ブログパーツ

戦国無双 第一話「天下一の桜」 感想

世は戦国時代。あまたの武将が見た天下統一の夢。その夢の実現を目前にした豊臣秀吉は、子飼いの石田三成を総大将とする大軍勢をもって、北条氏康の守る小田原城を取り囲む。
しかし天下の堅城は容易には落ちず、3ヶ月が過ぎようとしていた。前線の三成の陣に集った各武将たちからも、膠着状態を打破しようと意見が飛び交う。
議論が白熱したその時、突破口を開かんと単騎で飛び出したのは真田幸村。兄、真田信之もその後を追う。秀吉の天下取りの行方を賭け、真田兄弟と北条が激突する!






幸村と三成と兼続の桃園の誓い。
三成は姜維っぽい印象があるけども。

氏康、生きとったんか!

秀忠のキャラデザがひでえ。

愛しか言わない兼続は一体なんなんだお前。

三成と信之の対立は戦後の関東統治を家康に任せる三成、というか豊臣政権と家康と一蓮托生の真田家徳川派の争いだな。
まあ、お兄ちゃんと親父は北条を散々血祭りに上げてるけど。

謙信も小田原城の眼前で飯食ってたけど火縄銃が当たらなかったんだよな。毘沙門天の加護は半端ねえや。

分部光嘉「大名が一騎打ちとか」

早川殿の武器はラクロス?
塚原卜伝に新当流を習った旦那の今川氏真はどこにいるんだろう。サッカーで戦ってもおかしくないな。

三木城や鳥取城を兵糧攻めしただけあって秀吉は三成の策を察してるか。人たらしだな。

「あまり信之様を心配させないように」
史実では大阪の陣の時に信繁が豊臣方に付いたせいで我が子二人に対して「お前らどっちか死んで来いよ」という羽目に。

くのいちって誰ポジションなんだろう。
横谷幸重とか出浦盛清とか唐沢玄蕃?案外望月千代女とかだったりして。

福島正則に酒を飲ませたらダメー!

まさかここで醍醐の花見とは。

大塚明夫で教師だとバカテスの鉄人が浮かぶ。



原作:「戦国無双4」コーエーテクモゲームス
製作総指揮:鯉沼久史
監督:於地紘仁
シリーズ構成:山田由香
キャラクターデザイン:つなきあき
アニメーション制作:TYOアニメーションズ×手塚プロダクション
制作:NAS
製作:アニメ戦国無双製作委員会


真田幸村:草尾 毅
真田信之:小野大輔
石田三成:竹本英史
直江兼続:高塚正也
くのいち:永島由子
稲姫:大本眞基子
大谷吉継:日野 聡
藤堂高虎:松風雅也
島 左近:山田真一
加藤清正:杉田智和
福島正則:藤本たかひろ
井伊直政:小西克幸
ねね:山崎和佳奈
前田利家:小西克幸
伊達政宗:檜山修之 
片倉小十郎:竹内良太
北条氏康:石塚運昇
甲斐姫:鈴木真仁
早川殿:佐藤聡美
風魔小太郎:檜山修之
豊臣秀吉:石川英郎
徳川秀忠:海老名翔太
本多忠勝:大塚明夫
徳川家康:中田譲治

オープニングテーマ「戦-ikusa」
作詞・作曲 - 亜沙 / 歌 - 和楽器バンド
エンディングテーマ「なでしこ桜」
作詞・作曲 - 鈴華ゆう子 / 歌 - 和楽器バンド


テーマ : 戦国無双
ジャンル : アニメ・コミック

戦国無双 第二話「犬伏の別れ」 感想

天下人、豊臣秀吉の死により再び世は乱れ始める。石田三成は豊臣の天下を守らんと、最大勢力である徳川家康を敵視するが、誤解されがちな振る舞いを重ね、次第に孤立していく。
そんな中、真田幸村は、三成にこそ「義」があると信じ、直江兼続を加えた3人で「義の誓い」を交わす。一方、兄の真田信之は家康こそが「泰平の世」を築くことができる唯一の人物と考え、家康のもとへ。
三成と家康の決戦が迫る中、真田兄弟が落ち合う運命の地は―犬伏(いぬぶし)。




沈惟敬(ドヤァ…)

「やる夫が真田家に生まれたようです」での武田家滅亡は印象に残ってるな。

既にこの時点で真田家を守ろうと決意した信之と三成に自分達のような思いをしてほしくないと思ってる幸村ですれ違いが生まれてるんだよな。
幸村が義なら信之は考かな?

前田利家の扱いがひでえ。

越後から会津に国替えになって大変な上杉。
堀直政「大変っすね(白目)」

三成は言葉が足りないってレベルじゃない。
島左近や大谷吉継は苦労するな。

ゲームだと一人旅中のおねが各地で戦うんだろうな、きっと。

おにぎりでけえ。食ってみたいな。

アニメだけだと家康が景勝にいちゃもんつけてるようにしか見えないな。

桃園の誓い。
史実では佐竹義宣や津軽為信なんかも三成と仲が良いよね。

関ヶ原では親兄弟で西軍東軍に分かれるケースがちらほらあるな。
蜂須賀とか前田とか生駒とか。

キーボードクラッシャー三成。
一方の藤堂高虎は流石の器用さ。



テーマ : 戦国無双
ジャンル : アニメ・コミック

戦国無双 第三話「上田城の嵐」 感想

石田三成挙兵の報を受け、徳川家康は大軍を率い決戦の地、関ヶ原へ進軍。
弟、真田幸村と決別した真田信之は、家康の息子、徳川秀忠軍の一員として、家康本隊とは別の行程で関ヶ原へ向かうことになるが、真田家を疎んじる秀忠は、父、家康の命に背き、幸村が守る上田城に攻め込む。
圧倒的兵力で上田城を飲みこみ、そのまま関ヶ原に向かおうとする秀忠だったが、幸村は信之譲りの「真田の兵法」を駆使し、秀忠軍に立ち塞がる!



僕は君の全てなど倒せはしないだろう~♪それでも関ヶ原には君を遅らせるよ~♪

1567年生まれのチート武将二人目独眼竜伊達政宗登場。あとは立花宗茂が来ればトリオが揃う。
有馬晴信、塙直之、毛利秀包、成瀬正成、大田原晴清、戸川達安、寺山久兼とかいるな。外国じゃオランダのオラニエ公マウリッツも。

この戦いの裏では真田十勇士と上田七本槍が激戦を繰り広げていたのかもしれない。していなかったのかもしれない。

気付かれんうちに穴に籠ってる真田の兵法半端ねえ。

直政は不満そうだったけど先陣が豊臣譜代なのって踏絵なんじゃね?
まあ、史実の直政は松平忠吉と一緒に先陣を切るんだけど。
川上シロンペロン家臣、柏木源トツ柏木源藤は……出ないよな。ってか九州勢そのものが……

景勝、兼続と政宗の戦いは慶長出羽合戦の長谷堂城の戦いかな。別に史実でもこいつらが直接戦った訳じゃないけど。

格好良い真田兄弟と比べると秀忠はねぇ……
同じくダメな二代目として描かれる事の多い三国志の劉禅は無双じゃ底知れぬキャラなんだけども。

Cパート
生真面目委員長系の三成だけど割とぐうたらな面もあるのな。




テーマ : 戦国無双
ジャンル : アニメ・コミック

戦国無双 第四話「関ヶ原の落日」 感想

上田城における、真田信之・幸村の兄弟対決。
会津における、上杉景勝・直江兼続率いる上杉軍と、伊達政宗・片倉小十郎率いる伊達軍の対決が続いている頃――関ヶ原でもついに戦いの火蓋が切られる。圧倒的な兵力による陣形、さらに地の利。加えて上田城の幸村による徳川秀忠軍の足止めも功を奏し、石田三成は優位に戦を進める。しかし、徐々に風向きが変わっていく。
腹心の島左近は、井伊直政と激闘を繰り広げ、大谷吉継もまた藤堂高虎と相まみえていた…。


加藤清正、福島正則を差し置いて井伊直政独断専行。
幸村との赤備え対決とか見てみたい。あと義母の井伊直虎の登場はまだですか?
しかしあれだな。赤井直正も赤鬼と呼ばれてたよな。「なおまさ」という名前と縁があるんだろうか。

小早川秀秋は登場せずか。
土壇場で裏切ったように言われてるけど鳥居元忠に接触した辺りから思いっきり東軍として活動してるよな。伊藤盛正を松尾山から追い出したのだってねぇ。
吉川広家「うめえ!弁当うめえ!」

政宗「味方ごと撃つなんて秀忠は最低だな」

一騎打ちはどれも盛り上がりに欠けるな。吉継の死に様は……戦場で棒立ちしてりゃあな。流れに抗えなかったね。
4話で関ヶ原終了というのは斬新な戦国物だぜ。


テーマ : 戦国無双
ジャンル : アニメ・コミック

戦国無双 第五話「命の行先」 感想

関ヶ原にて石田三成は非業の死を遂げた。
江戸城では徳川による戦後処理が行われ、真田幸村の処遇をめぐって激しい議論が続いていた。上田城で事実上の敗北を喫し、関ヶ原へ遅参するという煮え湯を飲まされた徳川秀忠を筆頭に、多くの者たちが幸村死罪を叫ぶ中、徳川家康は兄である真田信之の考えを求める。信之の出した結論とは…。
一方、大坂では、三成亡き後の豊臣を憂う家臣たちの声が日々高まっているが、大坂城の若き主・豊臣秀頼は、泰然としていた…。






助命嘆願する忠勝と稲姫の親子。
でも信之の立場だと「死罪もやむなし」というしかないよな。

高野山配流。西軍側で死罪になった武将の方が少ないよな。
上杉景勝や毛利輝元は減封、西軍副将の宇喜多秀家は流罪、島津なんかは本領安堵だし。
信之やくのいちは情で幸村に生きてほしいけど幸村は武士の意地で死にたがってる。
ぶっちゃけ史実でも豊臣家の恩顧に報いるとかじゃなくて自分の矜持の為に大阪に乗り込んだよね、きっと。

幸村の蟄居に対して自分が評定の場にいればそんな事はさせないと言ってた直政。人望あるな、幸村。

前回の次回予告に出てきた謎のイケメンは秀頼だったのか。
今の所はなんか底知れぬキャラとして描かれてるが……

武士らしい武士の死で太平の世を築くのが家康の目的か。

稲姫、メシマズかと戦々恐々してたけど愛妻弁当を間違えただけで一安心。




テーマ : 戦国無双
ジャンル : アニメ・コミック

戦国無双 第六話「心の檻」 感想

徳川の使者として、関ヶ原の戦いの後の上杉に対する処遇を伝えるため、会津を訪れる真田信之。対峙する直江兼続は、徳川による無慈悲とも思える厳しい沙汰に対し、激しく抵抗するのだが、決死の覚悟で臨む信之も一歩も退かない…。
一方真田幸村は、死刑を免れ九度山へ流罪となったものの、兄、信之に問われた「生きる意味」を見いだせずに空虚な日々を送っていた。
そんなある日の夜、幸村の滞在所周辺がにわかに騒々しくなり…。


さっさと持ち場に戻れと言われた直後に幼女の侵入を許す兵士達。
あの幼女が之親の母親だったりして。

30万石への減俸を伝える使者とかマジ命の危機。
ガヌロンを使者に推薦したローランはそれが死因になったんだよな。

兼続のこのアンチ家康っぷりは直江状を書くだけの事はある。
上杉の苦境に証文を焼き捨てる岡左内はイケメン。

おねね様が神出鬼没すぎる。

ああ、前回の直政の反応は「幸村許さねえ!」だったのか。
文字通り一騎当千の武将がいる世界観だと警戒するのも仕方なしか。

秀忠が自称した日本一の男って史実信繁の「日本一の兵」を意識してるよね、きっと。

お堅いキャラに見えてバレンタインに興味津々だな、三成。
初芽局はこの世界にいるんだろうか。結構美味しい奴だと思うが。


テーマ : 戦国無双
ジャンル : アニメ・コミック

戦国無双 第七話「紅蓮の刃」 感想

徳川秀忠が、父、徳川家康の跡を継ぎ二代将軍となり、大坂では反徳川の機運が高まる中、真田信之は徳川の使者として大坂城の豊臣秀頼に謁見する。秀頼の悠然とした振る舞いに戸惑いつつも、信之はしばらく大坂に滞在することに。
一方、禁を破ったことで更に警備が強化された九度山の真田幸村のもとに、関ヶ原で深手を負った井伊直政が現れる。幸村の槍を携え、対決を迫る直政だが、二度と槍は持たないと誓った幸村は、直政の求めに応えようとはせず…。


赤備え対決。
直政の「駄目すぎる」がおもろい。

村人を助ける直政だけど、流石にここで幸村との戦いを優先させたらドン引きだよね。

「混沌に沈め」
無防備な相手を一撃で仕留められない風魔小太郎ェ……
すずを身を挺して庇う所だけどさぁ、むっちゃ「ぱらっ」とした感じで普通に振り払えたんじゃね?と思った。

「幸村……次は俺と……戦え……」
それが直政の最後の言葉だった……
って、えええええええええ!?ネタじゃなくてマジで死んだの!?

藤堂高虎と可児才蔵。どこで差がついたのか。

今回示唆されたのは二条城会見かな。
加藤清正や藤堂高虎も参加したんだよね。で、清正は毒饅頭に倒れる。
そういやホライゾンに平岩親吉は出てくるのかな。



テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

戦国無双 第八話「帰らずの道」 感想


武士としてしか生きられないと悟った真田幸村は、九度山を脱出して大坂へ向かう。
同じ頃、加藤清正・福島正則も徳川軍を離反し大坂へ向かう。
徳川と豊臣の対決の気運が高まる中、家康は、幸村・清正・正則らの追撃に藤堂高虎・伊達政宗・片倉小十郎を向かわせる。
一方真田信之は、徳川への帰路において、前田慶次と出会う。慶次から幸村出奔の報を聞いた信之は、幸村のもとへ馬を走らせる…。





そうだ。大阪に行こう。

木村重成とか毛利勝永とか出てこないかな。

金目の物を渡せばここを通していただけるんですね?
おう、考えてやるよ。

戦国時代なら良い刀を持った夜盗もいそうだけどな。
もう一つの雷切である竹俣兼光も元は農民が持ってたんじゃないっけ。

戦闘シーンのしょっぱさはもう諦めなきゃならんかな。

幸村が九度山を出たせいでまたお兄ちゃんの寿命が5年は縮んだな。

慶次はよく見ると顔立ちは利家と似てるな。

兄弟の決別はしんみりとするね。

Cパートの直政は仮面ライダーにでも変身しそう。





戦国無双 第九話「大坂の風」 感想

前田慶次とともに大坂へ到着した真田幸村は、豊臣秀頼と対面。若き主の覚悟を知り、戦う決意を新たにする。
ほどなく、徳川家康と豊臣秀頼の会談が行われ、そこで家康は、秀頼に天下人としての器量を認める。もはや徳川と豊臣の戦が避けられないことを真田信之も確信する。
戦に向けて動き出す大坂城。徳川の大軍を相手にいかに戦うか、考え抜いた幸村はある秘策を思いつく。



史実では死んでる加藤清正や前田慶次、なんかパッとしなかった福島正則も加わって豊臣方は豪華になってきたな。
後は宇喜多秀家が八丈島から泳いで来れば……

「信之様が背負う重荷、稲も共に背負って参ります」
「否……」

口先だけのモブ家臣より清正や正則の方がよっぽど役に立つよね。

家康はあえて上座に座って秀頼の出方を窺ったんだろうか。
乱世の宿業を終わらせようとしてる家康にすりゃ、戦好きと言われるのは内心で苛ついてそう。

「あげない」
大物オーラあるな。

ここで登場か、真田丸。

稲ちん、前はちゃんと弁当作ってたのに今回はサプリメントかよ。



テーマ : 戦国無双
ジャンル : アニメ・コミック

戦国無双 第十話「無双の砦」 感想

世に言う大坂冬の陣が始まった。大軍勢で攻め寄せた徳川軍だが、豊臣軍も大坂城を背にしてそびえる砦、「真田丸」で奮闘し、真田幸村をはじめ、前田慶次や加藤清正、福島正則らの奮戦で一歩も引かない。迫りくる冬の寒さに疲弊していく両軍の兵士たち。
そんな中、幸村は今は亡き石田三成とともに義を誓った盟友、直江兼続と敵として対峙する。
一方、真田信之は和議を結ぶべく、砲弾が飛び交う中大坂城へたった一人で乗り込んでいく。



前田慶次と直江兼続の戦いが見たかった。
花の慶次や義風堂々では親友だった二人。

国崩しか。大友宗麟が使った事で有名だな。

砲撃中に使者として出向く信之は豪胆。

清正はここで退場か。
もうちょっと掘り下げが欲しかった所。

戦いを楽しんでた慶次と忠勝だけど、もし家康が知ったら眉を顰めたんだろうな。


テーマ : 戦国無双
ジャンル : アニメ・コミック

戦国無双 第十一話「孤高の城」 感想

徳川から突き付けられた和議の条件を豊臣秀頼が受け入れることで戦は終結。しかし条件になかった内堀まで埋められるなど、豊臣側はいよいよ追い詰められていく。もはや戦国乱世最後の戦を避けることができないことは誰の目にも明らかであった。
それぞれが決戦に向け想いを馳せる中、真田信之は泰平の世の為、自らの手で弟・幸村を討つ痛みを背負う覚悟を固める。
そして幸村は、圧倒的に不利なこの戦いでただひとつの勝機をつかもうとしていた。


本丸ってあんなにボロボロだったっけ。

賽の河原。
戦が嫌だと思うほど痛みを刻む。ガンダムWのゼクスも同じような事をやろうとしてたっけ?

綺麗な秀忠に覚醒?

「徳川に幾万の兵ありとも!武士は一人もおらぬようだな!」
史実でも似たような発言をしてるな。「関東勢百万と候え、男はひとりもなく候」

幸村と政宗の対決を見たかった。
このアニメの政宗は空気だよな。今回も途中でどっかいったし。

死亡フラグを回避したかと思いきや立て直しやがった……

テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

戦国無双 第十二話「日本一の兵」 感想

大坂夏の陣、開戦。徳川と豊臣の、そして戦国乱世最後にして最大の戦いが始まる。
もののふとしてのすべてをこの戦に賭ける真田幸村は、徳川家康ただ一人を目指し戦場を駆け抜ける。幸村の前に本多忠勝が、稲姫が、そしてついに兄・真田信之が立ちはだかる。
――この日が来ることは知っていた。互いの信じる道を刃に込め、兄弟は命を懸けてここに激突する。



家康の「全軍出陣」の後のモブの動きは体育祭でやった事がある。

幸村を狙わずに城を落とせと高虎に命じた秀忠は信之が言ってたように太平の世を治める資格がありそうだと思った。
父を救う為に前線に向かう所では「成長したな……」と感慨深い気持ちに。

家康が大筒を使わなかったのは秀頼の言葉以外にも、乱世でしか生きられない浪人共をここで一掃するという意図もありそう。

幸村じゃなくてこっちが逝ったかー……と思ったら生きてた。
三成マジツンデレ。

「その潔さを、何故新たな世に生かそうとしない」
その潔さを 、なんでもっと上手に使えなかったんだ!持てる能力を、調和と協調に使えば、地球だって救えたのに!

幸村の討死の所で新選組流亡伝の中島三郎助の最期を思い出した。
>フン、一拠点の将相手に寄ってたかって飛び道具かい。手柄首も何も無く誰が誰を殺したか分からなくても構わない戦場、ね。いや、それに文句垂れるやつが古臭いだけだな。色々なものが失われ代わりに色々なものを得る時代が来るんだろうが……俺みたいなやつは住みにくい時代らしい。
あれは幕末だけど。

幸村の死は悲しいけど、敗死したからこそ滅びの美学とか判官贔屓が大好きな日本人に大人気になったんだよな。楠木正成とかも。
薄桜鬼も大体史実通り、むしろ実際は生き残った斎藤一なんかが明らかに死んでて「これ、乙女ゲー原作なのにイケメンがばんばん死んで大丈夫なの?」と思ったら逆に生き残らせたら非難が出ると聞いて「へー」と思った。

「来年もまたここで花見をしよう」
「はい」
これは不意打ちだった。

テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

プロフィール
リンクフリーなのでお気軽にどうぞ。

とうゆき

Author:とうゆき

 
最新記事
カテゴリ
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる