ブログパーツ

それが声優! 第1話「アフレコ」 感想

一ノ瀬双葉は、デビューしたての新人声優。
けれど今のところ、特に際立った個性もなく、残念ながら仕事もほとんどない。
アルバイトで生計を立てながら、試行錯誤の日々を送っていた。
そんなある日、双葉は、TVアニメ『仏戦士ボサツオン』のアフレコスタジオで、
自分と同じ新人声優、萌咲いちごと小花鈴と出会い――。
現役声優である私、浅野真澄が、今までの経験と膨大な取材をもとに、
好きなことを仕事にしようと格闘する女の子たちの日常を、楽しく、生々しく書きました。
声優になりたいあなた、声優・アニメファンのあなた、進路に悩むあなたにこそ見てほしい。
誇張もディフォルメもないリアルな私たちの姿、きっと楽しんでもらえるはずです。


原作者 あさのますみ/浅野真澄





開幕野沢雅子さんで笑ってしまう。その後に西村知道さんも豪華すぎる。
そして役名がエイジがすずむらってグラヴィオンかよ。

石田は挨拶に来られるのを面倒臭がってるらしいな。

いちごのキャラ付けを見てゆうこりんを連想するかうさみんを連想するかで世代やらなんやらが解りそう。

鈴の声優、最初はまいまいかと思ったら違った。
沢城みゆきも中学の頃から声優で浪川大輔や名塚かおりや悠木碧は小学生の頃から子役だっけ。仮面ライダー555で真理の子供時代をやってたね。
花澤香菜は園児の頃からだっけ。

ギドウ「俺は後悔してない→俺はドリアン以外食べない」
ソードマスターヤマトかよ。

ホライゾン1話の台本持ってるけど確かにちょこちょこ訂正があったな。あれはまあ、尺がきっつきつだからなおさらだな。

壊れて捨てられたロボットの普通とか巨乳の声とか声優は大変だ。
声優個人ならまだしもシーン毎の録り直しだとスタジオ内がギスギスするんだろうな。

「残酷な天使のテーゼ」が始まって「!?」となった。






監督:博史池畠
シリーズ構成:横手美智子
キャラクターデザイン:佐々木政勝
プロップデザイン:高瀬さやか
美術デザイン:イノセユキエ
美術監督:小野智広
色彩設計:歌川律子
撮影監督:林コージロー
編集:廣瀬清志
音楽:橋本由香利
音響監督:本山哲
アニメーション制作:GONZO
音楽制作:EVIL LINE RECORDS


オープニングテーマ「それが声優!」
作詞 - あさのますみ / 作曲 - 佐々倉有吾 / 編曲 - 横山克 / 歌 - イヤホンズ(高野麻里佳、高橋李依、長久友紀)
エンディングテーマ「あなたのお耳にプラグイン!」
作詞・作曲・編曲 - エンドウ.(GEEKS) / 歌 - イヤホンズ(高野麻里佳、高橋李依、長久友紀)

一ノ瀬双葉:高橋 李依
萌咲いちご:長久 友紀
小花 鈴:高野 麻里佳


続きを読む

テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

それが声優! 第2話「オーディション」 感想

今日も一日がんばるぞい!
白石稔もココイチでバイトしてたっけ。

刺身にタンポポを乗せる仕事。食品工場はギスギスしているとよく聞くね。
誰でも出来る仕事だからあれな人が多いとかなんとか。

視聴者「なんで?家に送ってもらえばいいじゃない」
送料をケチってるんだろうか。

今日のゲスト声優は神谷浩史か。
今期も色々出てるよね。監獄学園とかWORKINGとかうーさーとかミス・モノクロームとか。
猫にかこつけておっぱいをガン見するアジア。

七色の巨人、進撃の巨人だけじゃなくて七つの大罪も元ネタっぽい?

じょーじは原作全部読破するらしいな。
境ホラやFate/Zeroは実際に買ったって話を聞いたけど、アマガミみたいなゲームはきっちりプレイしたんだろうか。薄桜鬼や戦国無双やTOAは原作の段階から声やってたから別として。

就職の面接とかだと採用者が断った場合に備えて次点の人間に連絡しない事があるらしいが、声優のオーディションの場合はそういうケースはあんまりなさそう。

仕事があるだけでも凄いとか落ちた原作で本棚が埋まるとか査定の話とか、原作がますみんだけあって切実すぎる。

音響監督のセメントさはソードマスターヤマトの富田さんを彷彿とさせる。

枕営業の品定め?

続きを読む

テーマ : それが声優!
ジャンル : アニメ・コミック

それが声優! 第3話「WEBラジオ」 感想

双葉の慣れてない演技が上手いな。

WEBラジオは低予算で出来るから色んな所がやってるね。星を継がないものとか聞いてた。
松岡君は色々伝説を生んでるよね。

親戚一同にTwitterをフォローされるとか他のフォロワーとやりとりするとか死にたくなる。
これはこれで新機軸のファン交流になりそうだけど。

一度オンエアに乗った不用意な発言は消せない。
アニたまどっとコム standard まるなげ♪のあれとかな。

実際ゆかりんのラジオトークは面白い。

グダグダしてるラジオ収録が見てられねえ……
プライベートでの会話を出来ていればな。ディレクターも大変だ。

自分がメインで出演したアニメが放送されるのって嬉しいだろうな。恥ずかしいだろうけど。

EDはC3の「Endless Story」か。ゆかりん繋がりだな。





続きを読む

テーマ : それが声優!
ジャンル : アニメ・コミック

それが声優! 第4話「ユニット」 感想

進撃……もとい七色の巨人のオーディンション落選。まあ、正直下手な演技だったしね。そう演じてたんだろうが。

ボサツオンの声って銀河万丈さんだったのかよ。
後ろから撃ち抜かれたのってギレンもだな。
死ぬ時も全力。大御所と呼ばれるくらいまでこの業界でやってきた人は言う事が違うぜ。

極端な話、3ヶ月おきに就職活動しなきゃ駄目とか精神的にかなりきついな。少なくとも自分では耐えられない。
そういやキタエリはフレッシュプリキュアで美希たん役になった時は本当に喜んだらしい。1年間レギュラーを確保出来るから。逆に生天目仁美なんかは1年間のスケジュールを開けてドキドキプリキュアのオーディションに挑んだらしいが。

ナレーションの仕事って結構割が良いって聞くけど現実ではどうなんだろう。収録時間当たりの収入は良さそうだけど、逆に言うと単発だしな。

3話で退場……マミさん的な。

アニメの打ち上げパーティーと聞くと以下のコピペが思い浮かぶね。
>打ち上げ会場はまさに葬式の雰囲気
>局と代理店の人間は乾杯の後まもなく姿を消し
>まばらな参加関係者の間ではひそひそと密談が展開される
>憮然とした表情で痛飲した監督がついに机をひっくり返し
>制作進行の女子がヒステリックに号泣し
>シリーズ構成の脚本家はトイレ個室で煙草を吸いつつ
>この悪夢が早く終わることを天に祈る
>制作Pが半べそをかきながら壇上で土下座をするという最高のエンディング
>これがスターシップオペレーターズの顛末である

大事な話と言われてお菓子を貰えるかと思う鈴ちゃんは可愛い。簡単に騙されそう。

うどんの国……うどん王国……尻からうどん……うっ頭が……

リアルのイヤホンズもそうみたいだけど、他のプロダクションの声優とのユニットの担当って打ち合わせとかが面倒だろうな。ゆいかおりやスフィアなんかは同じ事務所だけど。

それdけっはyめて~!!!
いちごちゃん、本人のあずかり知らぬ所でファンが増えてそう。芸人的な人気かもしれないけど。



続きを読む

テーマ : それが声優!
ジャンル : アニメ・コミック

それが声優! 第5話「イベント」 感想



今回はいちご回。
WEBラジオが始まって声優業が順風満帆に見えたけど、それってつまりバイトの方は疎かになったって事だし、クビになる事もありえるか。でも1ヶ月前に通達しないと駄目じゃないっけ?

生存活動に直結するから電気やガスと比べて滞納してても水道はなかなか止まらないんだったか。

ほっちゃーん! ほ、ほーっ、ホアアーッ!! ホアーッ!!
今回のゲストはゆりえほい堀江由衣。
野暮ったい格好してるけど、リアルでもそうなんだろうか。本人に演じてもらっている以上、そう実態とかけ離れているとは思えないが。モーレツ宇宙海賊のクーリエみたい。

ステージでのいちごのテンパりっぷりは見てる方もきつい。それでも後半は緊張も解れたよう……と思ったらお辞儀がワンテンポ遅れてた。

娘を応援する父親というシチュエーションに弱い。いちごが無理してると察してそうだよね。
でもこの親父、娘の恥ずかしい写真をネットに公開してるんだよな。

EDの映像が無駄に凝ってる。つーか完全にシスプリ。
シスプリの「Love Destiny」は一時期狂ったように聞いていた記憶がある。



続きを読む

テーマ : それが声優!
ジャンル : アニメ・コミック

それが声優! 第6話「PV撮影」 感想





序盤~中盤は思いの外順調だと思ったけどそんな事はなかったぜ!

アニメ化でドラマCDの時とキャストが違う。あるある。ドラマCD版を気に入るとちょっと切ない気分になるよね。
それだけならまだしも鈴ちゃんが選ばれたのはきつい展開だった。双葉にはWikipediaのページがないのも地味にくる。
「ラジオも手馴れてきたなー」と呑気に思った直後にあれだよ。それなりに人気ありそうな原作だから一部のリスナーは「あっ……(察し)」ってなったんだろうな。2chとかでネタになってそう。

それはそれとして甘えすぎだと思ってたらヒカリさんがビシッと言ってくれた。
声優が夢を見るんじゃねえ!ファンが夢を見るんだ。

サブタイのPV撮影だけど、振付師に教えてもらえる時間が短くて自主練って大変だな。逆に言うと人気ある人を付けてもらえたんだろうけど。

ED、戻して(真顔)
まあ次回には戻ってそうだけど。
ってか作詞はますみんか。飽くなき印税を求める姿勢好き。アニメは成功報酬だけど印税は別なんだっけ。








続きを読む

テーマ : それが声優!
ジャンル : アニメ・コミック

それが声優! 第7話「吹き替え」 感想







鈴ちゃんがキャリーバッグで段差を乗り越える時の動きが細かい。

今回のゲストは力ちゃんか。EDの「ETERNAL BLAZE」とは関係なかったな。
エロゲのフェラも指チュパだと聞いたけど本当だろうか。

ネタバレ駄目。絶対。

×:シュミレーション
○:シミュレーション
割と間違えてる人多いよね。

電池切れを教えてくれた優しいお姉さんに惚れてまう。小林磨唯かな?

低い声や悲鳴や少年声、どれも上手いな。最初の頃は「こりゃオーディションも落ちるわ」と思いもしたけど成長したな。家守さんに褒められたのも我が事のように嬉しかった。

いちごちゃんが収録してたのは自己啓発本のオーディオブックか何か?

格ゲーとかで女キャラのダメージボイスを連続再生するとなんだかエロいよね。

ちゃんと待ってくれる二人が良い友達すぎる。雨の所は序盤との対比が良いね。





続きを読む

テーマ : それが声優!
ジャンル : アニメ・コミック

それが声優! 第8話「ナレーション」 感想


全然違うじゃん!
椅子の間隔を広げる小細工とかショップ店員がサクラとか自分の事じ

ゃないのに胸が苦しくなる。
更にその後の鈴、いちごと比べて双葉の声援の少なさよ。それでもち

ゃんとファンがいて良かった。SAGAから出てくるとは猛者だぜ。

鈴ちゃんは劇団出身だしいちごちゃんはゲームイベントを経験しただ

けあって安定感があるな。

店の中で一か所に固まってられると困る。この前スーパーで棚の前で

駄弁ってる主婦三人がいてすげーうざかった。

ぶっつけ本番のナレーションって大変だな。浪川さんじゃ無理だな……

双葉の中の人、最初の下手な演技と緊張が解けてからの演技の落差がすげえな。

真地勇志って誰だろうと思ったけど収録を聞いたらすぐ分かった。あ

の人だったのか。
ゴリラなのにキリンと言ったって所で例のAAを思い出した。

機動戦艦ナデシコの「YOU GET TO BURNING」懐かしいな。
ジラード・スプリガンとザナルドはナデシコのキャラ。

フクシくん結構上手かったな。




続きを読む

テーマ : それが声優!
ジャンル : アニメ・コミック

それが声優! 第9話「マネージャー」 感想





「ここは俺に任せて先に行け!」

今日は紺野さん回。
マネージャーの仕事も大変だな。人の名前を覚えたり人にきつい事を言うのが苦手な自分にはまず無理。

駄目だった時は駄目ってはっきり言わないとね。
人は基本褒められて伸びるもんだけど、オーディションに関しては期待させられてもショックを受けるのは双葉本人だし。

以前のエピソードを別視点で見られるのは面白いね。
双葉の為に枕営業する薄い本が出そう。

ナレーションが日高のり子で「!?」
男の役ってピーターパンかナディアのジャンかな。
色んなタイプの役をやるのは声優の糧になるよね。
まあ、今の声優業界は飽和状態だから特定のタイプ専業で多くの人にチャンスを上げた方が良いんじゃね?と思わなくもない。声優本人は嫌だろうけど。

ゴンゾ水産。不吉な名前だ。





続きを読む

テーマ : それが声優!
ジャンル : アニメ・コミック

それが声優! 第10話「進路」 感想




学生と声優の二足の草鞋って大変だな。
学校特有のイベントに出られなかったのは不憫。内山君なんかは修学旅行に行ってた気がするけど。


喫茶どんぐりってハヤテにも出てきたな。ってかヒナギクがいた?
ますみんも
>浅野真澄@アニメ放送中! ‏@masumi_asano
>なんかヒナギクいたよな #それが声優
と言ってるし。

子供の頃から目がハートのサヨちゃんはちょっと怖い。下せかの会長に比べればずっとずっとずぅっとマシだけど。
なんかしれっと鈴ちゃんの進学先に付いてきそう。

いちごちゃんの所は親族連中が色んな写真を提供しそう。

自分が望んでなったけど仕事がなくて声優を辞めるかどうか悩んだ二人じゃ流れでなって仕事が多くて悩んでる鈴ちゃんの相談には乗れないか。
神谷さんは格好良いな。とてもおっぱいおっぱい言ってる人とは思えない。






続きを読む

テーマ : それが声優!
ジャンル : アニメ・コミック

それが声優! 第11話「自己管理」 感想


喉だけはお大事に~♪
声優にとっては商売道具であり生命線だもんね。アニメ見てて(あ、喉を痛めてるな)と気づくと萎える。

佐々木望なんかは声すげー変わったよな。
アニマックスでガンダムXを見た後にスパロボα外伝をやってビビった。


決まった役はないけど毎回登場する番レギュ。ある意味本作におけるますみんもこれか?
枕での発声練習って下手するとレイプ現場だと思われそう。


今回のゲストはジョージか。
手術経験のあるうりょっちは今回のエピソードには最適な存在だね。
しかしまあ、練習のしすぎで喉を痛めたってならまだしも寝落ちして風邪ってのはちょっとあれだね。遠因ではあるけど。


楽しそうに話してる所に割り込むのって勇気いるよね。自分が初対面ならなおさら。


キャパ500で12。その12勇士は大事にしないと。
いちごちゃんのやる気全開なところ好き。それだけに次回の展開が怖い。


ハピマテなついな。うりょっちも楓さん役で出てたね。



続きを読む

テーマ : それが声優!
ジャンル : アニメ・コミック

それが声優! 第12話「ライブ」 感想



ライブ前の怪我は定番だな。
あの二人の性格的に難しいだろうけど無理矢理にでも病院に連れて行くべきだったな。座らせた時は「おお!」と思ったものだけど。
そんな双葉に決断させるとは流石はほっちゃん。

海原さんは良い人かと思ったらワンテンポ遅れて本性が出た。
まあ、小規模なライブといえど関係各所との調整とか大変だろうしね。

「サイドステップなら簡単だしね」
「サイドステップなら簡単だしね」
「サイドステップなら簡単だしね」

「覚悟を決めたならやり遂げよう。それがプロの声優だから」
ふたふたは成長したなとしみじみ感じる。

転倒しかけたいちごちゃんを掴む二人はナイスなフォローだったな。
父親も来てたし心配させなくて良かった。




続きを読む

テーマ : それが声優!
ジャンル : アニメ・コミック

それが声優! 第13話「査定」 感想




最終回がライブじゃなくて査定ってのが世知辛い。

仕事ないまま声優を飼い殺し。佳村はるかとかそうだよね。最近は仕事が増えてるけど。

最終回に唐突に出てきたすーちゃん。
査定の話の直後でこれだと(ああ、査定で落ちるな)と思ったら既に辞めてた。

ますみん、とうとう本人役で登場か。
「お金持ち!」完全に本人だった。







査定怖い……見てるこっちもきつい。
まあ、声優を続けるならあれくらい軽くこなせるようにならないと駄目なんだろうけど。

しかし、ユニット組んでる声優がリストラされたらどうなるんだろう。別のプロダクションに移籍するんだろうか。

紺野さんも言ってたけどふたふたの少年声は本当に良いものです。

髪型変えた鈴ちゃんも良いね。






続きを読む

テーマ : それが声優!
ジャンル : アニメ・コミック

プロフィール
リンクフリーなのでお気軽にどうぞ。

とうゆき

Author:とうゆき

 
最新記事
カテゴリ
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる