ブログパーツ

向き合わねばならない罪 Code:Realize 創世の姫君 chapter 7「いつかの許し」 感想






アイザックの研究所を訪れたカルディアは、自らの出生にまつわる事実を知らされる。
思い悩む彼女は、ルパンたちの元を去り、自らの素性を確かめるため、元いた家に戻ることを決意する。
ウェールズへの帰途、彼女はかつて村で起きた出来事を回想する。
村人たちに怪物だと追い立てられ、逃げ惑う中、一軒の家に辿り着く。
そこにはエレインという女性がいた。
彼女はカルディアを恐れることなく、家に招き入れ、怪我の介抱をしてくれたのだった。

脚本:ハラダサヤカ 絵コンテ:山本秀世 演出:山本秀世 作画監督:伊勢奈央子・高山由江








以前サンに接触してた女性の名前がギネヴィアだったからエレインにも警戒してたが、それが失礼に感じるくらい良い人だった。
それだけに最期が惨い。

困窮からの集団ヒステリーって怖いね。
いやまあ、村人が恐怖に駆られるのも分かるけどね。直接触れなくても気化しただけでもヤバいんだし。
だからこそエレインやエティの選択と決断が際立つ。

ルパンの先生の話はゲームだともっと掘り下げてあるのかな。ちょっと唐突感あった。
でも己の罪を打ち明けて怪物ではなく普通の女だと伝えるルパンはイケメン。

かつてロンドン大火で焼失したセント・ポール大聖堂だけどまた被害に遭いそう。







テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

頑張れ新年会実行委員 血界戦線 & BEYOND 07「鰓呼吸ブルース」感想




ライブラの面々が一堂に会する新年会で、幹事を務めることになったレオとパトリック。さっそく会費の徴収に回るふたりだが、年中素寒貧なザップは会費を出し渋る……どころか、弟弟子のツェッドに払われている設備費が高いといちゃもんをつける始末。それを陰で聞きつけたツェッドは、けなげにもアルバイトを始めようと決心するのだった。しかし、バイト先はなかなか見つからず、最後はヤケ酒を食らって泥酔。しかもその帰り道、彼は何者かに襲われてしまう。襲撃を指示したのは、サイボーグ軍事企業ヴァルハラ・ダイナミクスの社長・ミラ。彼女は、ツェッドの呼吸器・エアギルスをレアな高性能ヘッドホンと勘違いしていたのだが……。



脚本:冨田頼子/絵コンテ:松尾衡/演出:大矢雄嗣/総作画監督:斎藤恒徳/作画監督:藤田しげる、横屋健太/エフェクト作画監督:橋本敬史



25分で消えるザップの給料の使い道とは。ギャンブルとかかな。

ダニエル・クレイグの膝からミサイルって007と009がごっちゃになってね?

ツェッドの就職活動は世知辛い。
師匠は同胞なき孤独は想像を絶すると言い、実際種族で差別されてたけど、だからこそラストの大道芸で人間、異形問わずに歓声を上げてたのを見て救われた。

相手によって怒り方を変えるのかと真正面から殴り込みをかけたザップは格好良かった。完全にチンピラやヤクザの理屈だけど。

レオ、ザップ、チェイン、ツェッドの組み合わせは好きだわ。

業績の見通しが下方修正されたのは実質一人相手に本社で大立ち回りされたからかな。
ミラが最後まで勘違いしてたっぽいので可哀想。殺害可と命令した時点で加害者なんだけど、それでも交渉から入ってたらボンベだと分かるだろうし。
まあ、部下の任命責任とかもあるし、ツェッドが新年会のチラシを水槽に張り付けてたのを見た時マジ遣る瀬無い気分になったんであれくらいの報いは仕方ない。




テーマ : 血界戦線
ジャンル : アニメ・コミック

聖者と聖女と少年 Fate/Apocrypha 第19.5話「聖杯大戦動乱編」 感想





聖者は人を救済する為に。
聖女は人を導く為に。
少年は人を信じる為に。



島原の乱の原因になった松倉重政、勝家親子の圧政は本当に酷い。江戸時代で唯一斬首された大名は伊達じゃない。
鈴木重成の自刃もどうも後世の創作っぽいし、そりゃ妖術師殿もアヴェンジャーになるよね。


天草、アニメじゃラスボスなのにFGOじゃスパムのお師匠さんをやってるんだから酷い。
まあサンタアイランド仮面様、格好はふざけてるのに言ってる事はシリアスだから困るが。

「願いを叶えるということは、本来不平等なことなのです。不平等とは、即ち欲望。他愛もない願いでも、人生の浮沈が掛かる如き深刻な願いでも、それを叶える────取捨選択を行うのはサンタクロース。祈った誰かの願いが叶い、祈らなかった誰かの願いが果たされない。……サンタというのは、考えてみれば、聖人とはほど遠い存在なのかもしれませんね。」
「少女の夢に立ちはだかる男を、正義の味方とは呼びたくありませんね。」

そしてこの天草いい加減に四郎時貞、極悪ピックアップには飽き足らず遂に新章まで引き連れてきた。


亜種特異点Ⅳ 禁忌降臨庭園セイレム 異端なるセイレム

謎の幼女サーヴァントはアビゲイル・ウィリアムスかな。術ジルのマテリアルに名前があったし。
一部ではH・P・ラブクラフト説もあるのな。確かにクトゥルフ神話っぽさもあるっちゃある。
オーガスト・ダーレスは漆黒のシャルノスで既に女性化されてたな。






TVアニメ「Fate/EXTRA Last Encore」キャラクター別ビジュアルCM 第4弾



記憶を削る雨音(レイン)。意識を燻る煙霧(ミスト)
「ザザ鳴りの街」に死は吹き溜まる。
狂える蠍は、
今もただ一人を待ち続ける。


書文先生がバーサーカークラスって、ユリウスとのあれやこれやはどうなんだろう。

OPが西川貴教でEDがさユり。
さユりって聞き覚えがないと思ったが乱歩奇譚の人か。あれ桜井女史が脚本に参加してたな。





Fate/Apocrypha Radio トゥリファス!第21回


アストルフォの理性がある月ってムーンセルだったりしないかな。

るみるみの語る女同士の恋の駆け引き怖い。

白き盾……ブックス!

匂いまで再現した姐さんの猫耳カチューシャ1980円、欲しい。

陣営別の目覚まし時計は普通に売れそう。

大胸筋矯正サポーターとかリップとか一部には需要がありそうだけど、一部じゃ商品化はねぇ。

首都圏だと車がなくても電車やバスでどうにでもなるけど逆に地方だと必須。

若者の車離れ(そもそも近付いていない)









テーマ : Fate/Apocrypha
ジャンル : アニメ・コミック

皆の力 ウルトラマンジード 第20話「午前10時の怪鳥」 感想






街にギエロン星獣が出現。ジードが立ち向かって撃退するが、翌日も、その翌日も、そのまた翌日も「午前10時」になると、ギエロン星獣は再び姿を現す。倒したはずなのに何度も現れる星獣に万策尽き、すっかりお手上げ状態のリクたち。しかもAIBの調査により、毎日現れるギエロン星獣は全て同じ個体だと判明。果たしてリクたちはギエロン星獣を無事倒すことが出来るのだろうか…?

<出演> 濱田龍臣 山本千尋 長谷川眞優 小澤雄太 渡辺邦斗 長谷部瞳 清水美鈴 岩田栄慶 小林涼子 小林美江 未浜杏梨 ほか
 〈声の出演〉三森すずこ 潘めぐみ 浅沼晋太郎 宮野真守 ほか
<脚本> 三浦有為子
<監督> 冨田卓




ウルトラマンネオスBlu-ray BOX発売か。ちょこちょこ見た記憶があるんだよな。
それはそうと「ね♂」に変換される俺のPCはどうなってんだか。


テレビでは厳しい事を言われてたが、風物詩になるという事は信頼の証でもある。
この前地上波が放送したシン・ゴジラでも蒲田君が去った後に日常が戻ってたな。


四人が一列になって歩いてる所でメビウスの映画を彷彿とさせる。
市民の協力で撃破するというのは良い展開だと思うけど正直、ギエロン星獣じゃなくても他の再生能力持ちの怪獣、サラマンドラやライブキングでも良かったんじゃね?と言いたくなる。
「血を吐きながら続ける悲しいマラソン」に代表されるように「超兵器R1号」はメッセージ性の強い回で、ギエロン星獣をこんな扱いしてほしくなかった。






テーマ : ウルトラマンジード
ジャンル : テレビ・ラジオ

東郷美森は勇者である 結城友奈は勇者である 総集編「ひだまり」 感想






東郷美森は追憶する。讃州中学に入ってから今日に到るまでを。勇者となり、仲間たちとバーテックスに立ち向かった日を。満開のリスクに悩まされた日を。それは儚く清く織りなす花の記憶―。



ひだまりはプルメリアの花言葉らしい。
他には「気品」「恵まれた人」「内気な乙女」
今後この花がシンボルの勇者が出てきたりするのかな。


ホシトハナは懐かしいOPだが、満開ゲージが満タンなのはどういう事なんですかね……

ニコニコ動画でやってた時はコメントが面白かったな。
咲き誇れ(咲かないで)
いかなる時も生きて(切実)
とか。

かくいう自分も、わすゆの更に前日譚で勇者システムの事がバレた直後にやってきた蛇使い座(オフィウクス)のバーテックスと相討ちになる花田千代(チーズケーキ盛りモナカのスイーツパスタ好き)の話を妄想してた。
大切なものを奪われたのは先祖達であって自分達ではないのに戦う意味とか割とシリアスだったけど例によって例のごとく妄想だけでアウトプットはなし。


クウガ式変身する友奈ちゃんは本当に格好良い。


銀を倒した蠍座、射手座、蟹座の三体を相手に変身する東郷さんの感慨深さは初見では味わえない。


義輝の声優は肝付兼太さんだったけど勇者の章ではどうなるんだろう。
鶴ひろみさんといい子供の頃から知ってる声優さんが亡くなると凹む。


切腹する時にさらしを巻いてたのは完全に趣味だよね?


「なんで樹が声を失わなきゃいけない!夢を諦めなきゃいけない!世界を救った代償がこれかあぁ!」
内山夕実さんの演技に引き込まれる。
自分一人が犠牲になる分には暴走しなかっただろう風先輩は勇者適性高いなって思うね。
ぐんちゃんだってタマっち先輩や杏の事さえなければあそこまでいく事もなかったかも。

それにしても大赦は満開の後遺症を隠し通せると思ってたんだろうか。
ぶっちゃけ罪悪感からちゃんと向き合う事から逃げてるんじゃないかと。


「さあさあ!ここからが大見せ場!遠からん者は音に聞け! 近くば寄って目にも見よ!これが讃州中学2年!勇者部部員! 三好夏凛の実力だああああ!」
あの端末の持ち主は友の為に単騎でバーテックスの大軍に挑む定め。
最終回で視覚や聴覚も失ってるのに駆けつけるにぼっしーには泣けるんだ。
「そんな目眩まし、気配で見えてんのよ!」が伏線だったとは恐れ入った。完成型勇者半端ねえ。


勇者部五箇条「悩んだら装弾」を実践する東郷さんは勇者部の鑑。
「一番大切な友達を守れないなら、勇者になんかなる意味がない!頑張れないよ……」
わすゆの後だと東郷さんの台詞が本当重い。


最後の満開の時って今までと違って友奈ちゃんの方から光が出てるんだよな。主人公だけど友奈ちゃんは謎が多い。
放送当時は色んな考察があって楽しかったな。
文化祭で演劇をやる発言からループ説とか眩暈で倒れた時は勇者として戦ってる説とか。
友奈=大赦説に関してはのわゆを読んだ後だと若葉ちゃんやひなただとやりそう。
そういや■■■の名前をどこかに残すと言ってたけどまだ登場してないよね?


ゲームだと供物は戻ってきたんじゃなくて新しく作り直されたんじゃね?という推測があったけどその辺は勇者の章かな。



ハリー・ポッターに次ぐファンタジー超大作と言っちゃった実写版鋼の錬金術師の行く末が心配。







テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

愛すべからざる光降臨 Dies irae #06「黄金の獣」 感想





黒円卓との戦いに駆けつけたのはかつて決別したはずの親友遊佐司狼だった。ヴィルヘルムの苛烈な攻撃にも対応してみせる彼を目にして、蓮は螢との対決に集中する。互角の戦いを見せる蓮であったが、突如現れた圧倒的な存在感の前に決死の逃亡を図る。螢を突き飛ばし、後はひたすら駆け抜けるだけ――というところで何者かが行く手を阻む。その正体は蓮も知る人の良さそうな神父、ヴァレリア・トリファであった。動揺する彼に追い打ちをかけるように最強の敵が姿を現す。その途方もない実力差の前に蓮とマリィは為す術もなく……。



■脚本:正田 崇
■絵コンテ:渡辺高志
■演出:工藤 進
■作画監督:松本文男/渡辺真由美


「もう一つ、主役の条件ってやつを教えてやるよ――神の玩具だ」
割と練炭の都合に合わせて生きてる司狼。
戦闘のもっさり感と合わさってアニメ組にベイ中尉がしょぼいと思われないか心配。

そういえば練炭視点だとトリファ神父は善良な人だった。

ハイハイは映像で見るとすげーシュール。
夜刀様っぽい外見だけど涅槃寂静・終曲……ではないよな。早くも未知を味わってるぜ。
黄金髑髏は巨神兵みたいだ。




テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

湯煙白熊殺人事件 Wake Up, Girls! 新章 第六話「1人でもWUG!7人でもWUG!」 感想





WUG!FCバスツアー当日。参加してくれたワグナーを楽しませようと、
別の仕事で抜けられない実波の分までがんばる6人。
ツアーに参加していた歩はふとしたはずみでWUGの着ぐるみの中に入ってしまい、
勘違いした真夢に温泉に連れて行かれ……



脚本
松田恵理子

絵コンテ
板垣伸

演出
板垣伸/田辺慎吾



2時間放置されたら魚が傷みそう。

折角東京から来たのにみにゃみに会えないのは可哀想。
そもそもバスツアーとテレビの収録を同じ日にやるというスケジュールがどうなんだ?
料理人が即興で料理出来ても動物園のやつには間に合わなかったんじゃ?

アニメスタッフも時間稼ぎした方がいいんじゃね?

替え玉は逆効果なんじゃないかと思ったけど優しいファン達で良かった。
民度が低かったらTwitterが炎上してTogetterやアフィブログに纏められてしまう所だった。

アイドルの力で皆を笑顔に……

大田よ……お前は今どこで戦っている?

個々が個性を生かしてソロの仕事が増えるのは喜ばしい事だけど、比例してユニットとしての活動が減るのは寂しい。アイドル業界は熾烈っぽいから贅沢は言えないが。
そんな状況でもWUGとしての助け合いを忘れない彼女等に絆を感じる。

「このたび皆さんには、生まれ変わってもらいます」
異世界転生かな?
アイドルが異世界で活躍ってNAISEIや軍事チートより説得力ありそう。



テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

残酷な真実 Code:Realize 創世の姫君 chapter 6「イリーガル・レース」 感想






マフィア主催の飛行船レースが開催される。
優勝賞品が「アイザックの遺稿」だと知ったルパンたちは、入手できれば彼の手がかりが得られると考え、参加を決める。
ルパンが調達した飛行船をレース用に改造するインピー。
だが、作業が当日まで終わらず、ルパンたちが気をもむ中、辛うじてレース開始時間に間に合う。
レースにはネモと名乗る風変りな科学者もエントリーしていた。
ついにレースが始まり、インピーたちの飛行船は幸先のよいスタートを切ることができたのだが…。

脚本:ササキムリ 絵コンテ:山本秀世 演出:鈴木孝聡 作画監督:高山由江



生半可な覚悟でDOGEZAをしてはいけない。


エーテル受信機とか都市シリーズっぽさある。
軍に資金出させて進化する航空戦艦造って月に行こうぜ。


胴元から盗むルパンは怖いものなしすぎる。
賭けが盛り上がったからお咎めなしにしてくれるマフィアは豪気だ。


カプセルにセットされたりロープで引っ張られるヴァンが面白すぎんだろ。
ヘルシング砲の威力は凄いが。流石は吸血鬼戦争の英雄。
こいつを逃したのは黄昏的には大きな損失すぎる。


ネモ船長はジュール・ヴェルヌの「海底二万里」の登場人物だね。つまりインピーとは作者が同じ。
地底旅行のオットー・リーデンブロック教授や八十日間世界一周のフィリアス・フォッグなんかも出て違和感ない。十五少年漂流記の人物も。


エルロックは特に絡んでこなかったな。
まあ、今回のルパン達は普通にレースに参加しただけだしな。盗品の飛行船も被害者が許しちゃったし。


ABで盛り上げてCパートで一気に落とす。正直そんな気はしてた。
ただまあ、人間じゃない事にあんま落ち込むとドラちゃんに酷くね?となるし早々に立ち直ってほしい。




テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

光を目指して 血界戦線 & BEYOND 06「ゲット・ザ・ロックアウト!!」 感想




レオとザップが取っ組み合いのケンカをしている隣では、鬼の形相のスティーブンが震災召喚のデータを解析中。ライブラ本部では、相も変わらず賑やかな日常が繰り広げられていた。……とそのとき、本部のすぐそばにドクター・プラナリオが出現! あわてて現場に駆けつけ、すぐさま事態の収拾にあたる一同。しかしその後、事務所に戻ろうとした彼らは、中に入れなくなっていることに気づくのだった。しかも事務所を埋め尽くしていたのは、巨大な羽虫の群れ。しかも彼らはわずか数十分の間に知性を発達させ、自分が神になるまで、事務所を占拠すると宣言する。完璧な防護を誇るライブラ本部に、手も足も出ないクラウスたちだったが……。



脚本:加茂靖子/絵コンテ:中山奈緒美/演出:蓮井隆弘/総作画監督:川元利浩/作画監督:長谷部敦志/作画監督補佐:森島範子、林祐己/エフェクト作画監督:橋本敬史



目がない相手には義眼の力が通じない。
考えてみれば当たり前だけど全然想定してなかった。HLじゃそう珍しくなさそう。

あぶねえと言いつつレオを敵前に蹴り出すザップはクズの鑑。


義眼摘出は神性存在との契約の一方的破棄。
各国の神話の神を思うとそういう虚仮にする行為がどれだけ危険か分かる。


レオナルドで亀……ミュータントタートルズ?


「光に向かって一歩でも進もうとしている限り、人間の魂が真に敗北する事など、断じてない!」
ここでこの台詞が来るか。
Aパートは最終回に向けての布石っぽい。


スティーブンさんの徹夜続きでテンションがおかしくなってる様は見てるだけでヤバさが伝わる。


見知らぬ養護室に出たクラウスさん、そこにいた人の世話してそう。


通話してる間にガガンボの喋り方がどんどん流暢になってるのが怖い。サンタナみたいだ。


ギルベルトさんが姪の結婚式に出席して不在だったのってライブラにいたら大事になる前に対処出来ちまうというメタ的な理由だったりして。


https://anime.dmkt-sp.jp/animestore/CP/CP00000782
ここの必殺技メーカーをやった結果。

とうゆきの必殺技は、『ただパンチ・改』!血殖装甲を拳に集めて放つ超強力なパンチ攻撃で対象物は木っ端微塵だ!! https://anime.dmkt-sp.jp/animestore/CF/kekkaisensen_result_19 #血界戦線_必殺技メーカー

ハマーとデルドロのコンビにはまた登場してほしい。





テーマ : 血界戦線
ジャンル : アニメ・コミック

それぞれの思いを秘めた決戦前夜 Fate/Apocrypha 第19話「終わりの朝」 感想





ジャック・ザ・リッパーを討ち、空中庭園への突入が目前と迫る中、
黒のライダー・アストルフォの宝具のひとつが、赤の陣営の攻撃を防ぐために有効であることが知らされる。
そして、ユグドミレニア一族の長代行のフィオレは空中庭園への出撃にあたり判断を迫られる。
カウレスは、苦悩する姉フィオレへひとつの選択を投げかける。



脚本:関根アユミ/絵コンテ:小島正幸/演出:小林孝志/総作画監督:須藤智子
作画監督:小畑賢・桐谷真咲・挽本敦子・小林優子・松下純子・服部益美・木下ゆうき



アストルフォがモーさんに問うたどんな王様になりたいのかというのは最終決戦で生きる。獅子劫さんの言葉を大きい。モーさんはこの聖杯戦争で出会いに恵まれてた。

アストルフォが王について語ってるとEXTELLA LINKでのシャルルマーニュの活躍に期待が高まる。


レティシア「私は本当に、美しいものを見た」


カウレスとフィオレの話は地の文ありの原作が至高だと思うが、カウレスの令呪の消えた手の甲に花弁が飛んでくる所でグッとくる。
今からあの台詞が楽しみだぜ。


ケイローン先生の夢女子になりそう。
「このあと滅茶苦茶セックスした」というテロップが出ても違和感ない。


アガメムノンみたいに子を犠牲にする親を知ってるアキレウスとしちゃアタランテ姐さんの理想は理想だと思えてしまう。それでも言える事はあったが、姐さんはいささか唐突すぎたね。


誰が自分を召喚したか分からないからマスター全員を守ってるカルナさんマジぐう聖。
セミ様相手のツンデレ殺しEXがカットされたのは残念。


次回予告で言ってた樹木変化放置プレイとは魔女アルシナにミルテの木に変えられたエピソード。
アルシナに捕まってブラダマンテに救出されるロジェロはマジヒロイン。
このバカップルもサーヴァントになんないかな。







ハロウィンの古井戸、ごく稀に八連双晶が3個泥する事もあってモーさんやイバラギンのスキラゲが捗る捗る。disられる事が多い直感だけどレベル上げてれば割合便利。少なくとも千里眼とは雲泥の差。
今は使う予定がないけど奇奇神酒も90個程ストック出来たし言う事ない。

黒い瑪瑙相手にはスキルオール9のプニキの朱槍が火を噴くぜ。
2004年の断片のコード:Uに慣れるとスター集中率がちょい物足りないが、星3鯖にしては十分すぎる貢献度。


アポクリピックアップはダメだった。
エドモン、イシュタル、プーサーを代表する極悪ピックアップの呼び水になった天草だけど、今回は誰を呼ぶのやら。


前回のアップデート以降やたらアプリが落ちる。クエスト3~4回のうち一度は落ちる。イベントない期間だからそこまでじゃないけど、ボックスガチャの周回中に落ちたらかなりイラっとするに違いない。





Fate/Apocrypha Radio トゥリファス!第20回

おこなの?

男三人……Fateデート……何も起きない筈がなく……
僕っ娘の可能性もあるが。

アストルフォはあざとさの塊。

濁音禁止はきついな。

おにぎりの海苔はパリパリが好きかな。落ちるのは嫌だけど。

世界史は広く浅くで日本史は狭く深くなので勉強量は変わらないような。
新選組やったっけ?
あと士農工商が消えたり鎌倉幕府の成立年が変わったり色々面倒。

イギリスはサリカ法典適用外だから普通に女王がいるね。
エリザベス女王もいずれFGOに実装されないかな。設定的にドレイク船長とそっくりの筈だが。

ファラオは初代王メネス、アマルナ改革のアメンホテプ4世、ギザの大ピラミッドのクフ王、王家の呪いで有名なツタンカーメン辺りも押さえておきたい。あとカイラクアテンやアテム。







テーマ : Fate/Apocrypha
ジャンル : アニメ・コミック

レムの証 ウルトラマンジード 第19話「奪われた星雲荘」 感想





ウルトラマンジード抹殺を誓った伏井出ケイが、大胆にも単身星雲荘に乗り込んできた!! レムのプログラムは消去され、星雲荘は制圧されてしまう。レムの機転で運良く外へと逃げられたリクたちは、一人の女性と出会う。「私、レムです」 なんとレムはひそかに作り出していた人造のボディに自分を移植し、生き延びていたのだ! 安堵し、星雲荘を取り戻すことを決意するリクたちだが、その前に思いもよらない敵が現れる…!

<出演> 濱田龍臣 山本千尋 長谷川眞優 小澤雄太 渡辺邦斗 水野直 三森すずこ 小林涼子 ほか
 〈声の出演〉三森すずこ 潘めぐみ 宮野真守 ほか
<脚本> 勝冶京子
<監督> 伊藤良一



星雲荘は元々伏井出先生が用意したものだから侵入はお手の物か。
リクって生粋のウルトラマンじゃないから等身大への変身は出来ないのかな。
ライハがジェダイの騎士みたいだ。


リクには小言を言いつつ伏井出先生がドンシャイングッズを払いのけようとするのを止めるシーンはグッときた。

みもりん出演には驚いた。戦隊物でも声優が顔出し出演した事があったな。
いずれマモがゼロの人間態で出てくるかも。

決められた自分STORY、抗うたび築くHISTORY
宿命を塗り替える事が使命
GEEDの証はリクだけじゃなくてレムにも当てはまる歌詞だったな。


人工知能が小説執筆って長谷敏司先生の「あなたのための物語」でもあった。
未来だと著作権が切れた過去の名作が無料で読めるから小説家は職業として厳しいと言われてて世知辛かった記憶。
サマンサの描写に比べたら些細な事だけど。


リクのベッドの下には一体何があるんだよ!


アリエが伏井出先生と繋がってるとリクサイドの誰も認識してないのが今後の不安を煽る。
っていうかあの眼鏡はなんなの。


メカゴモラの攻撃に飛び乗るアクロスマッシャーはアクションゲーム感ある。

マン兄さんがすげーマッシブ。


1話でリクがレムの名前を付けた時、レポートマネジメントの略だと言ったのはレムだけだったから本当の由来は気になってたんだ。
ドンシャインのヒロインの名前とはリクらしい。
ストルム語で呪縛を意味するのは偶然でいいのかな。
そのうちウルトラシリーズでウェダ星人とか出てきたら笑う。


へー次回はギエロン星獣かー……ギエロン星獣!?




テーマ : ウルトラマンジード
ジャンル : テレビ・ラジオ

次に託す勇気のバトン 結城友奈は勇者である 鷲尾須美の章 第六話「やくそく」 感想





瀬戸大橋跡地の合戦開始。





ついに敵との決戦がはじまった。新たな力、満開で役目を果たしていく勇者たち。美しく咲きわう花々。その先に待っている運命とは。

脚本:上江洲誠 / 絵コンテ:福岡大生 / 演出:福岡大生 / 作画監督:酒井孝裕




造反神もノリノリになってるはろえんもといハロウィン。
この頃のわっしーもアルファー波を出せたのか。

若葉様の精霊が大天狗だったからか子孫のそのっちの精霊は鴉天狗。
セバスチャンがへごちんボイスで励ましてくれた可能性もあるんだよな。
鴉天狗以外には獏や枕返しがいるみたいだが、他の精霊が日の目を見る事はあるのかな。


勇者は生贄。
西暦の頃から諏訪と白鳥歌野を囮にして時間を稼ぎ勇者を犠牲にして四国を守り奉火祭で巫女を生贄にして天の神と和睦。
ここに至るまでも誰かが勝ち取った平和を譲ってもらっている。


「似合ってたら、褒めてね、そのっち」これが1期8話の「そのリボン、似合ってるね」に繋がる。
「いいえ、初対面だわ」と言われた時の園子様の心痛やいかに。
そして合宿時にリボンの話を聞いてリボンがいらない髪型にする友奈ちゃんは重い。


ゆゆゆいで最高にかっこいいと思ってるものから名前をもらったとシロガネの由来をミノさんに語る東郷さんはマジ尊いんすよ。


わっしーの満開は宇宙戦艦っぽいけどそのっちの方は天鳥船とかそっち系統に見えるな。

「私は乃木園子。あなたは鷲尾須美。あの子は三ノ輪銀。三人は友達だよ。ズッ友だよ」
樹ちゃんの声を奪った時といい神樹様って曇らせ隊なのかと疑うくらいピンポイントで大事なものを奪っていくよね。大事なものだから供物として意味があるんだろうが。
満開すると樹海が白くなってた所を見るとかなりリソースを食うみたいだし、神樹様としても無条件に強化とはいかんのだろう。
でも記憶をなくしたわっしーを東郷の家に戻す時の鷲尾夫妻の事を思うと辛い。
信じて送り出したクラスメイトが帰ってこなかった神樹館の生徒もね。
黒板の「卒業おめでとう」はアニメスタッフの中にドSがいると思った。


20回満開しても片目や聴覚は無事だったそのっちと比べて4回で両目両耳片手足の機能を失ったにぼっしー。
そのっちのガチャ運が良いのかにぼっしーが悪いのか。
そのっちも2回目で心臓を失ってるが。
ホロロギウムを埋め込まないと……この世界だととけい座のバーテックスもいそう。
あんな状態になってもわっしーの方が軽度で良かったと言えるそのっちマジ天使。

「ふざけないでよ」はそのうち映像化してほしい。


民間人を避難させて自分達は巻き込まれた犬吠埼夫婦もいずれ掘り下げてほしい。春信や安芸先生なんかと一緒に。大赦視点の話はかなり重苦しい内容になりそうだが。
逃げ遅れるまで現場に残ったのは小学生を戦わせている償いなのかなと思ったり。

しかし、風先輩が選ばれてない辺り、本当わすゆ時代は大赦の上層部からしか選んでなかったんだな。




テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

女神と悪友 Dies irae #05「再会」 感想






シュピーネとの激闘後、眠ってしまった蓮が目を覚ましたとき、隣には夢に出たギロチンの少女マリィが全裸で眠っていた。それを見て怒り狂う香純を宥めつつ、三人で街へと繰り出す。昨夜の出来事がまるで嘘のような日常を謳歌する三人。けれど、束の間の休息の終わりは既に目前まで迫っていた。マリィを武器として使うことに罪悪感を抱く蓮に対して彼女はそれでも構わないと告げる。自分の意思というものが見えないマリィを説得する時間もなく事態は加速度的に進行していく。流れに逆らうこともできず、蓮はマリィを使い戦いに身を投じる。



■脚本:正田 崇
■絵コンテ:宇田鋼之介
■演出:高島大輔
■作画監督:古澤貴文




マリィが生まれた1793年は貴族にしては珍しいパワー重視の闘士ルイ16世とキラキラ輝くマリー王妃が処刑された年。
フランス革命当時の民衆の後先考えないはっちゃけっぷりはすごい。

いやー、水銀の語りはうざいうざい。


バカスミから見た練炭は女性関係が爛れすぎてる。
あなたって本当に最低の屑だわっ!


髪を結んだマリィも可愛いな。
バカスミの真似をしてるとこも良いね。


存在自体は2話から触れられてたけど、司狼がちゃんと登場して喋るのは今回が初かな?
次回のヤンキー対決が楽しみ。




テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

熾烈を極める業界 Wake Up, Girls! 新章 第五話「同じ夢を見てる」 感想






ドラマ撮影も佳境を迎え、真夢と志保の距離感はどんどん縮まっていく。
グリーンリーブズではファンクラブ交流イベントとして
仙台バスツアーを企画することに。
一方I-1のレッスン場では白木の新生I-1club構想が発表され、
メンバーに動揺が走る。



脚本
松田恵理子

絵コンテ
板垣伸
演出
田辺慎吾/板垣伸

アバンのライブ……?らしきものは視聴してて真顔になる。
アイドルマスターSideMほどとは言わないがもう少しさ?

板垣伸監督は短編アニメのてーきゅうと同じ感覚で作ったんじゃ……?
ミルパンセ、公式サイトで制作進行や作画マンを随時募集してるから相当ヤバそう。

意地でも口元は映さないカットが多くて、作画が間に合わなかったんじゃなくて最初から省エネ作画するつもりだったのかな。

新たな段階に進化とか新生とか建前で実際はシアターの維持費がきつくなったから事業縮小しただけだよね。
なにやらヴァーチャルアイドルが流行の兆しを見せてるし早坂さんも作曲に乗り気じゃないみたいだしI-1への逆風は続くな。






テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

相容れぬ信念 Code:Realize 創世の姫君 chapter 5「ネゴシエイテッド・ソリューション」 感想




フィーニスの手により、ルパンたちは列車爆破事件の指名手配犯とされてしまう。
そのため、アイザックの手がかりを追うルパンたちはロンドンでの行動が難しくなる。
フランは研究室に籠りきりになっており、カルディアは彼の身を案じる。
ある夜、フランは周りに何も告げずに屋敷を抜け出す。
しかし、カルディアに見つかり、その真意を尋ねられる。
フランは、バッキンガム宮殿に行き、指名手配を撤回するよう女王のヴィクトリアと交渉するつもりだったのだ。

脚本:ササキムリ 絵コンテ:山本秀世 演出:鈴木拓磨 作画監督:石井明治・伊勢奈央子




吸血鬼戦争ってヴァンだけでなくフランの心にも暗い影を落としてたんだな。
自分の生み出した技術が軍事利用される科学者の苦悩はどこでも変わらんね。
為政者として軍事的優位を確保したいという考えも分かるんだけどね。


悪魔の毒素ジクテリウム。
その研究を引き継いだアイザックが完成させたのがホロロギウム。
果たしてアイザックは兵器として造ったのか、それとも……


憲兵を倒して制服を奪うカルディアは手馴れてきたな。


フィーニスと敵対とまではいかないまでも油断ならない関係のヴィクトリア女王陛下からすりゃ自分の命と国の安全保障を危険に晒してまで指名手配を維持する意味はないか。
女王陛下はカルディアに興味を持ってたし黄昏への牽制かもしれない。


実直な軍人であるレオンハルトさんはやはり今後苦労しそう。彼の立場を思えば綺麗事だけではやっていけないだろうし。


サンと接触してた女性が言ってた「あの方」って誰だろうと思いつつEDを見たら
ギネヴィア 赤堀可乃子
とあって、もしかしてログレスの騎士王様?




テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

老当益壮 血界戦線 & BEYOND 05「とある執事の電撃作戦(ブリッツクリーグ)」 感想







クラウスの世話だけにとどまらず、ライブラでの仕事さえもテキパキとこなす、スーパー執事のギルベルト。しかしそんな彼がある日、ぎっくり腰に!?体を動かすのもままならないギルベルトの代わりに、ラインヘルツの本家から代理の執事が派遣されてくる。彼の名はフィリップ・レノール。ギルベルト以外が淹れた紅茶には口をつけないクラウスさえも納得させ、ケガをして運ばれてきたザップにも的確に対処。さっそくギルベルトの補佐として仕事をこなしていく......。だが、ここはヘルサレムズ・ロット――外の常識が通用しない街。ライブラの関係者であることがバレてしまったフィリップは、さっそくトラブルに巻き込まれてしまう。




脚本:加茂靖子/絵コンテ:向井雅浩/演出:向井雅浩/総作画監督:斎藤恒徳/作画監督:山田慎也、鈴木勘太/エフェクト作画監督:橋本敬史



悪魔で執事。
フィリップは間違いなく有能で人界でなら申し分ない人材なんだろうけど、HLでやっていくにはまだ経験と実力が足りなかった。
結果的には藪蛇だったけどレオの財布を取り返そうとしたり善人なのでまた登場してほしい。

財布に大金をいれずに分散させるのは実際にある防犯法だね。


ゲームのプレイに血法を使うのは才能の無駄遣い。
無駄に高度な事をやってるのは確かで、そりゃ師匠も気にかけるし最強の牙狩りになれる素質があるのも分かるんだが。

「水臭えな。こういう時はちゃんと言ってくれねえと。ギルベルトさん」
前半のクズっぷりがこの台詞で吹き飛んだ。


普段は穏やかな人がたまに見せる凄み、好き。
銀河万丈さんの演技も凄い。
「1を捨てるのだな。愚か者共が。私は、警告した。命乞いは聞かぬぞ。我が同胞を拉致、改造した罪、貴様等の臓物で贖って貰う。これは脅しではない。確定事項だ」


敵のボスは強かったけど欲を出してしまったのが命取り。
ギルベルトさんはそれを見越してライブラの情報をチラリと見せたんだろうが。

にしても車が完全にバットモービル。
ゆたぽん作画格好良い。




テーマ : 血界戦線
ジャンル : アニメ・コミック

無垢な魂に牙を剥く冷徹な統括機構 Fate/Apocrypha 第18話「フロム・ヘル」 感想





ジャック・ザ・リッパーを庇い、赤のアーチャー・アタランテの矢に倒れたマスターの六導玲霞。
アタランテの矢を受けるも、マスターおかあさんを失った哀しみから
ジャック・ザ・リッパーは周囲を深い霧で包み込み、アタランテ、そしてジーク、ジャンヌ・ダルクは彼女の悪夢へと誘われる。
それぞれがジャック・ザ・リッパーの幻影と向き合う中で、ジャンヌ・ダルクはある決断を下す―。


脚本:小太刀右京/絵コンテ:入江泰浩/演出:門間和弥/総作画監督:山田有慶
作画監督:みうらたけひろ・野間聡司・栗西祐輔・小林理・高橋和也・山崎浩平・菊池貴行・菅振宇・川﨑玲奈




黒のアサシンの正体は司馬懿だったのか。まるで恋姫だ。
高平陵の変とかやってるからアサシン適性もありかな。



「悪霧は倫敦の暁と共に滅び逝きて」とはいかない。勧善懲悪の分かりやすい価値観が多いギリシャ出身の姐さんや生まれたばかりのジーク君にとっては19世紀のロンドンはきつかろう。
でもねジーク君、そういう時代だったんだ。

アタランテ×メリィ
アルゴー船には女はこの二人だけだし世話をするのは姐さんの仕事か。
いや、一応元女のカイネウスもいるけどね。
設定的にアルゴナウタイの頃の姐さんにケモ耳や尻尾はない筈だがまあ、些細な事か。

回想シーンだけ見ると慈しみ深い女神のようなアルテミス。アーパー女神とは到底思えない。


主の恵みは深く、慈しみは永久に絶えず
貴方は人なき荒野に住まい、生きるべき場所に至る道も知らず
餓え、渇き、魂は衰えていく
彼の名を口にし、救われよ。生きるべき場所へと導く者の名を
渇いた魂を満ち足らし、餓えた魂を良き物で満たす
深い闇の中、苦しみと鉄に縛られし者に救いあれ
今、枷を壊し、深い闇から救い出される
罪に汚れた行いを病み、不義を悩む者には救いあれ
正しき者には喜びの歌を、不義の者には沈黙を
――――去りゆく魂に安らぎあれ(パクス・エクセウンティブス)


ジャンヌを過大評価しすぎなアタランテ姐さん。
理性より本能に重きを置く姐さんは野生児だなと思う。


綺麗は汚い、汚いは綺麗。
実はシェイクスピアではなく本来召喚される予定だったのがマクベス将軍。
王になりたかった叛逆者繋がりでモーさんとの絡みを妄想してる。





次回予告の「答えをいつか、聞かせておくれよ」で小説最終巻と、関係薄いがロマンの「すべてが解決した旅の終わりに、キミが得たものをボクにもちゃんと聞かせてくれ。」を思い出してしんみり。




TVアニメ「Fate/EXTRA Last Encore」キャラクター別ビジュアルCM 第3弾

それは繰り返す「忘却の庭」。
薄墨に木霊するかなきり声(フェアリーテール)
診察台とお茶会と、
置き去りにされた物語。

ナサリの台詞でありすに触れられてないのが不穏。
過去について語ってるだけなのかもしれないが。




15098315100.png
ハロウィンイベントで大幹部もこもこふぁーもといメイヴちゃんが黄金の翼をドロップ。今回のイベントでは泥なしでも凸出来るからそこまで嬉しくない。
が、メイヴがこの礼装を持ってたのが面白い。この二人には食指が動きそう。オジマンもアーラシュさんも相手しないだろうが。

余談だけど銀河英雄伝説で同盟軍のルフェーブル中将の旗艦がク・ホリンだったな。原作では空気だったけど「エル・ファシルの逃亡者」の旧版では意外なポジだった。
アキレウス級大型戦艦は他にも
ケツアルコアトル
ヘクトル
レオニダス
ペンテシレイア
アガートラム
とか聞き覚えのある名前が。

アイアース
パトロクロス
クリシュナ
パラミデュース(パロミデス)
辺りは名前だけなら出てるな。
一人くらいはいずれサーヴァントになりそう。



Fate/Apocrypha Radio トゥリファス!第19回

玲霞さん&ジャック「『生きる為』だ――!」

へいよーかるでらっくす
カルナさんのハロウィンコスは見てみたい。

アストルフォにエリちゃんコス……
普通に似合いそう。

古川慎×小林裕介
???「男の人は男の人同士で、女の子は女の子同士で恋愛すべきだと思うの」

フレポガチャに自動売却システムが欲しい。

アストルフォ、魔性の男よ。

シャルルマーニュとアガメムノンはズラだった……?







テーマ : Fate/Apocrypha
ジャンル : アニメ・コミック

蘇る悪夢 ウルトラマンジード 第18話「夢を継ぐ者」 感想






リクとの一騎打ちに負け、敬愛する主のウルトラマンベリアルも倒され、とうとう自我を喪失してしまった伏井出ケイ。そんな彼を絶好のチャンスだと抹殺しようとする三面怪人ダダ! ダダから街を守るべくウルトラマンゼロが立ち向かう!!
その頃、ケイは彼を取材しようとする謎の美女・石刈アリエに匿われていた。アリエとの会話中も何も思い出せず虚脱状態のケイのもとへ、戦いの果てにゼロとダダが落下。そして、ダダの怒りの攻撃がケイを襲ったその時…!!

<出演> 濱田龍臣 山本千尋 長谷川眞優 小澤雄太 渡辺邦斗 水野直 岩田栄慶 小林涼子 ほか
 〈声の出演〉三森すずこ 潘めぐみ 浅沼晋太郎 宮野真守 山本匠馬 ほか
<脚本> 柳井祥緒
<監督> 伊藤良一



OPがGEEDの証の2番に変更。こっちも良い歌詞。
「新しい魂」で伏井出先生が出てくるのはちょいと笑うが。


フクイデスト全滅!先生は容疑者だった!
レオのトラウマタイトルもネタにしていくスタイル。


エンペラ星人とダークルギエルの怪獣カプセルとか不穏すぎる。
AIBで保管というのも不安を感じさせる。


ダダカラーのレギオノイドってギャラクトロンみたいだ。
っていうかあのダダは無駄に声が格好良い。誰かと思ったら山本匠馬さんだった。

つえーレギオノイドつえー!
と思ってたら罪業苦もといザイゴーグまで出て来るとか予想外。
+サンダーキラーも倒すロイヤルメガマスターはチートすぎる。


記憶喪失の悪役が情に絆される展開かと思ったが伏井出先生はあくまでベリアル信者だった。今後どうなるかは分からないが。


「光は絆だ。誰かに受け継がれ再び輝く」
これはネクサスの姫矢さんの名言だけど夢にも同じ事が言えるかも。
まあ、ベリアル→ケイで黒光りしそうだけども。


abemaでオーブがやってるし土曜日はウルトラマン日和。







テーマ : ウルトラマンジード
ジャンル : テレビ・ラジオ

最期の別れの日 結城友奈は勇者である 鷲尾須美の章 第五話「さよなら」 感想






激化する敵との戦いに備えて、進化していく勇者システム。しかしそれは小学校六年生の少女たちが背負うには過酷なものだった。それでも少女たちは懸命に、役目を果たしていく。

脚本:上江洲誠 / 絵コンテ:平井義通 / 演出:関大 / 総作画監督:酒井孝裕
作画監督:正木優太、水野隆宏、ソンミンジュ(LEVELZERO)




この時期に公式サイトで「たましい」movie ver公開はつれーわ。

ゆゆゆい、かけがえのない輝きの「アタシは、須美と園子がいれば、どんな場所だって嬉しいし、楽しいのに。」もきっつい。
マブラヴの「未来への咆哮」や「Name~君の名は~」が似合うシリーズって嫌ですね。



DVD!DVD!
鉄男の叫びがあまりに悲痛。
鉄男、放っておくと鉄血のオルフェンズのライドみたいになりそうで怖い。


「四国を危険に晒して幼い少女を犠牲にしてまで顔も知らない先祖の無念を晴らす意味があるのか?」的な事を考える大赦仮面がいてもおかしくない。
バーテックス襲来時の最後の生き残りが亡くなった神世紀七二年とか大赦内で大激論がありそう。
赤嶺家が鎮圧した中には天の神に恭順する為に勇者システムを破壊しようとした人間もいたんじゃないかという妄想。

大赦仮面の中に春信もいたりするんだろうか。
いたとして妹と同い年の少女が死んだ事をどう思うか。


親戚の「今後三ノ輪家の者は法外の援助を得られるんだ。むしろ銀も孝行が出来て誇らしい事だろうよ」で「おいテメエ!」となった。
西暦よりはマシだけどさ。タマっち先輩や杏の時みたいな事になったらマーズやデビルマン展開不可避。

英霊とかわっしーの好きそうな単語をこういう形でぶち込んでくる構成がえぐいね。


「楠芽吹は勇者である」の山伏しずくがしれっと混ざってないかなと探したけどそれらしい人はいなかった。


葬式シーンで「上里家」「伊予島家」「高嶋家」「赤嶺家」「乃木家」「土居家」「白鳥家」の名前確認。
大橋の石碑と同じだね。
郡の姓がないのは悲しいが仕方ないと思うも、奉火祭で人身御供になった六人の巫女の名がないのは大赦の後ろめたさを感じる。



安芸先生の「あのねっ!」に滲む感情でサトリナすげーと思った。
西暦の時代から安芸家は勇者を見送る辛い立場だ。

ざーさんの「私達二人じゃなくて、三人勇者なんだから…」も涙腺に来る。だからこそ次回の供物が……



わっしーは勇者と巫女のハイブリット。
原作だと鷲尾の直系なら勇者と巫女の両方の資質が高くてもおかしくない旨の台詞があって、以前書いた「鷲尾須美襲名説」もこの辺が理由の一因だったり。
明智光秀を比較に出したのは2年後を知ってるとなんとも言えん。選ばれし者だったのに!



教室での「そうなりたかった訳じゃないのさー」で胸を締め付けられる。
あのシーン、いくら小学生だからってクラスメイトはちょっと無神経すぎやしませんかね。神世紀って道徳には力を入れてた筈だが。



ミノさんが撃退してくれたお陰で人々は祭を楽しむ事が出来るんだよなー……
一瞬だけ大きく咲いてすぐに散る花火が満開の暗喩だったりして。



安芸先生が読んでたレポートには初代勇者の切り札について書かれてたな。






テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

張り巡らされる陰謀 Dies irae #04「蜘蛛」 感想





ついに聖遺物を身に宿し、戦うための刃を手に入れた蓮。しかし、今の蓮では衝動を抑えることで精一杯で十二分に制御できない。見かねた螢は蓮に指南を施す。その中で様々な事実――聖槍十三騎士団黒円卓、カール・クラフト、様々な魔術位階を知ることとなる。不本意ながら、螢の助力により確かな手応えを掴みつつある蓮。しかし、そんな安心も束の間、香純が何者かに攫われてしまう。敵として現れた黒円卓の一人を前に蓮は我を忘れて、襲いかかる。大きな実力差の前に蓮は――。


■脚本:正田 崇
■絵コンテ:渡部高志
■演出:岩月 甚
■作画監督:松本文男/小倉恭平


ちっまた暴れ出しやがった……
アホタルに壁ドンされる練炭はヒロインだなー()

バカスミバカスミ敗北者。
幼馴染はここでも勝てないのか……


練炭の経験値という点ではベイ中尉やルサルカ以上に重要かもしれないシュピーネさん。
形成(笑)と馬鹿にされるが、それは常識人の裏返しとも言える。
いや、モデルはヨーゼフ・メンゲレなんだけどね。






テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

着実な進歩と芽生えた決意 Wake Up, Girls! 新章 第四話「美味しい時はうんめーにゃー!」 感想





WUGメンバーがそれぞれ各方面で奮闘する中、ついに真夢にドラマのオファーが。
しかも岩崎志保とのW主演ということで、注目を浴び話題になる。
エキストラ募集の記事を見つけて東京へやってきた歩たちは、
憧れの真夢や志保に会うことができて……



脚本
松田恵理子

絵コンテ
板垣伸/田辺慎吾

演出
板垣伸/田辺慎吾




アバンの動かなさは色々と不安になる。
などと思ってたらニコニコ動画の配信版は色々と追加シーンがあって驚いた。
それにしたってスケジュールはかなりヤバい事になってそうだな。

スケッチはそこまで下手だとは思わないが、美術部だとするとちょっと下手かな?

なれ合うつもりはない=デレる前振り。
「仕事仲間としてよろしくね」で既にある程度壁が薄れてる感がある。

月のスケジュールを見て過密ってなんだか違和感ある。

「あ、まゆしぃ、おはようございます」
「ご飯あるよ~」
みにゃみと未夕の声が逆になってんな。腹話術かな?
前クールのシンフォギアでもビッキーと未来さんでこんな事があったな。

既に入ってる仕事のスケジュールに穴をあけてまでI-1復帰ってありえなくね?

赤羽根Pも奈落に落ちたな。

はやまるのせいでNGになるんじゃないかとヒヤヒヤしたしホテルでの謎ジャンプで足を痛める展開かと。

かやたんがイモトポジに。
ヨゴレも出来るって業界で生きるには強みになるね。

ドラマ主題歌のCDに握手券を付ければ一発よ。




テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

泥棒紳士VS名探偵 Code:Realize 創世の姫君 chapter 4「トレイン・スナッチ」 感想





ルパンたちは、フィーニスを列車ごと捕獲する計画を実行に移す。
変装したルパンとカルディアが乗り込み、計画は順調に進んでいるように見えた。
だが、ルパンの前に一人の男が姿を現す。
彼の名はエルロック・ショルメ。ヴィクトリアの依頼を受けて、フィーニスの護衛をしていた私立探偵だった。
一筋縄ではいかない相手に、窮地に陥るルパン。
計画を進めるため、カルディア一人を先に行かせる。
ヴァンの協力もあって黄昏兵の攻撃をかわしていくカルディア。
果たして計画は完遂できるのか?

脚本:ハラダサヤカ 絵コンテ:山本秀世 演出:石井久志 作画監督:入江健司



エルロック・ショルメ……エルロック・ショルメか。
まあ、メインキャラにルパンがいるならシャーロック・ホームズよりこっちの方が適任か?
住んでんのはパーカー街219じゃなくてベーカー街221Bみたいだけど。

催眠ガスの瓶をはたき落としたのはバリツの一種かな?


抱けー!抱けー!
とテレビ画面に向かって叫んでたのに犬っころめ、余計な真似を……

枕に顔を埋めるカルディアちゃんマジ天使。

ヴァンは冷たい感じだけど教えた事を確認したりチラホラ情を覗かせる。

毒の体を有効活用出来る役目を与えるのがデキる乙女ゲーキャラのスタイルか……

フィーニスは諜報機関の長だけあって一筋縄ではいかん。情報の裏取りって大切。
エルロックが女王陛下との面談中に視察は突然決まったと言った時から嫌な予感がしてたが案の定。

カルディアァ!何故君の目覚める前の記憶がないのか。
何故体に毒が巣食うのか(アロワナノー)
何故胸にホロロギウムが埋まっているのくわァ! (それ以上言うな!)
ワイワイワーイ その答えはただ一つ… (やめろー!)

途中までフィーニスはカルディアを利用する気としか思えなかったけど、カルディアが飛び出した時の「姉さん!」は必死な感じがして本心から姉として大事に想ってる面もあるのかも。

ジミー・A・アレスター(CV小山力也)
元ネタはアレイスター・クロウリーかな。黄金の夜明け団の一員が黄昏にいるのがなんとも。




テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

恋は因果地平を越えて 血界戦線 & BEYOND 04 「人狼大作戦(チェイン:ポッシブル)」 感想





諜報専門機関・人狼局のメンバーでもあるチェイン。彼女は、局の命令により《血界の眷属》兵士計画を進める某国のゲーネン将軍のもとを、仲間とともに襲撃。見事、計画を中止に追い込み、当初の目的を果たした......かに思えた。しかしその後、ゲーネン将軍が《血界の眷属》のウイルスを搭載したと思われるミサイルの、発射を目論んでいることが発覚。罠と知りながらも、チェインたちは現地へ急ぐ。そこで一同の前に現れたのは、かつて組織を裏切ったベルベッド・ラインカイマーだった。組織への復讐のため、13王のひとり、過敏王ゼオドラと取引を交わしたベルベッド。果たしてチェインは、危険な罠をかい潜り、無事に帰還できるのか?



脚本:加茂靖子/絵コンテ:石平信司/演出:高藤聡/総作画監督:川元利浩/作画監督:富田恵美/エフェクト作画監督:橋本敬史




タイトルはスパイ大作戦とミッション:インポッシブルのパロディだね。


94発撃って全弾外れ。
なんかもう将軍がここで死ぬべきではないと運命が告げてるレベル。

気ままな女性が多いしデリミド次長は苦労が絶えない職場で気苦労が多そう。
飴の局長と鞭の次長でバランスは取れてるんだろうが。


キノコ状で小太りし者、ネジとの交流はまだ続いてたんだな。
5時間待つレオの優しさ。


旦那がやたらやつれてたのはドン・アルルエル・エルカ・フルグルシュの所でプロスフェアーをやってたんだろうか。


過敏王、話を聞く限りじゃそこまで悪い奴じゃなさそうというか、むしろ可哀想な人に思えてくる。


不可視の人狼、因果律も含めて自分の存在を希釈させられるとかチート。
その反面、やりすぎると消えちゃうみたいだが。
花瓶の形状が変わったりザップの怪我がなくなったりスティーブンさんがチェインの部屋の前にいる理由を忘れてたり物理的に消失するだけじゃなくて過去に遡って存在そのものが消失するのはリスクが高すぎる。

透過して施設に潜入する下りはRODのナンシーさんを思い出した。


恋する乙女にとっちゃ汚部屋を思い人に見られるのは死にも等しいだろう。そりゃ、消えかけてても気合いで戻ってくるよね。
昏睡状態になったオタクの耳元で「お前のHDDを全世界に公開するぞ」と囁いたら復活するかも。





テーマ : 血界戦線
ジャンル : アニメ・コミック

母と子と Fate/Apocrypha 第17話「トロイメライ」 感想



ミレニア城塞を襲撃した黒のアサシン、ジャック・ザ・リッパー。
フィオレに襲い掛かるも、駆けつけたジークらの応戦により彼女は再び逃亡を図る。
ジャック・ザ・リッパーをおびき出すべくジークとジャンヌ・ダルクは、囮としてトゥリファスの街へと向かう。
初めて街へ下りたジークは多くの人々を目の当たりにし、己に芽生えたある思いに気づき始める。
しかし、トゥリファスの街へは静かに霧が迫っていた―。


脚本:東出祐一郎/絵コンテ:中山奈緒美/演出:仲野良/総作画監督:伊藤公規
作画監督:廣江啓輔・浜友里恵・木村行隆・青野厚司・井上香織・西村真理子・山崎浩平・大原大・小林理





トロイメライ(Träumerei)はロベルト・シューマンのピアノ曲で「夢」「夢想」などの意味。
「幻影ヲ駆ケル太陽」のOPではない。


囮はもちろんジクジャンがいく。
ルーマニアにもけんけんぱってあったんだ。


人間の善性を理解したいと思ってるジーク君はこれから辛いものを見る事になるな。
かつて天草を絶望させたものと同種の世界機構。

仲間を殺した相手を許せないからジャックを追うジークと幕府も含めて救おうとする天草の対比。
幕府も島原の民も立場が違うだけの同じ人間だと気付く理性があったのは天草に限っては不幸だった。

原作小説では「だから、私は捨てたぞライダー」で、一人称こそ「私」だけど敬語を使ってない辺り複雑な感情を滲ませていたが、アニメでは「捨てたのだ!」と叫んでかなり感情的。まあ、大聖杯の中に入った時の描写を見るに憎しみは常に付き纏ってるみたいだし。
そういう点では自分を火刑に処した面々すら憎んでいないジャンヌとの対比でもあったのかも。
ジャンヌが語った善と悪の話はケリィの「誰かを助けるという事は、誰かを助けないという事」に通じるものがある。

妊娠云々はカットか。
正直、あのセリフはそんなに好きじゃないのでまあいいか。
「ここで無様に諦めず、本気を見せればライダーが敬服してくれるのではないかと」は好きだったので残念。


囮作戦をやってたのはアサシン陣営も同じ。
一般人がアサシンの霧の中で囮をやるとは思わんよね。玲霞さんは本当おかしい。
相手が魔術師や裏社会の人間ばかりとはいえジャックの殺人を許容していた玲霞さんは人でなしの部類なんだけども、それでもジャックを想う気持ちは本物だっただけにその死には一抹の悲しみを覚える。ジャックちゃんの声もあまりに悲痛だし。



Fate/Apocrypha Radio トゥリファス!第18回

「諭吉が好き」
俺も大好きです。

ジャックちゃんの「解体するよ」は魔性の響き。丹下ボイスは麻薬。
アニメの「そうかな?そうかもね。どうかな?でもね、まだだよ」
この台詞は中毒性ある。

アストルフォのスキルマ、世界樹の種24×3はきつい。
そもそも俺は持ってないが。

「アキレウスを5人出すまで俺は課金をやめない」
おい、その先は地獄だぞ。

プロトタイプは乙女ゲー感ある。

甘い台詞百本ノック。
るみるみ、やはり天才か。

令呪で縛ってほしいとか絆10だわ。

課金3ヶ月分の婚約指輪、果たして何桁になるのか。

萌え袖のセーターを着たアストルフォとマフラーで顔半分が隠れたフラン。
ぐだ男とアラフィフで代理戦争やらせてみたい。

弟談義にブケファラス高橋をぶち込んだらどうなるだろう。







アニメの放送中に唐突なメカエリチャンは不意打ちすぎた。
そんなメカエリチャンが登場するハロウィンイベント最終章。
ガチャの結果がこれだ!

15092358740.png


俺の前世は黒騎士だった……?
まさかイベント配布以外で星4宝具レベル5一番乗りがカーミラ様とは予想外。
次点ですまないさんとナサリが3か。
恐らくあるだろうアポコラボのピックアップで真ジークフリートが完成するやむしれぬ。

モーションも変更されたしスキル上げしたいが、凶骨も混沌の爪もない非力な俺を許してくれ。

鈴鹿御前はレベル2。
しかし、このJKも骨をご所望か。去年のクリスマス、100箱開けた程度では到底足りぬ。
水着鯖はモーさんしか引けなかったから貝殻は余ってるし精霊根も特に使ってない。やはりネックは骨……
これはサザークを周回しろという天啓かもしれぬ。









テーマ : Fate/Apocrypha
ジャンル : アニメ・コミック

宿命を塗り替える時 ウルトラマンジード 第17話「キングの奇跡!変えるぜ!運命!!」 感想





キメラベロスに取り込まれてしまったウルトラマンジード=リク。父・ベリアルのささやきがリクの心をゆっくり悪へと染めていく…。
リクを救おうとするライハはウルトラマンキングの力により、リクの精神世界へ飛び込む!! 必死に呼びかけるライハの声がベリアルの呪縛を破るのか!? リクの渾身のフュージョンライズが奇跡の姿を見せる!?

<出演> 濱田龍臣 山本千尋 長谷川眞優 小澤雄太 渡辺邦斗 岩田栄慶 ほか
 〈声の出演〉三森すずこ 潘めぐみ 浅沼晋太郎 檜山修之 宮野真守 小野友樹 ほか
<脚本> 安達寛高
<監督> 坂本浩一



レイトさんの家庭は大丈夫なんですかね。


リク、ニュースの反応にかなり敏感だったからな。そういう気兼ねが必要ない相手が迎え入れてくれたら心が動くのも仕方ない……のかな。
ベリアルの悪事を伝聞でしか知らないのも大きいかも。


威厳のある声=檜山修之さん。往年のファンにとってはメフィラス大魔王。
宇宙を修復する傍ら胎児も助けるキングの爺さんはジャンボチートすぎる。

100万体のダークロプスが光の国に襲来!
視聴者「え、ヤバくね?」
画面右下からすっと現れるキング。
視聴者「あっ」
↑の流れは最早ギャグ。

キングがジードをウルトラマンと呼んだのは良かった。
逆の展開だが、ウルトラマンレオ39話でそれまでセブン、レオと呼んでいたがダンが地球人として生きる覚悟を語った後はダン、おゝとり君と言い直すのも好き。


ベリアルのケンへの恨みって殆ど逆恨みだよね。

1話では子供しか応援してなかったのに今回は大人にも応援されてたのが地球人にもウルトラマンと認められたんだと実感する。


ロイヤルメガマスターに変身する直前のアーリースタイルみたいなのがジード本来の姿なのかな。
ブラザーズシールドに各兄弟のウルトラサインが映ってたな。


登場シーンこそ少ないが泣いてる子供を励ますドンシャインも立派なヒーロー。


ジードの名前の由来はGEENとDESTINY。
リク、モアの手前恥ずかしがったな?


全体的には面白かったが、わざわざベリアルを地球まで運んだのだけは引っかかったな。
ベリアルの方から地球に向かう展開なら特に違和感もなかったのに。





テーマ : ウルトラマンジード
ジャンル : テレビ・ラジオ

牡丹落花 結城友奈は勇者である 鷲尾須美の章 第四話「たましい」 感想





鷲尾須美、乃木園子、三ノ輪銀の三人は小学生の行事で遠足に行くことに。楽しい日常を打ち壊すように出現したバーテックスの進化した行動により、三人に危機が訪れる。

脚本:タカヒロ / 絵コンテ:山本天志 / 演出:福岡大生 / 作画監督:酒井孝裕




ファッションリーダー
腹八分目
粉骨砕身


「旅のしおり」
変な持ち方すると紐が切れてバラけそう。
データ版だけで充分じゃないですかね。

そのっち「ミノさん×わっしーの打点高いよ~」


弟との交流シーンをがっつりやるのはやめてくれませんかね。
俺の涙腺は脆いんですよ?


はぁ~
俺もミノさんにお姫様抱っこされたい。

魔法カード発動!増殖するG!
おいしいですよね、カブトムシ。

ダチ公と言われると「あばよダチ公」を連想する。
松田優作主演の映画、ゲッターロボの流竜馬、グレンラガンのカミナのどれを思うかで年代が分かりそう。


小学生組の変身は可愛くてドキドキするな(杏並の感想)


「ここから出ていけええー!!」
前話でわっしーが手を掴んだ時に別ルートに入った感があったんだ。「エガオノキミヘ 」の歌詞もなんだかハッピーエンドっぽいし。
だけど現実は非情だった。
脈絡なく戦艦染みた勇者や二十体以上の精霊を連れた勇者が助けに来ても許したんだが。

ゆゆゆいでミノさんが何をやっても優しく見守ってる東郷さんは切ない。
雪花ちゃんが言うように皆神樹様の中にいればいいんじゃないかな……

「化け物にはわからないだろう、この力! これこそが! 人間様の! 気合と! 根性と! 魂ってやつよ!!」
人類を無礼るな。
この勇者装束を着けた勇者は仲間の為に孤軍奮闘する定めか。満開の実装がもう少し早ければ……
劇場から出る人の足取りは重く悲痛な表情をしていたという……

ゆゆゆ8話で園子様の「決して勇者は死ぬ事はないんだよ」に対して視聴者は「死ねないの間違いじゃね?」とか「死んだ方がマシ」とか言われたが、そのっちはああなってもミノさんと死に別れたくなかっただろうな。

蟹座 蠍座 射手座のジェットストリームアタックはゆゆゆの2話でも襲来。
東郷さんが悟飯みたいに「友奈ちゃんをいじめるな!」となったのはどっかでミノさんの事を覚えていたんだろう。
「こいつが皆を苦しめた」や「皆、無事で良かった」を改めて聞くと重い。

スコーピオンはタマっち先輩や杏も葬った勇者殺し。リーサルブレイブキラー、ドゥームブレイブキラーとはよく言ったもの。
牛鬼がいなかったら友奈ちゃんもやられてたな。
やたら執拗に攻撃してたけど、300年前に高奈ちゃんにやられたのを覚えていたのかもしれない。

――人類から蠍座と名付けられたその個体は覚えていた。
地の神を守るように立ちはだかった幾人かの少女の中、その中の一人。
幼さが残る面貌でありながら折れぬ決意を窺わせる表情。
人間が目と呼称する感覚器官、そこに宿る揺るぎない光。
確信する。天を呪う地の神の呪詛は未だに健在。
ここで倒さねばならない。この反逆者は我等が神に届きうる。

蠍座の中で↑のような思考があったのやもしれぬ。







テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

翳る太陽 Dies irae #03「悪夢の終わりは始まり」 感想





魔人の一人であるルサルカが学園に現れた。蓮はまるで普通の女子高生のような会話に終始する彼女の前にその真意を掴むことができない。そんな底の見えない不気味さが日常を浸食し、ずっと一緒だったはずの幼馴染み、綾瀬香純の様子も徐々におかしくなっていく。不吉な空気を拭うため、街へと繰り出す二人。香純からカドゥケウスのペンダントをプレゼントされた瞬間、蓮の意識は暗転する。見失ってしまった香純を探す蓮は連続殺人事件の犯人を図らずも見つけてしまう。しかし、その正体は蓮には受け入れがたいもので……。


■脚本:正田崇
■絵コンテ:鎌仲史陽
■演出:鎌仲史陽
■作画監督:松本文男/小倉恭平





ヒロインが殺人鬼。伝奇系エロゲあるある。
日常を守りたい練炭にとってその日常の象徴だった香純がああなってしまったのはお辛い。


欄干に立ってるアホタルは笑わせにきてるだろ。
一部でフールビューティーと呼ばれてるらしいな。


ウルトラマンを見てたら水銀と練炭の関係からベリアルとジードを連想
「その口で俺を息子と呼ぶんじゃねえ!」と水銀に言っても違和感ない。


前話の録画を見直してベイ中尉が練炭とアホタルに淫乱しろやと言ってるシーンでふと思った事。
エロ漫画とかに出てくる中年の竿約の事を種付けおじさんと呼ぶ事があるけど、実際の酪農家の種付けは見てるだけなんで非モテ中尉こそ真の種付けおじさん。







テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

挫折と模索 Wake Up, Girls! 新章 第三話「ポニーテールは本体です」 感想





食べっぷりが評価された実波と夏夜に、
次々と食レポの仕事が入ってくるようになった。
新たに未夕と菜々美は超有名バラエティ番組出演が、佳乃は人気雑誌のモデル撮影、
藍里に地元テレビ局のミニコーナーレギュラーが決まる。
それぞれが気合十分で現場に臨むのだが……



脚本
松田恵理子

絵コンテ
村田光/板垣伸

演出
田辺慎吾/板垣伸





酷な言い方だけどI-1clubと諍いを抱えるリスクを犯してでも起用する程の魅力はまだまゆしぃにはないんだろうな。

いわし御殿ってさんま御殿?
トーク番組初挑戦だから仕方ないがやはり失敗するシーンがあるのはきつい。

俺ら東京さ行ぐだ

ダイエットブログを始めるかやたんの開き直りっぷりは見習いたいしネット番組を始めた未夕も頑張ってるね。

社長、人脈豊富だし結構的確な指摘もしてるからもう少し真面目にしてれば評価も上がるんだが。1期のやらかしが未だに自分の中で尾を引いている。

Bパートのカメラマン有能。Aパートのカメラマンとドルベ無能。

シャーク林田について早坂の見解を聞きたい。
みにゃみも新バージョンを披露したしネタアイドルユニットとして認知されていきそう。




テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

フードファイター爆誕 Wake Up, Girls! 新章 第二話「ここが私たちのホーム」 感想




丹下の指示により、寮で共同生活をすることになったWUG。
さらに全国ツアーの構想を聞かされ、驚きつつも期待に胸を膨らませる。
丹下は知名度をUPさせるため、積極的にWUG!個人の露出活動を売り込み始める。



脚本
松田恵理子

絵コンテ
板垣伸

演出
白石道太

作画監督
菅原美幸



ご当地アイドルが全国ツアーって博打すぎないかな。

寮物ではペットは定番だな。

寂しがりのななみん可愛い。

かやたんが初体験……

「うめーにゃー」で滑ったシーンは居た堪れない。
かやたんのあれはネットでも盛り上がりそう。
「素人は黙っとれ――」や「これは詳細を省くが結論だけ言うと お前は死ぬ」程の使い勝手の良さはないが、もし字幕が付いてたら「アイドルのカロリー消費舐めんなよ!」もTwitterや2chに張られまくるに違いない。


あいつWUGの話になると早口になるの……


アイドルと体重は切っても切れない問題。
既定の体重まで痩せられなかったから解散したBiSのプー・ルイがちょい前に話題になってたな。あれはちょっとやりすぎだと思うが。



テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

消せない罪 Code:Realize 創世の姫君 chapter 3「ヴァンパイア・レクイエム」 感想






ロンドンでは最近、吸血鬼一族の宝ばかりを狙う「月下の怪盗」が出没していた。
吸血鬼にまつわる事件ということで、ヴァンには何か思うところがあるらしかった。
ルパンはフィーニスを捕獲すべく大胆な作戦を仲間に提案する。
それは彼が乗る列車ごと強奪しようというものだった。
カルディアも作戦に参加することになり、ルパンたちに、それぞれの得意とするジャンルの特訓を受けることになる。
そしてその特訓の仕上げとして、懸賞がかけられた「月下の怪盗」を捕まえることになるのだが…

脚本:ササキムリ 絵コンテ:山本秀世 演出:鈴木孝聡 作画監督:高山由江




ドラクロワと聞くと「民衆を導く自由の女神」を描いた画家を連想するが、自分が知らないだけでドラクロワに吸血鬼的な意味でもあんのかな。
この世界観だとカーミラもどっかにいそう。


吸血鬼を殲滅出来る大英帝国すげえな。
ファンタジーだとエルフや獣人が迫害されるシナリオはよくあるが、吸血鬼が弱者側なのは珍しい。
ブリカスはどこの世界でもブリカスだぜ。

人質がいるとはいえ真相を暴露しちゃうフィーニスは、あえて露悪的に振る舞っている可能性……はあんまなさそう。共犯者にしようという意図はありそうだけど。
吸血鬼の事件は政府の自作自演らしいが女王はどこまで把握してたんだろう。


産業革命もそうだが、輝かしい繁栄の裏には無数の犠牲があった。
ドラクロワとヴァン、被害者と加害者になってしまった被害者の戦いは心が痛む。
自分を殺せというのは贖罪だけでなく生きるのに疲れた面もあったんじゃないかなと。


ドラクロワはショタ枠だったか。
乙女ゲーじゃなかったら実は女の子だったという展開だったな。で、ヴァンとラブコメる。






テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

復讐鬼見参 Code:Realize 創世の姫君 chapter 2「ザ・ストロンゲスト・ストーカー」 感想





ルパンたちがロンドンで隠れ家としているのは、サンという貴族の屋敷だった。
カルディアは主であるサンにも出会い、何か曰くありげな物言いをされる。
フランの分析で、カルディアの体の毒のもとが、胸に埋め込まれたホロロギウムが原因だということが判明する。
ルパンはカルディアたちを連れてロンドンの繁華街を訪れるが、そこで、不意に【黄昏】という組織に襲撃を受ける。
かろうじて逃げ延びた先に、二挺のショットガンを構えた男が立ちふさがっていた。

脚本:ハラダサヤカ 絵コンテ:山本秀世 演出:佐藤清光 作画監督:伊勢奈央子



迂闊に寝返りもうてないとは難儀な体質だ。
1話を見た時、特に根拠はないけど毒の原因はホロロギウムだと思ってた。
関係ないけど最初にホロロギウムで変換したら「幌呂露儀有無」と出た。なんか安土桃山や江戸時代にいそう。


心臓の代わりのホロロギウム。
自分の中で父親善人説に針が触れたかな。まだ断言は出来ないが。


ねっとり平川ボイスで胡散臭いサンジェルマンだけど、初対面が怪しいと逆に良い奴かも。


黄昏って反政府な組織だと思ってたが、むしろ政府の暗部だった。
ヴィクトリアとフィーニスはエリザベス女王とウォルシンガム卿みたいな関係なのかな。フィーニスにはウォルシンガム卿みたいな忠誠はなさそうだが。


ペスト医師のマスク、サクラ大戦でも見た。


ちょくちょくキザでイケメンなルパンだが、カルディアがスカートをたくし上げた時の反応を見ると童貞だな。
温もりを感じてみたいと言われた時の反応も初心だったし。







テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

助ける仲間、裏切る友 血界戦線 & BEYOND 03「Day In Day Out」 感想







観光でヘルサレムズ・ロットを訪れたらしきチンピラ2人組に絡まれてしまったレオ。たまたまそばを通りかかったチェインに助けを求めるが、なぜか彼女は素知らぬ顔。ボコボコにされたレオは、ポケットに入れていた妹・ミシェーラ宛ての仕送りを奪われてしまう......。一方その頃、ザップは行きつけの娼婦の部屋で放心中。しかし、ひょんなことから大事なアソコを人質に取られ、猫を探すことに......。そしてまた一方、ライブラの頭脳であるスティーブンは、自宅でホームパーティの準備に忙しい。次々とかかってくる電話に応対し、人数分の飲み物と食事をテキパキと用意するスティーブン。しかしそのパーティには、どうやら裏があるようで......。


脚本:加茂靖子/絵コンテ:佐々木美和/演出:佐々木美和/総作画監督:斎藤恒徳/作画監督:森島範子、佐々木美和/エフェクト作画監督:橋本敬史







キメセクしてるザップは本当にクズい。
アシュリーともああいう事をしてたのかな。

誰が電気消した云々はサンタナにやられたナチス兵士も言ってたな。


チェインに声かけた時のチンピラの「オイオイオイ死ぬわアイツ」感が半端ない。
最初レオを見捨てた時はひでえと思ったが、吐くくらい飲んでもレオの財布を取り返すチェインは良い女。


「なんてな」の凄み。
ヴェデッドさんを巻き込まないように帰した時の「お疲れ」や「さて」の声に滲む遣る瀬無さといい、宮本さんは凄い声優だわ。

「そうか。俺、はしゃぎすぎてたんだ」
玄関の時点で敵だと気付きながらもギリギリまで騙されていたかったんだろうな。
見返すと「ぶっちゃけ、今回で飲み切る必要もないだろ?」とか本当に楽しみにしてて友情がこれからも続くと疑ってなかったんだろう。
最後にヴェデッドさんと出会えたのは救いだろうと思いたい。





テーマ : 血界戦線
ジャンル : アニメ・コミック

守る者と救う者 血界戦線 & BEYOND 02「幻界病棟ライゼズ」 感想







重武装トレーラーと正面衝突した挙句、重傷を負ったザップ。救急ヘリに乗せられた彼、そして付き添いのレオが運び込まれたのは、霧のなかから忽然と現れた巨大病院。しかもその病院は、ニューヨークが“大崩落”に見舞われたそのとき、クラウスとスティーブンが訪れた場所にほかならなかった……。陰気な雰囲気を醸し出す建物を見上げながら、初めてヘルサレムズ・ロットに足を踏み入れたときのことを思い出すクラウスたち。3年前、彼らは患者たちでごった返す院内で、ルシアナ・エステヴェスなる女性医師と出会った。献身的に動き回る彼女の姿に感心する暇もなく、あたりに銃声が響き渡り、彼らの前に《血界の眷属ブラッド・ブリード》ザメドルが姿を現す。



脚本:加茂靖子/絵コンテ:高柳滋仁/演出:大矢雄嗣/総作画監督:川元利浩/作画監督:稲留和美/作画監督補佐:横屋健太/アクション作画監督:楡木哲郎/エフェクト作画監督:橋本敬史




それまでなかった病院が急に出現。
HLでは割とありそうだ。

我が生涯に一片の悔いなし。
ザップはやりたい放題やってるから確かに悔いはなさそうだ。

「光はある。諦めて引き返すにはもう半歩ある。たった半歩だと思うか? 違う。これは我々が全身全霊を賭ける半歩だ」
絶望的な状況でも諦めずに医療行為を続けてる病院の人達を見れば旦那が挫ける訳がない。
燕の巣がちゃんと増えてるのも命の営みを感じさせて感じ入る。


3年前は防戦一方だったのに今回は封印出来たので神々の義眼って本当に偉大。


ザップの何がMVPなのか疑問だったが、原作読者によると挑発して病院内で暴力を振るわせた事でルシアナさんが幻界執刀出来るようになったらしい。


ルシアナ・エステヴェス:坂本真綾
ザメドル・ルル・ジアズ・ナザムサンドリカ:鈴村健一
まさかの夫婦共演。







テーマ : 血界戦線
ジャンル : アニメ・コミック

霧夜の殺人者 Fate/Apocrypha 第16話「ジャック・ザ・リッパー」 感想







空中庭園への突入が迫る中、ジークは突如襲った激痛により倒れてしまう。
ジークフリートをその身に憑依させ戦い続けるジークに対し、ケイローンは彼の身に起こる奇跡の代償を告げる―。
傷を癒す間もなく、姿を見せずにいたジャック・ザ・リッパ―が再び魔術師を襲う凶行に出た情報が舞い込む。
事態を重くみたフィオレはルーラーであるジャンヌ・ダルクへ彼女の討伐を持ち掛ける。


脚本:三輪清宗/絵コンテ:今泉賢一/演出:板庇迪/総作画監督:蛯名秀和
作画監督:古住千秋・臼井里江・原友樹・小林理・細澤光



開幕サイコホラーアニメ。
最近のFGOの可愛いジャックちゃんしか知らない人間には衝撃的かも。


あの末路で恨みはないと言うジャンヌは本当に人間城塞。
天草でさえ必死に捨てようとしてるのに。


ハサンは情報が全バレしてるから他のアサシンを呼ぼうとしたz馬にとって情報抹消出来るジャックちゃんは能力的には良かった。
だがジャックちゃんは並の魔術師に扱えるサーヴァントではなかった。

ケイローン先生はスーツも似合う。

白目を剥くカウレスにドン引きするアストルフォの表情がシュール。


着信にビビる姉ちゃん可愛い。

フィオレが怯えるのを楽しんでるジャックちゃんは暗殺者じゃなくて殺人鬼だなって。

ゴルドさんの有能シーンが加えられたのは嬉しい。




Fate/EXTRA Last Encore キャラクター別PV 第2弾アーチャー編

死者は蘇らず。誇りは受け継がれず。
顔はもう無い。
狩人は亡霊と踊り続ける。
静寂に響く刻の音。今も彷徨う「悔恨の森」

俺の知ってるEXTRAと違う。
緑茶とダン卿との絆がなかった事になったりしたら辛いんですけど。

コマドリは主人に先駆けて何登場しとんねん。



ハロウィン・ストライク! 魔のビルドクライマー/姫路城大決戦

ハロウィン恒例のメンテ延長。エリちゃん!(バシィ)

エアリアル・ドライブから漂う川上稔臭。アサマチはこういう格好する。
俺が持ってる特攻鯖はこれだ!

15089085750.png

カーミラ様やキャットを育てようと思ったが、ネロ祭の時にサモさんのスキラゲにホムベビを使っちゃったんだよな。
月曜日からサザークに籠ったけどそんなにゲット出来なかった。
しかしまあ、ストーリー重視で特攻鯖が選ばれるとクラスが偏るな。
ともかく、待ってろよ刑部姫!




Fate/Apocrypha Radio トゥリファス!第17回

セガコラボカフェ秋葉原でロケ。
本人達がなんと言おうとオタクのオフ会。

昔ガンガンであったな、黒神。

ボクの尻尾(意味深)

カロリーって美味しい。
罪の味だな。
さらりと出るパワーワード。






テーマ : Fate/Apocrypha
ジャンル : アニメ・コミック

呉越同舟 Fate/Apocrypha 第15話「道は違えど」 感想





モードレッドの力を借り、「原初の人間アダム」を討ち倒した安堵も束の間、
ジャンヌ・ダルクから天草四郎時貞の聖杯にかける望みが皆に伝えられる。
ユグドミレニア一族の長代行のフィオレは、彼の野望を阻止すべく、獅子劫らへ共闘を持ち掛け空中庭園を追う決断を下すが、
ケイローンは気丈に振る舞う彼女の本心が見えず、弟であるカウレスへある疑問を投げかける。


脚本:関根アユミ/絵コンテ:松林唯人/演出:嵯峨敏/総作画監督:須藤智子
作画監督:渡辺一平太・谷口繁則・今泉竜太・佐藤弘明・前場健次



アタランテ姐さんの子供が愛される世界を世迷い言だと切り捨てるセミ様だが、彼女も親に捨てられてるんだよな。だからこそ思う所があったんだろう。

召喚したマスターに忠を尽くすのとジークフリートとの再戦が報酬なカルナさんマジカルナさん。


魔術の才能はあっても魔術師の才能はなかったフィオレお姉ちゃん。カウレスの場合は逆。

戦後の事は無関係だけど迷う者を導かずにはいられないケイローン先生マジ大賢者。

弟は姉ちゃんの後をついていく生き物。
HF公開中にカウレスのこの台詞を聞くと士郎とイリヤを思い出してちょっと泣く。


ジーク!最後の令呪は絶対使うなよ!


子供を愛したかった獅子劫さんと親に愛されたかったモーさん。
この主従もまた運命。


文句を言いつつホムンクルスを助けるゴルドさん。小物っぽさはちゃんと残ってるのが味がある。
ここは原作の
「お前だって、掃除のやり方が下手くそな人間がいれば是正したくなるだろう! それと同じだ! 掃除機で風呂の掃除をする莫迦を見たら、誰だってストレスが溜まる!」
人類愛に目覚めるような年齢ではない。これはベテランの職人が、新人のレンチをひったくり「黙って見てろ」と言い出すのと同じ行為だ。
が好きだった。

トゥールさんとのやり取りも良い。ムジーク家での話も映像化してくんないかな。

シェイクスピアは人生をエンジョイしてんな。






「亜種特異点Ⅲ 屍山血河舞台 下総国 英霊剣豪七番勝負」
ピックアップガチャを回した結果。

15089085490.png

敗北を知りたい。
7章やイバラギンの幕間をやった時から気になってたんだ。

鬼種の巴御前と聞くとロリババアなルターを連想する。
……知らん人にとっちゃ「何言ってんだ、こいつ。物狂いか?」と思われそう。

性能は今一つだけどそこは愛だね。
せめてやけどのダメージが固定じゃなくて割合になってくれれば……
それか攻撃力や防御力にデバフ。


インフェルノ、自分の事を薪と言ってたが、とある二次創作のオリ主がカルナさんの事を薪だと評してたな。
人に温かさを与えるけど父親と違って自分は燃え尽きるから

ランサーで召喚されたカルナのブラフマーストラはおそらく投槍術……と考察してる場面はシリアスな笑いだった。


イビルウインド小太郎君と段蔵ちゃんの組み合わせが今熱い!
でも「やーい、お前の母ちゃん対魔忍」という「お前の父ちゃんダビデ」並に酷いワードを見つけてしまった。
絵師の曽我誠さん、武内崇エミュが上手い。フェイカーは実在したんだな。


妖術師もとい天草四郎時貞、アニメとゲームで同時期に黒幕をやるなんてなかなか出来る事じゃないよ。ルーラーの時よりアヴェンジャーの時の方が理解しやすいと言われる聖人コンビ。

魔界転生のパロディ全開だったが、宝蔵院胤舜殿はあれで童貞なんだろうか。


衛府の七忍でも武蔵が鬼退治してたな。

出でよ、血華咲き誇る我らが極地!
敗北せし者の魂を取り込み喰らう屍山血河の死合舞台!
我が刃の忌名、マレボルジェ
我が骸の真名、大吉備津彦命
とか言って桃太郎卿が出てきたら絶望する。


セイバー・エンピレオ、柳生但馬守宗矩を倒せたのもトリスタンさんのおかげじゃないか!

治癒の竪琴による回避はどうせ一回限りだから宿業・一切両断相手でも問題なく作用してくれる。
フェイルノートは必中付与があるから水月も怖くない。
心許ない火力を補ってくれたのは下姉様。吸血でチャージ減らせるのも本当助かる。魅了が効かなくても火力と攻撃力低下だけで大助かり。
緑茶の破壊工作も地味に光ったと思う。


鈴鹿御前との絡みが流行ってるらしいな。柳但でりゅーたん呼びとか。
史実だと結構お茶目なジジイなのでJK化してもあんま違和感ない。で、一方のJKは逆に根は真面目なのが面白い。
そして三厳の風評被害が酷い。ゲーティアより強い兄上並。

ピックアップで引けなかったのでログボの世界樹の種でJKをスキラゲするわ。


Fate/Apocrypha Radio トゥリファス!第16回

欲望に忠実じゃない魔術師なんていない。

ロシェがろしぇん。

露塗にフィギアを作ってもらうアキレウスだって?

るみるみはゴルドたんが好きすぎる。

洗礼詠唱は良いよね。

ケイローン先生とアキレウスの師弟関係は尊い。

セミ様の上乳について語るるみるみは中身がおっさん。

セレニケを引くのはまさにデスティニードロー。

スパPの愛は侵略行為。

宮本充さんの声は本当に格好良い。

幼女に心臓を抉られる体験、プライスレス。

ガチな恋愛相談だ……






テーマ : Fate/Apocrypha
ジャンル : アニメ・コミック

帝王降臨 ウルトラマンジード 第16話「世界の終わりがはじまる日」 感想







ライハに突然リトルスターが再発する! 困惑する彼女はAIBで精密検査を受けることになるが、研究セクションに潜入していたゴドラ星人が、ライハを始めとするリトルスター保持者を奪取しようと暴れ出す。危機を救うために駆けつけるウルトラマンジード。その戦闘の最中、悪夢が再来する!! ウルトラマンベリアルが復活し、しかもキメラベロスへとフュージョンライズを果たした!

<出演> 濱田龍臣 山本千尋 長谷川眞優 小澤雄太 渡辺邦斗 長谷部瞳 清水美怜 岩田栄慶 桜木梨奈 尾関伸嗣 ほか
 〈声の出演〉三森すずこ 潘めぐみ 浅沼晋太郎 檜山修之 宮野真守 小野友樹 ほか
<脚本> 安達寛高
<監督> 坂本浩一





トリィとモアが仲良さそうで和む。


リトルスター保持者の能力はそれぞれジャックのブレスレット、エースのバーチカルギロチン、タロウのウルトラダイナマイトかな。


そういえばベリアルが父親だとまだ打ち明けてなかったな。
ゼロも先輩役が板についてきたぜ。2話でもペガに父親の事は関係ないと言ってもらえたしリクは仲間に恵まれてる。

変な親父扱いされてしまったセブン。
初登場時のゼロが父親の事を知らなかった辺り親としては色々言われても仕方ないかもしれないが。


事前準備の完成度は高いのに詰めの甘さに定評のあるゴドラ星人。
っていうかクルトの時といいAIBの警備体制は大丈夫かな。

テレビって宇宙人と怪獣の区別がついてるのな。

レイトさんとルミナさんの関係は大丈夫だろうか。

ベリアル降臨のシーンが一瞬ジードとゴドラ星人が共闘しているように見える。

伏井出先生と違ってベリアルの方は結構ジードの事を息子として思い入れがあるっぽいのが印象的。
「感動の親子の対面」の辺りはちょっとふざけてるっぽいが。

暗い背景の中でのビヨンドとベリアルの戦闘シーンは映える。

泥塗れの戦闘、スーツは大丈夫なのか気にしてしまった俺はつまらない大人になってしまった。

最近の子供はレイブラッド星人とかレイオニクスとか言われても分かるのかな。

ロイヤルメガマスターは宇宙最強の力(比喩抜き)
キングの爺さんの声は檜山さんでいいのかな。










テーマ : ウルトラマンジード
ジャンル : テレビ・ラジオ

クルトアイデンティティ ウルトラマンジード 第15話「戦いの子」 感想








ゼガンとウルトラマンジードたちの戦いの影響で、モアが時空の歪みに飲み込まれ、どこかへ飛ばされてしまう。ゼナから彼女の生存を示す手掛かりを知らされたリクたちは、捜索へと飛び出した。
一方、モアは戦いで消耗しきったクルトと一緒にいた。かつての上官であるゼナがシャドー星人としての精神を忘れていることに複雑な思いを抱いているクルトに、モアはその気持ちを解きほぐそうと説得を試みるが…。

<出演> 濱田龍臣 山本千尋 長谷川眞優 小澤雄太 岩田栄慶 鈴木裕樹 ほか
 〈声の出演〉三森すずこ 潘めぐみ 浅沼晋太郎 宮野真守 ほか
<脚本> 根元歳三
<監督> 市野龍一




前回のおさらいが「時空破壊神ゼガンよ、あなたがやらないのなら私がやる」になってて笑った。


ミリシタの美咲ちゃん可愛い。


対抗策として用意した存在と戦う事になるって平成版セブンのキングジョーでもあったな。

ガブラ・カーノ=戦いの子

他から奪うか滅びるしかないシャドー星人。
スペル星人かな?

教え子の名前をちゃんと覚えてるゼナ先輩は今も彼等の事を大事に想ってる。
同時に脳内のジョナサンが「黙っているだけの愛情など教え子に伝わる訳がないだろう!」と叫んでるが。


豆しば豆知識。
人体でもっとも強い筋肉は舌。さすまめ。


ウルトラ6兄弟カプセルキャンペーン、何故にセブンが中央に。


メイツ星人もモアと出会えていれば……
まあ、マンやセブンの頃に何度も宇宙人が侵略に来たんだから民衆が過激な対応に出るのも仕方ないっちゃ仕方ないんだが。


ジードとゼロの同時変身。
メビウスの「故郷のない男」の時は次回予告では同時変身してたのに本編じゃカットされてて悲しかった。
ゼロが「ドーにもならねえ!」と言ったのがちょっと嬉しい。


カム・タタール・シャドー
シャドーに永久の安らぎを

潜入工作員として育てられたクルトは戦い以外の道が存在する事は知ってた筈。モアの気持ちも間違いなく伝わっていた。
でも今更他の道は選べない。
死んだ仲間の為にも止まれないクルトと、だからこそ生み出し、守る生き方を選んだゼナ。
師弟の生き方は悲しい程にすれ違ってしまった。

表情を変えられないゼナ先輩の必死の思いを表現する演技が上手い。


アイドル誕生が今後の伏線だったりしないかな。


融合獣キメラべロス……大決戦!超ウルトラ8兄弟のギガキマイラとネクサスのガルベロス?と思ったが、これまでの命名規則からすると先頭の方は元になった怪獣の名前じゃなくて要素なんだよな。(スカルゴモラ、サンダーキラー、ペダニウムゼットン)

追記
ゾグ第2形態とファイブキングらしいね。いまいち共通点を感じない組み合わせだ。


ピカちんハンター、網でコップを逆さにしても水がこぼれない
思わず「波紋だ!」と呟いてしまった。表面張力はジョセフとオービー兄のギャンブルで触れられてたな。





テーマ : ウルトラマンジード
ジャンル : テレビ・ラジオ

またね 結城友奈は勇者である 鷲尾須美の章 第三話「にちじょう」 感想






結束が強化された鷲尾須美、乃木園子、三ノ輪銀の三名は今日も勇者としてのお役目に励んでいる。休むのも、お役目のうち。束の間の休息を、三人は小学生らしく全力で楽しみ始めた。

脚本:タカヒロ / 絵コンテ:仁昌寺義人 / 演出:関大 / 総作画監督:酒井孝裕
作画監督:山崎輝彦、菊池政芳、桜井木の実、KIM YONGSIK、沢田犬二、永山 恵、ソンミンジュ(LEVELZERO)



2話で安芸先生が言ってた1+1+1を3ではなく10にしろと言う言葉が早速否定されるのが不穏すぎる。


ヘーイワッシー!レッツエンジョイ!カガワァァァライフ!
この元気な少女がああなるのかと思うと……


鼻血を噴き出して写真を撮りまくるわっしーには確実にどっかでひなたの血が入ってる。
300年経ってたら大赦関係者は全員親戚でもおかしくない気がする。東郷家のポジションはよく分からんが。

アリアリアリアリーヴェデルチ!

大和撫子は非国民なんて言わないんだよなぁ。

どんがどんが。


23センチ
鰻重
葉隠
わっしーなら「当方に迎撃の用意あり」「牙を持たぬ人の剣なり」と言っても違和感ない。

翔鶴型航空母艦の2番艦瑞鶴。
わっしーは本当に旧軍好き。

お嫁さんになりたいミノさんはすげー可愛い。
可愛かったんだ……
あ、いやミノさんは大赦で出世してるんだけどね?


杏も園子先生のファンみたいだしどういう小説か読んでみたい。
愛国という単語が453回も出てくるわっしー小説も気にあるが。


羅漢像。
東郷さん、友奈ちゃんがロブレイターラブレターを貰った時は闇討ちせんばかりの勢いだったな。


どうするどうする君ならどうする?

国を守れと人が呼ぶ。
愛を守れと叫んでる。
憂国の戦士国防仮面見参。
ウルトラセブンかと思ったら仮面ライダーだったんだな。ゆゆゆいの方でいずれ戦隊ヒーロー化しそう。

敬礼が海軍式と陸軍式だけどこれは名字の元ネタが東郷平八郎と乃木希典だからだね。
いずれあの子達の中から国防仮面V3が現れたりするんだろうか。源田なんちゃらさんとか。

選挙前にこれをやるのが素敵。放送局がTBSなのに。
まあ、300年以上前の話なんで戦国武将のコスプレをする歴女みたいなものである。

タカヒロは政治ネタ好きだけどこのタイミングは偶然にして神懸かり的。
おんな城主直虎で地滑りが起きたタイミングで台風21号が日本列島直撃したし、良作は何か“持って”るね。


Dies irae の録画も見てたせいで安芸先生がアマッカスに見えてしまった。
そういやハーメルンにこんなのあったな。
甘粕正彦は勇者部顧問である
あのバカは絶望的な世界観だと勇者化するから困る。


「アタシだけ道違うか」でぐあああああ!
脳内で「さよならの時くらい微笑んで」や「月光花」が流れ出す。

いや、いやいやいや。この後2年後の世界に飛ばされるんでしょ?
ゆゆゆいでやったから知ってる。



テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

3人はズッ友 結城友奈は勇者である 鷲尾須美の章 第二話「ともだち」 感想






鷲尾須美、乃木園子、三ノ輪銀の勇者チームは、準備期間が少なかったせいで、チームがまとまりきっていない。 そこでリーダーを定め、合宿をして連携の強化を図ることに。須美は自分こそがリーダーであると自負していたが、教師の安芸は園子をリーダーに指名して…。

脚本:タカヒロ / 絵コンテ:政木伸一 / 演出:政木伸一 / 総作画監督:酒井孝裕 / 作画監督:酒井孝裕



1話で書いた、勇者御記を書いたのがわっしーだと思った理由の一つが最初ミノさんを苦手だと感じたという箇所だった。


合宿シーンを見てると、特に訓練せずに戦えてた勇者部ってすげえな。
精霊がいないと危ない局面も多かったが。

乃木家は300年前の当事者の家系だから幼い頃からバーテックスや神樹様について教えられてたんだろうな。

バスが何をしたっていうんですか!


折角の温泉シーンなのに傷が痛々しい。

わっしーがK2
東郷さんがチョモランマ
園子様が富士山
ひなたがマッターホルン
若葉様が高尾山
杏がキリマンジャロ
安芸先生はオリンポス山か?
ご先祖様と思われる安芸真鈴はスレンダーな体型だったようなのに300年でよくぞここまで……

戦艦長門の話題を嬉々とするわっしーは国防女子の鑑。
東郷元帥が乗った三笠についてはどう思ってんだろう。

別作品のざーさんは焼き鳥の串で聖剣的なものを作ってたな。


ZZZ
焼肉定食
七生報国


ピンポンダッシュは駄目だけど専用の機材で覗きはするわっしーの倫理観。
ミノさんの弟、小説では赤ん坊だけだったけどアニメでは大きい子も出てきて、今後の作品にも絡んできそう。

「私焼き鳥好きなんよ!」
「蟻さんだ~ヘイヘイ、元気?」
「園子もいるんだぜ~」
天真爛漫なそのっちに癒されるが、今後を思うと……


皆の私服姿は可愛い。
その私服に血が滲んでるのが本当きつい。精霊って本当ありがたい存在。

自己完結するわっしーの悪い癖は2年経っても変わらず。







テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

交わる幻覚と現 Dies irae #02「獣の爪牙」 感想






諏訪原市で起こる連続殺人事件は止まることを知らない。自分がギロチンで処刑される夢を見る度、事件が起きている……そんな奇妙な一致を蓮は一笑に付すことができない。そんな折、玲愛の名付け親だという神父、トリファと出会う。別れ際に投げかけられた問いを境に彼の日常は終わりを告げた。恐るべき第三帝国の魔人たち。為す術もなく翻弄される蓮は相手の気まぐれにより、かろうじて命を拾う。それでも頑なに日常を守ろうとする彼は翌日も“いつものように”学校へと向かう。しかし、そこには昨夜の魔人たちの姿が……。


■脚本:正田 崇
■絵コンテ/演出:冨永恒雄
■作画監督:岡 郁美/村谷貴志





神父様、キモいけどここだけだとよくいる親馬鹿キャラだな。
「私の子を産みなさい、テレジア」はなしかな。

「綾瀬さんの手料理」と聞くと「ヤンデレの女の子に死ぬほど愛されて眠れないCD」を思い出してしまう。八宝菜ー!

練炭の親はコズミック変質者。

戻らないから大事、は理解出来る。
それが分からない奴はおかしい、は引っかかるが納得出来る。
生き返ったら殺すわ、はお前の頭がおかしい。


名乗れよガキ、戦の作法も知らねえか。
0話の時もそうだが戦闘シーンはいまいちだな。でもベイ中尉が楽しそうでなにより。

きーやんのチンピラ演技は声優界の宝。
人種差別全開のベイ中尉だが、これも自分の出自のコンプレックスの裏返しかもしれない。


前日出会った謎の美少女が転校生としてやってくる……学園物っぽいな!
エンドカードもルサルカだったしまるでヒロインみたいだ。


エンディングで文字がデカい遠野九重はどんだけ貢いだのか。





テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

罅割れてゆく現実 Dies irae #01「黄昏の少女」 感想







時間が止まればいいと思っていた



藤井蓮はかつての親友との大喧嘩により決別し、結果長期入院を余儀なくされる。退院後、幼馴染みの綾瀬香純に誘われ立ち寄った博物館にて出会った謎の少女、その少女が黄昏の浜辺で口ずさむおぞましきギロチンの歌、大群衆の中自らが処刑される夢……。様々な出来事が蓮の日常への回帰を認めない。追い打ちをかけるように、諏訪原市で首切り殺人事件が起こる。嫌な感覚を覚える蓮を嘲笑うかのように混乱の裏側で闇が蠢き出す。第三帝国が生み出した魔人たちは諏訪原市にて誓いの言葉を言祝ぐ。「我らに勝利を与え給え」――と。


■脚本:正田 崇
■絵コンテ:工藤 進
■演出:岩月 甚
■作画監督:古澤貴文




クリスマス……一人鍋……うっ頭が……
ふーりんからふーりんになったバカスミだけどありですね。


世界の刀剣展。
バカスミは審神者だった?

なんで練炭は刃物が苦手なんでしょうね?(すっとぼけ)

親方!ギロチンから女の子が!


ベランダから出入りする幼馴染み系のヒロインは多いけど、穴を開けて出入りするヒロインはそうそういまい。
穴に嵌って出られない女の子にエロい事をするシチュエーションはちらほら見るが。


血、血、血、血が欲しい。
ギロチンに注ごう、飲み物を。ギロチンの渇きを癒すために。
欲しいのは血、血、血。
マリィが歌うのはまだしも民衆が血のリフレインを歌ってるのは笑ってしまう。


万歳ァイ!!
まさかの甘粕正彦。
相州戦神館學園八命陣及び万仙陣、大好評発売中。

熊本先輩は可愛いなぁ!
キムチ梅干しサンド、翡翠ちゃんが作りそう。


練炭と司狼は腐れ縁ってレベルじゃねえ関係。ヒロイン以上の繋がり。


東京レイヴンズでは寮の名簿に作者の過去作のキャラの名前があったのでここでも小ネタがないかと剣道部の部員名を眺めてみたけど、特になかったな。
藤井優~なんちゃらが気になるが。


アホタルの服がださいと言ってはいけない。


黄金錬成……全裸になるのかな。
アダム局長、ニートに捨てられたからって気にしなくてもいいのに。


あの看護師さん、尾崎真実だったか。

EDはネタに走りすぎ。
ドラマCDのノリ。諏訪部順一と鳥海浩輔のデュエットって人によっては垂涎の的なんだろうが。
世界中がシャイニー☆を思い出す。






テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

期日前投票


休日が不規則な業種なんで日曜も出勤なのよね。という訳で昨日の金曜日に行ってきた。
誰に投票したかは面倒臭いんで非公開。

明日はおんな城主直虎の放送時間が変わるのを忘れないようにしないと。


投票といえばカタルーニャ独立問題はこれからどうなるのか。
スペイン政府が治安警察に鎮圧させようとしたのはかなり悪手だしフェリペ6世の演説も独立派を追い詰めるよな。
っていうか警察のあれ、アヌビス作戦という名前が付いてたのか……


選挙期間中、政治家やら政党を登場させられない規定がやる夫板のシェルターで出されたのが痛い。
普段なら別段気にしないんだが、最近はトラクエ8の二次創作をかなり楽しみにしてたからさ。
作品の性質上、自分の大好きな「後世の評価や記述」が多くて本当最高。
朝ドラ風二次が投稿されるたびにネットの書き込み的三次創作を脳内で妄想してるし。


国を守れと人が呼ぶ。
愛を守れと叫んでる。
この時期に富国強兵を訴え国防体操をする国防仮面を出す鷲尾須美はまさに勇者。
放送してるのがTBSというのがなおさら笑える。タカヒロは政治ネタ好きだよな。マジこいはそれがちょっと鼻につく時もあった。
まあ、国防仮面についてはパソコンのネットが復旧したら公開するアニメ感想でも熱心に語ってるんでここまでにしとこう。


……ネットはいつになったら繋がるのだろうか。
一週間経ってもまだモデムが届かんのだが。こっちから確認した方がいいのかな。


インターネット接続がありません



水曜日の朝からインターネットに繋がらん。
ネット依存症の自分にはきつい事態。一応スマホがあるけど、ネットサーフィンにはパソコンの方がいい。
スマホの方は容量が一月7Gだから動画とかは見辛いし。

不通の原因だが、モデムのVDSLLINKのランプが消灯したまんまなのでモデム自体がぶっ壊れてる可能性が高い。
電話した業者も同意見だけど、モデムの在庫がないので発注しないと駄目らしい。
流石に今日中の復旧は無理かな。英霊剣豪七番勝負の生放送どうしよう。

アニメ更新もしばらく中断。スマホで感想を書くのって面倒だし。っていうかこの記事もスマホで書いたけど怠かった。
あと、パスワード忘れてブログ村にログイン出来ないからトラックバックも送れない。パソコンのメモ帳には感想を書きためてるからネット復活を待ってから纏めて更新しよう。

小説家になろうやハーメルンにもログイン出来ないから更新がチェック出来んのも地味にストレス溜まる。


そういえば以前もこんな事があったな。
その時は確かストライク・ザ・ブラッドと東京レイヴンズを二話分一気に更新した記憶が。


業者が来るかもしれないので汚部屋を必死に掃除。
よくもまあここまで汚したもんだ。
小さな百足みたいな生き物が這ってるしカーペットがなんだか湿ってるよ。
誰だよ、ジュースとか醤油とかめんつゆのペットボトルを放置してるの。

少女達の新たな戦いが始まる Wake Up, Girls! 新章 第1話「私たち、Wake Up, Girls!でーす!」 感想




「アイドルの祭典」で一度は国民的アイドルグループ「I-1Club」を下して
優勝した「Wake Up,Girls!」だが、未だ地道な活動を余儀なくされていた。
丹下はWUGのさらなる飛躍を目指し、松田に全国メディアへのプロモーションを命じる。



脚本
松田恵理子

絵コンテ
板垣伸

演出
田辺慎吾/板垣伸

作画監督
菅原美幸

キーアニメーター
木村博美・三宅舞子




自分もテンパると優先順位を間違えて後で「こっちの方を先に済ませた方が効率良かったよな……」と反省する事が多いので身につまされる。1期といい藍里には試練が訪れるな。
結果オーライで済ませたのは早坂なんかは眉を顰めそう。まあ、あの場であまり藍里を責めても雰囲気が悪くなるだけだったとは思うが。
藍里の性格を考えると失敗を挽回しようと気負って更に失敗する悪循環に陥りそうだし。


なまはげーず解散とは世知辛い。


放送後しばらく(あれ、WUGにこんな奴いたっけ? やべえ、本気で思い出せねえ……)と頭を悩ませてたけど分かった。
髪切った?


松田が駅で全員揃ってない事に気付かなかったのはどういう意図で入れたシーンなんだ?
1期からちょくちょく松田の無能シーンはあったと思うが、味方サイドの大人が頼れないのは結構ストレス溜まる。
早坂ー!早く来てくれー!





STAFF
原作・脚本:Green Leaves
監 督:板垣伸
キャラクター原案:近岡直
キャラクターデザイン:菅原美幸
音 楽:神前暁 MONACA
音楽制作:DIVE II entertainment
アニメーション制作:ミルパンセ
オープニングテーマ:「7 senses」/Wake Up, Girls!
エンディングテーマ:「雫の冠」/Wake Up, Girls!

CAST
島田真夢:吉岡茉祐
林田藍里:永野愛理
片山実波:田中美海
七瀬佳乃:青山吉能
久海菜々美:山下七海 
菊間夏夜:奥野香耶
岡本未夕:高木美佑
速志歩:林鼓子
守島音芽:森嶋優花
阿津木いつか:厚木那奈美





テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

陰謀渦巻く霧の都にて始まる物語 Code:Realize 創世の姫君 chapter 1「ロンドン・スチーム」 感想






猛毒を全身に宿す少女・カルディアは、人々に怪物として恐れられ、屋敷に一人で閉じこもるように生活していた。
ある夜、英国軍に捕らわれそうになるところを、「泥棒紳士」と名乗るアルセーヌ・ルパンに「盗み」出される。
彼に連れられて訪れたのは機鋼都市ロンドン。
彼女はルパンと行動を共にするインピーやフランたちと出会う。
そして、自分が連れ去られた理由を聞くことになるのだが、それはロンドンを巻き込む大きな陰謀にまつわるものだった。

脚本:ハラダサヤカ 絵コンテ:山本秀世 演出:石井久志 作画監督:入江健司





奴はとんでもないものを盗んでいきました。
エアリアルシティや漆黒のシャルノスが好きな自分はPVで興味を引かれて視聴。
恥ずかしながらPVに出てきたキャラの中でインピー・バービケーンだけ分からなかったけど月世界旅行か。タイトルだけは聞いた事があるんだ。ジョルジュ・メリエスが映画化してエジソンに海賊版を作られたやつだね。


レオンハルト兵長はまともな人格で能力もあるんだろうけど、貧乏籤引かされるタイプだ。


アイザック・ベックフォードが作った永久機関ホロロギウム。とけい座?
何らかの形でテロに関わってるみたいだけど現時点じゃ善人か悪人か判断出来んな。
過去の記憶がないキャラって半分くらいの確率でその時点で生み出されたってパターンだよな。


英国軍の裏にいる、ロンドン転覆を狙う謎の組織黄昏。
太陽の沈まない国である大英帝国に対して挑発的な名前だ。

てっきりシシィは黄昏が送り込んだ刺客かと思ったんだ。バスカヴィル家の犬とか。
でも実際はルパンの飼い犬でいいのか?

なんてこったこれが怪物…
人を不幸にしかできない悲しい存在
二度と人の役に立ちたいなんて思い上がるんじゃねえ


終盤のルパンを見てると「ヒュー!」と言いたくなる。


可愛い女の子だと思ったら梶だった。
よくもだましたアアアア!!だましてくれたなアアアアア!!
ラテン語のfinisは終わりを意味する言葉だが……

フィーニスとインピーが共に「ロンドン橋落ちた」を鼻歌で歌ってたのは偶然なのか、両者に何か関係があるのか。


ネタバレに注意しつつWikipediaをさらっとだけ見たんだけど、倫敦が舞台なのにジキル博士とハイド氏がいないのは意外。乙女ゲーに映えそうな設定なのに。





原作:ゲーム「Code:Realize~創世の姫君~」
監督:山本秀世
シリーズ構成:ハラダサヤカ
キャラクターデザイン:中西彩
音響監督:山本秀世
音響制作:ダックスプロダクション
アニメーション制作:エム・エス・シー

キャスト
カルディア:早見沙織
アルセーヌ・ルパン:前野智昭
エイブラハム・ヴァン・ヘルシング:諏訪部順一
ヴィクター・フランケンシュタイン:柿原徹也
インピー・バービケーン:森久保祥太郎
サン・ジェルマン:平川大輔
フィーニス:梶裕貴



乙女ゲーアニメで主人公がはやみんだと神々の悪戯もあったな。
ハデス伯父さんはあざといキャラだった。






テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

技名を叫んでから殴るアニメ再び 血界戦線 & BEYOND 01「ライツ、カメラ、アクション!」 感想





待ちに待った新作ゲームを前に、テンションが上がるレオ。そんな彼のもとに、ザップから突然の連絡が入る。言われるがままに窓を開けたレオの前に転がり込んできた箱――そのなかには、異界と人間界の架け橋となるべく、米大統領から派遣された特使フランツ・アッカーマンの生きた生首が入っていた。事件の首謀者と思われるのは、数百の生首をコレクションしているという首無し公デューラー。しかも彼は、アッカーマンの生首に高額の懸賞金を賭けていた。お宝を狙ってレオのもとに殺到するいかがわしい連中。さらにはアッカーマンのそばにも内通者がいるらしい……。絶体絶命の状況のなか、レオは無事、ライブラのメンバーと合流できるのか?



脚本:加茂靖子/絵コンテ:高柳滋仁/演出:佐藤育郎/
総作画監督:川元利浩/作画監督:斎藤恒徳、長谷部敦志/エフェクト作画監督:橋本敬史




ハチャメチャな世界でのドタバタ劇。
ライブラの面々の顔見せやレオの背景に触れてて1話に相応しい内容。


必死にカプセルが割れないようにしてるSS先輩はなんだかんだで面倒見がいい。
それ以上の面倒を引っ張ってくる人だけど。

縦列に並ぶシーンは笑った。

陰毛頭が新作ゲームに狂喜乱舞してる段階でゲーム機の末路が想像出来ちゃうね。
部屋が爆破されてもすぐ歩き出す通行人がHLという街を分かりやすく表してるな。


首だけになっても挫けないアッカーマンさんは大統領の特使に選ばれるだけの気概を感じる。


生首の展示サイトが人気って世紀末感漂ってるな。
ブロッケン伯爵(マジンガーZ)や本多上野介正純(衛府の七忍)は大人気になりそう。


捕まってるクラウスとスティーブンを見た時はARMSでエグリゴリに人質にされた母さんを見た時と同じ気分になった。


ホワイトの登場には驚いた。
監督も脚本も変わってるからさ。





原作:内藤泰弘(集英社 ジャンプ コミックス刊)
監督:高柳滋仁
シリーズ構成:加茂靖子
キャラクターデザイン:川元利浩
クリーチャーデザイン:杉浦幸次
プロップデザイン:神宮司訓之
エフェクト作画監督:橋本敬史
美術監督:東潤一
色彩設計:中山しほ子
撮影監督:古本真由子
CGIディレクター:太田光希
編集:平木大輔
音響監督:明田川仁
音響効果:今野康之
音楽:岩崎太整
アニメーション制作:ボンズ
製作:血界戦線 & BEYOND 製作委員会

キャスト
クラウス・V・ラインヘルツ:小山力也
レオナルド・ウォッチ:阪口大助
ザップ・レンフロ:中井和哉
スティーブン・A・スターフェイズ:宮本充
チェイン・皇:小林ゆう
ツェッド・オブライエン:緑川光
K・K:折笠愛
ギルベルト・F・アルトシュタイン:銀河万丈
ドグ・ハマー:宮野真守
デルドロ・ブローディ:藤原啓治
ソニック:内田雄馬
ミシェーラ:水樹奈々






テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

一つの夢の終わり Fate/Apocrypha 第14話「救世の祈り」 感想





ミレニア城塞にて、ジャンヌ・ダルクとの再会を果たしたジーク。
彼の身に起きた出来事を知ったジャンヌは、ジークを諫めながらも聖杯大戦を戦う覚悟を問う―。
一方、自身の願いのため、黒の陣営―ユグドミレニア一族を裏切る事となった黒のキャスター・アヴィケブロンは、尊敬の眼差しを向けるマスター・ロシェに対し真実を告げる。

脚本:小太刀右京/絵コンテ:サトウ光敏/演出:西島圭祐/総作画監督:山田有慶
作画監督:辻早智子・山村俊了・河野敏弥・入江崇・栗田聡美・木村行隆・浜友里恵・山崎浩平・小林理



アヴィケブロン先生の過去はオリジナルだな。
ロシェも言ってたけど、人間嫌いなのに世界を救おうとする先生の内面は複雑。
この主従、相性が良いと思わせておいてゴーレム関連でしか交流がなかったのが失敗だったね。


煙草吸うのをやめてモーさんの悩み相談をする獅子劫さんは本当良いマスター。
獅子劫さんが手前勝手な願望を満たす為に聖杯戦争をやっているという台詞は彼の境遇を知ってると胸が痛む。


俺も聖女に壁ドンされたい。


ケイローン先生の矢が最早マシンガン。弓矢作成スキルでも獲得した?
弟子を裏切ったのが逆鱗に触れたんだろうか。


自律式固有結界「王冠 叡智の光(ゴーレム・ケテルマルクト)」
レアな能力と言われつつ大抵の聖杯戦争に使い手がいるリアリティ・マーブル。

stay night:アーチャーの無限の剣製(アンリミテッドブレイドワークス)
Zero:イスカンダルの王の軍勢(アイオニオン・ヘタイロイ)
EXTRA:ナーサリーライムの誰かの為の物語(ナーサリー・ライム)
蒼銀:オジマンディアスの光輝の大複合神殿(ラムセウム・テンティリス)
帝都聖杯奇譚:織田信長の第六天魔王波旬

招き蕩う黄金劇場(アエストゥス・ドムス・アウレア)や万古不易の迷宮(ケイオス・ラビュリントス)は似て非なる大魔術。

FakeのPVでも誰かが固有結界を使用しそうな気配。


アダム戦にに没サーヴァントのダビデがいたら面白そう。ユダヤ王だし相手は巨人だし。
いやぁ、ゲーティア相手に「君には改心する権利がある」と言った時は心底痺れたよ。


アダムを放っておいたら炎の剣(ラハット・ハヘレヴ・ハミトゥハペヘット)を持ったケルビムが顕現しそう。


当時のブリテンには普通に巨人がいたらしいからモーさんは戦い慣れてんな。

・脳天の霊核を確実に破壊
・心臓の炉心を確実に破壊
・足の裏を大地から引き剥がす
同時にこなさないと倒せないアダムだが、ギガントマキアでアルキュオネウスを倒したヘラクレスなら一人でやれそう。


ケイローン先生が失敗したと思わせてからのアストルフォの流れはいいものだ。


数時間前に一度殺し合ったジークとモードレッドが今度は共闘する運命の不思議。






超余談。
昔書いたシンフォギアの短編、と呼ぶのも烏滸がましい一発ネタの題名が「救世の祈り」だったりする。
ペトルス・バルトロメオの子孫のシスターが聖槍を振るってノイズを倒す話。一番有名な聖遺物ってあれだよね、という勢いで書いた話。
今でもハーメルンにあるので久しぶりに読み直した上で最新の設定を踏まえると、励起させる事で盲目が治る描写はロンギヌスの槍と同一視される事で哲学兵装と化していたのだろう。

神の愛などない世界でも信仰を捨てない人の為に戦うって円環少女の神音体系に影響受けてんな。なんでこいつカストディアンの事を知ってんだろう。




EXTRA Last EncoreのCM公開。

海賊は優雅に嗤った。
武器よさらば、銃よ眠れ。
過去に浸るは凪の祭り、笛吹き男の夢の跡。
「停滞の海」は来訪者を歓迎する。

黒髭が死んだ!
なんかかなりオリジナル要素が入ってそう。




Fate/Prototype 蒼銀のフラグメンツ Drama CD & Original Soundtrack 第1巻 視聴用動画
白馬の王子様の為に頑張って食事を作る愛歌お姉ちゃんマジ天使。

アーラシュさんとエルザさんのやり取りは良いな。
末路を知ってると悲しくなるけど。エルザさんは聖杯戦争に参加するには優しすぎたんだ。

巽君とジキルのコンビは好きだったけど主人公力が足りなかった。

テラ子安。
ネフェルタリの名前を呼ぶ時だけ優しい声になるオジマンディアスマジ愛妻家。






円卓勢に幕間の物語が追加されたので調子に乗って「FGO THE STAGE 秋公演記念ピックアップ召喚」ガチャを回してみた。
あわよくばゴリティーン卿や暮れなずむ夕陽に思いを馳せるトリスタンを宝具レベル2にしたり穀潰し卿が来ないかとwktkしながらやった結果がこれだ!

15074210390.png


やれやれ、また大勝利してしまった。
星5でNPチャージ持ちの全体宝具はかなり便利。雪原のまどろみの大地魔王級で大活躍。
いずれなんかのイベントのAP40のクエストでW乳上が敵として出てきそうだけど、その時はすまないさんと一緒に大暴れしてくれそう。
ただ、モーさんって沖田なんかと一緒で混沌の爪を大量に食うのな。
大騎士勲章ならいっぱいあるんだが……
他にも在庫が心許ない素材があるし太陽三倍お勧めセットが欲しい。



所持
ジャンヌ・ダルク
ジークフリート
ヴラド三世
ジャック・ザ・リッパー
フランケンシュタイン
モードレッド
アタランテ
カルナ
シェイクスピア
スパルタクス


未所持
アストルフォ
天草四郎時貞

未実装
ケイローン
アヴィケブロン
アキレウス
セミラミス


いつApoコラボが来ても高いポテンシャルを発揮出来るだろう。

このピックアップでベディヴィエール卿が引けなかったのが心残り。
今宝具Lvが4なので是非ともあと一人引きたい所。

「───たとえ、この命に代えても」
このタイトルを見た瞬間脳裏に「これは詳細を省くが結論だけ言うとお前は死ぬ」というフレーズが浮かんだ。

ベディ卿関連はもちろんフェイルノートで釣りをするトリスタンで笑った直後に水辺の話で死んだ。メルトリリス好きはもっと死んだらしいが。

Buzyの「鯨」を聞きながらトリスタンの幕間をやったら「ぐああああああああああああ!」となるね。
「Venus Say…」は獅子王やマーリンっぽい。

ギャグとシリアス、6章とイゾルデ関連の伝承、更に妖姫モルガンの影と、贅沢な幕間だった。
初期勢もこれくらい濃厚なのが見たかった。



クレオパトラやニトちゃんでも「引けましたー」と書きたかったけど流石に無理だった。
これから今年のハロウィンや英霊剣豪七番勝負、アポコラボが控えてるのでこれ以上の石消費はきつい。

追記
そんな風に考えていた時期が俺にもありました。
桜(パールヴァティー)実装とあってはガチャを回すしかないじゃないか!
なぁに、七番勝負の方はストーリーとフリクエのクリア報酬で賄えるだろうしコラボはまだ先だろうし、いよいよとなったらこつこつと貯めてきた700個の聖晶片がある。

更に追記
回したけど駄目でした。

大人しく七番勝負に備えよう。
天草との関係が噂されるパライソのアサシンの性別とは……




Twitterで夢女子シータなるものを見つけた。ラピュタの方なんだけど、ラーマ君の奥さんを連想してしまった。
出自とか離別の呪いをかけられるってすげーそれっぽい。
ラーヴァナもラクシュマナもハヌマーンも夢小説のキャラっぽく脳内変換出来るな。

それはそうと、夢女子と腐女子を一緒にするのやめてもらえませんかね?(面倒臭いオタク的苛立ち)
まあ、夢女子シータもカプ厨じゃね?と言われたらその通りだと思うが。




Fate/Apocrypha Radio トゥリファス!第15回


裏切りと共闘。

ブケファラス高橋的にロシェはどうなんだろうな。

ねっとりボイスの天草は序盤から怪しかった。

女子的には一人称が「私」から「俺」がクルのか。
るみるみが夢女子に。

褌もいいと思います。

この分かってるペンネームは……サンタアイランド仮面様!

天草、言峰の義兄だけど辛いのが駄目か。
泣き顔に萌えそう。

ケイローン先生「笑顔です」













テーマ : Fate/Apocrypha
ジャンル : アニメ・コミック

笑顔の裏側 ウルトラマンジード第14話「シャドーの影」 感想





極秘任務を得て地球を離れたゼナに代わり、モアはシャドー星人クルトとコンビを組むことに。クールに任務をこなす一方で、純朴な人柄をのぞかせるクルトと次第に交流を深めていくモア。しかし、そんなクルトが怪しげな行動をとる!? 
時空破壊神ゼガンを召喚し暴れさせようとするクルトの前に、極秘任務中であるはずのゼナが姿をみせる。2人に一体何があったというのか…?

<出演> 濱田龍臣 山本千尋 長谷川眞優 小澤雄太 岩田栄慶 鈴木裕樹 ほか
 〈声の出演〉三森すずこ 潘めぐみ 浅沼晋太郎 宮野真守 ほか
<脚本> 根元歳三
<監督> 市野龍一




リクとペガの出会いは中学の頃。
モアがペガッサ星人を知ってるって事はAIBにもいるのかな。だとしたらますますペガの過去が気になる。


影山来人もといクルト役の鈴木裕樹さんは獣拳戦隊ゲキレンジャーの漢堂ジャン/ゲキレッドだね。特撮俳優だけあってアクションがすげえや。

風船を見るとメビウスの1話を思い出す。


まさかのクカラッチ星人。多分ネクサスのアラクネアの改造だよね。
不法滞在とはいえそんなに悪い奴ではなさげ。


カム・タタール・シャドー
マックスのラゴラスっぽい普通の怪獣デザインなのに肩書きが時空破壊神なゼガン。
レム曰くベリアル融合獣とは違うらしいけど胸のカラータイマーらしきものは無関係なのかな。


ゼガンのゼガントビームってダイナミラクルタイプのレボリウムウェーブみたいなもんか。改めて主人公が使っていい技じゃねえぞ。
そんな光線とビッグバスタウェイを防ぐビヨンドも大概おかしい。


モアの「リッくん」発言がゼナ先輩に聞かれてしまったな。


モアがAIBの事を知ったのは偶然、ねえ。
リクが預けられた事もあってどうしても作為的なものを感じてしまう。


リクが魘される夢とは。
ベリアルが悪夢云々言ってたが……


パスワードが「ガブラ・カーノ」だったのはファンサービス以上の深い意味がありそうだぜ……
どんな気持ちでゼナは良い人だと言ったのか。





テーマ : ウルトラマンジード
ジャンル : テレビ・ラジオ

RIGHT OF LEFT 結城友奈は勇者である 鷲尾須美の章 第一話「わしおすみ」 感想





「結城友奈は勇者である」より2年前、神世紀298年。神樹によって選ばれた、小学六年の鷲尾須美は同級生の乃木園子、三ノ輪銀と一緒に世界を守る勇者である。乃木園子と三ノ輪銀は天然だったり元気良すぎたりと問題児の雰囲気。須美は自分が二人を導かなくては、と張り切るが—。

脚本:上江洲誠 / 絵コンテ:林直孝 / 演出:林直孝 / 総作画監督:酒井孝裕 / 作画監督:酒井孝裕






君は知るだろう。
神世紀二九八年。
これは、三人の勇者の物語。
神に選ばれた少女達のおとぎ話。
いつだって、神に見初められるのは無垢なる少女である。
そして多くの場合、その結末は――。


開幕デスポエム。
声があると一発で分かるんだけど、小説読んだ時は勇者御記ってわっしーが書いたもんだと思ってた。


わっしー、小学生とは思えないメガロポリス。
洋食派だった両親を和食派に洗脳したんだっけ。

身も蓋もない事を言うとアニメ組へのカモフラージュなんだけど、それじゃつまらないんで作中で養子にあたって名前まで変えた理由を考えてみると過去に「鷲尾須美」って勇者が実在して彼女にあやかったんじゃないかという妄想。


内角高め
満漢全席
富国強兵
習字の内容がおかしい子達がいますね……


ミノさんでも置き勉してないんだから神樹館って名門校なんだよな。


この頃は樹海化警報はなし。
ミノさんの勇者装束はにぼっしーに似てるな(すっとぼけ)


そのっちの変身シーン、東郷さんと似てる箇所あったね。


戦闘後の傷だらけの三人を見てると精霊ガードの有無はかなり大きい。


バーテックスのデザインのモチーフは拷問器具。天の神は殺意満々だな。インスタ映えしそう。
今後意識して見てみよう。


西暦の風雲児様はバーテックスを食ってたから水を飲むくらいはね?
この時は飲まれたので風先輩の時は全身を包んだのかな。満開されたけど。


ネットで友達の作り方を調べてる時のスミスケの「うーん」が可愛かった。


お役目について無邪気に聞いてくるクラスメイトのその後を考えるときっつい。

「エガオノキミへ」の「もう私を二度と置いてかないで」も辛い。
花結いのきらめきをやってると、もうずっとあの世界にいればいいんだよ!となる。タマ銀はいいものだ。


満開祭り2の映像化楽しみ。


Staff
原作:Project 2H
企画原案:タカヒロ (みなとそふと)
総監督:岸誠二
監督:福岡大生
シリーズ構成:上江洲誠
脚本:上江洲誠、タカヒロ
キャラクターデザイン原案:BUNBUN
アニメーションキャラクターデザイン&総作画監督:酒井孝裕
コンセプトアート:D.K&JWWORKS
音楽:岡部啓一・MONACA
アニメーション制作:Studio五組


Cast
鷲尾須美の章

鷲尾須美:三森すずこ
乃木園子:花澤香菜
三ノ輪銀:花守ゆみり



勇者の章
結城友奈:照井春佳
東郷美森:三森すずこ
犬吠埼風:内山夕実
犬吠埼樹:黒沢ともよ
三好夏凜:長妻樹里
乃木園子:花澤香菜




テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

刮目せよ、怒りの日を Dies irae #00「黎明」 感想






第三帝国国家保安本部長官、ラインハルト・ハイドリヒ。彼は夢を見た。大層な肩書きを持った凡愚に過ぎない自分が歓喜の笑みを浮かべ、何者かと対峙する夢を。そんな折、彼は要人暗殺未遂事件の首謀者と目される男、カール・クラフトとの邂逅を果たす。その瞬間から彼に纏わりつく感覚――狂おしく胸を焼く奇怪な想いの正体、既に何度も“それを”繰り返してきたという“既知”であった。彼らは友誼を結び、ひとつの誓いを立てる。終わることのない繰り返し、既知感の打破を。ディエス・イレ、新世界の開闢の祝福を。


■脚本:正田 崇
■絵コンテ:渡部高志
■演出:工藤 進
■作画監督:福世孝明



では一つ、皆様私の歌劇を御観覧あれ。
その筋書きは、ありきたりだが。
役者が良い。至高と信ずる。
ゆえに面白くなると思うよ。

原作プレイ済みの人間向きの初回だったな。多分アニメ組にはなんでこいつら戦ってるのか分かんないよね。
過去編やるならロートスも見たかった。


アンナちゃん可愛い(錯乱)
ベイ中尉とシュライバーのバトルはもうちょい頑張ってほしかった。


メルクリウス超うぜぇぇぇ!!
続けてカリオストロという名の変態がアニメで見られるとはな。
一人称が「あーし」で投げキッスするコズミック変質者がやってきたらサタナエルさんだって死にたくなるよね。
蒼井翔太ボイスで「あなたに恋をした。あなたに跪かせていただきたい、花よ」とサンジェルマンに告白するカリオストロは見てみたい。



1クールを地上波で放送して「続きはWEBで!」は咲と同じ形式か。
阿知賀編の実写キャストが発表されたがどうなる事か。




Staff
原作:light
キャラクター原案:Gユウスケ
監督:工藤 進
シリーズ構成:正田 崇
キャラクターデザイン:福世孝明
美術監督:桑原 悟(スタジオ天神)
色彩設計:鈴城るみ子
撮影監督:小西庸平(スタジオトゥインクル)
編集:REAL-T
音響監督:森田洋介
音響制作:ブレイブハーツ
音楽:与猶啓至
音楽制作:Greenwood
オープニングテーマ:「Kadenz(カデンツァ)」榊原ゆい
エンディングテーマ:「オペラ」フェロ☆メン
プロデュース:GENCO
アニメーション制作:ACGT
製作:Dies irae ANIME PROJECT

Cast
藤井蓮:鳥海浩輔
マリィ:榊原ゆい
綾瀬香純:福原綾香
氷室玲愛:生天目仁美
遊佐司狼:前田 剛
本城恵梨依:牧野芳奈
ラインハルト・ハイドリヒ:諏訪部順一
ヴァレリア・トリファ:成田 剣
ヴィルヘルム・エーレンブルグ:谷山紀章
櫻井螢:瑞沢渓
ベアトリス・ヴァルトルート・フォン・キルヒアイゼン:瑞沢渓
イザーク:生天目仁美
ゲッツ・フォン・ベルリッヒンゲン:安元洋貴
ルサルカ・シュヴェーゲリン:いのくちゆか
エレオノーレ・フォン・ヴィッテンブルグ:矢口アサミ
シュピーネ:はらさわ晃綺
リザ・ブレンナー:羽吹梨里
ウォルフガング・シュライバー:環有希
メルクリウス:鳥海浩輔




テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

プロフィール
リンクフリーなのでお気軽にどうぞ。

とうゆき

Author:とうゆき

 
最新記事
カテゴリ
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる