ブログパーツ

繋がり始める歯車 クロックワーク・プラネット 第1話「運命の歯車(ギア・オブ・デスティニー)」 感想




――唐突だが。世界はとっくに滅亡している。
1000 年前に一度滅んだ地球を「Y」と名乗る伝説の時計技師が時計仕掛けで再構築した世界。落ちこぼれの高校生・見浦ナオトは、「Y」が残した自動人形(オートマタ)のリューズ、そして天才時計技師の少女・マリーと出逢う。彼らの能力が噛み合う時、運命の歯車は回り出す。破綻と延命を繰り返し、崩壊寸前の地球(「クロックワーク・プラネット」)を修復するクロックパンク・ファンタジー!



以前、ラノベ板かどっかで都市シリーズや終わクロの自動人形が好きならおすすめと言われてたので視聴。
見た感想としてはむしろBEATLESSのレイシアを彷彿とさせる。

ラブホ前の妄想や膝枕のシーンで萌えたり「何故私を人間の女性のように扱うのですか」でリューズのこれまでに思いを馳せたりしたらアナログハックされてる証拠。
指フェラはあれだろ。機械だから責任を取れないので代わりに責任を取れってあれだろ。

コンテナは落としたというより意図して投下したようにも見えて不穏な気配を感じる。リューズの背景がまだよく分からないからまだなんとも言えないが。

ナオトは聴覚が武器っぽいけど、4兆2076億8643個の歯車の音を聞き分けるとか頭おかしくなりそう。
重力異常に関してナオトは聴力で感知したんだろうけど、マリーは何をもって察したんだろう。

つーかブレゲって実在するフランスの時計メーカーだな。
公式サイトによるとブレゲは五大企業の一つらしいけど、他はパテック・フィリップ、ヴァシュロン・コンスタンタン、オーデマ・ピゲ、ランゲ&ゾーネ?

小説だと気にならないんだけど、音声で「YY」言われると関西人かな?となる。
多分ないだろうけどポケスペがアニメ化して「わたしはワイよ」と聞いたら笑ってしまう。



原作:榎宮祐・暇奈椿
原作イラスト:茨乃
監督:長澤剛
シリーズ構成:杉原研二
キャラクターデザイン:島村秀一
メカデザイン:寺岡賢司
プロップデザイン:原由知
世界観設定:末武康光・枝松聖
美術デザイン:久保田正宏
美術監督:甲斐政俊
色彩設定:水野多恵子
3DCG:船越勇貴
撮影監督:武原健二
編集:松村正宏
音響監督:本山哲
音楽:兼松衆・中村巴奈重・中野香梨・宝野聡史
OP:fripSide
ED:After the Rain
アニメーション制作:XEBEC
キャスト情報

見浦ナオト:南條愛乃
リューズ:加隈亜衣
マリー・ベル・ブレゲ:大西沙織
ヴァイネイ・ハルター:松田健一郎
アンクル:千本木彩花



ナンジョルノのショタボイスは初めて聞いた気がする。
唐沢君が保志か。ラノベアニメで胡散臭いイケメンを見ると警戒するクセがついてしまった。


オープニングテーマ「clockwork planet」
歌 - fripSide
エンディングテーマ「アンチクロックワイズ」
歌 - After the Rain

EDはひでえな。
こういう言い方は嫌いだったけど、これは歌い手(笑)と言われても仕方ない。




テーマ : 2017年新作アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

天才邂逅 クロックワーク・プラネット 第2話「大支柱崩落(パージ)」 感想




「マイスターギルド」の天才技師マリー・ベル・ブレゲは京都コア・タワーの異常を調査するべく派遣されていたが、軍の不審な動きを察知する。一方、ナオトの高校にリューズが転入生としてやってきた。さえないナオトと美少女リューズの組み合わせに学校中が大騒ぎに…!?



面子の為に2000万人を見捨てる軍はしょうもねえな。罪悪感に耐えかねて真実を告白する軍人が出るレベル。
というかゲロった軍人やマリーを放置しちゃダメなんじゃね?
リモンズは自分の発言を録音されてたらヴァシュロンの方の立場が危うかったね。迂闊。

マリーはヒロインというより女主人公という感じ。
故障箇所は分かるけど修理技術はない(と思われる)ナオトと修理技術はあるけど故障箇所は分からないマリー。
この二人の出会いはテンション上がる。マリーサイドで閉塞感と焦燥感マシマシだっただけにね。

リューズが故障したのは206年前。
経年劣化ではなく人為的なものだったとしたらいずれ話に絡んできそう。
にしてもあざといなぁ。
転校の挨拶はお約束すぎる。
ただ、今のところリューズくらいしかオートマタが出てきてないから世間からの認識とかどれくらい普及してるのかとか今一つ分からない。
ナオトの同級生もリューズがオートマタだと気付いてるのかいないのか。オートマタが入学するのはあり得る事なのか。
愛玩目的の使用に対する周囲の評価も気になる所。
フィギアや抱き枕を「俺の嫁」と呼ぶ程度のキモさで済むのか「あなたって本当に最低の屑だわ!」と言われちゃうレベルなのか。



テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

異能の共同戦線 クロックワーク・プラネット 第3話「真正面突破(コンフリクト)」 感想





故障していたはずのリューズが動く姿に遭遇したマリー。リューズを修理したのがナオトだと知り、京都のパージを回避すべく協力を申し出る。そしてコア・タワーに向かう中、マリーは自分を陥れようとする黒幕の存在に気付くのだった…。



社会的地位を投げ捨てても京都を救う為に奔走するマリーは主人公気質(あのタイミングで死を偽装する意味があったのかよく分かんないけど)

一方、2000万人の命がかかってるのにアンクルの話を聞くまで乗り気じゃなかったナオトは主人公としてどうなのよと思うが、民間人だけど軍を敵に回して身を危険に晒せと言うのは傲慢で残酷な話ではある。

そういえばリューズが車を両断したシーン、ナオトは気付かなかったんだろうか。
ミサイルの発射音や飛翔音は聞こえてもそれと理解出来ないのかな。

顔を背けるリューズに告白する下りは原作だと地の分で色々説明されてるんだろうなーと思いつつ視聴。
ラノベアニメだと原作の外側だけなぞって浮いちゃう事ってあるよね。

まあ、自動人形にプロポーズとか川上作品なら普通普通。クラウゼルは妊娠までしたっぽいしね。ややエロと美影さんもいずれ……もげねえかな、あいつ。

Yシリーズの「付き従うもの」「撃滅するもの」って「在るべき婦人」とか≪人間を信じて仕事を託す≫みたいなものかな。

クロックアップが出来るリューズが最弱って他の姉妹はどんだけー。
アンクルが4番機って事は最低4体いるっぽいがYさんは何を企図してInitial-Yシリーズを作ったのやら。明らかにメンテナンス目的ではないよね。

追記
ってか「撃滅するもの」がコアタワーの地下にいるのが不穏なんだが。
区画に問題が起きた時に他の区画に被害が及ばないよう粉砕するのが役目だったりしない?




テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

二者択一 クロックワーク・プラネット 第4話「虚数運動機関(イマジナリー・ギア)」




地下にリューズの妹が眠っていると聞き、協力することに決めたナオト。やっとの思いでコア・タワーの深層部に潜入し、懸命に作業を進めるが、パージの時間は刻一刻と迫っていた。そんな中、ナオトはリューズを失うかもしれない大きな決断を迫られる——!


コンラッド整備士長ほか技師達が避難せずに残ってたのはベタだけど燃える展開。
でも白衣姿で作業されると巻き込まれそうでヒヤヒヤする。

(ほう……あの少年……Initial-Yシリーズ)
この発言の時、整備士長は実は敵なんじゃ……?と戦々恐々。杞憂だったけど。
技術者が、後で直すからと豪快にぶっ壊すのは他の作品でも見た記憶があるけども、余裕と自分の技術に対する自信が感じられて良いよね。

ナオトが異常箇所を探す場面はBGMを消して歯車の音だけを流した方が良かったんじゃないかな。

リューズやマリーが歯車を掻い潜る所は「こういうアクションゲームありそう」と思った。

2000万人の命とリューズ。
どちらを選んでも後悔するなら両方助かる可能性を取るべきなんだが、目の前にいるリューズに犠牲になれとは言い辛いよね。前回自由意思があると判明したし。
口にしない主人の心情を察して自分から犠牲になるリューズは従者の鑑。





テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

新たな陰謀 クロックワーク・プラネット 第5話「撃滅するもの(トリーシュラ)」 感想




無事、企画・京都のパージを食い止めナオトとマリーたちだが、そこにはリューズの妹、アンクルは存在しなかった。日常に戻ったマリーのもとに、違法とされる電磁技術を使った短波通信が届く。マリーを挑発するその内容に、新たな陰謀が隠されていた―。


脚本:杉原研二  絵コンテ:吉川博明  演出:川崎ゆたか  作画監督:野本正幸



トリーシュラ……
ああ、破壊神より放たれて魔の都を貫く聖なる槍ね。
攻撃方法はアゲハさんの暴王の月とかフェストゥムとかヴァニラ・アイスだけど。

OPでリューズと戦ってたバイザーのキャラってアンクルだったのな。てっきり他の姉妹かと。

精神的に不安定そうだけど大丈夫かな。
リューズに自由意思があるけどアンクルの場合はどうだろう。自動人形に意思って本来ならセーフティになりそうだけど、アンクルの場合はなんか怖い。

それにしても壱番機が毒舌系の従者で肆番機がロリっ子。
YさんにはローゼンやファンタジスタドールのY-omeの連中とサスケ会議してほしい。


今回は水着回でもあったけど海水浴場がある世界観だったのか。
海とは名ばかりの巨大な養殖場だったりして。


新シリーズのメインキャラだと思ったらあっさりお亡くなりになられてしまったルパンコスのベルモットさん。



テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

過去の怨念と今の策謀 クロックワーク・プラネット 第6話「大深度地下層(ディープ・アンダーグラウンド)」 感想




区画・三重の最下層でアンクルと対峙したナオトとマリーたち。しかし、その姿は変わり果ててしまっていた。兵器と化したアンクルと戦う中、ナオトとリューズは大深度地下層へと落ちてしまうのだった…。絶望するマリーに追い打ちをかけるように、隠蔽されていた巨大兵器の存在が明らかになる——。




三重知事の声は飛田展男さんか。拷問を受けてる演技うめえな。
滋賀の軍と技術者残党が三重を裏から支配してるって構図が面白すぎる。


政府は自作自演で威信を取り戻したいみたいだけどさ、そうそう上手くいくもんかね。
三重が時計塔を潰してまで兵器を作って東京に侵攻した理由を民衆は知りたがるだろうけど、そこで30年前の過去を暴露されたらどうするんだろうな。これまではパージが怖くて黙ってたらしいけどここまでされたら隠しとく理由もないだろう。


自分の不手際を棚に上げてマリーにキレる知事は最悪だなと思ったが、よく考えると滋賀のパージが30年前だから事の発端に関してこの人は無関係か、当時は下っ端だろうからこの人はこの人で貧乏籤引かされてるんだよな。



テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

姉妹激突 クロックワーク・プラネット 第7話「首都襲撃(アタック・トゥ・マルチプルグリッド)」 感想




東京へと向かう巨大兵器から人々を救うべく、テロリストとして区画・秋葉原をジャックしたナオトとマリーたち。住民を避難させた無人の街で、巨大兵器は「軍」とぶつかり合い、リューズは兵器と化した妹のアンクルと戦うのだったーー。

なんてこった
これが兵器…
何も生み出すことのできない悲しい存在
二度と人の役に立ちたいなんて思い上がるんじゃねえ


近くにいたお前が悪い。
リューズ、ナオトの信頼に報いる義務があるとかいけしゃあしゃあと。マリー、卑遁囮寄せの術をされたとは知らずに主従の絆に感じ入ってて不憫。
ただまあ、アンクルちゃんが人間を殺せないってのはあくまで推測だし、事実でも戦闘中にちゃんと止まれるかどうか分からないからリューズ視点だとマリーを盾にするのが正しいわな。


マスター認証の設定からするとYさんは兵器っ子萌えでロマンチスト。

自動人形の涙ってなんだろう。洗浄液?
兵器として扱ってる時に自由意思はなくても記憶は残るって残酷な事なんだなって。Yさんはゲイのサディストかもしれない。

こいつ、アナログハックされて自由意思を許してしまったな……



テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

不撓不屈 クロックワーク・プラネット 第8話「電磁式機動兵器八束脛(ヤツカハギ)」 感想




ナオトをマスターとすることで、「撃滅するもの」の呪縛から解かれたアンクル。アンクルの持つキューブから、マリーに短波通信を送った主、ベルモットが現れる。ベルモットから巨大兵器・八束脛は電磁技術を使用したものだと知らされる。そして秋葉原はその電磁波により、すべての歯車が止まってしまうのであった…。


ロージェノム化したベルモット。
ナオトの方はゲンドウみたいな事になってるな。エヴァヘイトFF全盛期にはあれは綾波を懐かせる演技だったとかあったな。


電磁技術が原因で滅ぼされた滋賀の残党が復讐の為に造ったなら、そりゃ電磁兵器だろと前から思ってたんで今回初めてそれに気付いたナオト達と温度差を感じた。


出現してた早々にコードネームって、結構時間立ってない?
軍が最初に交戦したのは夜の筈だし。
作画がへちょいせいで音速の5倍と言われても「ええー……」という感想しか出ない。ヤツカハギが強いというより戦闘機が弱いという印象。

首都防衛法かと思ったら首都防衛砲かよ。
最近は有能な政府や政治家が出る作品が増えてきて保身を優先する政治家の姿は懐かしさすら覚える。


全ての歯車が止まった秋葉原。
病院は酷い事になってそうだし夜とはいえ交通事故も多発してそう。
ガンダムSEEDのエイプリル・フール・クライシスが全人類の1/10でジャイアントロボのバシュタールの惨劇が2/3だっけ?
本当に避難は完了してんのかな。


色々と思い詰めてそうな比良山ゲンナイ(CV菅生隆之)だけど、ナオトに質問したのが間違いだったと思う。
ちょっと前まで普通の高校生だし大きな挫折も経験してなさそうだし、そんな相手に諦めを抱いた事はないかって問いかけても絶望なんかしないって返事が来るのは至極当然というか。京都の一件でリューズが目覚めてなかったら少しは共感してくれたかも。
それはそうと、どうしてヤツカハギと合体しないんだ?

Yさん、地球を作り替えたならともかく宇宙までとな。
狂った神の箱庭がどうこう言ってたけどYってYHVHのYとかだったりするんだろうか。
まつろわぬ土蜘蛛の名前だとかアンクルが天使だとか意味深に思えてきた。


追記
狂った神の箱庭、なんか似たようなフレーズを最近聞いたと思ったらあれだ。
Re:CREATORSの享楽の神々共の恐るべき世界。




テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

反撃の兆し クロックワーク・プラネット 第9話「空前絶後の犯罪(クリミナル・アクト)」 感想




電磁波の影響で動きを止めたリューズとハルターを直すべく、ナオトとマリーたちは区画・上野のコンラッドの元へ向かう。そこでベルモットから、八束脛の真の目的を知る。八束脛が再び動き出すまでの限られた時間、動かないリューズとハルターを直すことはできるのかーー!?

脚本:あおしまたかし  絵コンテ:あきとし  演出:大西 佐々木  作画監督:暁





これまで渋いおっさんキャラだったコンラッド先生の意外な一面。
UN-GOだとR.A.I.がポルノや暴力的な試合をさせる事が問題になってたな。動く風守兄様をまた見たいぜ。


ベルモットTS
こち亀の秋本治が描いてる「Mr.Clice」や井上ひさしの「吉里吉里人」でもこんな展開あったな。
ナオトも女装してるし、今回は一部のフェチを狙い撃ちする回だった。


滋賀残党からは放っておいたら自滅すると思われてる政府。いや実際グダグダしてたが。こんな時、大人党の四季大和とかでもいれば……
情報操作は凄いんだけどな。上野に秋葉原の様子が全く伝わってる様子がないのがすげえ。
インフィニット・ストラトスのヘイトSSに出てくる日本政府並。あいつら市街地にミサイルが着弾しても隠蔽出来るからな。


トールワンドってようは「ロッズ・フロォム・ゴォォォッド!」か。
イメージ映像が都市一つで済むレベルじゃねーぞ。
赤道ゼンマイというパワーワード。


ヤりたい娘と全部ヤっていい
俺の娘が可愛くて生きているのが全然辛くない。
そんなラノベタイトルありそう。「うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない 。」とかならあるし。


母ちゃんの育児疲れ。
マリーはなんというか、天才で先が見えすぎるけどそれ故に他の人間と危機感を共有出来ず袋小路に入ってしまう感じ。
そんなマリーを諭しつつ嫉妬もするナオトは年相応。


国家区画中枢管理制御塔天御柱。ガンダムSEEDのあれみたいなやつかな。
桜田門にあるみたいだから、つまりは次回は桜田門外の変か。




テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

天才の覚醒 クロックワーク・プラネット 第10話「自動人形を繋ぐもの(プログレッサー)」 感想





区画・秋葉原を脱磁させるために、国の中枢にして日本中の区画の中心である「天御柱」を乗っ取ることにしたナオトとマリーたち。ハルターの意思を持った兵器とともに区画・桜田門を突破し、星宮蓮子を人質に「犯行声明」を出す。その狙いは——?



Playmakerといい尼小僧様といい最近は人質を取る主人公がトレンド。

ハルター、カレンデバイス化。
窮地において才覚を更に研ぎ澄ませるとか、これだから天才ってやつは。
でも音速を超える砲弾の辺りは小説とアニメの媒体の違いというかアニメの表現の限界を感じた。

マリーとアンクルの疑似母娘は良い感じになってきたね。

比良山ゲンナイの中でYはノストラダムスとかイオリア・シュヘンベルグみたいな存在になってね?
実際にまだ生きてて何か干渉してるのかもしれないが。





テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

有無相通ずる クロックワーク・プラネット 第11話「天才の理論(セオリー・オブ・Y)」 感想




マリーのかつての学友であった星宮蓮子とともにクーデターの行方を見守るナオトたちは、日本政府によって八束脛に「トールワンド」が投下されることを知る。投下時刻が迫る中、クーデターの黒幕、ゲンナイは八束脛の主砲を放つーー!ゲンナイの暴走を止めるべくナオトとマリー、二人の天才が挑む…!
脚本:あおしまたかし  絵コンテ:吉川博明、長澤剛  演出:千葉孝幸  作画監督:クラージュ





滋賀残党のこれまでの人生ってなんだったんだろうな。
一般市民を巻き込むクーデターを起こした時点で因果応報なんだけどさ。

ナオトがマリーの才能を羨んでる描写は前々からあったね。
完全に凡人ならまだ諦めがついただだろうけど、なまじ普通の人間には出来ない芸当が出来る分、自分にないものの存在を意識してしまうんだろう。

Yさんはあれかい?
誤った情報や不完全な技術を残して後世の宿題にする超越者ムーブでもやってたんだろうか。





テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

信念の激突 クロックワーク・プラネット 第12話「終焉機動(スティール・ウェイト)」 感想




ナオトとマリーが世界の再構築を試みる中、アンクルは八束脛の暴走を止めるため一人立ち向かう。リューズ、ハルター、ベルモットもそれぞれ戦いながら二人の起こす奇跡を願っていた。「Y」の構築した世界を壊そうとするゲンナイに、二人の天才は抗うことができるのか——!



チャージなどさせるものか。
最初からリューズも一緒に戦えばいいんじゃね?と思ったけど原作だと説明されてるんだろうなきっと。

ゲンナイの台詞になんか違和感あると思ったけどこれまでもナオトの事を指してYと言ってたのかよ。キバヤシじゃなかったんだな。
こいつ、地下でナオトと会わなかったら今頃どうしてたんだろう。



テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

プロフィール
リンクフリーなのでお気軽にどうぞ。

とうゆき

Author:とうゆき

 
最新記事
カテゴリ
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる