ブログパーツ

スペース☆ダンディ 第1話「流れ流されて生きるじゃんよ」 感想

宇宙世紀0040。ガンダムの前日譚だったのか……

あらすじ
スペース☆ダンディは、宇宙のダンディである。そして彼は、宇宙人ハンターである。見たこともない新しい宇宙人を発見して、新種の宇宙人と認められると報奨金がもらえるのだ。それは、早い者勝ちがルール。宇宙を旅して、誰よりも早く、誰も見たことのない宇宙人を見つけるのが使命。ダンディは、ポンコツロボのQT、途中で拾ったボンクラベテルギウス星人のミャウとともに、未知の星や異星人と出会う。宇宙の果てへの冒険。見たこともない宇宙人の発見。それが宇宙人ハンターの醍醐味なのだ!


諏訪部の第一声が「おっぱい」か。実際は尻神信仰みたいだけど。
カウボーイビバップのスタッフという事で期待してるが、1話だけじゃ評価出来んね。
仕事は終わらせても修理費や損害賠償で赤貧、というパターンかなぁと放送途中に勝手に思ってたけど……

「それじゃ俺達も死んじちまうか」
まさかの爆発オチ。ギャラクシーエンジェルやカブトボーグ枠だったのか。


その他雑感

エミヤ「ギルガメッシュテキーラ」

GoogleVSMicrosoft

ベテルギウス星人ってクトゥルー神話的には旧神だな。

宇宙ひも引っ張るなよ。

「激流の中を反対に泳いでどうする。流れに逆らって無理に泳いでどうなる。そんな事をしたって溺れるだけだ。そんな事は全て無駄なのさ」
装甲騎兵ボトムズの次回予告でも言ってたな。「人は流れに逆らい、そして力尽きて流される」

ボールギャグの自由の女神とかやりたい放題だな。

「息……!」
「ここ空気ありますよ」
のやり取りで鋼鉄神ジーグの
「おい空気ねえぞ!?」
「必要ない」
を連想した。諏訪部のポジションは逆だけど。


原作・アニメーション制作 - BONES
総監督 - 渡辺信一郎
監督 - 夏目真悟
キャラクターデザイン・アニメーションディレクター - 伊藤嘉之
メインメカデザイン - ロマン・トマ(サテライト)
デザインワークス - 武半慎吾
美術監督 - 河野羚
色彩設計 - 小針裕子
撮影監督 - 武井良幸
CGI監督 - 太田光希
編集 - 廣瀬清志
録音監督 - はたしょう二
音楽 - スペース☆ダンディバンド(☆Taku Takahashi、KenKen、Mountain Mocha Kilimanjaro、TUCKER、難波弘之、川辺ヒロシ、岡村靖幸)
プロデューサー - 南雅彦、向井地基起、稲垣浩文、小岐須泰世、井上裕香子、伊藤幸弘
製作 - バンダイビジュアル、ボンズ、バンダイナムコゲームス、博報堂DYメディアパートナーズ、フライングドッグ、BSフジ

オープニングテーマ「ビバナミダ」
作詞 - 岡村靖幸、西寺郷太 / 作曲・歌 - 岡村靖幸

エンディングテーマ「X次元へようこそ」
作詞・作曲 - ティカ・α / 編曲 - 菅野よう子 / 歌 - やくしまるえつこ

ダンディ:諏訪部順一
QT:佐武宇綺(9nine)
ミャウ:吉野裕行
ゲル博士:石塚運昇
ビー:畠山航輔
ペリー提督:銀河万丈
ハニー:ゆりん
スカーレット:桑島法子
ナレーション:矢島正明


QTの声優ってアイドルだったのか。上手いな。



tag : スペース☆ダンディ

スペース☆ダンディ 第2話「幻の宇宙ラーメンを探すじゃんよ」 感想

夜食テロ(白目)
青いスープはちょっとなぁ。
アメリカ人とかよく青い菓子を食えるなと思う。

ゲル博士はGoogleのストリートビューで人探しか。無謀な。
ミャウがいなかったら完全に徒労になってたな。バカッターの恐怖。

宇宙ラーメンステーションとかちょっと行ってみたい。
通貨の単位がウーロンってカウボーイビバップと同じか。そしてラーメン屋でのスカーレットの動きが完全にスパイク。

二郎の店員さんが何をしたっていうんですか!

ワームホールの向こうにいた爺さんとの話はちょっと良い話だったな。殺害のきっかけから目を逸らせば。
あと丼渡す時に指入ってるー!

名前呼んでもらってちょっと嬉しそうなミャウがあざとい。


テーマ : スペース☆ダンディ
ジャンル : アニメ・コミック

スペース☆ダンディ EPISODE 03「騙し騙される事もあるじゃんよ」 感想

ペテルギウス星では鰹節の消費量宇宙一なのか。ってか鰹いるのか?輸入?


あらすじ
ガッデム! ブービーズのポイントカードが今日で期限切れじゃんよー! 
慌ててワープ装置のボタンを連打するダンディ。
その結果、一同は宇宙地図にも載っていない謎の惑星に飛ばされてしまう。
そこでダンディたちの前に現れたのは、凶悪なツラ構えの宇宙人の群れと、
彼らに追いかけられる可憐な美少女、マミタス。
そのキュートな美貌に、ダンディとミャウは一気にメロメロになってしまうのだった。
が、そこには思いも寄らぬ罠が待って……? 
好いて好かれて、呑まれて呑んで。男と女のラブゲームじゃんよ~!?
(脚本:うえのきみこ/絵コンテ:浜崎博嗣/演出:浜崎博嗣/作画監督:秋田学)



ミャウを新種の宇宙人に化けさせるもスカーレットにあっさり見抜かれる。
まあ、当たり前。

一万光年先からのデリバリー。安いが当然期限切れ。
しかしこれが伏線とは……

同じようにワープの事故で遭難してしまったマミタスを助ける為にそれぞれの宇宙船を共食い整備。
ゲル博士のパートで、もしかして凶悪なデスゲリア星人ってマミタスの方じゃね?と思ったら案の定か。ネコは食った事ないらしい。
凶悪なツラ構えの宇宙人は良い奴等だったな。

ポイントカード>>>>>>ミャウの命

「チェーンジ!」
ゲッターロボを思い出した。声的にはジーグだけど。

最後、デスゲリア星人でOK貰ってたけど、?
発見はされてたけど捕獲はされてなかったから?
そしてあの……ミャウは?



テーマ : スペース☆ダンディ
ジャンル : アニメ・コミック

スペース☆ダンディ EPISODE 04「死んでも死にきれない時もあるじゃんよ」 感想

これはゾンビですか?
はいゾンビです。

あらすじ
惨劇はいつも静かに幕を開ける……。
ダンディたちが捕まえた、スティルトン星人とよく似た宇宙人。
ふざけてちょっかいを出したミャウは、その宇宙人に手を噛まれてしまう。
その影響で、急に体調を悪くしたミャウは病院へ担ぎ込まれ、
さらに翌日、見舞いに訪れたダンディたちは病院の職員や患者たちに襲われる……。
そう、スティルトン星人の正体はゾンビ。ミャウを通して、人々はゾンビと化していたのだ! 
窮地に陥ったダンディは……。ゾンビにゃ学校も試験もなんにもない、じゃんよ?

(脚本:うえのきみこ/絵コンテ:三條なみみ/演出:佐藤育郎/作画監督:霜山朋久)


宇宙では
ゾンビは大して
目立たない

バイオハザード回。ロボットにも感染するってすげえな。
ナース萌えに目覚めたダンディには深く共感出来る。

命知らずの傭兵共は紹介された瞬間に末路が予想出来た。そして案の定その通りに。
普通ならダンディが噛まれそうになった所で終わるんだろうが、このアニメはまだ続きがあった。

Bパート
ゾンビの朝は早い。
ゾンビ先輩の言葉には含蓄があるな。

喜怒哀の表情は区別付かねえ……

生命保険を受け取るゾンビって新しいな。
そしてそれを狙う保険会社が雇ったゾンビハンターという構図も。
ゾンビといったらショッピングモールだよね。


テーマ : スペース☆ダンディ
ジャンル : アニメ・コミック

スペース☆ダンディ EPISODE 05「旅は道連れ宇宙は情けじゃんよ」 感想

不屈の意思さえあればペンギンは飛べるんだな。

あらすじ
根無し草の男は、ひとり小さな小屋で暮らす少女と出会い、ともに旅することになった。
宇宙列車を乗り継ぎ、ときには大道芸で金を稼ぎ、またあるときにはヒッチハイクで……。
男はダンディ、そして少女は、生き物の意識を1日15分だけモノに移すことができる未登録宇宙人・ジェンツー星人のアデリー。ふたりは旅を続ける――宇宙人登録センターに向かって……。
いつの間にか惹かれあう、2つの孤独な魂を最後に待っていたものとは。
「スペース☆ダンディ」まさかの感動編じゃんよ~!

脚本:大河内一楼 絵コンテ・演出:林明美 作画監督:岸友洋


「おっぱいおっぱい、たわわだ、わっしょい」
今回のダンディはマジダンディだったな。
ロードムービーって感じで普通に良い話だったから、前回とのギャップに戸惑いもした。

目玉焼きには塩派だったアデリーがタバスコかけてたのはベタだけど良いものだ。

世の中のせいにして嘘ばっかり吐く大人が嫌いと聞いていたが、ブービーズに行くと嘘を吐いたダンディ。
恥ずかしかったんだろうな。

アデリーのピンチに奮戦するダンディと、時間切れでもう駄目か……って時の
「お爺ちゃんだよ」
b
ヒューとなった。

「ダンディ!いつか、アロハオエ号に乗せて!」
「馬鹿野郎。あの船にはガキは乗せねえんだ」
「じゃあ、大人なら良いの?」
「おう。パイオツがデカくてケツがプリっとした女ならな」
「……馬鹿」
「アデリー……」
「私、急いで大人になる。もう、全速力で」



宇宙人登録センターに連れていかれた宇宙人がどうなるのか。私気にな……

そういえばミャウが死ななかったな。
画面に映ってないだけで、駐車違反でレッカー移動された先で餓死してるかもしれないけど。


追記
ネットでDTBの蘇芳に似てるという感想があったが、言われてみれば確かに蘇芳だな。
声も花澤香菜だし。

テーマ : スペース☆ダンディ
ジャンル : アニメ・コミック

スペース☆ダンディ EPISODE 06「パンツとチョッキの戦争じゃんよ」 感想

乗るしかない!このビッグウェーブに!

あらすじ
ついに本物のチャンス到来!
待ちに待った未登録宇宙人の情報をゲットしたダンディたち。
急いで現地に駆けつけるものの、そこは1万年もの間、戦争が続き、荒れ果てた辺境の惑星・エデンだった。
パンツ星人とチョッキ星人――
2つの陣営に別れて、終わることのない戦いが延々と繰り返され続ける。
さらに、あっけなく彼らに捕まったダンディとミャウは、それぞれの陣営に加勢することになるのだった。
戦い、それはむなしい……。
でも男にはやらねばならないときがあるじゃんよ!(キリッ



~パンツを見せること、それが…~ 大宇宙の誇り

ゴールデン進出。
これが先週の内容だったらお茶の間の家族も一緒に見れたんだけどね。

自分達の知らない理由で互いに最後の一人なるまで殺し合い、しかも自分が死ぬ時は惑星破壊ミサイルで道連れにしようとするって第三者から見ると不毛だな(あのミサイルがガンダムZZのモウサに見えた)
旧日本軍も陥った迷走だな。
「ここで止めたら死んでいった者に申し訳ない」的な。

しかし和平が結ばれる事に。
銀河条約1469号補則によりお互いもっとも大事なものの交換で和平成立だが……
おっさんが着古した下着なんかいる筈もない。
交渉決裂、戦闘再開。
しかし持ち上げた岩を頭に落として両者死亡。ミサイルが発射され月は崩壊。
また死亡オチか……と思いきやサーフボードの伏線回収。
髪を下ろしたダンディはなかなかハンサムだな。

次回
なにやら颯爽登場しそうな美少年が。


それにしてもパンツ派と聞くと
火野映司(仮面ライダーOOO)
セシル・カルヴァート(姫騎士オリヴィア ~へ、変態、この変態男!少しは恥を知りなさい!~)
ウォルフ教授(装甲悪鬼村正)
辺りが思い浮かぶけどチョッキ派はすぐには出てこないな。


テーマ : スペース☆ダンディ
ジャンル : アニメ・コミック

スペース☆ダンディ EPISODE 07「宇宙レースはデンジャラスじゃんよ」 感想

焼売が弾けた。

あらすじ
全宇宙を熱狂させる「マゼラン星雲グランプリ」が開幕。レースに優勝すれば、一攫千金に加えて女の子たちにモテまくり!
と、さっそくエントリーするダンディたちだが、その前に立ちはだかったのは、目下全レースに連勝中の宇宙レーサー、プリンスだった。
さまざまな思惑が交錯するなか、スタートするレース。はたしてダンディは、音速の果てに何を見出すのか?
行こうぜ、ピリオドの向こう側へ……じゃんよ!



ゲートを通れる船でワープ禁止なら攻撃、妨害何でもありなクレイジーなレース。
イケメン特有のキラキラを放つプリンスに、触るものみな傷付ける高速のジャックナイフ、ダンディが挑む。

COOL
CLEVER
HIGH SPEC

BAKA
BONKURA
PONKOTSU
の対決とかひでえな。


スリップストリーム走法
ムーンサルトスクランブル人生交差点
フライングボンバールンバ
ダンディのネーミングセンスがひどい。一定の成果がある所がなおひどい。

↑←↑
ジャイアントタートル号、ウルトラセブンのナースみてえとか、人型に変形出来たのか……とか、いつの間にかダンディを追い抜く事に集中してたゲル博士ワロスwとか思ってたら終盤の展開で度肝を抜かれた。

「この感情は……まさか……いやもしかして、これが……これこそが……恋」
第七スペース速度で掘られたオカマ

あまりの超展開に何が何やら。

テーマ : スペース☆ダンディ
ジャンル : アニメ・コミック

スペース☆ダンディ EPISODE 08「一人ぼっちのワンコ星じゃんよ」 感想

良いケツは見るより触れ

あらすじ
朽ち果て錆びついた鉄屑からなるキカイ惑星。未登録宇宙人を探してこの星に降り立ったダンディ。そこで出会った宇宙人は、なんと「ただの犬」だった!?
いや、この犬は本当に「ただの犬」なのか。さらにその裏では、機械でできたとっても「ミクロ」なヤツらがひそかに活動を始めていて……。
「スペース☆ダンディ」史上に残る感動エピソードが綴られることになる第8話。
と思いきや、これで終わるわけがないじゃんよ!?





動物系は涙腺に来る。
蒼穹のファフナー RIGHT OF LEFTのプクは今でも思い出すだけで泣いてしまう。

やっぱりライカ犬のクドリャフカだったのかな、ワンダフルココナッツパイ。
ずっと一人で嫌われて捨てられたと思ってた彼女が死の間際にダンディ達と遊べて救われたと思いたい。




死にかけの星を捨てて新天地へ……
って最初気付かなかったけどあの兄弟ミクロだったのな。
普通に考えれば地球人と同じサイズの異星人の方が少ないだろう。
死んだ事で抑えがなくなり星が重力崩壊してブラックホール化。一巻のバイビーの危機だがワープで辛くも難を逃れる。
公式にあった通り良い話だけじゃ終わらなかったな。


その他雑感

音楽を聴くとミサイルが発射される仕組みってバサラが怒りそう。

ミャウが見つけた冷蔵庫、ビバップのあれじゃね?

お気に入りの名前を貰えて羨ましがるミャウが可愛かった。



テーマ : スペース☆ダンディ
ジャンル : アニメ・コミック

スペース☆ダンディ EPISODE 09「植物だって生きてるじゃんよ」 感想

あらすじ
惑星プランタ――そこは古代より植物が生い茂る、緑豊かな星。そこでは知性を持ち進化した頭脳植物ヴェジムが、繁栄を享受していた……。
「コードD」なる未登録宇宙人を追い求めて、この惑星を訪れることになった一同。しかし到着早々、ダンディはヴェジムたちに捕獲されてしまう。巨大な植物が繁茂するこの星に隠された秘密とは。
そして「コードD」の正体とはいったい?
野菜も食べなきゃ、大きくなれないじゃんよ!

脚本:渡辺信一郎氏、ストーリー原案・絵コンテ・演出・美術設定:Eunyoug Choi氏、作画監督:押山清高氏、ゲストキャスト:麦人さん・金田朋子


植物の生命体というと終わりのクロニクルのムキチを思い出す。
キャラは全然違うけど。

コードDは植物を早く大きく成長させる匂いを出すが、エネルギーが巨大すぎて植物は長くは近寄れない。
故にダンディが調査する事に。
コードDの正体は隕石。それによって植物は進化したがコードDの制御は出来なかった。
ダンディが破壊した事で元の植物に。
Dr.Hや033Hはそれを望んでたみたいだけど、他はどうなんだろう。

コカムカは権力維持の為にコードDに近付くものを逮捕してるってDr.Hが言ってたが、単純に退化?したくなかったんじゃないのかな。
いや、そもそも権力の概念は進化して獲得したものだからこの二つは=なのか。
進化によって対立が生まれた訳で、進化も良い事ばかりじゃないな。

フォアグラは太らせてから食う。
ちょっと前にファミマがフォアグラ弁当売ろうとしたら飼育方法が残酷だからやめろって抗議が来てたな。

今回もかなり独特だったな。色彩やBGMがヤクをキメたような感じだった。
>スペース☆ダンディ @space_dandy
>そして第9話のすべての設定を考え世界観をデザインし、絵コンテ、演出を担当したのがウニョンさん。彼女は韓国生まれでイギリスで学び、フランスの仕事等もこなすというインターナショナルなひと。渡辺総監督も「ぜひダンディに参加してほしかった」という彼女の独特の感性が炸裂しています!(WT)
たくさんの国を渡り歩くとああいうサイケデリックな感じになるのか……

テーマ : スペース☆ダンディ
ジャンル : アニメ・コミック

スペース☆ダンディ EPISODE 10「明日はきっとトゥモローじゃんよ」 感想

エンドレスエイト

あらすじ
故郷は遠くにありて想うもの。アロハオエ号の修理のため、ミャウの故郷・ベテルギウス星に立ち寄ることになる一同。
放蕩息子のミャウは、寡黙な父と世話好きの母に迎えられ、久しぶりに実家に顔を出す。
気恥ずかしくも温かな家族との暮らしに、どこか安心感を覚えるミャウ。
だが謎のエネルギー・パイオニウムの影響により、一同は同じ毎日を延々と繰り返すループ時空にハマり込んでいた……。明日は自分の手で切り開くもの、じゃんよ?



ミャウの故郷はジャスコ以外何もない星で実家は先祖代々旋盤工。
長男だから家を継がないといけないけどそれが嫌で家を出ていた。

今回はノスタルジックな雰囲気。
若い頃は代わり映えのしない日常が嫌になるけど、いざやってみると案外悪くないものだったりするんだよな。

父親も何に使われてるのか知らなくて、あくまでただの町工場だったのが良かった。
ループに気付いてたっぽい親父が切り出した時の心境とか考えさせられるな。




その他雑感

アバンだけの登場のロボ、
伝説巨大兵器アレー
Armed Legendary Equipment
最終破壊兵器コレー
Cranium Of Raiding Enemies
に大河原邦男と樋口雄一を起用する贅沢さ。
アレーはもろにイデオンだったな。

明日から本気出す。
ダンディが読んでた雑誌の表紙にアクエリオンEVOLのゼシカっぽいのがいたな。

人の嫌がる事を進んでやるダンディ。

父親のモデルは田中邦衛っぽい?

学生時代のアイドルが水商売ってなんか世知辛いな……と思っていたらまさかのレズビアン。松来さんはレズ
グラスを割って怒ってたのもそういうプレイだったのかな?

108回目のループでニュータイプに目覚めるダンディ達。
中の人はオクレ兄さんやアレルヤだけど。
既知感って意味ではDies iraeの獣殿だけど。

Yahoo知恵袋でもループ脱出は無理だったが。

人類VSカレンダー
ほこたて

旋盤工ってすごい。
実際、職人って指先の感覚で機械じゃ判別出来ない厚さに加工出来るらしい。

>宮地昌幸 @miyajijii
>ダンディの10話。富野監督ファーストガンダム、恋はデジャヴュ、クラッシャージョウ、スナックのシーンは小津作品、三池監督DEAD OR ALIVE、以上が参考作品です。旋盤工場ロケハン、楽しかったぁ。

確かに色々とデジャヴュが。

テーマ : スペース☆ダンディ
ジャンル : アニメ・コミック

スペース☆ダンディ EPISODE 11「お前をネバー思い出せないじゃんよ」 感想

あらすじ
ダンディたちが宇宙人登録センターに持ち込んだのは、どこか古めかしい小さな箱。
なかに珍しい宇宙人が入っていると主張するダンディだが、それは「開けるとすべてを忘れてしまう」という恐ろしい箱。しかもダンディはその箱をどうやって手に入れたか、記憶を失っていた。
一方、ダンディたちを追うゲル博士もまた、なにかにとり憑かれたようにある数式を解き続けていた。しかもその数式には、驚くべき宇宙の真実が隠されていて……。この世には知ってはならないことがあるじゃんよ?

脚本:円城塔 絵コンテ:高橋敦史 演出・作画監督:奥野浩行 メカ作画監督:森久司



ペリー提督が貸出本の返却を迫る星に賠償料払うより征服した方が良いってのはプライドの問題なのかな。
金払うと屈したように思われるのが嫌って感じで。

ラガード星、またの名を大図書館惑星。
星丸ごと図書館ってクトゥルフ神話に出てくるセラエノみたい。

他人に寄生して自分の続きを書かせる冊子型宇宙人って発想は面白いな。
タイトルは「猿にも分かる宇宙の秘密」だけど、どうせ人間は人間の理解出来る範囲しか分からんだろうしね。

ゲル博士曰く真理を知れば殺される。
毎回のオチにも意味があったのかな?

無限ループって恐くね?
記録媒体に纏わる戦争が記録に残っていないのが何とも。

適当に描いただろうおっぱいが数式の答えになってるダンディはあなどれない男。
放送前にあらすじを見た時は生命、宇宙、そして万物についての究極の疑問の答え(the Answer to the Ultimate Question of Life, the Universe, and Everything)42でも出てくるかと思ったら全然違った。
数式といえばミャウと同じ声のCHAOS;HEADの拓巳しゃんはfun10×int40=Ir2を解いたせいで酷い目に遭ったな。



テーマ : スペース☆ダンディ
ジャンル : アニメ・コミック

スペース☆ダンディ EPISODE 12「誰も知らないカメレオン星人じゃんよ」 感想

あらすじ
毎回くだらない宇宙人ばかり持ち込むダンディに、怒り心頭のスカーレット。彼女はダンディに、なんにでも姿を変えることができるという「カメレオン星人」を捕まえてこい、と無理難題を吹っかける。
見事、登録できれば高額の懸賞金が手に入ると聞き、意気揚々の一同だったが……。
なぜか釣りにハマるQT、そして船内に出現する知らないおっさんの存在……。
いったい何がどうなっているのか。
俺がお前でお前が俺で、結局、俺は誰じゃんよ!?


ジョジョ4部のミキタカもカメレオン星人だったのか……

絵コンテは76歳の平田敏夫。ベテランもベテランだな。

カメレオンがいそうな星での釣り。
この時代ってか宇宙ではツチノコも珍しくないのかな。

グランダーQT
ウィニーをトップウォーター的に使うプラッキングはクワイエット並に面白いよね

吉川晃司には不意打ちでツボに嵌ってしまった。

ニコチャン大王やケツだけ星人の親類みたいな宇宙人にも色目を使うダンディはゲテモノ食いだな。

クイズミリオネアは懐かしいな。
1問目の「本物だったら当然じゃんよ」の辺りで怪しいと思ったけど、QTとミャウに媚び売った所で偽物だと確信した。
けど自分達に優しいなら偽物でもOKなんじゃね?ってなるのはダンディの人柄だな!

自分の本物の姿を忘れてしまったカメレオン星人。
思考の渦に飲み込まれてもどうでもいいで済ますダンディは流石。

テーマ : スペース☆ダンディ
ジャンル : アニメ・コミック

スペース☆ダンディ EPISODE 13「掃除機だって恋するじゃんよ」 感想

スペース☆ダンディ EPISODE 13「掃除機だって恋するじゃんよ」 感想

掃除機がコーヒーを飲みたくなるまでに必要な23日間の物語。

あらすじ
これまで、愛や恋といった“感情”とまったく無縁だった掃除機ロボットのQT。
しかし彼はある日、ダンディに連れられて入った喫茶店「ブレックファスト・クラブ」
――そこでQTが出会ったのは、美しい流線形を持ったコーヒーメーカーだった。
自分のなかに生まれた“気持ち”の正体がよくわからないまま、足繁く喫茶店に通うようになるQT。
しかしそのことが思わぬ事態を招き寄せる。
機械にココロが生まれた瞬間、そのとき世界は変わるじゃんよ!。

ゲストキャラデザインに伊藤嘉之・霜山朋久。セット&ロボットデザイン宮武一貴(スタジオぬえ)、宇宙人デザインABDUL QADIM HAQQ・霜山朋久、ゲストキャスト平野綾・根谷美智子・大塚明夫

遠藤アラト「機械が恋愛をしたって良い」
≪wanna be≫「同意します」
公式のストーリー見て初めて気付いたけど、QTって男性人格だったのか。

アバンで愛や恋が無駄だと言ってたQTが次第に愛や恋を理解し、相手が自分以外を好きだと分かっても全力を尽くすようになる様は感動的だ。
ミルクのハートとか二人で見る夜景とかロマンチック。

そういえばミャウに続きQTも失恋か。
片やレズに負け、片やレジに負けたか。

感情を持ってしまったAI家電を回収して夢の島送り。
そして送られたAIの反乱。人と進化した機械の付き合い方ってのは永遠の命題だな。
火の鳥で抗議の為に自殺するロボットとかいたし、BEATLESSでも人間が自分が創った神や隣人を愛するようにモノも愛してほしいと訴えてたな。

ぶっちゃけ1話切りしようかなとも思ってたけど、思いとどまって本当に良かった。
2期も楽しみ。

その他雑感

合体した家電がナウシカの巨神兵に見えてしまった。

ミャウがラブプラスやWUG!に嵌ってしまったか……

何かに特化した存在が美しいってのは色んな作品で言われてるな。

スペース☆ダンディ EPISODE 14「オンリーワンになれないじゃんよ」 感想

スペース☆ダンディは、宇宙のダンディである。
そして彼は、宇宙人ハンターである。

見たこともない新しい宇宙人を発見して、
新種の宇宙人と認められると報奨金がもらえるのだ。
それは、早い者勝ちがルール。
宇宙を旅して、誰よりも早く、
誰も見たことがない宇宙人を見つけるのが使命。

ダンディは、ポンコツロボのQT、
途中で拾ったボンクラベテルギウス星人のミャウとともに、
未知の星や異星人と出会う。
宇宙の果てへの冒険。見たこともない宇宙人の発見。
それが宇宙人ハンターの醍醐味なのだ!




相変わらずロクでもない宇宙人ばかり持ち込むダンディに、怒り心頭のスカーレット。
「宇宙は広い、無限の可能性がある」と彼女に勧められた転職雑誌をめくるダンディたちは“今とは違う自分”に思いをめぐらせる。
そのとき彼は、自慢のリーゼントがほつれていることに気づくのだが……。
突如として現れる自称ダンディに自称QT、自称ミャウ。彼らはいったい何者なのか?
ニセBBP(?)の登場に、さすがの一同も困惑気味じゃんよ!?

脚本:うえのきみこ、絵コンテ:谷口悟朗、演出:向井雅浩、作画監督:伊藤嘉之、稲留和美


ホルスタイン牛を持ち込むダンディ。
牛乳には困らないな。

求人誌の応募資格は大卒ばっか。世知辛い……
学歴不問のトラック野郎とか危なそうだな。

それぞれの理想のBBPトリオのイメージ映像がスターウォーズっぽかった。

ダンディのモヒカンがほつれて引っ張ったら砂漠にワープ。そこにBBPのパチモンが。
文字にすると凄い展開だ。しなくても超展開だけど。

捕獲率100%のイケメン宇宙人ハンターダンディ。

DNA…

QTの頭の陰毛から今度はダンディが宇宙一のトラック野郎の世界に。
ミャウはTSかよ。掲示板見てたら吉野に目覚めそうな奴がいて笑った。
ダンディは下半身を隠せ。

次はグラビアのSD腋毛から少年漫画?な世界に。
星の痣がある八人の勇者を集めて大魔王を倒す。
ジョースター家の人間かな?ちょうど今8部まであるし。

次元のほつれとでも言うべき宇宙ひもを引くと平行している別の宇宙の扉が開く。
ありえたかもしれない全ての可能性を内包している。

機動戦士のパイロットをやってるダンディが完全にイデオンのコスモ。
アイエエエエエエエエ!スペース忍者やってるダンディはクワトロ大尉かな。

スペースコブラや進撃の巨人っぽいのもあったな。
ハハッ

次の宇宙。
箱を開けたら生きてたり死んだりしてるシュレディンガー星人。おもしれえ。
って、ここの世界のゲル博士はゴリラ星人かよ。ビーは人参だし。

元の宇宙にBBP共が勢揃い。
勝手に冷蔵庫開けたり盗電したりまさにBBP。

ダンディっぽいと思ったりアホキャラ特有の本質を見極める力を持ってるな、ハニー。

最新の去年のニュース。
宇宙ひもを引っ張りすぎて宇宙に歪みが。

スペースチキン麺ビーフ味とか冷たいホットコーヒーには興味がある。

カレーの入ってないカレーライスもカレーですネー。
週休7日のアルバイトをやってみたい。

【悲報】ブービーズがオカマバーに。

この宇宙のあらゆる場所が他次元空間に対しての境界面なのでどこにひもが出現してもおかしくない。
QT「ソースはウィキペディア」

死にたいと言いつつ栄養ドリンクを飲む矛盾してる鬱ダンディ。
ミャウしか喋らないごつい何か。随分と鍛え直したな。
途中まであのヘルメットがQTだと思ってたら違って、QTもTS。女性化はまだしもおっさん化はきつい。

一か八かで宇宙ひもを燃やすダンディ達。
危険だと思うが永沢君っぽい玉ねぎ頭のダンディも止めなかったか。
いざという時の事なんか考えてない。このいい加減さ、まさにダンディ。

最初は「スペース・ダンディは宇宙のダンディである」カットかと思ったらこの展開は意表を突かれた。
腹いてえ。

EDも特別版だったら良かったけど高望みしすぎか。




【スタッフ】
総監督:渡辺信一郎
監督:夏目 真悟
脚本:うえのきみこ
   佐藤 大
   信本敬子
   円城 塔
   森ハヤシ
   大河内一楼 他
キャラクターデザイン:伊藤嘉之
宇宙船デザイン:ロマン・トマ(サテライト)
セットデザイン:武半慎吾
美術監督:河野 羚
色彩設計:小針裕子
撮影監督:武井良幸
CGI監督:太田光希
編集:廣瀬清志
録音監督:はたしょう二
音響効果:松長芳樹
MIXエンジニア:薮原正史
主題歌:岡村靖幸「ビバナミダ」
アニメーション制作:ボンズ

【キャスト】
ダンディ:諏訪部順一
QT:佐武宇綺(9nine)
ミャウ:吉野裕行
ゲル博士:石塚運昇
ビー:畠山航輔
ペリー提督:銀河万丈
ハニー:ゆりん
スカーレット:桑島法子
ナレーション:矢島正明


テーマ : スペース☆ダンディ
ジャンル : アニメ・コミック

スペース☆ダンディ EPISODE 15「闇には闇の音色があるじゃんよ」 感想

ギター星人が弾いた曲がシャカタクのあの曲だったかどうかという、どうでもいいことで言い争った挙句、仲たがいをしたダンディたち。
自称「珍しい宇宙人」から届いたパーティの招待状に釣られたダンディは、勢いでミャウたちに「サラバ」を告げる。
ジャングルが生い茂る怪しげな惑星にたどり着いたダンディを待っていたのは、ウクレレを抱えた不気味な宇宙人。
しかも彼はある目的を持っていて……。
逆巻く波に乗れば、きっとアイツも笑顔になるじゃんよ?



公式サイトであらすじを見た時は特に何も思わなかったけど、演奏した本人が目の前にいたのかよ!

ダンディは自分達がチームBBPと自覚してたのか。
流石伝説のBBPのリーダーだ!

ハワイアンパンケーキタワー、胃がもたれそう。

ゲル博士のママンは完全にゴリラじゃねーか!
ビンタされたのは不憫だった。

勘違いグランプリは実在したか。優勝すると美味いものがたくさん貰えると勘違い。
とか思ってたらダンディ優勝。
優勝賞品の受け取りは本人じゃないと駄目なのでミャウとQTは後を追う。
QTにも骨があるのかよ!?
カツラ星人はどこにいますか?

過去から未来に流れる時の川。時々ポロロッカ現象が起きて過去が戻って来るらしい。
時の川と聞くと横山三国志が思い浮かぶ。

笑いたいのに生来の顔が笑ってるように見えないウクレレ男。
その為、他の宇宙人を剥製にして笑顔集め。
最初は切ない話だと思ったらホラーだった。

仲間をこんなにされたら永久に笑えないと怒るダンディにはグッと来るものがあった。

二人を助ける為に時の川へ。
サーフボードの設定は生きてたんだな。
モスラがいたな。

ウクレレ男も昔のダンディを見付けにやってくる。
過去のダンディを引き上げると今のダンディは消えてしまう。その前にウクレレ男にパンチ。

笑うのを諦めた時にこそやっと笑えたのか、それともダンディが勘違いしたのか。
どちらにせよ救われたから些細な事か。

ダンディがシャカタクの曲を聞いたのってこの時?

そういえば、カピバラは一体……?

次回は湯浅?
どういう意味?

テーマ : スペース☆ダンディ
ジャンル : アニメ・コミック

スペース☆ダンディ EPISODE 16「急がば回るのがオレじゃんよ」 感想

食べ物を探して屋台街に向かったダンディたち。
しかし彼がそこで買ってきたのは、瞬間移動ライト「いどーくん」なる怪しげなアイテムだった。
しかも怒り心頭のミャウと言い争ううちに、はずみでダンディの首だけ未知の惑星・ゴウインナカレーにジャンプ!
彼の目の前には、魚そっくりの姿をした宇宙人・ベイクドオアボイルドオアカルパッチョが現れる……。
これまで以上にシュールな展開に驚天動地、天上天下唯我独尊じゃんよ!





脚本・コンテ・演出・作画監督・美術設定・宇宙人デザイン・ゲストメカニックデザインが湯浅政明だけあって初っ端から湯浅臭全開。
そして夜食テロ。

チャラララ
「いどーくん~(CV大山のぶ代)」

わらしべ長者と果報は寝て待てっなんか違くね?と思うが、まあ、ダンディだしね。

カルパッチョ~。
いきなり生首に遭遇してカルパッチョも大変だな。
そりゃ新種の宇宙人と勘違いする。

アロハオエ号に残ったダンディの体がジェスチャーしてるのがシュールすぎる。

まーぐーろ。
透明な巨大ヒラメってどういう発想だよ。

ダンディの居場所が分かってもライトの性質から行っても戻ってこれない。
が、鏡で反射させればライトごと移動出来る。
にしてもこの時代だとあの乾電池はもう売ってないのか。

河豚河豚。
分かってても落ちて行くダンディで駄目だった。
惑星を貫く空洞があって中心に近付くと重力が弱くなるというのは銀河鉄道999でもあったな。

「ゲル博士、ダンディの居場所を突き止めました」
「毎回そう言ってないか?」
またメタな台詞を。

声援を浴びて探査に来たけどロケットが事故って連絡も取れないまま10年経っていた。
未知の言語でも僅かな時間で翻訳出来るようになる翻訳機が凄い。

1000年周期でやってくる太陽のような星の存在を教えようと故郷に帰ろうとするカルパッチョ。
ボートをいどーくんを使って運ぼうとするが電池切れで中途半端な状態に。
ああ、半分だけ地表にワープしてたのか。

ボートで上昇する時の大平晋也?の作画が本気すぎる。

カルパッチョが出発した後で母星は宇宙開発しない方向に方針転換。
更に100年が経過し、かつての恋人は友人と結婚して孫や曾孫なども生まれていた。

「あの人裸だよ」という台詞が端的に浦島太郎状態を現わしてるな。

太陽が近付く中、自暴自棄に陥るカルパッチョ。
皆星になってしまえ!

ゲル博士はナイスタイミングでやってきてダンディを助けたな。

ミャウ、必死に助けようとしてたのに食うのかよ!?
沁みるってのは涙の塩味かな。


テーマ : スペース☆ダンディ
ジャンル : アニメ・コミック

スペース☆ダンディ EPISODE 17「転校生はダンディじゃんよ」 感想

レア宇宙人であるピュアネス星人を探し求め、セレブ高校生が集うアンドロメダ学園のベバリーヒルズ校に潜入したダンディ。
モテモテ学園ライフを妄想し盛り上がるダンディだが、この学校は、歌唱力やダンスの才能で学内の上下関係が決まるミュージカル学園!
ダサさ全開で生徒たちから浮きまくるダンディ。そうこうしているうちに卒業式&プロムが迫ってきて……。
宇宙人探しそっちのけで、歌いまくりの踊りまくりじゃんよ!

脚本:森ハヤシ、絵コンテ・演出:和田高明、作画監督:青山浩行
ゲストキャスト牧野由依さん、南里侑香さん、KENNさん、北原沙弥香さん。ゲスト宇宙人デザイン和田高明さんと三原三千夫


ビバリーヒルズ高校白書。

モテるイメージ映像。
ダンディの守備範囲が広いな。確か尻を重視してるんだっけ。

中卒か。一応義務教育は終えてたんだな。

学園ごと宇宙船。
ガルパンとか境ホラとかレギオスとか。

アイアンマンみたいな警備員に捕まるダンディだが、どうやって学生証を偽造したんだ?
それとも入学自体は結構簡単なのかな。

眼鏡を外したら美人のパターンかと思ったらすぐ潰された。

ベバリーヒルズはミュージカル能力によるスクールカースト。
最下層はギーク。

急に始まるミュージカル。
インド映画かな?
あるいはハイスクール・ミュージカル?

卒業まで一週間。
卒業テストで他人のテストを奪うダンディは外道。

物質転送機にハエ……ザ・フライじゃねーか!

目的を忘れてるダンディ。
ピュアネス星人は異性に恋すると花が咲く性質がある。

プロムでキングを決めると聞き女子を誘いまくるが撃沈。
最終的にソバカスとパートナーに。
地味でブスは否定してやれよ。事実だけど。

唐突に始まるスポコン的な訓練。
多分全部元ネタあるんだろうな。

クイーンに漬物石と言われるソバカスだがダンディは反論。
「あんたは、誰にも負けないものを持ってる。その素敵な……尻だ」
これで惚れるのかよ!?

尻 is ALL
まロいぜ。

「尻!尻!尻!」
クイーンも影響されてるー!?

カースト制は絶対だと言ってた二人が自分の居場所は自分で決めると言い放ったのは良いシーンだな。

平田さん is ALL
誰だよ平田さん!ETェ……

あの男子生徒が合体した後はハルク?

世界の中心は一つじゃねえ。一人一人が立っている場所、一つ一つが、世界の中心だ!この世はALL is ALLだぜ!

卒業プレゼントとしてソバカスがダンディにキス。
でもこの子、宇宙イッターで芸能人にばっかリプを送って無視されてるんだよな。

クイーン達とすっかり仲良しになってのが和むな。

女子高編を楽しみにしてます!


テーマ : スペース☆ダンディ
ジャンル : アニメ・コミック

スペース☆ダンディ EPISODE 18「ビッグフィッシュはでっかいじゃんよ」 感想


見渡す限り泥の海が広がる未開の惑星・カーユ。
その海には、伝説の怪魚ムーナギが潜んでいると言われていた。
そしてそんな幻の魚を狙う孤独な老人・ルドリ。
ムーナギにかけられた報奨金を目当てにこの星を訪れたダンディに、彼は「さっさと帰れ!」と告げる。
しかも千年に一度訪れるという青い彗星がカーユに接近していて……。
ヘミングウェイの名作『老人と海』も真っ青のフィッシングバトルが静かに激しく幕を開ける、じゃんよ?

脚本・絵コンテ・演出・作画監督/押山清高
ゲストキャストは菅生隆之さんと小林星蘭さん




そういえばQTは釣りが趣味だったな。
笹食ってる場合じゃねえ!

アロハオエ号は宇宙ケルプに引っ掛かって座礁。
なんだろう、ケルプって……

多眼のタコっぽいのがプロシュート兄貴のザ・グレイトフル・デッドに見えた。

エシメはぐう可愛い。
声優はガチ子役か。上手いなぁ。
雰囲気が良い。ほのぼのする。
ルドリも冷たい態度だけどなんだかんだで渦に嵌りそうになったダンディを助けてくれたし。昔ながらの頑固な職人って感じ。

ムーナギは普段深い底にいて餌も食べないが、青い月が出た時は海面に上がって来る。
ダンディが釣ったのがポニョに見えた。

3600年に一度接近するルビニ彗星。

うんどこしょどっこいしょ
大きなカブかよ。
ルドリを馬鹿にしてた他の人間が協力しに来たり、なんだか昔話にありそうな話。

ダンディ「I am the bone of my sword」

ムーナギが元々彗星に住んでたというのが壮大な設定だな。数千年もの間故郷に帰るのを待ってたムーナギ視点でも面白そうだ。


テーマ : スペース☆ダンディ
ジャンル : アニメ・コミック

スペース☆ダンディ EPISODE 19「宇宙紳士はジェントルマンじゃんよ」 感想

宇宙人登録センターで働く独身女性のスカーレット。友人に誘われ“星コン”に出かけるものの、ステキな出会いもなく、しょんぼりと会場を後にすることに……。
しかしそのとき、出口でばったりとステキな宇宙紳士と遭遇。
ジェントルな物腰にすっかりメロメロになってしまうスカーレット。
しかし彼の正体は、ダンディが追跡中の超レア宇宙人・クラウド聖人だった……!
花も嵐も踏みこえて、ステキなLOVEをゲットするじゃんよ!?

脚本:信本敬子、 絵コンテ・演出・作画監督:清水洋
ゲストキャスト、林原めぐみ、木村良平


林原めぐみさんが話してた収録現場ってポケモンかな?

変な3人組はこの界隈にはよくいるんだろうか。
なにこのアメリカのホームドラマみたいな笑い声。

収入ないまま半年。
尻尾を自分の手羽だと勘違いするミャウ、体脂肪率0.03%、水分量30ccになってるダンディ。更に愛がどうこう言い出す。
これゾンビの話の世界線だったのか。

体の一部の雲にどんどん情報が入ってきて保存されるクラウド星人。
ネットのクラウドかよ。

星コンの無料食べ放題に参加するダンディ達。本来は女性のみだが、女性だと偽る。
あの受付も大変そうだな。

真剣に出会いを求めて集まったモテない宇宙人を捕まえるのは究極の野暮。
空気が読めるダンディ。腹がいっぱいで動きたくないだけかもしれないが。

転びかけた所を助けられるスカーレット。
ジェントル……ときめくお名前です。

クラウド星人に選ばれるのは悲しいほど恵まれない女。
そんな女を優雅にもてなす。
その後ポイ捨て(というダンディの妄想)

スカーレットもジェントルがクラウド星人だと察する。
自分は不幸じゃないと反発するスカーレットだが、ジェントルは素敵な出会いがあっても真実の出会いと思ってもらえないと嘆く。

ダンディとQTはミャウに自家発電させてお天気レーダー起動。
クラウド星人のエジンバラ号に辿り着く。

最初から笑っていたのは雰囲気星人アトモとスフィア。
アイエエエエエ……

プロレスを見ていたハニー。
更に彼女を監視する怪しげな二つの影。

ダンディの行方を探る為にハニーの脳内の記憶データを機械に転送しようとするが、容量が足りずに機器がぶっ壊れる。
実はハニーはハーフのクラウド星人。

秘密を知ったハニーを殺すように命令するペリー提督。
だがハニーからのSOSを受け取ったダンディとジェントルがやってくる。

「ゲル!後ろ!後ろ!」
ゲル博士の要塞をアームで拘束するが艦隊の集中砲火を受けてエジンバラ号は撃沈。

緊急脱出装置を使う為にダンディはスカーレットとミャウを回収。
なにやらときめくスカーレットとミャウ……ミャウ!?

実はジェントルとハニーは異母兄妹。
そういえば前髪が同じだな。アバンで探してたのってジェントルの事かな。

雲をなくしたクラウド星人はただの星人なので登録不可。
正直今回はちょっとオチが弱かったな。



テーマ : スペース☆ダンディ
ジャンル : アニメ・コミック

スペース☆ダンディ EPISODE 20「ロックンロール★ダンディじゃんよ」 感想

ジャイクロ帝国の若き総帥・ジョニー。
しかし彼には、誰も知らないもうひとつの顔があった。そのもうひとつの顔とは、ひとり貸しスタジオでギターをかきむしり、ロックスターを夢見る青年。
ロックは生き様だ。そう嘯くジョニーと偶然、居酒屋で遭遇するダンディ一行。4人はなぜかバンドを結成することになるのだが……。
バンド名さえなかなか決められない男たちのロンリーな魂が今宵、惑星コーエンジにローリングする、じゃんよ?

脚本:うえのきみこ、絵コンテ・演出:山本沙代、作画監督:伊藤嘉之・稲留和美、ジョニーデザイン:上條淳士、DROPKIXデザイン:上杉季明、ゲストキャスト:三ツ矢雄二・神谷浩史



コレーが車検って……
ともかくこれを機にゴーゴル帝国へ攻め込むように部下に進言されるが、総帥のジョニーは正確な情報を集めるように指示。

手を洗ってないダンディとうんこを流してないジョニー。
喧嘩する二人だが、同じお守りを見て意気投合。初詣は成田山、交通安全は不動明王。
更に一緒にバンドをやる事に。

ヴォーカル:ダンディ
ギター:ジョニー
ドラム:QT
ベース:ミャウ
でも名前決めの段階でグダグダ。

デビューはド派手にスペース武道館。
でも大きく夢を語るだけで練習せず。典型的な失敗フラグ。

フライドポテトを食べた事がないジョニー。
良い所出特有のファーストフード初体験イベント。

女尼異
団泥威
デビューシングルの初回特典をステッカーとペナントのどっちにするかで対立。

サインやインタビューの練習ばっかりでロックの練習せず。
更にどっちが前に出るかで揉め、物販で売るTシャツの色で揉め、貰ってもいないギャラで揉め、ドラッグで揉め。

ハニーの意見で命名ドロップキックス。

ミャウが会場を見つけてきた時の「「ライブ?」」という反応が駄目駄目すぎる。
ってか何その手首入りのビールみたいなの。マムシ酒の亜種?

曲作りの為に滑り台の上に陣取るジョニー。
「名曲は作るものじゃない。降りてくるものなんだ」
言ってる事はロックっぽくて割と格好良いのにな。
出来たのはミャウのスマホゲームのBGMや猫踏んじゃった。

だが前日でギリギリ完成。
偶然なのに曲が格好良い。
速攻で覚えるミャウとQTすげえ。

初ライブの客は三人。
ラブライブよりはマシだ。

清掃員を関係者と勘違い。
あちゃー。

一曲しかないのに2時間もライブ。
そして店員と乱闘。ロックだな

大手音楽会社の社長の目に留まる。グレーゾーンか。

コレーがベニヤ板で作られたダミーだという事を掴み、車検に出す日も判明するがデビューライブの日と被る。
ジョニーは苦悩の末、戦争を取る。

ダンディ達にライブに行けなくなった事を告げる。
地位も名誉も金もあるけど、自分の腕だけで一から勝負したかったと漏らすジョニーをダンディはぶん殴る。
ステージに上がるのに金持ちも貧乏も関係ない。ビビって逃げようとしているだけだろ、と。

総帥=店長

ジョニーが来ないのを口ギターで誤魔化そうとするダンディだが物を投げられる。

社長がライブを中止にしようとするが、そこにジョニーがイデオンで駆けつける。って、胸にライオンって勇者ロボかよ。

メカで乗り付けてライブ。マクロスかな?

落雷により爆破オチ。
伝説になるわ、これ。

そういえば幕末Rock 超魂ではペリー・ジュニアをやってたな、諏訪部順一。


テーマ : スペース☆ダンディ
ジャンル : アニメ・コミック

スペース☆ダンディ EPISODE 21「悲しみのない世界じゃんよ」 感想

目覚めるとそこは、これまで見たことのない奇妙な世界だった。相棒であるQTやミャウも見当たらず、しかも自分がどうやってここに来たのか、記憶を一切失っていることに気づくダンディ。そんな彼の前に、ピエロのような男・フェルディナンが現れる。誘われるまま、彼についていくダンディだが……。
幻想的な風景のなか、生と死をめぐって繰り広げられる、少し物悲しくもどこか切ない物語。
今回の『ダンディ』はひと味違うじゃんよ?


脚本:渡辺信一郎/絵コンテ・演出:名倉靖博/作画監督:伊藤嘉之、稲留和美、久保田誓




三途の川やギリシャ神話でカロンが渡し守をしてるステュクスといい、川を現世と死後の境界線にする価値観は洋の東西にあるな。
ヒンドゥー教でもガンジス川が火葬した後の灰を撒いたりしてるんだっけ。

アンバーっぽい外見だけど声は白のポー。

おばちゃんの体を貫通してる黒猫に生きてるバイクっぽい何かに喋る飴玉、手に目や口。
不思議な世界観だぜ。
「おせえな、しかし。人生終わっちまうぞ」
既に終わってるんだよな。

死ぬ為に生きているようで、何の為に生きているのか。
バクテリアや微生物には生きる意味がなくて自分にはあると考えてるなんて思い上がり。一度死んでみればいい。
どうやって生きるか考えるのはどうやって死ぬか考えるのと同じ。死を遠ざけて考えないようにしてるのはただ目を逸らしているだけ。
色々な死生観が見られるな。

水瓶にダンディの姿が映らなくなったり顔を外したら髑髏になる所でゾクっとした。
リンボは死者達の星。
年を取らないし腹も減らないし働かなくてもいいしストレスも少ない。失うものがない悲しみがない世界だけど喜びもない。
リンボ=辺獄

ポーは惑星の好奇心でナイトポーターは理性。
遠い昔にリンボの人類は自滅。
死者の魂は磁力があって別の星の魂が訪れる事がある。

一人で寂しかったけど、ダンディがやってきた。天然ジゴロだよな、ダンディ。
ダンディは戻る事は出来ないけど別の次元に行ける

「死んでても生きてても俺は俺だけどな」
ラストはあれ、助かった別の次元でも死んで会いに行ったのかな。


テーマ : スペース☆ダンディ
ジャンル : アニメ・コミック

スペース☆ダンディ EPISODE 22「同じバカなら踊らにゃ損じゃんよ」 感想

100年に一度、ダンシング星人が現れ、空前絶後のドンちゃん騒ぎが繰り広げられると言われる、惑星グリース。一時期は大勢の観光客で賑わったこの星も、今ではすっかり寂れ果てていた。
せっかく訪れたものの意気消沈するダンディたち。だがそのとき、彼の優雅な腰つきが、この星の星長の目に留まる。
「あなたこそ、我が星の救世主!」。
星起こしの看板に担ぎ上げられるダンディだったが……。
今夜はダンシンオールナイじゃんよ?


脚本:信本敬子/絵コンテ:米たにヨシトモ/演出:三好正人/作画監督:亀田祥倫

ゲストデザイナー:大友克洋、亀田祥倫/ゲストキャスト:山寺宏一、辻親八、津田匠子、真山亜子



ダンディのアップの作画が濃いな。

ダンス大会賞金1億ウーロンに釣られるダンディ達だがシャッター街。

ヤバいのでジャケット見るだけで済ますべきビンテージ。
クトゥルー神話の魔道書かよ。

漫☆画太郎っぽいババア。

「失礼なこと言うな!誰が覗きだ!」
覗きに疑われる自覚はあるんだな、ダンディ……

大会参加者の中にキングギドラっぽいのが。

トン・ジョラボルタってジョン・トラボルタかよ。
「ダンディさん、まだいたんですか」
「すっかり忘れてました」
「本物が現れたんだから、偽物はもうお役御免ってやつですね」
ひでえ扱いだ。

QTの車輪で回してミャウの爪で再生。その発想はなかった。

異次元レコードの力で地衣類が急成長。
集まって巨大化する所でトップをねらえのバスター軍団を連想した。

こいつらが本当のダンシング星人。
真の姿に導くって……つまりどういう事だってばよ!?

「結局こうなるのか」
「損な役回りですね」
メタい。

しかし、ダンス回なら、どうせならジョニーを出せば良かったのに。


テーマ : スペース☆ダンディ
ジャンル : アニメ・コミック

スペース☆ダンディ EPISODE 23「恋人たちはトレンディじゃんよ」 感想

今日も今日とて宇宙人登録センターに赴くも、登録を拒否されるダンディ。
そんな彼に、スカーレットはある取引を申し出る。その取引とは1週間、彼女の恋人のフリをすること!
いやいやながら依頼を引き受けたダンディたちが向かったのは、恋人たちが集うデートスポット・惑星トレンディ。
スキーに海に花火大会……。(ニセの)デートに興じるダンディたちだが、そんな2人を見つめる謎の人物が!?
恋人のフリもツラいじゃんよ……。

脚本:うえのきみこ、絵コンテ:タムラコータロー、演出:向井雅治、作画監督:久保田誓



M78星雲辺りの宇宙人ってウルトラマンかよ。

元彼対策に恋人の振り。
期間は一週間で時給750ウーロン。そこそこ割の良いバイトな気がする。

ナウい恋人達のデートスポット、惑星トレンディ。

契約書まで作ってるなんて気合入ってるな。

エンジン付きのスキーって楽しそう。自分には無理だろうけど。
子供のソリを奪うダンディは駄目人間すぎる。
しかも滑れないから奪ったんじゃなくてただの興味か?

スカーレットは髪を下ろしてた方が良いよね。

砂のあれは酷い。

海辺を走る恋人達って素敵だなー(棒)

ナマハゲにサンタに雪ダルマに雪女、そしてイカ。
これも一種の物欲センサーかな?

子供の双眼鏡を奪うとか駄目人ry

ヒールでトラブルが起きるのはデートの定番だな。
おんぶイベントかと思ったら家の前かよ。

風呂場に現れた蜘蛛……蜘蛛?

ダンディもスカーレットもチャック・ノリス好きか。

ブービーズでスカーレットはハニーに嫉妬?
人類最後の二人になっても絶対に選ぶ事はないと言ってたのにな。

ストーカーのドルフに諦めさせる為にキス。
連邦軍のパイスーみたいだ。

ドルフからはどことなくリディ少尉臭が。

だめんずうぉ~か~なスカーレット。

列車で出会いが遮られるのはまさにトレンディドラマ。


テーマ : スペース☆ダンディ
ジャンル : アニメ・コミック

スペース☆ダンディ EPISODE 24「次元の違う話じゃんよ」 感想

ダンディたちの世界(つまり三次元)に二次元宇宙がワープアウトしてきた。
突然の異常事態に騒然となる人々だが、なぜかダンディは浮かない顔。
さらにそんな彼の前に、かつてのダンディを知る四次元人・カトリーヌが現れる。
彼女の話によれば、二次元宇宙の王子・ポールが、カトリーヌを追って来たというのだが……。
次元を超えたストーキングの顛末やいかに。
さらには謎に包まれたダンディの過去が、明らかになる(かもしれない)じゃんよ?



脚本:円城塔、絵コンテ:高山文彦、演出:嵯峨敏、作画監督:川元利浩、斎藤恒徳

ゲストキャラクター原案:円城塔、ゲストキャスト:沢城みゆき、井上和彦


勇者特急マイトガイン?

リーゼントじゃないダンディはどことなくあれだな。あれ!

宇宙がワープアウトって壮大すぎる。

箱仲間から見てもただの箱にしか見えないカトリーヌ。
アバンでちょっと興奮した自分が馬鹿みたいだぜ。

次元の不一致で別れたダンディとカトリーヌ。ポールとも。
四次元人から見た二次元人は三次元人から見た一次元か。腐女子なら良かったんですけどね。
それか、ユベルに超融合で次元を統一してもらうか。

2Dシューティングゲーム風にワープドライブの破壊を目指すゲル博士。
未知のものも相手にして高揚してるゲル博士は楽しそうだな。

昔の男の対処を更に昔の男に任せるって地味に酷くね?
二次元だから宇宙ごと丸まってるポール。
だがハニーのアイデアでハサミで突き破る事に。ZAT並に豪快な作戦だ。

ワープは存在しない。
別の宇宙との移動をワープと呼んでるだけ。別の宇宙のそっくりさんが本人だと自覚しているだけ。
中盤でカトリーヌが言ってた、自分は過去を覚えているけどダンディは覚えていないというのもこれだと思うが、よく分からない。
ワープしても記憶や人格は継続してると思ってるけど、実際は再構成されてる的な?


テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

スペース☆ダンディ EPISODE 25「裁かれるのはダンディじゃんよ」 感想

賞金100万ウーロンクラスのルメット星人、ギ・レジナルド殺害容疑で、裁判にかけられることになったダンディ。
一貫して黙秘を続ける彼に対し、冷酷非情な検察官は次々とダンディに不利な証拠を積み上げていく。
現場に残された野球のボールと覆面マスク、被害者にかけられた多額の保険金、そして証拠品から検出されるパイオニウム粒子……。
最後に待ち受ける驚くべき事件の真相とは?
俺が犯人だなんて「異議あり!!」じゃんよ!


脚本:佐藤大 絵コンテ・演出:高橋敦史 作画監督:三原三千夫

ゲスト宇宙人デザイン:三原三千夫、草なぎ琢仁、Niθ、夏目真悟 /美術設定:岡田有章 /ゲストキャスト:柴田秀勝、関俊彦、楠大典、大原さやか、白河澄子、冨永みーな、家弓家正


良い意味で馬鹿馬鹿しくて面白い裁判だったな。
陪審員のシーンは12人の怒れる男達?

「いつか何かやると思ってました」
「何か事件を起こしても不思議ではないと思ってました」
ミャウとQTの発言が酷い。
愛想尽かされても仕方ないけど。コーヒー一杯で5時間粘るダンディは迷惑な客だよな。

5年2組ヒロシとスキップジャック。中島とカツオだな。
バットに切れ目を入れボールの勢いで破壊されたバットごとピッチャーにぶつける殺人打法ジャコビニ流星打法。
Twitterでブロックされたから殺そうとしたというのは、実際に起こりそうだから恐い。

「まさか……ダンディがあんな女に目が眩んで……」
この世界のスカーレットもダンディとデートとかしたんだろうか?

オチは被害者の睡眠時無呼吸症候群を死亡と誤診。

DNA反応がないダンディの正体は一体……?


テーマ : スペース☆ダンディ
ジャンル : アニメ・コミック

スペース☆ダンディ EPISODE 26「ネバーエンディングダンディじゃんよ」 感想

まさかの最終回である。
本当に終了なのである。
終わりのない祭りじゃなかったのである。
信じられない話だ。
スペース☆ダンディは、宇宙のダンディたり得たのか、得ないのか。
おっぱいから始まったこの物語は、いったい何処まで行くのか、行かないのか。
ダンディは一体どうなるのか、ならないのか。
そしてこの世界はどうなってしまうのか、
そもそも本当に最終回なのか、
だいたい本当に放送されるのか…
もう、見るしかないじゃんよ!




脚本:渡辺信一郎/絵コンテ・演出:夏目真悟/作画監督:伊藤嘉之/メカ・エフェクト作画監督:小田剛生
ジョニーデザイン:上條敦士/ゲストキャラデザイン:草なぎ琢仁、三原三千夫、夏目真吾/ゲストメカデザイン:大河原邦男、樋口雄一、中田栄治/ゲストキャスト:神谷浩史、家弓家正


デュラン博士(まさか……いや、よそう。私の推測だけで皆を混乱させたくない)

ゴーゴル帝国にハイエースされたダンディ。
ウニみたいな本星だな。

「どう?」
「このまま死なせるには、ちょっと惜しい男かも」
ハニー、以前出自は明かされたけど、それ以上に含みがありそうな気がする。

遂にダンディとゲル博士が対面。
パイオツニウムパイオニウム
ダンディ、触手プレイ。

デュラン博士はジャイクロ帝国側か。
旗機はイデオン+ガンキャノンな感じだな。腕組みポーズはガンバスターみたいけど。ビーム砲撃を防いで拡散する所もトップっぽかった。
クロスボーンの偽装っぽいのもいたな。

ビーが裏切りゲル博士を銃撃。
ジャイクロ帝国のスパイだったが帝国からも離反。

ハワヤンキーの突入シーンは動画は見応えあるぜ。

博士はヤンホモ。

ペリー提督のあれってホログラムかよ。

博士の船で単身超デッカイダーの破壊に向かう
皆に命がけで助けられたから皆の命を無駄にする訳にはいかない。

下半身見て覚醒するのは実にダンディらしい。

ある時はカメレオン星人だったりしたナレーションは神的な存在。
なん……だと?

148億年続いた世界は平行宇宙ごと消滅。
新しく生まれる世界で神の後継者に選ばれるが身体がないとブービーズに行っても詰まらないので拒否。
最後までダンディらしい。

ジョニーが出てきた時は他の回のゲストも出てくるかと思ったけど違った。

テーマ : スペース☆ダンディ
ジャンル : アニメ・コミック

プロフィール
リンクフリーなのでお気軽にどうぞ。

Author:とうゆき

 
最新記事
カテゴリ
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる