ブログパーツ

がっこうぐらし! ♯1「はじまり」 感想


大丈夫?ニトロのアニメだよ?

学校に寝泊まりする“学園生活部”の4名、ムードメーカーのゆき、シャベルを愛する(?)くるみ、皆をまとめるりーさん、しっかり者の後輩みーくん。おっとりとした顧問のめぐねえに見守られながら、朝ごはんに乾パンを食べたり、屋上の菜園でプチトマトを収穫したり、部屋から逃げ出した犬“太郎丸”を追って学校中を走りまわったり……時に大変なこともあるけれど、それ以上に楽しさがあふれている、みんなと一緒に暮らす日々――
彼女たち“学園生活部”は、今日も元気いっぱい活動中!
「わたしたちは ここにいます」


ゆきとくるみ、りーさん、みーくんの4人は「学園生活部」の仲良しカルテット。学園で寝泊まりする部の目的は「授業だけでは触れられない学園のさまざまな部署に親しむ」こと! 今日も、おいしいパスタに舌鼓を打って、園芸部の屋上庭園でプチトマトの収穫に励んだり、授業で居眠りしたり。なんだかんだと賑やかに毎日を楽しんでいる。そんなある日、学園生活部のマスコット的存在、柴犬の太郎丸が行方不明に。学校中を探してまわるゆきたちだったが……?


脚本:海法紀光 絵コンテ:安藤正臣 演出:安藤正臣

不意に「果たして、無事に明日、部室で会えるかどうかは、誰にもわからない」というフレーズが頭を掠めた。
確か原作1話の頃にも話題になってたような。それ抜きでもアニメ中ちょこちょこ不穏な描写が、それこそアニメだというのを差し引いても違和感のある描写があったから聡い視聴者は気付いてそう。
「君と彼女と彼女の恋。」も普通のエロゲと思わせて……だったしニトロはこういうの好きだね。まどかマギカも最初は普通の魔法少女物を装ってたし。

なんつーか、脚本勢がTRPGとか聖杯戦争をおっぱじめそうな面々。この人らが書く本当の日常物もそれはそれで見てみたかった。
東出さんは元々ニトロスタッフと交流があったと思うし、桜井女史は灰燼のカルシェールでニトロとコラボってたな。三輪さんはレッドドラゴンに関わってるし小太刀さんは三輪さんの友達だし、深見さんはPSYCHO-PASSからかな。この業界って横の繋がりが強いよね。






原作:海法紀光(ニトロプラス)×千葉サドル(芳文社『まんがタイムきららフォワード』連載)
監督:安藤正臣
脚本プロデュース:ニトロプラス
シリーズ構成:海法紀光(ニトロプラス)
キャラクターデザイン:飯塚晴子
脚本:海法紀光、小太刀右京、桜井光、東出祐一郎、深見真、三輪清宗、森瀬繚
総作画監督:黒澤桂子、飯野誠
プロップデザイン:市川美帆
かれらデザイン:廣瀬智仁
色彩設計:南木由実
撮影監督:芹澤直樹
美術監督:横山淳史(草薙)
美術設定:金平和茂(草薙)
CGIディレクター:西入俊雄(ラークスエンタテインメント)
音響監督:明田川仁
アニメーション制作:Lerche

【MUSIC】
[オープニングテーマ]
学園生活部/ふ・れ・ん・ど・し・た・い
丈槍由紀(CV.水瀬いのり)、恵飛須沢胡桃(CV.小澤亜李)、
若狭悠里(CV.M・A・O)、直樹美紀(CV.高橋李依)
[エンディングテーマ]
黒崎真音/ハーモナイズ・クローバー

【CAST】
丈槍 由紀 役 水瀬いのり
恵飛須沢 胡桃 役 小澤亜李
若狭 悠里 役 M・A・O
直樹 美紀 役 高橋李依
佐倉 慈 役 茅野愛衣
太郎丸 役 加藤英美里
祠堂 圭 役 木村珠莉



続きを読む

テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

がっこうぐらし! ♯2「おもいで」 感想

今日も、朝から元気にカレー!
いつもと変わらぬ朝を迎えた「学園生活部」の4人。
食事を済ませたゆきは、めぐねえの指導のもと、国語の補習授業を受けることになる
のだった。しかし、窓の外はすっかり夏の気配。
海に行って花火を遊んで、スイカ割りを楽しんで......。これから始まる夏休みに胸を
ワクワクさせるゆき。そして、夏といえばやっぱりキモ試し!
部室に戻ってきたゆきはさっそくほかの3人に、今夜、キモ試しをやろうと持ち掛ける
のだが......。


ぞんぞんびより2話、はっじまるよー!
OPの映像がちょこちょこ変更されてたけど歌はそのままだから違和感が半端ねえ。でも「私達はここにいます」はファフナー的な意味に聞こえるようになった。

ハッサンさえいればゾンビなんて一網打尽なのに……なあ、トッシー?

原作ではゾンビ化して殺されるらしい太郎丸だけど、ドッグフードがなくなって介錯される未来が見えた。

ゾンビといえばショッピングモールだな。

時雨(ときどきあめ) 五月雨(ごがつあめ) 梅雨(うめあめ) 村雨(むらあめ)
ゆき君!艦これをやろう!(ダイマ)

「一人だけなら……いける(ニトロヒロインの風格)」
なんかの作品にもいたな。ターゲットがコーヒーを美味そうに飲んでるのを見て殺せなくたったスナイパー。相手が自分と同じ人間だったと突きつけられると躊躇っちゃうよね。

境ホラの骸骨には生前の記憶があってエロゲに群がってたな。

「これはもしや、私だけ一人で皆帰っちゃうパティーンですか?」
可愛い演技だぜ(シチュエーションから目を逸らしながら)

「科学の勝利だよ!(黄金王並の感想)」

コップと椅子がないしみーくんの挨拶が遅れてるからめぐねえは架空の存在なんだろうが、ゆきの頭の中に住んでる妖精的な存在だったりするんだろうか。あるいは心という器にひびが入る前のゆきの精神の顕現とか?1話の黒板を見ると頭は結構良かったっぽいんだよね。
りーさんはめぐねえがいるから大丈夫、みたいな事を言ってたし実際口を塞いで声を出さないようにしてたが……


続きを読む

テーマ : がっこうぐらし!
ジャンル : アニメ・コミック

がっこうぐらし! ♯3「あのとき」 感想

今日は、全校停電の日。料理を作ることも、シャワーを浴びることもできず、
なんとなく暗い雰囲気の4人だが、ゆきが「キャンプをやろう!」
と言い出したことをきっかけに、いつもの元気を取り戻す。
部室にテントを張り、夜遅くまでおしゃべりで盛り上がる4人は、
いつもとはちょっと違う時間を過ごす……。
一方、学園生活部の顧問を務めるめぐねえは、
「あの日」のことを思い出していた。
いつも通りの毎日が当たり前じゃないと気付かされた、「あの日」のことを。

脚本:桜井光 絵コンテ:木野目優 演出:木野目優 総作監:飯野誠


灰燼のカルシェール、始まるよ~
今回の脚本は桜井女史。冥闇のケルネテルや緋星のバルトゥーム-What a beautiful starlight-も期待してます。

将陵先輩のメッセージを聞く竜宮島の住人の如き心境で視聴開始。

Aパートは一見すると新人教師の奮闘ものだけどパトカーや救急車のサイレンとかテレビの映像が不穏すぎる。
72歳の転校生がいればこんな事には……

心という器に罅が入る前からゆきってお馬鹿キャラだったのな。
思い返すと「最近、学校が好きだ」「最近」なんだよな。陰口を叩いてた子と妄想の中で仲良いっぽいのがきつい。

ゆきとりーさんとくるみって事件前まで面識なかったのか。意外。

血液感染はなさげか。まあ、明さんも散々浴びてるのに無事だしね。
失恋話を思い出させるのはやめてさしあげろ。この時、くるみとりーさんの目配せが意味深。ゆきがどこまで正気か測ろうとしたんだろうか。

オークが命を失った

回想とゆきの妄想の中のめぐねえの後ろ髪は長くて遺書を書いてる時とラストでは短いね。




続きを読む

テーマ : がっこうぐらし!
ジャンル : アニメ・コミック

がっこうぐらし! ♯4「えんそく」 感想

まだみーくんと出会う前の、ある日のこと。朝からご機嫌なゆきは、前の日の夜、とっておきのアイデアを思いついていた。そのアイデアとは、学校の外へ「遠足」に出かけること! 「学校行事なら外に出たことにはならない」と主張するゆきに押し切られる形で、くるみとりーさんも遠足に同行することになってしまう。目的地は、郊外にあるショッピングモール。入念に計画を立て、めぐねえの車を借りて、学校の門を出ようとするが……。

脚本:深見真 絵コンテ:松林唯人 演出:矢野孝典 総作監:飯野誠/黒澤桂子


今回は深見真か。ハーメルンで「疾走する若い元殺し屋の秘密と青春」を読み直してくるか。ヤングガン・カルナバルとシークレット・ハニーのクロスオーバー。

手描きの方が良い卒業アルバムになる。ってのはどういう意図なんだろう。遠足に関しては物資補給だろうけど。単純にカメラや編集するパソコンがないからかな。

ゾンビといえばショッピングモール。
広くて色んな物があるから作劇的にやりやすいんだろうね。
エスカレーターの下で下敷きになってるというのがえぐい。そういやシンフォギアのライブ会場のあれもノイズより逃げようとした人同士の被害が大きかったんだよな。

太郎丸との付き合いが一番長いのがみーくんなのが意外だった。回想の頃は懐かれてたけど中盤怒鳴ったのが原因で嫌われたっぽい?

学園黙示録の海外連中は日本に核をぶっぱなしてたな。

車の鍵を渡すのがゆきなのが細かい。

圭は恐らくもう……
ゆきのお蔭で明日も良い事があると思えた学園生活部と絶望した圭の差が明暗を分けた……と思ったが単純に物理的な戦闘力の違いだったかもしれない。




続きを読む

テーマ : がっこうぐらし!
ジャンル : アニメ・コミック

がっこうぐらし! ♯5「であい」 感想


「遠足」に出かけたゆきたち。彼女たちが向かったのは、郊外にあるショッピングモール、リバーシティ・トロン。そこで地下の食料品売り場に下りたくるみは、一匹の犬と出会う。それは、のちに「学園生活部」のマスコットとなる太郎丸だった。さらに太郎丸と一緒に探索を進める彼女たちは、モールの5階でひとりの少女と出会う。その少女とはほかでもない、このモールで籠城生活を続けていたみーくんだった。

脚本:東出祐一郎 絵コンテ:松林唯人 演出:新子太一 総作監:飯野誠/黒澤桂子



おはよーねぼすけー朝だぞー

りーさんは渋い趣味をお持ちで。

防犯ブザーの所は流石にちょっとうざく感じてしまったな。みーくんを助けた事でテノヒラクルーしたけど。
あの時のゆきは助けようという発想があったから正気だったよね。過去を思い出して現実に擦り切れそうになってるゆきを見るのは辛い。
みーくんはゆき達が来てくれなかったら限界だったな。圭がいてくれたらまだ気分転換出来たんだろうが。

感染したら迷わないでほしいという指切りとか本当やめてほしい。
九鬼先生ー!なんとかしてくれー!

続きを読む

テーマ : がっこうぐらし!
ジャンル : アニメ・コミック

がっこうぐらし! ♯6「ようこそ」 感想



脚本:三輪清宗 絵コンテ:飯野誠 演出:江副仁美 総作監:飯野誠

今回の脚本は下手なアニメキャラより濃い三輪さんか。

ゆきにため口のみーくん、同級生か後輩だと思ってたね。

ツンデレ犬太郎丸。

めぐねえと話してるゆきを見るみーくんの目が1話終盤のそれと同じだ。
りーさんやくるみちゃんは傍にいてあげて。いきなり二人っきりでゆきに付き合わされるのはSAN値がピンチ。

「治るとか、治らないとか、そういうものじゃないのよ」
りーさんのこの発言で「ひえっ……」となった。まあ、ゆきの面倒を見る事で上手くいってる面もあるんだろうけど。

めぐねえ、前に子供達を守るという旨の事を言ってたけど、ちゃんと守ったんだな。

特殊EDは未来日記のEDみたいだ。これは涙腺に来る。
次回予告もまた……








続きを読む

テーマ : がっこうぐらし!
ジャンル : アニメ・コミック

がっこうぐらし! ♯7「おてがみ」 感想




「ゆく河の流れは絶えずして、しかももとの水にはあらず……」。古典が苦手なゆきは、今日もひとりで授業の居残り。そんなゆきにみーくんは、勉強のお手伝いを申し出る。『方丈記』の一文を読みながら、古典が「昔の人から送られた手紙だ!」と気付いたゆきは、興奮を隠せなかった。そんなある日、部室を整理中に一同は、レターセットを発見。ゆきの発案で学園生活部の4人は、学校の外にいるかもしれない誰かに向けて「手紙」を書くことにするのだった。


脚本:小太刀右京 絵コンテ:許平康 演出:許平康 総作監:飯野誠



OPからめぐねえが消えてる……

???「お前達がうどんの一体何を理解したというんだ?」
???「科学の勝利だ」
同じものが見えなきゃ真の仲間にはなれないな。


ゆきが曖昧な状態から正気に戻るのがきつい。
郵便局が外にあるから躊躇してる辺りは完全に状況を把握してるよね。

緑の色鉛筆「あれ?」

アルノー鳩錦二世というネーミングが面白い。







続きを読む

テーマ : がっこうぐらし!
ジャンル : アニメ・コミック

がっこうぐらし! ♯8「しょうらい」 感想






太郎丸が緑色の藻にまみれて帰ってきた! なんと太郎丸は、屋上にある池で泳ぎまわっていたらしい。太郎丸をシャワーで洗うついでに、洗濯を済ませてしまうことにするゆきたち。晴れ上がった屋上で肩を並べ、風に揺れる洗濯物を眺めながら、4人は学校を「卒業」した後の、自分たちの将来について語り合う……。そしてその夜、寝付けないみーくんが部室を訪れると、そこにはりーさんの姿が。彼女の手には、めぐねえが残していった鍵が握られていた。

脚本:三輪清宗 絵コンテ:木野目優 演出:伊藤史夫 総作監:飯野まこと 黒澤桂子


キシャー……富士見ファンタジア……うっ頭が……

ゆきやくるみちゃに洗ってもらう太郎丸。変わってくんないかな。

ゆきの胸をガン見するみーくん。

くるみちゃんがお嫁さんについて語ってる時胸が苦しくなる。

回想のめぐねえの二人称が「丈槍さん」
ゆきと話してる時のめぐねえは「ゆきちゃん」
教授!これは一体!?

「紙じゃん!」の所でギャグマンガ日和のシール回を思い出した。
今時の子はポラロイドカメラ知らないかぁ~と呑気に思ってたらりーさんのメンタルがやべえ事になってた。高校生が友人の命を背負う事になったら仕方ないが。

ゾンビの発生を予期していたかのように充実してる設備。物語の都合かと思ってたら作中で理由があったんだな。
職員用緊急避難マニュアルだの生物兵器だの穏やかじゃねえぜ。アンブレラ社最低だな。



続きを読む

テーマ : がっこうぐらし!
ジャンル : アニメ・コミック

がっこうぐらし! ♯9「きゅうじつ」 感想



「みんな、お掃除しよう!」。部室に飛び込んできたゆきが、手にしていたのはデッキブラシ。彼女の発案で、4人は屋上の池を掃除することになる。貯水槽の魚たちを網ですくい上げた後、泥だらけの底をブラシでゴシゴシ。そうしてキレイになった池のなかで、ゆきたちは水遊び! ビーチボールに水鉄砲、そして水風船にフリスビー……。4人は時間を忘れて思いっきりはしゃぐのだった。

脚本:森瀬繚 絵コンテ:大原実 総作監:飯野まこと黒澤桂子



極限状態だからこそ日常を大事にしないとね。

りーさんの「駄目なんだからね」が可愛かった。

†風船爆弾の魔術師†
†地獄のお騒がせ娘†
僕と契約して魔術師になってよ!

水風船を割らずにスコップで跳ね返す。消力だな。

ラジオでCROSS†CHANNELが頭を掠めた。音に反応する太郎丸をもふりたい。

地下の避難区画って不穏だなぁと思ってたらこれだよ。
太郎丸もみーくんと和解したのがヤバい。

続きを読む

テーマ : がっこうぐらし!
ジャンル : アニメ・コミック

がっこうぐらし! ♯10「あめのひ」 感想


外は雨。いつものように部室に顔を揃えた4人だが、そこには太郎丸の姿がなかった。食事にも戻ってこない太郎丸を心配して、校内を探索することになるくるみとゆき、そしてみーくん。太郎丸が残した足あとを追っていったくるみは、バリケードを乗り越え、学校の1階へと足を踏み入れるのであった。


脚本:桜井光 絵コンテ:大原実 総作監:飯野まこと黒澤桂子




外で夕立が降り出したっぽい?

ゆきがドッグフードを食べるんじゃないのかと思うりーさんとみーくんは地味に酷い。更にくるみ、君もか。
親しいが故の気安さだろうけど。

OPが微妙に変更されてるな。こっそり変えるな。

泣いてばかりいた頃のゆきちゃんを見たい嗜虐心。

くるみちゃんが噛まれりーさんは追いつめられみーくんは太郎丸の事で不安定、ゆきちゃんは正気に戻る兆候があり。そしてゾンビが校内に侵入。
前回と打って変わってハードモードすぎやしませんかね?


続きを読む

テーマ : がっこうぐらし!
ジャンル : アニメ・コミック

がっこうぐらし! ♯11「きずあと」 感想





突然の豪雨を避けるように《かれら》が殺到すると同時に、停電で真っ暗になってしまった校舎。
学園生活部が拠点にしていた3階にも、ついに《かれら》の群れが押し寄せ始める。
《かれら》に噛まれ、意識を失ったくるみを前に、りーさんは来るべきときを覚悟する。
一方、地下の避難区画に薬を取りにいこうとしたみーくんだったが、太郎丸が《かれら》と化してしまった事実にそれまで張りつめていた気持ちが折れ、思わず座り込んでしまう。
ゆきはそんな彼女を引きずるようにして、なんとか部室へと逃げ込むのだが……。

脚本:深見真 絵コンテ:外山草 演出:江副仁美 総作監:飯野まこと黒澤桂子



絶望的だった前回の引きに続き、チョーカーの子が出てきて破滅に向かい突き進む運命。
怯えるみーくんを励ますゆきちゃんの頼もしさよ、と思ったら発電施設がぶっ壊れてやはり破滅にry

みーくん(私が守護らないと)
みーくん奮戦は燃える反面、不安が増大。

めぐねえ、車を駄目にされた事を許さなかったから噛んだのか……

「私、行かなきゃ」
時は止まるはずもなく~♪
現実を突きつけられるのを見るのは辛かったけど現実を直視しての覚醒はテンション上がるな。

ゆきの笑顔は皆に元気をくれる。
???「辛い時にこそ笑え」
???「笑顔です」
???「皆に笑顔を……」
曖昧な状態で常に明るかったのは笑顔を頑張るとめぐねえと約束したってのもあったんだろうか。





続きを読む

テーマ : がっこうぐらし!
ジャンル : アニメ・コミック

がっこうぐらし! ♯12「そつぎょう」 感想



押し寄せる《かれら》の群れに、絶体絶命のピンチに陥る学園生活部のメンバーたち。教室に籠城するみーくんは、親友の圭を思い浮かべ、一方、衰弱するくるみを前にしたりーさんは、手にした包丁を強く握りしめる……。その頃、ゆきはめぐねえの幻に背中を押されるように、放送室を目指していた。《かれら》の群れを振り切り、ついに放送室へとたどり着くゆき。マイクのスイッチを入れたゆきが語りかけた言葉は……。

脚本:海法紀光 絵コンテ:許平康 演出:許平康 総作監:飯野まこと黒澤桂子



「今学校にいる皆、こんにちは。ありがとう……さようなら…………また明日」
下校放送は予想外だったけど、これまでちょくちょくゾンビ化しても生前の習慣に従ってると言われてたから納得出来る展開だ。
まあ、翌日登校してこないの?とは思ったけど。土曜日だったんだろうか。

太郎丸……太郎丸ぅ!お前って奴は……
ファフナーのプクといい犬関係は涙腺を直撃する。

「私……皆の先生で良かった……」
めぐねえも救われてほしかった。
そして圭も駄目だったか……ゾンビになっても学校に向かってたのが切ない。



話は逸れるけどハーメルンで二次が結構あって驚いた。
よく考えると女の子がいっぱい出て非日常要素があってオリ主が活躍出来る土壌はあるんだよな。
めぐねえと太郎丸の救済はよ。ユートと勝鬨ならきっとなんとかしてくれる!






続きを読む

テーマ : がっこうぐらし!
ジャンル : アニメ・コミック

プロフィール
リンクフリーなのでお気軽にどうぞ。

とうゆき

Author:とうゆき

 
最新記事
カテゴリ
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる