ブログパーツ

戦禍の極地 幼女戦記 第捌話「火の試練」 感想



統一暦1925年。帝国軍は協商連合全域を事実上の占領下においた。ターニャと第二〇三航空魔導大隊はライン戦線へ転属。共和国軍との血で血を洗う激戦が続くなか、元共和国領のアレーヌ市でパルチザンが蜂起したとの一報が入る。アレーヌ市は帝国軍の後方連絡線上にあり、このままでは前線への補給路が遮断されてしまう恐れがあった。参謀本部は司令部を通じ、「アレーヌ市の叛徒および合流してきた敵魔導部隊を排除せよ」との特命を、ターニャの大隊に発令。司令部によると、市内に残った敵はあくまでも「共和国軍」だというが、市街地の掃討戦で民兵と非戦闘員の区別が出来るはずもない。グランツを始めとする大隊各員は、非情な任務に動揺を隠せなかった。



脚本:猪原健太 絵コンテ:小林寛 演出:migmi 
作画監督:三島詠子 / 緒方歩惟 / 梁博雅 / 南井尚子





平凡な人間でさえも、理由さえ与えられれば幾らでも邪悪を為しうる。
アレーヌ置いて、悪は、かくまでも陳腐に犯された


「よく女子供が殺せるな」
「簡単さ、動きがのろいからな」
抗命した奴をトーチカ送りにしたり頭を切開しようとするデグさんに対して虐殺命令を出したらこうなるよね。保身>>>>>市民の命
労基は何処にありや?全世界は知らんと欲す。
アニメ視聴者からするとゼートゥーア閣下はすげー悪人だろうな。

アレーヌ市の虐殺は人道や道徳的には納得出来なくても理屈は単純明快。
戦時国際法では市街地戦で非戦闘員を巻き込んではいけない。なら戦闘員しかいないと言質を取ればいい、と。
発案者は軍大学時代のデグさんである。当時はこんな事になるとは露知らず思考実験のつもりでマンチっぷりを発揮したんだろう。

法律は柔軟に運用出来るよう曖昧な部分を残して解釈出来る余地を残してあるものだけど、それを逆手に取られた形だね。
そもそも法がその存在をまったく想定していなかったせいで起きた潜水艦の撃沈はカット。
帝国の歴史に残る汚名でありながら後世の法学者がいかなる戦時国際法にも抵触していないと全会一致してるんだから大したもの。

もっとも、終戦時にパルチザンを軍事裁判で銃殺刑にしたのを捕虜の虐殺に置き換えられたケースがあるので歴史は勝者が作るんだなって。
東京大空襲を指揮したカーチス・ルメイ将軍も言ってたね。もしアメリカが負けてたら戦争犯罪人として裁かれてただろうけど勝ったらそうはならなかった、と。

哀れなパルチザンが雑多な小火器で健気にも立ち上がってきたのを火災旋風が都市区画ごと焼き尽くした時など絶頂すら覚える。
デグさんに再考を願い出るするグランツ君はHELLSINGでリオデジャネイロのホテルで警官隊を殺した後のアーカードの旦那とセラスみたいだ。
後の展開を知ってる自分はアニメ冒頭のいきがってるグランツ君が不憫で不憫で……
戦争を甘く見ていたグランツ君だけども、ここまで強烈に現実を突きつけられるとあまりに痛々しい。

再三これは上からの命令だと念押しするデグさんは優しい。
民兵と非戦闘員の区別など不可能とグランツ君が言ってたけど、STARGAZERのスウェンとホアキン中佐のやり取りでも同じような台詞があったな。あっちは虐殺を肯定するニュアンスだったけど。
そういえばクルーゼもアスランに対して逃がした敵は銃を取ってまた来る、的な事を言ってたっけ。

それにしてもかなり思い切ってカットしたな。
「次はちゃんとやりますから見捨てないでください!」とレルゲン中佐にすがりつくデグさんが見たかった(そんなシーンはない)
「魔導師を狙う砲撃は後方に逸れるから先頭の方がむしろ安全」という理屈で先陣を切るデグさんも見たかったんだけどな。
グランツ君が既に二〇三にいるので予感はしてたけど、夜戦と野戦もなしか。


Cパート
アンソン大佐、生きとったんかワレ!
図らずもデグさんは自分の言葉を実証してしまったね。敵はちゃんと始末しないと……
アニオリには良い思い出がないけど大丈夫かな……


関連記事

テーマ : 2017年新作アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

幼女戦記 第8話 『火の試練』 掃討戦...つまりKill Them All。

冒頭じゃ手柄欲しさに鼻息荒くしていたグランツ少尉が違う意味で息を荒くしているのが対称的。 ライン戦線に戻ってきた!相変わらずの地獄みたいですね。まあ鍛えぬかれたターニャ大隊にとっては余裕。と思ったら調子に乗ってグランツが怪我。ヴィーシャを見習え。過酷な戦場でマイペースを貫くって相当難しいと思う。 後方が遮断された?アレーヌってアルザス・ロレーヌ地方のことか、フランスの。元々共和国領だったけど...

コメントの投稿

非公開コメント

No title

> 労基は何処にありや?全世界は知らんと欲す。

レイテ沖海戦の時にニミッツがハルゼーに打った電文、「WHERE IS RPT WHERE IS TASK FORCE THIRTY FOUR RR THE WORLD WONDERS(第34任務部隊は何処にありや 何処にありや。全世界は知らんと欲す)」のもじりらしいですよ。
プロフィール
リンクフリーなのでお気軽にどうぞ。

Author:とうゆき

 
最新記事
カテゴリ
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる