ブログパーツ

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第1話「鉄と血と」 感想



いのちの糧は、戦場にある。

かつて「厄祭戦」と呼ばれる大きな戦争があった。その戦争が終結してから、約300年。

地球圏はそれまでの統治機構を失い、新しい支配体系をもって新たな世界が構築されていた。仮初めの平和が訪れる一方で、地球から離れた火星圏では、新たな戦いの火種が生まれつつあった。

主人公の少年、三日月・オーガスが所属する民間警備会社クリュセ・ガード・セキュリティ(以下:CGS)は、地球の一勢力の統治下にある火星都市クリュセを独立させようとする少女、クーデリア・藍那・バーンスタインの護衛任務を受ける。しかし、反乱の芽を摘み取ろうとする武力組織ギャラルホルンの襲撃を受けたCGSは、三日月ら子供たちを囮にして撤退を始めてしまう。少年達のリーダー、オルガ・イツカはこれを機に自分たちを虐げてきた大人たちに反旗を翻してクーデターを決意。オルガにギャラルホルンの撃退を託された三日月は、CGSの動力源として使用されていた「厄祭戦」時代のモビルスーツ、ガンダム・バルバトスを用いて戦いに挑む。






ミカとオルガの薄い本がいっぱい出そう。

ガンダムを動力源にするってのは00もそうだったね。MBSオンデマンドで見直して気付いたけど基地の照明が消えたのってそういう事だったのな。
ビームサーベルで切り裂くのではなく地面を踏み砕きながら鎚矛で叩き潰すってのが無骨で渋いぜ。

相手が握手を拒んだ理由について真っ先に互いの立場の差が理由だと思ってしまったクーデリア。対等の立場になりたいと言いつつ実は内心で差別意識が根付いていた。これは恥ずかしい。
でもまあ、視野を広げようとしてるのは立派だし手袋を外してたしこれからの成長に期待。いずれ汚れた手でも構わず掴めるようになるのかな。生きてるんだから汚れるのは当然だってディアナ様も言ってる。

世界秩序の番人がギャラルホルンを名乗ってるのが皮肉というかなんというか。戦争の引き金を引きそう。
マクギリスが櫻井ってだけで変な目で見るのはやめろォ!

少年達の為に囮になってくれるなんて……1軍は格好良い大人だなー(棒)
信号弾を打ち上げた時は「ヒュー!」ってなった。クーデリアを避難させたりビスケット有能。
それはそうとファラって名前の親戚いない?
公式のキャラ紹介の「年の離れた双子の妹」で???コールドスリープ?と困惑したけど二人の妹がいるって事か!日本語って難しい。
いやまあ、本当に双子の可能性もあるけどね。∀じゃ見た目年齢が逆転してる親子とかいたし。貧困層みたいだから限りなく0に近い可能性だけども。


次回「バルバトス」
GGV-000「呼んだか?」






企画:サンライズ
原作:矢立 肇
富野 由悠季
監督:長井 龍雪
シリーズ構成:岡田 麿里
キャラクターデザイン原案:伊藤 悠
キャラクターデザイン:千葉 道徳
メカデザイン:鷲尾 直広
海老川 兼武
形部 一平
寺岡 賢司
篠原 保
美術:草薙
音楽:横山 克
制作協力:創通・ADK
製作:サンライズ・MBS
Main Cast

三日月・オーガス:河西健吾
オルガ・イツカ:細谷佳正
ビスケット・グリフォン:花江夏樹
ユージン・セブンスターク:梅原裕一郎
昭弘・アルトランド:内匠靖明
ノルバ・シノ:村田太志
タカキ・ウノ:天﨑滉平
ライド・マッス:田村睦心
ヤマギ・ギルマトン:斉藤壮馬
クーデリア・藍那・バーンスタイン:寺崎裕香
アトラ・ミクスタ:金元寿子
マクギリス・ファリド:櫻井孝宏
ガエリオ・ボードウィン:松風雅也


Artist
OP Theme Song
MAN WITH A MISSION

ED Theme Song
MISIA



テーマ : 機動戦士 ガンダムシリーズ
ジャンル : アニメ・コミック

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第2話「バルバトス」 感想



ギャラルホルンの襲撃を受けたCGSの大人たちは、三日月ら子供たちを囮にして逃げ出してしまう。残された子供たちを束ねるオルガは、ギャラルホルンと相対することを決意。ある計画を実行に移す。

脚本:岡田 麿里
絵コンテ:長井 龍雪、ヤマトナオミチ、綿田 慎也
演出:ヤマトナオミチ
キャラクター作画監督:赤井 方尚
メカ作画監督:久壽米木 信弥





マルバ「ガンダム売るよ」

阿頼耶識が想像以上にヤバい機構だった。
乗るだけで脳神経が焼き切れる危険性があるガンダムってウイングゼロ並かそれ以上に危ないな。1話の頃はアトラの生死を気にしてたけどこりゃあミカの廃人化を危惧しないといけないかも。
網膜投影ってマブラヴの戦術機みたい。

そっちも散々やってたのにモビルワーカーを狙うのが卑怯呼ばわりされる筋合いはないよね。
アインは青臭いというか独善的な所がある。なんとなく敵側の主人公臭がするんだけども、これから成長するのかね。

作画が大半らしいから最近のロボアニメでは地上戦が減ってるけどやっぱり土砂や土煙を巻き上げながらの戦闘は良いものだね。
慣性制御が出来るらしいエイハブ粒子はすげーわ。これがガンダム!悪魔の力よ!

死ぬ時はでかいおっぱいに包まれて死にたいよね……
お尻に似てるとかこの手のネタはマリーっぽい。

火星の子供達の待遇を改善したかったのに結果的に死なせる破目になったクーデリアが辛い。ミカ達からすりゃお前のせいで死んだとかふざけんなと思うけど、クーデリアが気に病むのも当然だよね。早くも父親に売られてるのを察してるし。序盤からハードモードすぎるぜ。次回予告じゃ完全に子供扱いである。

皆そう思ってるみたいだけどクランク二尉はVガンのワタリーみたい。
バルバトスを良い所まで追い詰めるけど良心の呵責に耐えられずにやられる気配がぷんぷんする。
子供とか関係ないから殺せと言ったコーラル閣下は非道のように聞こえるけど軍人としたら正しいよね。まあ、この辺の対応を疎かにすると兵士の士気は下がるしPTSDの危険もあるけどさ。

銃を受け取ってからオルガの話を聞くミカは危ういものがあるけど、同時にオルガの死亡フラグがすげー勢いで積み立ってる気がする。



テーマ : 機動戦士ガンダム 熱血のオルフェンズ
ジャンル : アニメ・コミック

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第3話「散華」 感想


三日月とガンダム・バルバトスによって、多くの犠牲を出しながらも一度はギャラルホルンを退けたオルガたち。今後の動向を話し合う中、再びギャラルホルンのモビルスーツであるグレイズがCGS基地に現れる。

脚本:岡田 麿里
絵コンテ:綿田 慎也、大張 正己
演出:綿田 慎也
キャラクター作画監督:大貫 健一
メカ作画監督:大張 正己



クーデリアのぽんこつ姫っぷりが加速してラブコメの波動を感じる。
「それは大変……よろしかったですね」が可愛かった。
でもなんだかオルガとのフラグも感じる。

会計のデクスターさんは災難だったな。なんとなく出ていくタイミングを失いそう。
トドは子悪党でヘタレたり裏切ったりしそうだけど最終的にはちょっと格好良い所を見せそう。ねずみ男的なポジションというか。

ユージンは不満そうだったけどしっかり退職金を与えてもうCGSとは関係ないと言わないとね。あと金でもやらないと報復が怖いし。

負けたらお嬢を引き渡してもらうけど勝っても特に利益はない決闘!
命令違反してるから手土産がないと駄目だと言い出した時はどうしようかと。
つーかさぁ、仮に戦果を上げても二尉程度じゃCGSの処遇はどうにもならんだろ。ギャラルホルンというかコーラル閣下としちゃ自分達がクーデリアを襲った事が公になったら拙い訳で。
自分がここで死ねば責任は自分が抱えたままと言うが、MSは貴重っぽいし監査が来るタイミングでこれはコーラル閣下の立場は拙そう。アインは復讐に走りそうだし結局ミカ達の負担を増やしてるよね。
大人としちゃ立派……立派?まあ、一応良識はあったけど自己満足な所が多分にあったね。子供が戦う事を厭う割に介錯を頼むのが本末転倒というか。そこはせめて失血死を選ぶとかさ。

ハエダを撃つ時は躊躇なくやってたのにクランク二尉を撃つ時はミサンガ?を気にしてたのがキュンとした。本編前のミカとアトラの交流が見たいぜ。でも今後のアトラの身を案じてしまうな。

「ジャスティス!ビシッとくるぜ!」
アスラン「お、そうだな」

私はテレビ番組を違法アップロードして鼠小僧は盗みを働いた!そこになんの違いもありゃしねぇだろうが!


テーマ : 機動戦士ガンダム 熱血のオルフェンズ
ジャンル : アニメ・コミック

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第4話「命の値段」 感想



アバンの
「また一緒に仕事だな」
「当たり前だな」
結構嬉しそうなミカが印象に残る。少年兵にとっちゃ仕事が終わったら仲間と死別する事が有り触れてそうだしね、などと思いながら見てたけど回想を見た後だと更に印象深くなった。

45%の手数料はボラれてるけど先行投資と考えればまあ……
無名の頃は実より名を取らないと次に繋がらないし。

何やらちょこちょこ出番が増えてきたライドが死にそう。

アニス・パワー
トウモロコシを収穫してる時のクーデリアのぽんこつっぷりよ。

地球の勢力図で気になったけどオーストラリアはコロニーでも落とされたんだろうか。円形の穴があったけど。

どこでもノブリスが薄い本の竿役扱いされてて笑う。
仕方ないね。まあ、裸の太ったおっさんが出てきたら仕方ないね。種付けプレスしそう。

双子が轢かれたと勘違いした時のミカの目がヤバい。
基本的には良い奴なんだけど、毎回毎回危うい面を見せてくるな。

マクギリスは早くも感づいてそう。阿頼耶識なんかはただの農家には必要ないしね。
許嫁が9歳で飴を常備してるからってロリコンの事を櫻井って呼ぶのやめてやれよ!





テーマ : 機動戦士ガンダム 熱血のオルフェンズ
ジャンル : アニメ・コミック

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第5話「赤い空の向こう」 感想





地球に向かうため、ついに火星を後にするクーデリアと鉄華団。迎えの船を待つため、シャトルで低軌道ステーションへと入港しようとするが、コーラルの率いるギャラルホルンの襲撃を受ける。

脚本:鴨志田 一 絵コンテ:大塚 健 演出:うえだ しげる キャラクター作画監督:しんぼ たくろう メカ作画監督:大塚 健


商売は信用が売り物と言った直後に売り渡すオルクス。
まあ、実績のない少年兵の集まりと世界を支配してるらしいギャラルホルンとどっちと繋ぎを取るかと言われたらね。

火星椰子から感じる百味ビーンズ臭。

月が見てみたいと言ったミカはクロスボーンガンダムのステラを彷彿とさせられた。
ってか月が霞んでるのか。∀の後だったりするのかな。そういや禿がレコンギスタは∀の500年後だと発言してたな。宇宙世紀の時系列が乱れる。

クーデリアとミカが良い感じだったけど押しかけ女房するアトラも負けてないな。
オルガがミカに話を振ってたし、鉄華団の中じゃもう公認なんだろう。

チョコレートの人、シャアっぽいポジションなのに髪を弄る癖はガルマっぽい。

クーデリアが出発する時に先に母親の事を言うのはある意味当然として、それでも父親にも触れる辺り売られたと察していてもまだ親子の情は捨てられないんだな。

ノブリスさん、前回の時と今回で顔というか雰囲気が違いすぎるよね。公式サイトのキャラ紹介を見るに今回の作画が正解みたいだけど。

トド、慌てふためくのも演技かと思ってたらマジだった。

インド王を渡してやる。

初の宙間戦闘を当たり前のようにこなすミカは半端ねえ。
いやまあ、ウィルオー・ザ・ウィスプを保有してた以上以前にも経験があってもおかしくないが。鉄華団の面々もイサリビを操縦してたし。
つーか阿頼耶識を使わずに戦ってた昭弘が凄すぎね?
でもまあ今後は厳しそうだしコクピットを換装したりするんだろうか。

実弾兵器や打撃武器での戦闘は泥臭くて良いね。
実戦経験豊富なベテランやエースがビーム兵器の一撃で撃破されるのも戦場の無常観があるけど。

「その名を冠する機体は、幾度となく歴史の節目に姿を現し、人類史に多大な影響を与えてきた」
メタな台詞でもあるな。

ミカの回避や資源衛星を利用してのイサリビの旋回、正規兵ではないが故の独創的というか型に嵌らない戦闘は見てて楽しい。

オルガの代わりに出撃するユージンは格好良かったな。これまで皮肉屋で目立った活躍がなかった好感度が上がった。
しかし次回予告でおぼっちゃんと言われてたのが気になる。実は結構裕福な家に生まれけど没落してCGSに、という過去でもあるんだろうか。

チョコレートの隣の人「火星人はぁ……火星に帰れ!」
ブラン・ブルターク「宇宙人は宇宙にいればよかったんだよ!」
オデロ・ヘンリーク「ウーイッグのお嬢さんは嬢ちゃんをやってりゃいいんだ」
御大将「庶民はぁ月にいればいいのだ!」
レナ・イメリア「ウチュウジンハオトナシクウチュウニカエリナサイ!」

テーマ : 機動戦士ガンダム 熱血のオルフェンズ
ジャンル : アニメ・コミック

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第6話「彼等について」 感想



ソロモンの72柱の悪魔の名前を冠したガンダム。
ヴァサーゴ
アスタロト
ハルファス
フェニックスは過去作で出てるよね。

不安がるアトラを励ますミカが悶えた。ヒロインオーラ全開だぜ。

木製圏を拠点にするマフィアのテイワズ。
ルーン的には火星と関係が深いんだよな、ティール。

アリアドネを使いこなすフミタンのスパイ疑惑が加速するぜ!
怪しすぎて逆に白という可能性も……

俺もクーデリア先生の授業を受けたい!
……これからどんどん減っていくんだろうな……

ミカが本を読めるようになりたいと言ったのが意外だった。
農場をやりたいという将来の夢をちゃんと持ってるのも良い意味で予想外。最終回では農業をやっててほしいが……

ミカの見てる前だと格好良いオルガ・イツカでいたいオルガはかなり心配。(ミカ、追いかけてこないかなー……)って顔が駄目だった。
いずれプレッシャーに押し潰されるかミカが自立を始めて拗らせるの二択じゃね?

マルバ再登場。イサリビの権利とか面倒な事になりそう。
しかしまさか犬の話題が再び出てくるとは思わなかった。雪之丞との関係からただの雑魚で終わりそうにないから期待。ガキの頃にMSを弄ったというのも繋がってくるのかな。


テーマ : 機動戦士ガンダム 熱血のオルフェンズ
ジャンル : アニメ・コミック

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第7話「いさなとり」 感想




テイワズの輸送部門を管理するタービンズと接触した鉄華団だったが、組織の成り立ちと資産を巡り、タービンズと対立することになってしまう。

脚本:鴨志田 一 絵コンテ:西澤 晋、寺岡 巌 演出:ヤマトナオミチ キャラクター作画監督:戸井田 珠里 メカ作画監督:有澤 寛



ラフタは日笠だったか。マリーの脚本だとM3とかにも出てたな。
スペースノイドにとっちゃ海老って高級品っぽそう。プラントでは海鮮ジョンゴル鍋がブームらしいが。

宇宙海賊からマフィアに転身したアセム。親子の杯とか完全にそっち系である。

オルガがミカを見た後で「これはチャンスだ」と言い出した時はもうどうしようかと。一部でユーチューバ―だと言われてるけどそれもやむなし。

「皆バラバラになるのは……やだな」
「っオルガ!」
「悪いなタービンさん」
(やべえ、絶対反応する)なビスケットの反応に笑ってしまう。
ただまあ、この時点で名瀬の提案に乗っても良いように使われるだけだよね。

筋とかケジメとか鉄華団も大概ヤクザっぽい組織。

外見はマッシュナー、声はウィルミット長官のアミダ。

ここを頼めるのはお前しかいないと言われて照れるユージンはちょろい。
ミカとの約束を果たそうとする昭弘もあれだし、鉄華団の人間模様は複雑。

MSの発進シークエンスを行えるフミタンは本当に何者なんだろう。

バルバトスのライフルの展開ギミックが格好良い。

ヤマギとノルバのシーンはなんだったんだろうね。義手とか?

阿頼耶識未使用で2機相手にする昭弘がエースパイロットすぎる。

(何をやればミカをわくわくさせられる……?……すれ違いざまに敵艦内に侵入、これだ!)
とか考えてたんじゃねえだろうな、オルガ。

マルバは墓穴を掘っちまったな。
まあ、バルバトスがテイワズによって第4形態に改装されるってのはプラモから明らかだったしね。

何が鯨魚取りなのかと思ったけど名瀬達の船がハンマーヘッドだからか?鮫だけど。



テーマ : 機動戦士ガンダム 熱血のオルフェンズ
ジャンル : アニメ・コミック

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第8話「寄り添うかたち」 感想


タービンズを率いる名瀬に鉄華団の力と正当性を見せたオルガ達は、あらためてテイワズとの交渉をもちかける。一方で、塞ぎ気味なクーデリアを連れてアトラはタービンズの戦艦を訪れる。

脚本:根元 歳三 絵コンテ:久藤 瞬 演出:久藤 瞬 キャラクター作画監督:赤井 方尚、坂本 修司、中島 渚 メカ作画監督:久壽米木 信弥



電子戦が得意なダンテ。
ビスケットといい鉄華団のメンバーは少年兵とは思えないほど一芸に秀でた奴がいるな。

可燃性のガスで火器封じ。ゼッフル粒子かな?

名瀬、子持ちだったんだな。そりゃ子供に阿頼耶識を埋め込んだマルバを嫌うよね。
女好きのキャラで子沢山ってあんまり見ない気がする。OPでハーレム増えてたな。

オルガも大概だけど役に立てなかった事を気にするミカも重い。この二人、放っておくと危ない気がする。
その辺は名瀬さんが上手くやってくれそうだが、同時に死亡フラグがすげー勢いで積み重なってる。
情も甲斐性もあって頼りになる大人とかどんな形にしろ退場しないと主人公が目立たないし。

次回予告で噴く。
和服で杯とか完全に任侠物じゃねーか!

テーマ : 機動戦士ガンダム 熱血のオルフェンズ
ジャンル : アニメ・コミック

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第9話「盃」 感想




テイワズの代表、マクマード・バリストンに会うため、名瀬に連れられてテイワズの本拠地である歳星を訪れる鉄華団。そこでオルガは名瀬から意外な提案を受ける。

脚本:岡田 麿里 絵コンテ:大橋 誉志光 演出:池野 昭二 キャラクター作画監督:大貫 健一 メカ作画監督:大張 正己




スミルノフ大佐!なんであなたが極道なんかやってんです!?

貫目とか若い衆とかとてもガンダムで出てくる単語とは思えない。バルバトス第4形態のあれも長ドスだったんだな。
カンノーリとかはイタリアンマフィアっぽいけど。

良い奥さんになれると言われて喜ぶアトラは可愛かった反面、肉を食べた事がないって辺りで育ちの辛さを感じさせるな。

罪のある子供なら手にかけてもいいですよね、と言い出したアインはもう駄目だ。

マクマードの親父はクーデリアに考える時間を与えずに自陣に引き込もうとしたんだろうけどミカに阻まれたな。
大事な決断だからしっかり考えさせようとしたミカを気に入ったみたいだけど。上司の上司相手に物申せる度胸も好んでそう。

不器用ながらも家族サービスに勤しむオルガには和む。未熟な面もあると死亡フラグが減った気がする。
オルガを支えようとするミカとビスケットの構図が好き。

メリビット・ステープルトンはどこの所属だろう。ガンダムで田中理恵だと身構えてしまう。

戦艦の管制が出来るただのメイド。

ライド死にそう……
見直して気付いたけどオルガが持ってきた食い物を頑張って取ってのはその為か。

ヤマギはまさか本当に……

御留我威都華
名瀬蛇亞瓶
三日月王我主
なんか極道というより暴走族みたいだ。過去作にも我道走とかいたけど。

今回の話でバリを呼んだのはもったいない。


テーマ : 機動戦士ガンダム 熱血のオルフェンズ
ジャンル : アニメ・コミック

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第10話「明日からの手紙」 感想






仲間と別れるのが寂しいと素直に告げるミカ。こういう年相応な所があるのは安心する反面、どこか物悲しい。

身寄りのない仲間を気遣うビスケットは良い奴だぜ。

家族からのメールより女からとか優しさとか愛情を求める点とか以前の次回予告とか、ユージンの家庭環境が気になるんだよね。深読みかもしれないが。

妹を学校に入れてやりたいビスケットやタカキはスパロボやGジェネでジュドーと絡みそう。
タカキは次回で死にそうだけど。いっそこの仕事が終われば収入で妹を学校に行かせられるとか、妹から貰った何かが壊れるとか、死亡フラグを乱立させると逆に安全だったんだが。マクロスFのオズマみたく。

ヤクザーの姫
敵か味方かメリビット・ステープルトン。しかし絶対ニナ・パープルトンを意識してるだろ、スタッフ!

アバンでミカとクーデリアがお似合いだと沈んでた時は負けヒロインの気配を察したが気のせいだった。家族の事で落ち込むクーデリアを励ますアトラは良い子だなー、と思った直後にあれだよ。
ミカとクーデリアの両方を手にしようとするアトラさんっぱねえっす!
まあ、サンライズには旦那と妻を同時に手に入れた屑姫様という偉大な先人もいるしね。
ああいう出会いならアトラが店を辞める時も女将さんは事情をすぐに察してくれたんだろうな。

昭弘の弟は敵として登場しそう。

チャドの霊圧が消えた……?



テーマ : 機動戦士ガンダム 熱血のオルフェンズ
ジャンル : アニメ・コミック

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第11話「ヒューマン・デブリ」 感想

哨戒に出ていた昭弘とタカキは、正体不明の敵と遭遇し戦闘状態に入る。襲撃者の正体は火星から地球にかけて活動する海賊のブルワーズだった。

脚本:鴨志田 一 絵コンテ、演出:綿田 慎也 キャラクター作画監督:しんぼ たくろう メカ作画監督:阿部 慎吾


敵の機体を盾にするミカの合理的だけど冷徹な判断好き。

グシオン総監がMSに……

船医も乗せずに惑星間航行。
放送前はオルガは兄貴分だと思ってたけど、壁にぶつかりながら成長する正統派主人公っぽい立場だった。

アインはどんだけ拗らせてるんだろう。

カバヤンはファンタジー系のエロゲに出てきそう。

昭弘は結果的に弟と仲間の天秤で仲間を取る形になってしまったな。これが昌弘との関係に影を落とさなければいいが。
昌弘達はオルガのいない参番組の姿だったのかもしれない。

クーデリアは善意の人だから何も出来ないのは辛いだろうけど、自分の力が及ばない事があると自覚してそんな時でも出来る事を探せるようになるのは大切。

鉄の子宮が必要そうな人が出てきたな。

アルミリアたん萌えー
ロリかくましと婚約者とか許されざるよ。
口は悪いけど妹の事を大事に想ってそうな隣の人と表面上は優しげだけどいざとなったら切り捨てそうなマッキー。
しかし、マッキーと聞くと「すごく・・・一撃必殺です」な人やMACの戦闘機が思い浮かぶ。

皆で「昌弘を助けようぜ!」となる鉄華団は本当に良い集団。

タカキは死ぬもんだとばっかり。嬉しい反面、仲間を殺された向こうと溝が。

トドが密かに暗躍してやがる。
結構人脈があって、侮っていい相手ではなかったな。


テーマ : 機動戦士ガンダム 熱血のオルフェンズ
ジャンル : アニメ・コミック

プロフィール
リンクフリーなのでお気軽にどうぞ。

Author:とうゆき

 
最新記事
カテゴリ
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる