ブログパーツ

ディーふらぐ! 第1話「風間一派だ!」 感想

真剣で私に恋しなさい!!の2期かな?(すっとぼけ)

あらすじ
府上高校でも有名な不良グループ「風間一派」。リーダー格の風間堅次が仲間と共にクラブボックスを訪れると、ゲーム製作部と書かれた部室で小火災が発生していた!慌てて消火するものの、各々「属性」を主張する美少女部員たちに突如襲われてしまう。必死に逃げる堅次だったが、部長を名乗る柴崎芦花に追いつかれてしまい突然「ゲーム製作部」に入らないかと勧誘を受けてしまう。

脚本:上江洲誠 コンテ:菅原静貴 演出:菅原静貴 作画監督:松本健太郎


長山がスクールランブルの播磨に見えた。横縞はバンブーブレードのダン君。

火事だと勘違いして飛び込む風間と消火器持ってくる長山は良い奴だな。
前半は正直微妙だったけど後半の野郎4人と烏山のやりとりは面白かった(大沢が教師だった所は吹いたけど)

「それ俺が入ってないじゃん!」
ドMあっちゃんは良いキャラしてるな。ルルーシュが土の味が好きだと思うと余計笑える。
そういえば会長、福会長は境ホラの葵姉弟だな。賢姉とトーリ。

風間が余った所でシンケンジャーの殿を思い出してしまったよ。


原作 - 春野友矢(月刊コミックアライブ連載 / KADOKAWA刊)
監督 - 菅原静貴
シリーズ構成 - 上江洲誠
キャラクターデザイン・総作画監督 - 松本健太郎
色彩設計 - 歌川律子
美術監督 - 湯澤康之
撮影監督 - 織田頼信
編集 - 池田康隆
ビジュアルエフェクト - 徳丸仁志
音響監督 - 高寺たけし
音楽 - 松田彬人
音楽制作 - KADOKAWA(メディアファクトリー)
プロデューサー - 伊藤誠、大山暁子、紅谷佳和、渡邊愛美、龍見太輔、石塚正俊、新宿五郎、齋藤弥生
アニメーション制作 - ブレインズ・ベース
製作 - ディーふらぐ!製作委員会(KADOKAWA、テレビ東京、AT-X、虎の穴、ソニー・ミュージックコミュニケーションズ、ダックスプロダクション、ブレインズ・ベース)

オープニングテーマ「すているめいと!」
作詞・作曲・編曲 - ARM / 歌 - イオシスjkガールズ

エンディングテーマ「ミンナノナマエヲイレテクダサイ」
作詞 - 畑亜貴 / 作曲 - 太田雅友(FirstCall) / 編曲 - EFFY(FirstCall) / 歌 - 柴崎芦花(花澤香菜)、高尾部長(伊藤静)、船堀さん(豊崎愛生)


風間堅次:小西克幸
柴崎芦花:花澤香菜
高尾部長:伊藤静
烏山千歳:斎藤千和
水上桜:高橋美佳子
大沢南:小清水亜美
河原中:福山潤
風間之江:加藤英美里
船堀:豊崎愛生




テーマ : ディーふらぐ!
ジャンル : アニメ・コミック

ディーふらぐ! #2「おのれニセゲーム製作部め!!」 感想

山田は犠牲になったのだ……

あらすじ
堅次が入部し、廃部の危機を免れて喜ぶゲーム製作部のメンバー。しかしその堅次は女子更衣室に侵入した罰で停学になっていた…。しょぼい理由で停学になったと嘆き河原で猫と戯れていると、突然黒マントの不審な4人組に襲われてしまう。その黒マントたちは「本当のゲーム製作部」のメンバーだった。部長を名乗る高尾は、堅次にニセのゲーム製作部を辞めるよう迫るのだが。

脚本:綾名ゆにこ コンテ:菅原静貴 演出:菅原静貴 作画監督:たむらかずひこ


教頭がフルメタのカリーニン少佐に見えた。

私に乱暴する気でしょ!エロ同人みたいに!
謎の一団に囲まれる足フェチ先輩堅次。ハヤテとヒナギクがおる。

秘技魔王の空間圧縮に耐える勇者ごっこ
ここに六花や凸守を放りこみたい。

高尾は嫌な奴かと思ったらガチ被害者だった。でも千歳より芦花に執着。
「謝るくらいなら私と一緒に部に残ってほしかったのに!」
キマシタワー
もし負けたら自分が合併されると付け加えとけば完璧だったな。
とまあ、文化祭でゲーム対決する事になった訳だけど、あの部室パソコンないっぽいよな。
部員もプログラミングのスキルなさそうだし、オリジナルのボードゲームやTRPGでも作るしかないのかな。

ジャガーポテトはいずれ本編に出てきそう。


テーマ : ディーふらぐ!
ジャンル : アニメ・コミック

ディーふらぐ! #3「府上学園フリーダム祭。通称フフ祭」 感想

遊星「権力ってやつか」


あらすじ
部活動の存続をかけて、高尾率いる「本当のゲーム製作部」と文化祭でゲーム制作勝負をすることになった堅次たち。正攻法では勝てないという事になりスパイしに行くことになった堅次と芦花だったが、芦花は見学を禁止されてしまう。堅次には丁寧にゲーム制作の解説をする高尾に、芦花が……。そして2人が部室に戻ると他のメンバーは「宇宙エロ本争奪ゲーム」に興じていた!

脚本:上江洲誠 コンテ:菅原静貴 演出:ふじいたかふみ 作画監督:小澤円、徳田夢之介


ゲーム作る能力なくて妨害前提なのがトホホ……な感じ。

OH!スーパーマリリンってアーバンチャンピオンのパロディかな。
上から来るぞ!気を付けろ!
アーバンの方じゃシャンデリアじゃなくて植木鉢だっけ?

本当のゲーム製作部を偵察する堅次。
素直に非を認める山田は良い奴だな。女装は勘弁だけど。

知らず知らずのうちにおぱーいを頭に押し付けて野郎共を落としてきた高尾だが、堅次は髪がつんつんしているので押し付けるのはままならない。
だが……芦花は敵に塩を送ってしまったな。

宇宙エロ本争奪ゲーム、他惑星のエロ本ってSAN値下がりそう。
でも馬鹿ゲーとしては楽しめそうな気がする。

息子が気という言葉を使う事に反応したり、元々禿げな男とかモブが良い味出してる。

綾崎ハーマイオニー桜ヶ丘のメイド服、良いね。だが男だ。

高尾は危うく卓ゲ愛好者などを敵に回すところだったな。

「俺はお前の色気に負けた訳ではない。地球の重力に負けたのだ」
土の味。

オリジナリティ皆無じゃねえか!という高尾の指摘を一蹴する千歳。
オリジナリティの定義は難しい。既存のゲームの影響を全く受けてない作品なんてないだろうし、その辺を突っ込まれると高尾も苦しい。
それはそうと高尾を泣かせたい。

屋上での堅次と芦花のやりとりはあれかな。髭眼鏡は照れ隠しだったのかな?

M人英雄伝アタル
色々脱ぐ(意味深)


テーマ : ディーふらぐ!
ジャンル : アニメ・コミック

ディーふらぐ! #4「あれは魔の十四楽団!!」 感想

魔の十四楽団VSトイレに出たら帰り道に迷った者たち


あらすじ
府上学園フリーダム祭(通称フフ祭)で高尾率いる「本当のゲーム製作部」に勝利した芦花たち…。しかし部の名称を変えなければいけなくなり、部員全員で新たに部の正式名称を決める会議を行うのだが、会議に同席している高尾が次々と名称案を却下して行く。そんな時に南が部員騒然の一言を放つ!そしてある日、下校中の風間一派の前に奴等が立ちはだかる!!

脚本:上江洲誠 コンテ:日巻裕二 演出:石川俊介 作画監督:松岡秀明



「奥義高尾斬」
貧乳は人間に非ず。

部の名称決め。
イルカ好きな高尾が可愛い。

「奥義暗黒の目潰し」
目が!目がぁ~~!


色物不良グループ魔の十四楽団。
ゲーセンの音ゲーを占領する鬼畜外道な不良共。
捕まった風間を救出すべく、パイレーツオブ仮部出撃。

おしょんに行きたい芦花。
僕がトイレさ!

縄を解こうと必死になる高尾と対照的に優雅に紅茶を飲んでるあっちゃんで駄目だった。
自分も縛られたいとか思ってたんだろうな。

その頃、捕まってる風間一派。
十四楽団は風間の鞄から宇宙エロ本争奪ゲームを発見し、興味津々。
宇宙エロ本争奪ゲームのファンが増えるよ!
やったね、芦花ちゃん!

はーい、四人組作って。
9人しかいないタイミング、しかも人望が落ち始めていた頃だったのでハブになるリーダーの小田原。

2チームはそれぞれお宝写真を賭けて争う事に。
ミス奥さんの似合う女性No.1の船堀さん。公式のキャラ紹介にいるからいずれ登場するのかな?
高尾の写真を出した禿げがベン・トーの坊主に見えた。

ハブにされた小田原は風間達を加えて四人チーム結成。
ここの下りは声に出して笑ってしまった。
しかし上手くいかず進退窮まった小田原は争いの原因であるゲームを粉砕。
でもそれって根本的な解決にはなりませんよね?

そしてそれが風間の逆鱗に触れた。
しかし縛られたままの状態ではなす術はなし。
うるせえからヤっちまおうぜ(意味深)

そこへ助けに来るゲーム製作部(仮)
彼女と疑われ、それを機に既成事実にしようとする芦花とそれっぽい反応をする高尾が可愛いな。

リーダー→小田原→鶏冠と、どんどんランクダウンする鶏冠の明日はどっちだ!?

いざバトル開始。

千歳「ドラドラうるさいな」
仗助「!?」

気に入った相手以外は直に触りたくない桜。
恐ろしい精神攻撃だ……
そして風間には普通に触ってるよな。

実は学園の裏ボス最強の闇だった芦花。
あの目つきも可愛いな。




Cパート。
アタルがアタノムに見えた。

先生のスタンガンに興味津々のあっちゃん。
このドMにとっては電撃プレイや緊縛プレイを体験した遊星さんは憧れの的だろうな。

「来るの?」とスタンガンを取り出した先生さえも引き気味だったのが更なる笑いを誘う。


今回は原作を大幅にカットしたエピソードだったらしいけど、アニメ組の自分は全然気にならなかったな。
むしろシリアス要素いらないと思ったくらいで。


テーマ : ディーふらぐ!
ジャンル : アニメ・コミック

ディーふらぐ! #5「何ー!? 妹に弁当を!?」 感想

あらすじ
宇宙エロ本争奪ゲームに興じている芦花、千歳、桜。堅次にゲームの内容を説明するが全くやる気がない…。そんな堅次に芦花は何故か一緒に部室にいる高尾を宇宙エロ本争奪ゲームのプレイヤーに引き入れろと言う。堅次は大きな貸しとして、自分の代わりに高尾をプレイヤーにしようとするのだが、芦花の一言で状況が変わってしまう!そしてプレイヤーキャラをめぐる闘いが勃発する!!

脚本:恵莉ひなこ コンテ:後藤圭二 演出:ふじいたかふみ
作画監督:たむらかずひこ、しんぼたくろう



アバン。謎コブラ。

宇宙エロ本争奪ゲーム、割と面白そうなんだよな。
10万3000冊のエロ本を持ってるシスターもいるのかな。

おっぱいが映るだけで誰だか分かる女、高尾。
高尾は友達が少ない。
でもぶっちゃけ同学年の部員がいないのって千歳のせいだよな。

高尾「ん?今なんでもするって言ったよね?」
高尾を引きいれれば自分は抜けられると考えた風間だが、5人プレイにも対応していた。
まあ、ボードゲームだからその辺は柔軟性高そうだ。

残ったキャラは二つ。
ガインジー:諸行無常
エロインダー:エロじゃないよ、すけべだよ

当然ガインジーを取ろうとする風間と高尾。
喧嘩する二人を見兼ねた芦花はお気に入りのコブラジョーを加えてじゃんけん勝負を提案

けれど芦花は敗北。
往生際悪く先に三勝ルールに変更。

二回目も負けると部内ルール、タイムを発動。
二人の集中力を削ぐ作戦に出る。

威嚇レベル1白鳥の威嚇スワントゥース
象形拳かな?
高尾のおっぱいを突きまくるのは逆に精神ダメージを受けるだけな気がする。

タイムを逆利用する風間と高尾。
好きな食べ物は?
趣味は?
休みの日は何してるの?
小さい頃の夢、思い出
何故か質問タイムを始める高尾。ニヤニヤ。

不利を悟った芦花は部内ルール次回に持ち越しを使い、更に千歳にヒューマンタイプ作成を依頼。

アイキャッチの船堀さんにやたら気合入ってるな。



昼休み。
風間が魔の十四楽団を倒した事が話題になっていたが、風間の扱いは生徒会長の部下。
慌てて否定するが、その時芦花と千歳からお昼のお誘い。羨ま……うーん、どうだろう。

学園の裏ボスとして有名な芦花。
左手の怪我で箸が持てないだろう風間の為にやってきたらしい。
高尾「その手があったか……」と悔しがるが、風間は右利き。

妹に弁当を作ってもらってる風間君。
クラスメイトに見損なわれるが、フィクションだと妹と仲良い不良って結構多いよね。

「私のものは私のもの。奴のものは、いるものだけ私のもの」
ジャイアニズム。でも奴はその扱いでも興奮してそう。

不良の癖に授業にしっかり出る風間。
それは古文の教師ショーン・コネコネ先生が恩人だから。
出会いを語り出す風間。
(話したいんだな……)

子供の頃、火事で逃げ遅れた風間一派。
……ヒーローも逃げ遅れてるな。声は檜山修之。何となくそんな予感はしてた。

愛する夫と三人の娘がいる人妻な司会のお姉さん(実はバイト)はさっさと避難。
ナチュラルにデパートの屋上から飛び降りてるけど、地味に凄くね?

既にMに目覚め始めてるあっちゃん。ゴクリンコ。

ピンチにロープを持って助けに来るショーン・コネコネ先生(CV中田譲治)完全にショーン・コネリー。
見ず知らずの他人に助けられるのを嫌がる風間に、困っている人がいたら助けてあげなさい、それでチャラと諭す。
それで何で不良に……

昼飯を食べようとする風間だが、自分の弁当はクラスメイトに食われ、芦花の弁当は芦花自身が早弁してて既になし。
仕方なく千歳が自分のを分けようとするが床に落ちる。そしてそれを食うのを汚いと風間は拒否。
船堀さんが綺麗に掃除した床を汚いなんて風間君さいてー。

「船堀!船堀!船堀!船堀!船堀!船堀!船堀!船堀!」
「イジメかっ!!」
あれの元ネタってこれだったのか。

仕方なく食べる風間。
いや、お前、掃除されてたからどれだけ経ったと思ってるんだよ。引くわ―。

船堀やクラスの皆から弁当を分けてもらう風間だが、生憎授業が始まってしまう。
しかし教室にやってきたショーン・コネコネ先生は資料を忘れてしまい五分間の自習に。
渋格好良いぜ……

放課後、焼きそばパンを差し入れる高尾。
ここも青春してるな。

Cパート。
ポピルスから最上級のエロ本を託されるジョー。
しかし、「この本はあまり売れなかった」
oh……
これもゲーム製作部(仮)の誰かがロールプレイしてるんだろうか?


テーマ : ディーふらぐ!
ジャンル : アニメ・コミック

ディーふらぐ! #6「恋の三角関係ってことですね!」 感想

あらすじ
堅次が廊下で黄昏ていると、突然芦花が助けを求めて突っ込んできた!芦花が敵と呼び逃げていた相手の名は子王八。船堀によると、子王グループの御曹司で女子に大人気の彼もゲーム製作部(仮)の所属で、芦花に好意を抱いているのだという。しかし彼の話を聞いてみると本性は…。そして芦花の袋を巡り、何故か芦花本人や高尾・その他大勢を巻き込んでのゲーム大会が始まる…!!

脚本:恵莉ひなこ コンテ:佐山聖子 演出:菅原静貴
作画監督:大河原晴男、針場裕子、薮田裕希、清水勝祐


敵に追われる芦花。
芦花が走って逃げても歩いて追いついてくる敵の名は子王八。
なんかロマサガ2の七英雄を思い出す名前だ。

船堀の説明によると御曹司で人柄も良くて女子に人気らしい。
そしてゲーム製作部(仮)の部員。

芦花が好きらしく、仲良しアピールを始める子王。
体操服袋を被せられて喜ぶこいつは中の仲間だな。

三角三角
ぺちぺちぺち

風間が部室に入ると何やら本棚を押し合ってる芦花と子王。

千歳曰く、押し合いっこゲーム、簡単に言っておしっこ。賢姉なら言いそう。
ってか本棚でやると落ちて来そうで怖い。

「ツッコミ疲れないかい?」
「疲れてるよお前のせいで!」

袋をかけて戦う事になる風間と子王。
当の袋は船堀が洗濯してくれた。主婦属性つええな。
しかし汚れたままが良かった子王。

自分が蚊帳の外に怒った芦花も参戦。
そして千歳が面白がって希望者参加型に。

高尾も風間に袋を渡るのを阻止する為に参戦する。
おぱーいがデカくてジャージの上が閉まらなくなってる高尾。

稲田堤による選手紹介。
どいつもこいつも濃いな。ってかあの学校、禿げが24人もいるのか……

船堀が洗濯とアイロンした袋に参加者大興奮。ボルテージはMAXを超えてるな。

最初のゲームはおしっこ。

奮戦する魔の十四楽団の毛呂だがテキサスチャーシュー室見にチャーシューを盾にされ自ら脱落。外道が……!
それにしても毛呂って凌辱ゲームに出てきそうな外見だ。

芦花は威嚇レベル2で他の参加者を圧倒。
風間はチャックボーンで撃沈。


Cパート
「こんな勢いに押し潰されたらどうなっちゃうかな!」
いつもの中で安心した。

完!……じた。
感じるなよ!?

テーマ : ディーふらぐ!
ジャンル : アニメ・コミック

ディーふらぐ! #7「汚なっーーー!!」 感想

あらすじ
高尾の弾けたチャックで気絶していた堅次が目を覚ますと、何故か八に右手を握られていた!ナース姿の船堀によると、堅次が気絶している間に大会は進み、準決勝で堅次と八の指相撲対決が始まっていたのだった!もう一方の準決勝では、芦花と高尾が椅子取りゲームで何故かタックルを繰り返して死闘を繰り広げていた!そしていよいよ勝ち進んだ2人による決勝戦が幕を開ける…!!

脚本:日暮茶坊 コンテ:大宙征基 演出:石川俊介 作画監督:徳田夢之介



天使とナースのコスプレしてる船堀。
稲田の仕業らしい。GJ。桜ヶ丘は南無。

チャックボーンで気絶した風間は高尾と船堀に介抱された。羨ましい。
フィニッシュは高尾さんが決めました(意味深)

準決勝、風間と子王の戦いは指相撲。
風間が気絶した後に残った選手で風間がシードに決まったらしい。

「目が覚めた時は、手加減しないんだからな!」
皆優しいなぁ、全員負けたけど。


芦花と高尾の戦いは椅子取りゲームだが、椅子そっちのけでガチバトル。
フィクションの椅子取りゲームってそうなること結構あるよね。ある意味合理的。

芦花におっぱいタックルかます高尾は鬼畜。

地味な指相撲が繰り広げられる中、決勝戦でどっちと戦いたいのか聞く船堀。
地雷原に飛び込んだ!?
風間、準決勝で勝った方(=強い方)が良いと返答。
だがそれが闇の逆鱗に触れた!

袋がいらないと言ったり以前、芦花と戦いたいと言いつつ勝った方ならどちらでも良いと言った風間に芦花激怒。

「避けろ高尾ー!」
テニプリの「みんな伏せやーっ!!」を思い出した。

決死の覚悟で芦花を迎え撃とする高尾だが、芦花は彼女をスルーして椅子に座る。
「汚なっーーー!!」
タイトル回収。
いや、ルール通りなんだけどね。

更に子王が椅子取りゲームに気を取られてる間に風間勝利。
「優しい……」
「重病です……」
こっちも汚い。ってか子王、ホモに目覚めた。

決勝のゲームは王様ゲーム。
――へぇ!
先月はのうりんやWake Up, Girls!でもやってたな。

勇者と魔王の親子再登場。
気を察知出来る息子は成長したなー。

おにぎりを握ってる芦花。これは相手を握り潰すという意思表示……って食ってるー!?
「ゴクリンコ」

二人の覇気に圧倒されて生まれたばかりの小鹿状態の山田。

運自慢合戦。
昨日、何となくで銀のエンゼルを手に入れた芦花。
これで運を使いきったという風間の挑発も受け流す。

一方、風間も語り始める。
正月、タマちゃんのお年玉を拾う風間。
ガキが可哀想だし、妹の手前、交番に届ける不良。ミラー兄貴っぱねえ!
それから半年すぎたが取りに行かない事で運を呼び戻す風間。

袋をゲットしたらどうするか聞く芦花。
勝った証だし、大切に持っておくと答える風間。天然ジゴロだな。

割烹着の船堀、良いね。

「王様ってのは運だけでなるもんじゃねえよ」
棒を折って空に放り、芦花の攻撃をバックステッポで回避、山田の膝を踏み台にして棒ゲット。
「もっと腰を低くして構えておいた方が良い。でないと持たないぞ」が策略だったのか……

「私の袋を大切にしてくれると嬉しいです。じゃないと許しませんよ」
最近、マスコットやネタキャラ扱いが多かった芦花だけど、ここはヒロインっぽかったな。

「そうそう。次は最初から運以外で勝負しましょう」
もし運だけで勝負してたら芦花が勝ってたっぽい。流石は学園最強。

Cパート
変に誤魔化そうとしてる禿げが一番みっともないんだよな。


テーマ : ディーふらぐ!
ジャンル : アニメ・コミック

ディーふらぐ! #8「あのドットがよかったのに・・・」 感想

あらすじ
ゲーム大会後、生徒指導室に呼び出された堅次と高尾。グラウンドでの騒ぎを咎められると思っていた堅次だが、理由はなんと高尾のジャージのチャックが弾けた「チャックボーン事件」だった!教師や保護者から上がるジャージの耐久度への疑問、他の生徒たちが真似をし始めたチャックボーン、真似をしようとして出来なかったチャックボーン…。そして南が常にジャージを身に着けている理由が今明かされる!?

脚本:上江洲誠 コンテ:川口敬一郎 演出:宮崎修治 作画監督:しんぼたくろう


チャックボーン事件が理由で教師に呼び出される風間と高尾。
教師や保護者からジャージの耐久度について疑問が上がったらしい。
くだらねえ。

「ご、ごめん……成長期を理由にした太った事実を隠してごめんなさい……」
可愛い。

他の生徒がチャックボーンを真似し始めて傷を負う者が出たので問題が大きくなった。
やってみたい気持ちは分かるけど、理由が高尾を体感する為とかアホすぎる。
で、いざやってみた感想
「痛かった……」
「ジャージ壊して、かーちゃんに叱られた」
だろうな。

一番酷いのは胸の大きさに自信があると豪語してチャレンジしたら駄目で登校拒否になった2年の鷺沼。
謝ろうとする高尾は優しいけど、傷口に塩を塗るようなもんだな。

意見を求められた風間は逆にいつも学生ジャージの南に尋ねる。
そして語られる彼女がジャージの理由。

八王子から学校に来るのも満身創痍だった新人の頃の南。
どんな秘境なんだ、八王子。

いつもボロボロになる南の為にジャージをあげたのに顔も名前もうろ覚えの戸塚。
……と思ったら本当の名前は登戸。どんだけ記憶力ないんだよ。

善意からジャージを送ろうとするが教師三人全員に拒否られる高尾。じゃあ俺が……

結局チャックボーン事件はお咎めなく終了。
高尾、お礼に日曜日にデートする事に。

と思いきや魔導村の発売日と被っていたので行列に並ぶ事に。
帰ろうとする風間だが以前の借りを使って一緒に並んでもらう。
イチャイチャする二人に回りの人ブチ切れそう……とか思ったら前後の奴等コスプレしてるな。

ゲームの話題を振ったら目を輝かせる高尾。
オタクに好きなものの話題を振ると際限なく話し続けるよね。
魔導村って魔界村のパロディ?

10年前から変わらないクオリティって遠回しに貶しやがって。

ようこそ
あぁ、向こうが
もう少し右、もう少し左。はい
フンフンフ~ン…ん?
どういうネーミングだよ。
変に3Dになるよりドットのままの方が良い気持ちはとてもよく分かる。

徹夜組の芦花。
芦花に気付かれたくない二人は隣の人の衣装を借りる。
変な格好とか酷い。

下着もコスプレしてる隣の人、気合入ってるな。

列に戻る代わりにファイアーアチャーの真似をしてくれと芦花。
躊躇する風間だが……
「やりましょう風間さん!さあ立って!」
銀河万丈ノリノリだな。

立った時にバレないように風間に抱きつく高尾。
風間に抱きついたままファイアーアチャーの真似をするなんて頭がフットーしそうだよおっっ

ファイアーアチャーで喜ぶ芦花は可愛い。
そして列に戻る前に袋をどうしたか聞く。
どう扱っていいか分からないので鞄に入れてる風間。
複雑そうな高尾と嬉しそうな芦花。

「それなら良かったですっ!」
「それなら良かったです……」
火属性と闇属性、どっちもいいね。

嫉妬して逃げ出してしまう高尾。
自己嫌悪に陥ってる所に追いかけてくる風間。

「早く買って、追いかけてやりなよ!」
列を開けてくれる人達が格好良すぎる。

なんか良い感じじゃね?と思ったらゲーム代払ったからお金がない高尾。
……多分風間が払ったんだろうな。

Cパート
高尾家
第一回

「これで今日の合コンはいただきモスマンね」
UMA同好会の長女。
真白たんと仲良くなれそう。

優良(おっぱい)遺伝子を受け継いだの三女だけか。

「俺達出番これだけだって」
コンビニ前で風間を発見し、急いで家に帰っておめかしして再出撃する高尾だが……
既にコンビニの前には誰もいなかったという。



テーマ : ディーふらぐ!
ジャンル : アニメ・コミック

ディーふらぐ! #9「そうだよ、あいつの妹だよ」 感想

高尾サンダー!

あらすじ
昼休み、体育館裏で昼食を食べている風間一派の元に現れた八。芦花の袋が入っている堅次の鞄が教室に置いてあると知った八は、その鞄に顔を埋めようと教室に向かう。それを阻止しようと追いかけた中もギチギチになりたい一心のようだ!そして、堅次は教室にいた船堀に助けを求めるのだが…。一方、堅次が最近部活に入ったとの噂を聞きつけた、妹の風間之江がゲーム製作部(仮)の部室前で考え込んでいると、そこに…!


脚本:日暮茶坊 コンテ:吉村愛 演出:ふじいたかふみ 
作画監督:たむらかずひこ、松本健太郎、本多孝敏、重本和佳子


風間一派の突撃ダンプカー、横縞。
だいたい扉のところで頭ぶつける、日本の平均身長を優に超える、長山ひろし。
生徒会副会長で風間一派の作戦参謀、河原中。
突然自己紹介を始める三人。
実は風間の後ろにいた子王への紹介。

狭くてぎっちぎちな所が好き(意味深)

袋が入った鞄に顔を埋めようとする子王。
友の迷惑になるから止めろと言う中だが、こいつもやる気満々。
「「ぎっちぎちなのがむしろ良いじゃないか」」
駄目だこいつら。


風間は船堀に鞄を死守してもらうが、微ぽんこつの彼女では上手くいかない。
ならもう窓から放り投げろと風間は言うが、物を粗末にするのは駄目と反対される。天使だ。隠す場所の想像はエロい。

船堀は取られないように無理矢理鞄に頭を詰める。自分を人質にするその覚悟、大した奴だ。
「見事だ船堀さん。君の勝ちだ」
「船堀さん、君がぎちぎちチャンピオンだ」
二人もその覚悟を称える。


ゲーム製作部(仮)の前で様子を窺ってた之江は、部室内部に拉致られて歓待を受ける。
突き刺さる髪の毛や色って遺伝だったのか。両親が気になる。

妹の存在を風間から聞いてなくてショックを受ける高尾はちょっと重い。
一方、自分は知ってるとドヤ顔ピースの芦花は可愛い。

髪の硬さがコンプレックスの之江は髪質を理由に妹認定されるのが不愉快。
髪がつんつんしてるなら桜も妹だろうと主張するが、髪を梳かしてる桜。寝癖だったのか。

芦花「感謝するぜ。お前と出会えたこれまでの全てに」

之江はアイスが好きなので氷属性。
そして兄譲りの見事なツッコミを披露。

高尾が携帯に付けたマソーンとエンドーガのストラップに気付く芦花。
店長の手作りだったのか……

高尾は風間の威厳を守るつもりが、パシらせた事になってしまう。
桜は多分気付いてるな。

高尾:すんごい>>>それ以外:すごい
友達の小川の情報網は適当だな。

弾力があるすんごいおっぱいで吹き飛ばされ、本棚に激突する之江。重いアライブが頭に二冊落ちる。
ガンガンなら死んでた。

之江がゲーム製作部(仮)に行ったと知り、労いなのかコンビニで一番すんごいアイスを買う風間。


弁当を届けに教室に向かう之江は高尾とばったり。即土下座。
怯えられた高尾は怖くないアピールでキングゲイナーっぽいダンスを踊る。

外堀を埋めるべく之江と仲良くしたい高尾だが之江は余計に誤解を深める。
弁当を届ける事を逃げ道に使うが逆効果。

兄と同席するのは恥ずかしいという口実で逃げようとする之江。
代わりに弁当を届けようとする高尾だが、之江は酷い想像をして泣いてしまう。
そこに駆けつけた芦花と弁当箱の奪い合いになるが、おぱーいの反動で27mほど飛んでぐしゃり。
あの親子には笑ってしまうな。

高尾はお詫びに菓子パンを渡すが、菓子パンだけでは満足しないだろうと芦花は妹から貰った弁当を差し出す。
妹いたのか。

風間が受け取った芦花の弁当には妹から姉への愛が。
風間は家ではお姉ちゃん。終わクロの新庄君は学校では弟、家では姉だったな。

田中壱樹(アミューズメントメディア総合学院)
一体何者なんだ……?


不良に可愛い妹がいるのは割と定番だが、不意にフルメタで宗介に脅迫された奴を思い出した。

テーマ : ディーふらぐ!
ジャンル : アニメ・コミック

ディーふらぐ! #10「タマ先輩、お久しぶり」 感想

あらすじ
カードゲームに負け、飲み物を買いに行かされた堅次は突然何者かに連れ去られてしまう。堅次を連れ去ったのは三年生で元生徒会長の境多摩。ゲーム製作部(仮)の面々を呼び出すために堅次を人質にしたのだ。千歳達と元生徒会の間には何やら因縁があるようで…。そして中の携帯に届いたメールを見て三年生の教室に向かっていた千歳達の前に立ちふさがったのは、天王洲とロボットのアイル(の中に入っている元生徒会書記の神泉)だった!!

脚本:恵莉ひなこ コンテ:矢野博之 演出:松本マサユキ 作画監督:徳田夢之介



ゲーム製作部(仮)でポーカー対決。
変な役が多いな。ってか山札多すぎ。

高尾はもう完全にゲーム製作部(仮)の部員だな。

これいつの紅茶

パシられる最中、いきなり一本背負いされる風間。普通に投げないよな。
風間が攫われたと聞いて(え、また?)という反応を示す(仮)の面々。流石ピンチ姫。

犯人は元生徒会。
境多摩(CV植田佳奈)
神泉(CV仙台エリ)
松原東(CV三瓶由布子)
長沼(CV石田彰)

(仮)とはすれ違いと間の悪さが重なってるらしいが……

ゲロ子と(仮)の戦い。
炎、土、水のカタストロフィーアタック。
似た技を何かのゲームで見た記憶があるんだけど何だったか。

子王がロボを操縦したくなる気持ちは分かる

アイルがフルボッコにされて天王洲君覚醒。
最終奥義アイル回転アタックをしかけるが、皆は普通にすり抜ける。
貧乳回避が出来ない高尾だが、落ちたストラップを守ろうとして殺意の波動(違)に目覚める。
「どいて……」
あれは中国拳法の秘技、消力!

実はお年玉落としたタマちゃんだった多摩。
年下にちゃん付けで呼ばれるのは萌ゆる。

(仮)と対峙するが、目を見開いてるのが怖い。
今回の騒動の引き金は先に食堂に並ばれた事。小さい……

千歳と芦花のコンビネーションで多摩に袋を被せようとするが、ツインテガード。
小学校の時からゲロ子だった神泉の為、歌舞伎を封印するべくツインテールにしたらしい。

多摩、千歳の独裁政治に疑問を呈すかと思ったら印象が薄れるのが嫌なのか。

ライバルがいると張りが出ていい(意味深)

風間は部の存続を担保に勝負を挑む。
黒ニーソでグリグリされる足フェチ先輩が羨ましい。

勝負内容、自分も泥んこレスリングが良かった。
麻雀、では勝てんな。

Cパート。
ロッカーの中の子王と長沼が羨ましそうな中で駄目だった。

エンドカード、アルペジオのタカオじゃねーか!?


テーマ : ディーふらぐ!
ジャンル : アニメ・コミック

ディーふらぐ! #11「秘技ってなに?」 感想

懐かしのキャラ再登場

あらすじ
部活動の存続をかけて、多摩率いる「元生徒会」とゲーム勝負をすることになった堅次たち。ゲームの内容は高尾考案の、携帯を奪い合い画面に書かれたクイズを答える「携ドロ」に決定!開始を前に校舎全体に散らばろうとするゲーム製作部(仮)のメンバーだったが、多摩に抱き付かれていた芦花はダメージを負っていた。芦花を回復させるため、保健室に連れて行こうとした堅次たちの前に現れたのは、なんと…!?

脚本:日暮茶坊 コンテ:石川俊介 演出:菅原静貴 
作画監督:しんぼたくろう、たむらかずひこ、本多孝敏、松岡秀明


フィフティー・フィフティー藤崎が審判で携ドロ開始。
かけるのはゲーム製作部(仮)の廃部と一万円。
この一万は爺ちゃんのお年玉。
「金は所詮金よ」
爺ちゃん……

三年が負けた時の顔が何よりの報酬。
まあ、部活じゃないとやれないような活動でもないし。作ってるのもテーブルゲームだし。

高尾は鬼ごっこ的なつもりで提案したらしいけど、ルール的にバトルになるのは仕方ない。

ずっと抱き締められてた芦花はダウン。何されたんだろう?死の抱擁?
多摩が「ん~?」って言ってたから実は偶然の可能性も?

千歳「ここは俺に任せて先に行け!」

こらこらコアラ

芦花のエスコート方法。
①おんぶ 回復10%UP↑
②飛行機 回復30%DW↓
③お姫様だっこ 回復50%UP↑
殺る気ある目だな。
ピースサイン、位置的に高尾に向けてたか?
で、乙女モード全開でトリップする高尾。

芦花と桜が船堀からマフィン強奪。
俺も食いたい。

多摩の口利きで再びゲーセンに行けるようになった魔の十四楽団多摩側に付く。
ゲームに参加してないから妨害自由。
と、そこに子王や風間一派、袋争奪戦の面々が救援に駆けつける。
乱闘のギチギチが良い子王は本当に気持ち悪いよ。

3年生の紹介。
松原先輩はカミーユ。
長沼先輩が薄目か目を閉じてるのは寝不足で目が疲れてるから。
ゲロ子先輩のゲロは強酸で何でも溶かす。

千歳と多摩の激闘。
千歳「近くにいたお前が悪い」
ガードベントされてる中。
クレイジーダイヤモンドは砕けない。

五人目だけど物として扱ってるのであり。
「よし!」
お前が喜ぶのか。

「俺は二次元キャラと女性声優さんとか、声優さんぽい声の人以外には、容赦しない!そして!君と君の声とか、なんか声優さんっぽくて可愛いからピンチだね、俺が!ああ~なんかあの人とかあの人っぽいわ、君達」
声豚め。割とまともっぽいと思ってた長沼先輩だけど駄目人間だった。
石田彰は同業との付き合い悪いけど。

お姫様だっこから下ろされたくない芦花が可愛い。

「長沼お兄ちゃんは、そんな卑怯な事、しないよね!」
「声優さん声への愛の為に、俺はお前を……倒す!」
長沼先輩開眼。
聖闘士星矢 THE LOST CANVAS 冥王神話では乙女座のアスミタだったな。
あ、そういえばノラガミの夜トと蠃蚌ってアルバフィカ様とミーノスか。

風間の秘技は垂直飛び。
絵面は地味だけど凄いな。
高尾以外の本当のゲーム製作部も再登場。

長沼先輩瞬殺。
クイズの答え、東京23区外防衛魔法少女府中ちゃんもあっさり答えられる。

多摩にフルボッコにされてる千歳。
咲さんと淡じゃ後者が不利か。
そこに風間からの電話。
バスケ部に勧誘される風間はダムダム音がうるさいな。

「持ち堪えるのはいいが、別にアレを倒してしまっても構わんのだろう?」

ポニーテールの千歳は可愛いな。
これからもたまにはしてほしい、と思ったがもうすぐ最終回か……
2期やってほしい。

テーマ : ディーふらぐ!
ジャンル : アニメ・コミック

ディーふらぐ! #12「このままだと友達永遠にゼロ人だよぉ」 感想

あらすじ
勝負の前に睨み合う千歳と多摩。物語は二人の幼少期に遡る!千歳(4歳)が、姉に見守られながら一人で砂山を作っていると、突然飛び込んで来た多摩(5歳)によって潰されてしまう。そこに芦花(4歳)も現れて……? そう、砂場時代から、永きに渡る因縁の戦いは始まっていたのだった!そして現在、なぜかポニテとツインテの髪型論争をも巻き起こし、ゲーム製作部(仮)と元生徒会の最終決戦の幕が切って落とされる!!!

脚本:上江洲誠 コンテ:菅原静貴 演出:菅原静貴 
作画監督:徳田夢之介、松本健太郎、本多孝敏、たむらかずひこ、保戸木知恵



職員室では先生達による賭け。

ゲーム製作部(仮)
大沢南:食いかけのドラ焼き
ショーン・コネコネ:クリスタルスカル

元生徒会
寅田歩留太:東京ナナナ
西永福子:カップケーキ

お婆ちゃんから貰った家宝に纏わる別の物語が始まってるな。
寅田歩留太ってジョン・トラボルタが元ネタかな。

袋の方を強奪するロリ多摩ちゃんは大物。

運命の3人、その出会いであった
このOPの入り方が格好良いな。

穴掘って顔を突っ込むロリ芦花は何がしたいんだろう。

最強の砂の城が作りたいロリ千歳。
鋼で出来た砂の城とか?
とりあえず尼子経久ちゃんを呼ぼう。

「掴みたいものがあるなら、時には自分の手を汚す覚悟も必要なのです」
千歳がああなったのは芦花の影響か……
と思ったら全部創作かよ……と思わせて実話か。

キョン「ポニテ、良いよな」

「ツインテはガキっぽくて似合ってない」
ふ…ふざけるなよ…!戦争だろうが…それを口にしたら…戦争だろうがっ…!

アイキャッチの高尾の髪型が良いね。

十両力士もびっくりの張り手連打を食らって吹っ飛ばされるシールド二号風間。
そんな風間に自分を盾にしろと迫る中。
「使えよぉぉ!使ってくれよぉぉぉ!」
面倒臭いな。

紐で引っかけて胸の前に入れてる多摩ちゃん。
純情男子用最強防御だな。

咲さん「つまり、凡人なんでしょ?じゃあやっぱり、不足だよ、君」

掌底打ちで吹っ飛ばされる風間を支える高尾。
「たまたまここにいただけ」
「ゲーム製作部(仮)が廃部になってもうちのゲーム製作部には入れてあげないからね。だから負けるんじゃないわよ」
デレデレすぎる。

千歳、多摩ちゃんの顔に泥団子をぶつけて風間が懐に入り込む。泥団子の大きさを誇るゲス共め。
「多摩ちゃん先輩は、髪下ろした方が、大人っぽくて綺麗っす」
風間が隙を作って芦花が袋を被せる。
姑息な手を……(サルガッソの灯台を墓地へ送りながら)

多摩ちゃんは本気で千歳と喧嘩した訳じゃなくてただ遊びたかっただけ?

ゲロ子先輩の事をすっかり忘れてた。

部室に入り浸るようになった多摩ちゃん。惚れたな……

髪を下ろした高尾の人妻オーラが凄い。

携ドロ参加者は自宅謹慎。
今回はそう周囲に迷惑をかけてないように思うが、職員会議が決めたなら仕方ないのかな。

EDはどうるかと思ったらアイキャッチ集か。
そして先生が起きたな。

対決に3話も使う必要あったかなと思うが全体で見れば面白かった。
原作のストックはまだあるみたいだし2期やんないかな。

テーマ : ディーふらぐ!
ジャンル : アニメ・コミック

プロフィール
リンクフリーなのでお気軽にどうぞ。

Author:とうゆき

 
最新記事
カテゴリ
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる