら。

こんな時でも着替えシーンを入れてくるスタッフが好き。

白夜や真白の実家って会津の方か。

遭難しそうだなと思ったら案の定道に迷う小紅。
そしてやっぱり兄妹の帰省理由は山菜取りかよ!?

洞窟で休む小紅の元にやって来る白夜と真白。
誤解は解けたが倒れる小紅。
天は我々を見放した!

白夜のメールの内容が簡潔すぎる。そりゃ誤解されるわ。

メールや電話が繋がらないのって圏外だからじゃね?と思ったら本当にそうだった。

火が消えそうな時は裸で温め合うんだよ!
冬のせいにして。
後で紅緒が同じ事を言ってて「俺は紅緒と同レベルか……」と鬱になった。

どうせ
みんな
いなくなる
寂しい気持ちを隠して留守番する子供の小紅のシーンが辛いな。
それはそれとして、世の中には家事すら出来ない人もいるんですよ!

すげー露骨な三角地帯で倒れたな。
「今度は……間に合った」
ここやお姫様抱っこの所の白夜のカットがイケメンすぎる。

「もう隠し事しない」
「そうだ……分かってる?」
「分かってる」
ああああ、口から砂糖が出る。

前回はただ単に傷が残ってるだけかと思ってたが、光が分かる程度って大怪我だったんだな。
そりゃ小紅も気に病む。
もしかして木のあれって元は遠近感を調整する為の訓練だったのかな

シリアスブレイカー紅緒。
これで勝る!

ツヤツヤしてる白夜。
一体ナニがあったんですかねぇ……

真白とこのは、二人は仲良し。
バリヤーとか小学生かよ。

箒に跨ってジャンプする魔女っ子真白たん可愛い。

「小紅の料理なら何でも美味い」
面白くねえ面白くねえ……
ここの小紅は完全に恋心入っちゃってるな。

これで最終回だけど、まだまだ続きが見たいな。
でもストック溜まるの数年後か。

テーマ : 未確認で進行形
ジャンル : アニメ・コミック

プロフィール
リンクフリーなのでお気軽にどうぞ。

とうゆき

Author:とうゆき

 
最新記事
カテゴリ
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる